ニキビ対策のための抗生物質は市販薬には入っていない!?

ニキビ対策のために期待できる成分のひとつが、抗生物質。

抗生物質はその種類によって働きはさまざまですが、

  • ニキビの炎症の原因となる物質の増殖を抑える
  • 皮脂の過剰分泌を抑制する
  • 雑菌繁殖によるニキビの悪化・化膿を防ぐ

など、いずれにしてもニキビ対策としては有効な効果が期待できるのです。

ですからニキビができたら早めに抗生物質を・・・

と考えたくなるのですが、
残念ながら私たちが薬局で買えるニキビ用の市販薬については、

「抗生物質は配合されていない」

と考えたほうがいいでしょう。

 

ドラッグストアなどで購入できるニキビ用の市販薬には抗生物質は、ほぼ入っていません。

 

そもそも
抗生物質は長期服用するとニキビの雑菌耐性をつけてしまい、効果が出なくなってしまう
という性質も持っています。

 

なので、私たちができる日頃のケアとしては、

ニキビを作らせない・ニキビを抑える肌つくり

が基本となります。

 

特に大人ニキビの場合には、単に皮脂を落としてくれるだけのニキビ用洗顔材ではちょっと不満・・です。

大人ニキビの場合は皮脂の分泌が多いのではなく、乾燥やターンオーバーの狂いなどが原因となっていることが多いです。

余分な皮脂や汚れはしっかり落とすけど、必要な潤いは残してくれる、
そういうアイテムがオススメ!

 

余計な皮脂や汚れだけを狙い撃ちで落としてくれて、潤いは残してくれる、
そういう洗顔を心掛けましょう。

 

ニキビは早め早めの対策がカギ!

ニキビを放置しておくことで、トラブルが起きやすいお肌になってしまいます。
ニキビは早く対策をとれば早く結果も出ます。
ニキビ跡を作らないためにも普段から清潔と保湿を心がけましょう☆