頬のニキビの治し方

頬のニキビの治し方というと、誰もが挙げるのが「きちんと洗顔をして肌を清潔に保つこと」ですよね。

 

ですが実際のところ、頬のニキビができたからと言って、
洗顔をいつも以上に念入りにやったりすると、それはそれで摩擦のダメージが肌に残ってしまったり、
何度も洗うことで必要以上に角質をはがしてしまったりして、
ますます肌を弱らせ乾燥を招いてしまうこととなりかねません。

 

基本的には、頬にニキビができている時でも、洗顔は朝晩の2回でOK!

 

洗顔はとにかく摩擦と刺激を少なくすることが大事!

 

泡洗顔はモコモコに泡立てないと手でこすり洗いをする以上摩擦が大きくなります。

でも洗浄力が強い洗顔材じゃないとモコモコにもなりにくいです。

ってことは、強い洗浄力でお肌への負担が大きくなってしまう・・ということです。

 

これが泡洗顔の限界です(- -)

 

ちなみに私は泡洗顔はスッパリ卒業しました。

 

今はクレイ洗顔一筋です。

 

クレイだとクレイ自身が汚れを吸着してくれるので、こする必要もないし
クレイは汚れと保湿力のある成分とを交換してお肌においてきてくれるので、洗った後もうるおったまま。

これを使ったら、もうやめられません。
⇒ 超オススメのニキビを消し去ってくれるクレイクレンジング

 

bglen クレイウォッシュでのスペシャルケア

 

こうして洗顔をしたらあとはスキンケアで更にたっぷり保湿♪

ヒアルロン酸などをはじめとする、保湿成分にこだわったスキンケア用品を使いましょう。

 

手のひらにとって、手のひらで上から抑えこむようにして頬になじませるのがコツ。

指先だけで伸ばすとどうしても薄くなったり、つけムラが出やすいので気をつけましょう!

 

あと、頬ニキビを悪化させないためには「頬に触れるものの清潔さ」も大切ですから、
寝ている間に頬に触れる枕カバーは毎日取り替えましょう。

もちろん髪が長い人は束ねるなどして頬に髪がつかないようにする、という工夫も大切です。

 

頬杖をつくクセがある人も要注意!

「ニキビは触ってはダメ」ということは知っていながら、
無意識に頬杖をついてしまう人、結構多いんですよね。

手にはいろんな雑菌がついていますから、頬杖でその雑菌を頬ニキビに与えるようなことはやめましょう。

おでこのニキビの治し方

おでこのニキビの治し方の基本、として知られているのは「前髪をおでこにつけない」ということですね。

しかし実際のところは、
「前髪を上げると余計におでこのニキビが目立ってしまうから、人に見られるのが嫌」と、
ニキビの悪化につながることが分かっていながら、前髪を下ろしている人も多いです。

 

それならせめて、前髪を下ろしている時はニキビへの影響を最小限にさせましょう。

 

まず、前髪にワックス等余計なものをつけないこと。

ドライヤー等で前髪の根元を少し立ち上げるようにするなど、
「自然な状態で前髪が髪にべったりとつかない」という状態にすること。

 

それから、
おでこのファンデーションは軽めにつけるか、できればつけずにおくこと。

 

この3つのポイントを注意するだけでも、前髪によるニキビへの悪影響はある程度軽減できます。

もちろん、おでこだけでなく髪も清潔を保つよう心がけることは言うまでもありませんよ。

 

そして「前髪をおでこにつけない」という治し方については、自宅にいる時に徹底して実践するようにしましょう。

仕事から帰って家に着いたらもう、すぐにヘアピンなどで前髪を上げ、ニキビにつかないようにするのです。

もちろん就寝時も同じこと。
前髪を上げた状態で、眠りにつくようにしましょう。

もちろん枕カバーなども毎日洗い替えをした清潔なものを使って、
とにかく「寝ている間におでこに雑菌がつくのを防ぐ」ということが大切です。

 

また、寝ている時間は貴重な肌のターンオーバーの時間でもありますから、ビタミンサプリを寝る前に飲むなどして、新陳代謝のサポートをするのもいいでしょう。

 

あと、おでこのニキビの治し方について、ひとつ補足的なことを言うと、
「直り具合を気にして何度も何度も鏡を見るのはやめる」というのも意外と大切。

 

ニキビがどうなっているか鏡で見るだけなら問題ないのですが、
その際に「ついつい触ってしまう」というケースが多いからです。

 

指でニキビを触って、指の雑菌と刺激をニキビに与えることは、百害あって一利なし。

できるだけ触ってしまう機会を減らすために、あえて鏡から多少離れるという手段を取るのも有効だというわけです。

顎(あご)のニキビが治らない!

顎(あご)のニキビというのは、多分顔全体のニキビの中でもトップクラスに「頑固なニキビ」と言える存在。

ですから、「顎にニキビができてからずいぶん経つのに、今もまだ治らない!」と悩む人はかなり多いはずです。

 

ですが・・・そうした人の行動パターンを見ていると、
「顎のニキビが治らない」と悩んでいる人の多くは、
実は「わざわざ顎のニキビの治りを遅くする要因を作っている」んですよね。

 

その中でも一番よくあるパターンが、「顎のニキビをついつい触ってしまう」ということ。

そんなに触ってないよ!と思うかもしれませんが、顎というのは人が無意識に触ってしまいやすい箇所なんですよ。

ちょっと頬杖をついたり、考え込んだ時に顎の下に手をやったり、
顎を触る仕草は多くの人がつい無意識でやってしまいがちなのです。

 

ニキビを触れば触るほど、ニキビに対して刺激を与えることになりますし、
何より、嫌な話ですが、人の手には雑菌がいっぱい。

ましてや仕事などでいろんなものを触った状態だと、その雑菌数は想像以上です。

 

つまり「顎のニキビを触る」ということは、
「わざわざ顎のニキビに雑菌をなすりつけて、ニキビにエサを与えているようなもの」
と言えるんですよね。

 

ですから顎のニキビが治らない、と悩んでいる人は、
まずは「顎を絶対に触らないように意識する」ということが大切です。

 

もちろん、手で触る刺激だけでなく、服や髪が当たっても刺激になってしまいますので、
「顎にマフラーやスカーフ・襟などが当たらないような服装を心がける」
「髪が顎に触れたりしないよう、束ねておく」
などといった工夫をすることも忘れずに。

 

また、睡眠の際もできるかぎり、布団や毛布が顎ニキビに触れないように工夫しておきたいですね。

絆創膏を貼って寝る、というのもひとつの手です。

 

ニキビに触ってもいいのは、
お風呂上りなど肌が清潔な状態でおこなうニキビケアの時だということをしっかりと認識しておきましょう。