頬のニキビが治らない理由

頬にニキビができてから清潔さを心がけていつも以上にしっかりと洗顔し、
さらにニキビ対策用のスキンケア用品を使っているのに、
「いつまでも頬ニキビが治らない!」
と悩んでいる人、結構多いですよね。

 

ですが、この悩みを抱えている人の多くは、頬のニキビに対する肌ケアの方法を間違えているんですよ。

 

まず、ニキビができてしまったところに「徹底洗顔」で刺激を与えすぎていると、
これがニキビによる肌荒れを助長してしまうことになりかねません。

しつこい洗顔を続けていると、必要な角質まで洗い流してしまうこともあり、
これが肌の乾燥を招いてしまう可能性があるんですよ。

 

ニキビ対策用スキンケア用品にも、問題を抱えているものは少なくありません。

特に、10代向けなど、若い世代を対象にしたニキビ対策用スキンケア用品の場合、
極端に油分がカットされているだけではなく、清涼感を出すためにアルコールが添加されていることもあるんですよ。

 

10代の頬ニキビは基本的に皮脂の過剰分泌が最大原因なのですが、
皮脂分泌が少ない大人の頬ニキビの場合
「乾燥肌で角質がうまくはがれず、それが毛穴をふさいだ」などをはじめとして、
さまざまな要因が発生原因となっています。

 

ですから、皮脂の除去だけに着目した徹底洗顔と、ニキビ対策用スキンケア用品を使い続けていると、
肌の乾燥状態がより悪化してバリア機能が完全に失われ、ますます「古い角質がはがれにくい肌」になりやすいのです。

 

洗顔は、「ゴシゴシ洗わず、清潔さを保てる適度な洗顔」であるべき。

そしてニキビ対策用のスキンケア用品も、皮脂除去のことばかり考えず、きちんと保湿をしてくれるものを選びましょう。

また、元気な肌を早く再生させるためのサポートとして、
ビタミンサプリを飲んでみるのもひとつの手です。

もちろん、フルーツや野菜の生ジュースが作れる状態であれば、それを飲んで天然のビタミン補給をしていくのがおすすめです!

頬のニキビの原因

頬のニキビの原因は、思春期の10代と、大人になってからの20代以降では違ってくることをご存知ですか?

 

まず、10代の頬のニキビの主原因となるのは、皮脂の過剰分泌です。

10代は成長ホルモンの分泌が活発で、
この成長ホルモンの影響で皮脂も通常よりも多く分泌されるわけですね。

そのため、毛穴にも必要以上の皮脂が分泌され、それが詰まってニキビ化しやすいのです。

そのため、10代の頬ニキビといえば、ひとつ、ふたつ、などという数ではなく、
頬全体に大量発生することも多いんですよね。

皮脂がどの毛穴にも多く分泌されるからこそ、起こりえる事態です。

 

これに対して20代以上の大人となると、
頬のニキビの原因として「皮脂の過剰分泌」という理由は激減します。

実際、大人の世代になって、「Tゾーンが皮脂でテカテカしている」という人は多くても、
頬まで脂ぎってギラギラしている、という人はかなりの少数派になってくるはず。

10代のように成長ホルモンがせっせと分泌されることがないので、皮脂そのものの分泌量も減っているのです。

 

では20代以上の大人の頬のニキビの最大の原因は何なのかというと・・・

 

ズバリ、「肌の乾燥」です。

 

「乾燥によってはがれにくくなった古い角質が毛穴に張り付いた部分だけがニキビになる」という感じで、
頬ニキビの数は10代の頃に比べて少なくなるケースが多いんですよ。

乾燥によってどうして古い角質がはがれにくくなるのかというと、
これは切手をイメージしてもらうといいでしょう。

一度貼った切手は水につければきれいにはがせますが、
乾燥したままでは絶対にきれいにはがせませんからね。

もちろん、角質には切手のような「糊」がついているわけではありませんが、
それでも元々肌にぴったりと密着していたものだけに、
乾燥状態では「すべてキレイにはがれる」という状態になるのは無理なのです。

 

ですから大人の頬ニキビ対策は、単にアクネケアだけではなく、
「肌の乾燥状態を改善して、毛穴が詰まりにくい健康な肌作りをする」
ということが不可欠です。

妊娠中はおでこにニキビが大量発生しやすい!?

「妊娠中はおでこにニキビが大量発生しやすい」という説を聞いたことがありませんか?

おでこというのは、元々、思春期だけでなく大人になっても皮脂分泌が多いため、
他の部分よりもニキビが大量発生しやすい箇所ではあるのですが、
女性の場合はさらに、妊娠中というタイミングでおでこにニキビが大量発生してしまう人が少なくないのです。

 

なぜ妊娠するとおでこにニキビが大量発生しやすいのか?

その理由は・・・
妊娠による、ホルモンバランスの変化が大きいと言われています。

 

思春期のニキビも、成長ホルモンの大量分泌によって皮脂が過剰に出やすくなる、という、
まさに「ホルモンが主原因のニキビ」なのですが、妊娠中もこれと似たような状態になっている、というわけですね。

 

妊娠中のホルモンバランスの変化というのは、
「妊娠している以上、必ず発生するもの」ですから、
ホルモンそのものをどうにかして、
おでこニキビを無くそうというのはちょっと難しいですね。

こういう時は素直に皮膚科に行って、適切な薬を処方してもらうのも手ですが、
ホルモンバランスが主原因のニキビだけに、たとえ医師から薬を処方してもらったとしても、
それはあくまで今あるニキビの対症療法にしかなりません。

 

「もう二度とおでこニキビが発生しないように完全に治す」というレベルまではあまり期待しないほうがいいです。

 

そもそも妊娠中に大量発生したおでこのニキビは、
時がたってホルモンバランスが元に戻れば、自然に治まりますので、
妊娠中のおでこのニキビの対処については
「多少マシな状態にする」「これ以上悪化させない」という程度の気楽な気持ちで考えておけばいいでしょう。

 

妊娠中でもないのにおでこにニキビが大量発生した場合ですが・・

その原因としてはストレスや食生活・睡眠リズムの乱れなどが考えられますね。

もちろん、「下ろした前髪が当たる」など、外部からの度重なる刺激によるものもあります。

顎(あご)のにきびはストレスが原因!?

顎(あご)のにきびはストレスが原因だ、という話をよく聞きますが、実際のところはどうなのでしょうか。

結論から言うと・・・
「顎のにきびはすべてストレスが原因でできる、というわけではないが、ストレスが主原因の顎にきびが多いことは間違いない」
というところです。

 

なぜ、顎のにきびはストレスが溜まると発生しやすくなるのか?

それは、ストレスとホルモンの関係による影響が大きいです。

 

ストレスが溜まると、たとえ女性であっても、男性ホルモンが多く分泌されるようになるんですよね。
そして男性ホルモンは、皮脂の分泌を過剰にしてしまう働きを持っています。

 

元々男性ホルモンが多い男性は、毛穴も大きいので、
(毛穴の大きさは男性ホルモンの量に左右されます)
少々皮脂分泌が活発でも詰まったりしない、というケースも多いです。

でも元々毛穴が小さい女性の場合、一時的な男性ホルモン過多で皮脂が大量に分泌されると、
毛穴が小さいだけに詰まりが生じる可能性がとても高くなってしまうんですね。

 

特に、顎は、男性の象徴とも言える「ヒゲ」が生えるところだけあって、
男性ホルモンの影響を強く受けやすいという特徴を持っています。

 

そのため、ストレスが溜まって男性ホルモンが増えると、顎付近の毛穴が詰まりやすくなるというわけです。

 

さすがに「ストレスを感じない生活をおくる」というのは不可能かもしれませんが、
「受けたストレスはなるべく早く発散させる」というスタンスで、
さまざまなストレス解消ノウハウを身につけておくことが、顎にきびの発生を抑える効果的な方法と言えるでしょう。