ニキビは何が原因で、どこを良くすればいいのかさえ分からない

今回はニキビは何が原因で、どこを良くすればいいのかさえ分からない、
と悩んでいる方のお話です。

介護職員をしている現在30代後半の女性です。
以前からニキビができたり治ったり。
今だに、大きくて目立つ大人ニキビに悩んでいます。

 

中学校に上がる前のころから、ニキビが気になり始めました。
気にならない程度に治っている時期もあったり、若い時は潰してしまっても治るのが早かったけれど、大人になり20代に入ってからは、体調に肌の変化に合わせニキビが目立つようになりました。

 

もともとおでこは乾燥肌で脂の出やすい所で、肌の状態はいつも不安定な場所でした。

あと、顎から首、耳の周り肌の状態は特に気にしていない場所です。

大人になってからは食生活や化粧品、季節の移り変わりの体調の変化で肌の状態はいつも安定していませんでした。

 

「どうして薬で治さないのだろうか」と薬をつければ数日で治るものだと思っていました。

また、洗顔や保湿など肌に気を配って、必要ならニキビケアの化粧品を使えばそんなにきにかかることや大事にはならないと思っていました。

 

10代の若いころは嫌で恥ずかしく顔や背中とにかく手の届くところは潰してなくしてしまいたかったです。

白ニキビは割とすぐ潰せるし、目立たないこともあるけれど、赤ニキビは大きくなるし目立つし痛みもあってどうにもならないことが本当に嫌で悩んでいました。

背中のニキビは何としてでも取りたいとよくこすっていました。

 

10代は、親に「今だけよ」といわれ洗顔や化粧水を買ってくれました。

でも、目立つニキビには薬局で買った軟膏をつけたり、ニキビ専用の薬用品を使ってみたりしました。

念入りに洗顔を何度もしたり、化粧品をニキビケア専用のものにしたり、敏感肌用、乾燥肌用、混合肌用などいろいろ試しました。

大人になってからは、体調管理にも気を配ってみています。

 

化粧品の効果は、ニキビに対してどうだったのかはわかりません。

同じ化粧品を使い続けてもできるときはありました。
一時的には軟膏で治すことはできるものの、改善には至っていないと感じています。

体調次第では化粧品を使うことで赤みが増したり、ひどい時には痛みを感じたりすることまありました。

気づけば、新しくニキビができていました。

 

今だに、肌の状態や体調の不安定ときにはひどいニキビに悩まされています。

よく、「洗顔の仕方が悪く肌が乾燥しているから」とか、「胃腸のじょうたいがわるいから」、「ニキビを手で触ったり、潰したりしてはいけない」と言われます。

もう何が原因で、どこを良くすればいいのかさえ分からない状態です。

肌の清潔と保湿、食生活に気御付体調の管理をする。

ニキビをこすったり潰したりしないこと。
対策は思いつくけれど、できるときは、どうにもならないのが現状です。

 

10代の時は、気にしていても時期的なものと悩んでも大人が慰めてくれたり、化粧品を買ってくれたり対応してくれていたけれど、皮膚科受診して肌の状態をチェックしてもらっていれば後にならない程度で済んでいたかもと思うことがあります。

大人になってからは、季節の変わり目や時期に合わせた体調管理と肌のケアは大切だと思っています。

でも、肌のほうはなかなか思うように改善できず、体調不良でニキビができた時にはもうあきらめている自分が悲しくなります。

 

自分に合うニキビケア用品に早く出会えれば・・ですね。

お肌の状態はみんな違います。
市販されている商品はどうしても大人数に大雑把に対応したものになってしまいます。

ニキビに対して真摯に考えて作られているケア用品をぜひ見つけてくださいね。

高校生からのメイクでニキビが増えてしまった

今回は高校生になりメイクを始めるとますますニキビが増えてしまった、
という方のお話です。

19歳の大学2年生、女です。
受験から解放されて自分の自由な時間が増えましたが、ニキビには悩んだままでいます。

中学生の頃おデコに出来始め、高校から化粧をし始めると肌に合わず、頬や顔全体に出来るようになりました。
運動をしなくなったこともあり背中や胸にも出来るようになりました。大学生になった今でも頻繁に出来ます。

 

もともと家系的に脂性なのでテカテカつるつるしたお肌でした。

健康的でいいね!とよく言われていましたが私はサラサラとした友達の肌が羨ましかったです。
冬でもテカテカしているので汗っかきなのかなと思われるのも恥ずかしかったです。

 

だからニキビなんて薬を飲めばすぐに治るものだと思っていました。

不潔な家の子が出来るというイメージでしたが、実際に自分がニキビ肌になってみると、毎日パジャマや枕のタオルを変えているのにニキビが出来る、お風呂にも浸かって清潔にしているのにも関わらずニキビ肌になるというのは想像もしていなかったです。

 

初めてニキビができたのは中学生3年生の頃、前髪がチクチク刺さるせいか、おでこと伸び始めた髪が当たる背中でした。
赤ニキビとも白ニキビとも言えないただポツっとした出来物のような感じでした。
いつもよりもしっかり洗えばそのうちすぐ消えるのだろうなと思っていましたがなかなか消えずに思春期の私はすごく悩みました。

 

ニキビが出来てしまったことが恥ずかしく、隠すようになりました。

隠すようになるとどんどん増えてこれはいけないなと思い、恥ずかしくても前髪を上げようと心がけました。

皮膚科に行くという考えはなく、オロナインH軟膏を塗ったり母親の化粧水を使ってみたりということをしてみました。

なるべく肌をこすっちゃいけないという事だったので洗顔や体を洗う時もそーっと洗うように気をつけていました。

 

おでこは徐々に治ったものの背中はちっとも良くなりませんでした。

こんなに気を使っているのにどうして…という気持ちになりました。とても辛かったです。

高校に入ると休日出かける時に化粧をするようになり、正しいメイクの落とし方を知らなかったので頬や顎にもできるようになりました。

洗顔をしっかりするようになっても、勉強が忙しく、夜更かしをする事が多くなりさらに酷くなりました。

 

今でもまだニキビ肌に悩んでいます。

肌に優しいもの、優しすぎても元々脂性の肌の私には合わないので混合肌タイプのものを選ぶようになりました。

化粧品は必ずニキビ肌用のものを使うようにしています。

百貨店で販売している口コミナンバーワン!というものを使っても結局肌に合わず悪化してしまうものばかりなので、オーガニック化粧品ばかり買うようになり、お金ももちろんかかりますが、今は何十個も何十万円もかけてやっと辿り着いた化粧品を愛用しています。

完全に治ったという訳ではありませんが、ニキビは出来にくくなりました。

 

恥ずかしくてもまだ中学生や高校生の内に早く治すために絶対に化粧をしない事と、皮膚科に相談しに行き、薬を貰うべきだったなと思っています。

皮膚科のニキビの塗り薬は刺激が強く肌がガサガサになり悪化してしまいますがそれをもう一度伝えた上で漢方薬を処方してもらうと少し症状が和らぎます。

金銭的に継続して飲むのは辞めてしまいましたが、まだポツポツとしか出来ていないのであれば絶対に漢方薬でササっと直すべきだったなと後悔しています。

いくら忙しくても早寝早起きを心がけて水を沢山飲むこと。

便秘は絶対に良くないです。

大学生になり少し時間に余裕もできてきたので生活習慣を改善しようと心がけたところ、最低限の肌に優しい化粧をしながらですが少しずつ良くなってきました。

もっと早く気づいていればなあと本当に後悔しています。

 

高校生の頃からのメイクは悪い事ではありませんが、
メイクはするよりも落とす方をしっかりと心がけて。

皮膚科でのお薬は炎症を抑えるものなので、
ニキビができやすいお肌の状態だと結局ニキビを繰り返してしまいます。

やはり体質改善と同時に、お肌のバランスを整えるようなニキビケアを心がけましょう。

皮膚科でニキビの薬をもらってだいぶ収まったもののニキビが消えない

今回は、皮膚科で何とかニキビが収まってきたものの、
結局完全にはニキビが治っていないという方のお話です。

私は35歳男性で鉄工業に勤めています。

18歳で高校を卒業後専門学校に通うため田舎から出て来て街に独り暮らし、その後木材加工業に勤めて、その後1年で会社が倒産して今の仕事に勤めました。
家族は今は結婚して子供も出来て3人家族で生活しています。

今の職業についた現在はニキビは落ち着き始めました。

 

中学ではニキビは全く出来なく、髭も生えなかったので発育が遅い方だと感じていました。

高校生になってもニキビとは全く無縁で他の友達が顔中あちこちに出ていた時期でも、私は平気でそれだけがウリと言っていいほど自慢でした。

そして専門学校でも大丈夫でしたが大人になって独り暮らしをし始めた22歳ころからポツポツ出始めました。

 

もともと、とても肌は艶々で女の子と間違われるくらい女子にも負けませんでした。

良く女子からも私もこんな肌だったらなーと言われる位でかなり嬉しかったのを覚えています。

小さい頃から汗をかきやすい体質だったのでいつも肌はしっとりしていてみんなが悩む乾燥の多い冬場でも全く影響を受けませんでした。

 

そんな感じで、ニキビとは無縁だと感じていたので一生こんな醜い顔なんかになるものかと心の中で酷くバカにしていました。

お菓子をどんなに食べてもお酒をどんなに飲んでも、どんなに寝不足で次の日学校に行っても顔を洗わずに次の日起きても不規則な生活は自分だけは肌に影響しないんだと誤解していました。

逆にどうやったらそんなに肌がボロボロになるんだと不思議でしょうがありませんでした。

 

そんな自信に満ちあふれていた22歳頃頬にひとつ小さい赤ニキビが出来ました。

俺もやっとみんなの仲間入りだなとちょっと変化があった自分が嬉しくなりすぐに消えてなくなるだろうと簡単に思っていました。

会社の事務のお姉ちゃんからもニキビできたの初めて見たと関心を持たれたのでなんだか浮かれて記念に写メして保存したり友達にも送ったりしました。

 

最初のニキビが出来ても私は全く何もせず生活していました。

思った通りその赤ニキビは消えましたがその後ポツポツあちらこちらに赤ニキビが出て来てそのうち消えるニキビより出てくるニキビの方が多くなって追い付かなくなりました。

次第に赤ニキビが白ニキビになったので鏡をを見るととても醜く映った自分に驚きそれから毎日朝夜顔を洗うようにして1日6時間以上寝るように心掛け、食事は脂っこいものやジャンクフードは避ける対策をしました。

サプリやCMの通販商品も買って試しました。

 

ジャンクフードや脂っこいものを控えるのは効力がありそれ以上増えるのを押さえることが出来ました。

やはりジャンクフードにもかなり油が使われていたみたいで特に多かったのがポテトチップスで、ポテチを控えるだけで肌の調子が断然良くなったことに驚きました。

洗顔と睡眠時間確保も効果がありましたが、結局今あるニキビまでは無くならずそれどころか段々固くなりシコリみたく残ってこのままでは解決しないととても焦りそれからも色んなことを試してみました。

一番効かなかったのはサプリです。全く変化がなくホントに無駄なお金を使ったと凹みました。

 

たどり着いたのは結局病院で薬を貰うことでした。
きっかけは勤めていた会社の専務が通っている皮膚科がとても有名みたいで見ているのも辛いから会社を休んでもいいから今すぐ行ってこいと言われ診てもらいました。

とても親切で経過を観察したいと言われ毎週診てもらったときの顔写真を撮って、変化していく自分を見れるとまた諦めない心が生まれるという変わった方法で治してもらいました。

塗り薬と飲み薬の漢方を処方してもらい固くなったニキビを柔らかくして自然に近い消えていく方法で無理なく消していくことが出来ました。

しかし35歳になった今でも完全には無くなりません。

 

今では若いころから生活リズムを崩さず健康的な毎日を過ごせばよかったととても後悔をしています。

それから変なプライドを持たずに自分で解決しようとせずもっと誰かに相談すればと後悔の念しかありません。

ニキビは誰にでも出来ます。
全く出来ない人もいるかも知れませんがほぼいないと思います。

だからこそ若いうちからのケアが大事だと、今更ながらに思っています。

 

出来てしまったニキビの場合、皮膚科で処方してもらうことで炎症を抑えることもできます。
ただしこれはあくまで対処療法。

出来ているニキビの炎症を抑えても、ニキビができやすいお肌状態のままでは埒があきません。

お肌自体を変えていくためのニキビケアも同時に進めるといいですよ。

化粧をしない日を作ることでニキビが改善

今回は、皮膚科で薬をもらいつつ、
洗顔材を変えることでニキビが収束したという方のお話です。

20代の女性です。
主婦でパート勤めをしています。
私もニキビで悩んでいた時期があるので、
ちょっとでもお力に慣れたらと思います。

 

高校生ごろと、化粧をし始めた大人になってからが
ニキビが気になり始めました。

高校生の頃は、いわゆる思春期にできるニキビで、
大人になってからは化粧品が合ってなくてできるニキビでした。

 

小学生までは顔のアトピーが酷かったのですが、
中学生になったら治り始めました。

高校生の頃には顔にはほとんどアトピーは出てなかったです。

ほかの人よりも敏感肌で、トラブルは多い肌だったと思います。
ヒアルロン酸にかぶれてしまうような肌でした。

 

ニキビってすぐ治るものだと思っていたのですが、
実際できてみると思ったよりもしつこいものでした。

塗り薬ですぐ治るのかと思っていましたが、
食生活とかも関係しているみたいで驚いたのを覚えています。

男性のほうがニキビで悩む人が多いのかなと思っていました。

 

思春期に出来やすいと聞いていたので、
高校生の頃は「ニキビができやすい年頃になったのかな」と思いました。

高校生の頃はおでことか、あごとか、頬にも出来ていて、白ニキビが多かったです。
大人になってからは口周りとか小鼻とかにできていました。

大人になってからは化粧品が合わなくて炎症を起こしてしまった赤ニキビが多かったです。
朝起きてニキビができていると、気分も落ち込んでいました。

 

高校生の頃は、軟膏を塗って対策していました。

親によく効きそうな薬を買ってきてもらうこともありました。

大人になってからは化粧品を低刺激のものに変えて
対策をしていました。できてしまったニキビは
なるべく刺激を与えないようにして治しました。

皮膚科に行ってニキビ用の薬をもらうこともありました。
また野菜を多く取るようにもしました。

 

皮膚科でもらった薬と
野菜を中心とした生活が一番ニキビに有効だったかなと思います。

高校生の頃は皮膚科に行かずに
市販の薬を使っていましたが、
なかなか治りませんでした。

やっぱり皮膚科で相談するのが一番いいかなと思いました。

あとはそれらに加えて洗顔料も変えました。
硫黄が配合されていて、ニキビによく効くものでした。

 

治ったのは、正社員の仕事を辞めて主婦になった頃で、
毎日化粧をしなくなってからとくに肌の調子が良くなりました。

今は皮膚科で薬をもらうほどのニキビはできていません。

食事と洗顔料に気を付けているだけですが、
とくに肌トラブルも起こしていないです。

毎日の化粧を辞めて、硫黄入りの洗顔料を使うだけでここまで良くなるなんて
やっぱり肌に触れるものって、大事なんだなと痛感しました。

 

高校生の頃に今の洗顔料に出会っていたら、
もっと素肌に自信を持ててたのかなと思います。

とくに高校生の頃のニキビは跡が残りやすいので、
この頃にもっと自分に合ったケアができていたらよかったなと
思っています。

大人になってからは、皮膚科に通えたのがよかったです。

おかげでニキビもすっかり良くなり、
薬がいらないくらいになりました。

やっぱりお医者さんに相談するのって大事だなと思いました。

あとは、毎日のお化粧って、肌に相当負担になるみたいです。

今はパート勤めで化粧がとくに必要ない職種なので、ほとんど化粧はしていません。

肌を休ませてあげるのも大事だなと思いました。
ニキビに悩む方に少しでも参考にしてもらえればいいなと思います。

 

 

女性の場合はどうしてもメイクをすることでお肌に負担をかけてますので
たまにはメイクをお休みしてお肌が落ち着ける日を設けるのもいいですね。

ただし、それでもきちんとした洗顔と、日焼け止めと保湿は手を抜かずに!

妊娠中はおでこにニキビが大量発生しやすい!?

「妊娠中はおでこにニキビが大量発生しやすい」という説を聞いたことがありませんか?

おでこというのは、元々、思春期だけでなく大人になっても皮脂分泌が多いため、
他の部分よりもニキビが大量発生しやすい箇所ではあるのですが、
女性の場合はさらに、妊娠中というタイミングでおでこにニキビが大量発生してしまう人が少なくないのです。

 

なぜ妊娠するとおでこにニキビが大量発生しやすいのか?

その理由は・・・
妊娠による、ホルモンバランスの変化が大きいと言われています。

 

思春期のニキビも、成長ホルモンの大量分泌によって皮脂が過剰に出やすくなる、という、
まさに「ホルモンが主原因のニキビ」なのですが、妊娠中もこれと似たような状態になっている、というわけですね。

 

妊娠中のホルモンバランスの変化というのは、
「妊娠している以上、必ず発生するもの」ですから、
ホルモンそのものをどうにかして、
おでこニキビを無くそうというのはちょっと難しいですね。

こういう時は素直に皮膚科に行って、適切な薬を処方してもらうのも手ですが、
ホルモンバランスが主原因のニキビだけに、たとえ医師から薬を処方してもらったとしても、
それはあくまで今あるニキビの対症療法にしかなりません。

 

「もう二度とおでこニキビが発生しないように完全に治す」というレベルまではあまり期待しないほうがいいです。

 

そもそも妊娠中に大量発生したおでこのニキビは、
時がたってホルモンバランスが元に戻れば、自然に治まりますので、
妊娠中のおでこのニキビの対処については
「多少マシな状態にする」「これ以上悪化させない」という程度の気楽な気持ちで考えておけばいいでしょう。

 

妊娠中でもないのにおでこにニキビが大量発生した場合ですが・・

その原因としてはストレスや食生活・睡眠リズムの乱れなどが考えられますね。

もちろん、「下ろした前髪が当たる」など、外部からの度重なる刺激によるものもあります。

顎(あご)のにきびに効く薬

顎(あご)のにきびに効く薬を探したいなら、薬局で市販の薬を探すよりも、
皮膚科の医師に自分の顎のにきびの状態をしっかりと診てもらった上で、適切な薬を処方してもらうほうが効果的です。

なぜ、医師に処方される薬のほうが効果的だと言えるのかというと・・・

それは市販薬と医師処方の薬で、成分に違いがあるからです。

 

医師が処方したにきび薬には抗生物質が配合されているケースが多いんですが、
市販のにきび薬には、消毒等の成分は含まれているものの、
抗生物質は配合されていないんですよ。

 

顎のにきびには抗生物質入りのほうが効きやすいんですよね。

抗生物質というのは「菌の繁殖を抑える」という役割を持っているため、
にきびを悪化させる原因となるアクネ菌の繁殖抑制にもひと役買ってくれるのです。

 

抗生物質が配合されている薬のほうが顎のにきびに効くことが分かっているにもかかわらず、市販の薬に抗生物質が配合されていないのはなぜかというと、「薬事法で認められていないから」なんですよ。

抗生物質というのは、一種類だけではなく多くの種類があります。

医師は患者個人の状態に合わせて、適切な抗生物質の処方をします。

これは、医師が抗生物質の役割や特徴についての知識をしっかりと持っているからこそできること。

もしも患者に合わない抗生物質を処方してしまうと、思わぬ健康トラブルを引き起こしてしまうこともあるのです。

 

このように、個人個人の状態によって処方を調整すべき抗生物質を、
「誰もが気軽に買って使える」という市販薬として販売するのはリスクが高いというわけです。

 

もちろん、顎のにきびが初期段階であれば、市販の薬でも効く可能性はじゅうぶんんにあります。

市販のにきび用外用薬をつけるだけでなく、ビタミン剤なども併用すると治りが早いというケースもよくありますよ。

しかし、顎のにきびがすでにひどい状態になっている時は、
アクネ菌繁殖をこれ以上させないためにも、抗生物質が入った医師処方の薬を使ったほうがいいのですが・・

 

でも、実際、皮膚科にちょくちょく通うことなんてできない!!(-“-;A

仕事があるから平日はいけないし、貴重な土曜日、
頑張って午前中に行こうと思ったらめちゃ混み・・orz

皮膚科ってなんであんなに混んでるの!?って思わない!?

っていうか、1人1人の治療時間が意外と長いのよね・・
だから待ち時間もどんどん長くなるし(汗)

これじゃあ、ストレスで逆にニキビが悪化しそう( ̄Д ̄;)

 

ということで、私の場合ここは基本に立ち戻って、「ニキビができない肌作り」を頑張るようにしました。

もしかしたら遠回りかもしれないけど、ニキビができては薬で治し、またニキビが出てきたら薬で治し・・なんて、永遠に繰り返したくないし!

お肌自体がニキビができないお肌にならない限りニキビとは離れられないしね。

赤ニキビを治す方法:原因と治療法

白ニキビをそのまま放っておくと、
そのうちニキビに赤みと腫れが出てきて、赤ニキビとなってしまいます。

 

赤ニキビの赤色は、ニキビが悪化して、毛穴の中で炎症を起こしている証拠。

しかもその炎症は毛穴だけに留まらず、周りの皮膚組織を少しずつ破壊していっているという、怖ろしい状態なのです。

 

赤ニキビを潰すとニキビ跡が残りやすいのはこのためなんですよね。

単に毛穴付近の皮膚を破くだけでなく、
ニキビの悪化で破壊された皮膚組織まで外に出してしまうため、
そこが陥没したりしてしまうのです。

ですから赤ニキビについては決して自己判断で潰してはいけないですよ!

 

市販のニキビ治療薬での対処が追いつかないようなら、皮膚科に診てもらうことも検討しましょう。

「ニキビ程度で皮膚科へ?」と思われるかもしれませんが、
実はニキビというのは皮膚病の一種です。

その皮膚病が炎症を起こすまでに悪化した状態が赤ニキビなのですから、
この段階になれば皮膚科に行くのはけっして大げさなことではありませんよ。

 

それから、赤ニキビができたということは、まだまだ出てきていない隠れニキビや白ニキビがあるはず。

 

皮膚科では表に出ているニキビ治療しかしてくれないことが多いですし、
なにより、そもそも「治療」はニキビができてしまってからの対処なんですよね。

遅いんですよね!! ニキビができてからでは!

 

結局、ニキビを予防するっていう意識がとっても大切。

普段のニキビケアをしっかりやりましょうね。

 

ニキビは早め早めの対策がカギ!

ニキビを放置しておくことで、トラブルが起きやすいお肌になってしまいます。
ニキビは早く対策をとれば早く結果も出ます。
ニキビ跡を作らないためにも普段から清潔と保湿を心がけましょう☆