病気じゃないのと友達に言われるくらいニキビがひどい

今回はニキビがひどくて、友達から病気じゃないのと思われたくらいひどかった・・
という方のお話です。

私は、都内でOLをしている31歳です。ニキビに悩む皆さんに少しでも
私の過去のお話が役に立てばと思っています。

 

中学生になってから徐々にでき始めました。ピークは中学2年生です。
かなり気にしていたので、はっきりと覚えています。

 

地黒なのがコンプレックスでした。それ以外は特に悩みはありませんでした。
地黒であることでよくいじられていましたので、透き通るような色白肌にあこがれていました。
(中学生でしたので、気付いていなかっただけかもしれません。)

 

ニキビのある友人はあまりいませんでしたので、自分にニキビができるまで特別な思いは特に抱いておりませんでした。
ニキビへの知識はほとんどありませんでした。
まさか自分に大量のニキビができると思っていなかったため、予防も行っていませんでした。

 

初めてニキビを見つけたときは、1つでしたので正直甘く見ていました。

今になって、最初の1個からきちんとケアしていれば…という思いがあります。

よく覚えているのは、額に大量のニキビができたことです。

白ニキビや痛々しい赤ニキビもありました。もちろん、額以外にもできました。

背中やあごなどです。背中は今もあります。

ケアをしてもしてもなくならないニキビがショックですごく気持ち悪いと思いました。

 

洗顔はアクネ菌に特化したものに変更いたしました。

また、顔中の髪を上げ気になる部分には少したりとも髪の毛が当たらないようにしました。
市販のニキビ用の薬を塗りました。

また、当時はやっていたパパイヤの粉石けんも使用いたしました。

周りに心配されるほどのニキビの量でしたので、親からのアドバイスはもちろん受けておりました。

中学生でしたので、薬も親に購入してもらっておりました。

友人へは恥ずかしくて相談しておりません。

 

でもニキビはほとんどなくなりませんでした。
それどころか増える一方で…悪気のない友人や、教師からは病気かと思われ心配されたこともありました。

当時中学校の先輩で、ニキビが治らず黒ニキビが跡になっていた先輩がいたので、不安で仕方なかった記憶があります。

薬に関しては、ほぼ効果はなかったと思います。
むしろひどくなったかもしれません。

大人になってからわかりましたが、ニキビにも色々と種類があるため、
違うタイプの薬を選んでしまっていたのかもしれません。

 

心配していたニキビ跡は今はありません。

塗り薬はあまり効果がありませんでした。どちらかというと自然治癒に近いかもしれません。

髪の毛が当たらないようにした対策が一番効果があったと思います。

中学を卒業し、運動部をやめてから徐々に減っていったことも考えると、運動部でよく汗をかいていたのも関係しているのかもしれません。

ニキビのあったころは、本当にひどかったので治っているイメージが全くありませんでしたが、今は時々一つ二つできる程度になりました。

 

ニキビは、重大な病気ではないと侮りがちですが、思春期のニキビはその時の周りの悪気ない一言などで簡単に傷つき、忘れられない出来事となります。

そのため、放っておかずにすぐに治すことが一番だと思いました。

今はかなり美肌つくりにこだわりがあるのですが、それは当時のニキビ肌が原因であるような気もします。

ニキビといっても一人ひとり原因が違うため。
自分のニキビに対する対策方法を見つけることが大事だと思います。

塗り薬や飲み薬ではあまり効きませんでしたが、今はニキビができるとすぐに消毒を行います。
(けがをした際に使用するような消毒液です。)

こちらをコットンに含ませてあてるだけで消炎作用がありますので

だいぶ落ち着きます。

学生時代にこの方法を知っていればよかったな…と今でも思います。

 

ニキビの薬を使っても治まらなかったといことで大変でしたね。

今はだいぶん治まったものの、それでも時々ニキビができるということで
ニキビのできやすいお肌の状態なのかもしれません。

ニキビができたらの対策ではなく、

ニキビを作らないお肌を目指したニキビケアもしてみてくださいね。

年齢とともにニキビよりもシミが気になるように

今回は年とともにニキビが気にならなくなってきたものの、
今度はシミやシワが気になる。。という男性のお話です。

私は現在62歳、男性です。
ニキビは中学。高校のころの思い出ですね、
あれからもう40年以上たったのですね、
もうニキビには関係のない年になり今は、無職の、s.matu爺です。

 

ニキビができ始めたのは中学生のころ、野球ばかりやっていた頃ですね、
毎日毎日、泥だらけになって野球ばかりをしていた頃ですね。

 

ニキビができる前は何時も日焼けをしていましたね、

帽子などかぶりもせずに、走りまわっていた頃ですから、また当時は、黒んぼコンテストが、流行っていた時代でもありましたから、黒くなるのは、良いことだったのです、

日焼けの為に、サンオイルを塗って日焼けをしていたのです。

 

年代になるとニキビは出来るものだと思っていましたので、特別なこととは思っていませんでした、

友達も、皆ニキビの顔でしたので、普通のことだと思っていました、

だれも、ニキビに対して対策をしているような人はいなかったと思います。

 

初めてにきびが出来たのは,オデコに出来たのです、

それは白ニキビだったと思います、

始めのころは良く潰していましたが、その後は肌を清潔にした方が良いとのことで、清潔に気を使う様になりましたが、特別、ニキビが出来なくなるようなことは有りませんでした。

年齢が来るとニキビもできなくなるものだと思っていましたので、特に気にもしませんでした。

 

初めのころは、清潔にすることに心がけましたが、たいして良くもなりはしませんでしたが、

高校になると、おしゃれとも関係して来たの出、石鹸も、肌に優しいベビーソープを利用して、化粧水なども使っていました、

知り合いの化粧品屋さんのアドバイスで、沢山の化粧品を使っていました、

当時の同級生の女子より化粧品は持っていました。

 

もう還暦を超えたので、ニキビに悩むようなことは無いことでしょう、

仲間も皆、ニキビには無関係の様です、ただ年とともに、シミが増えているくらいのものですね、

髭がそろくなり、髪の毛が薄くなることは普通ですが、ニキビに悩んでいる話にはなることは無いですね、
ニキビが出来るほど、肌に油気が亡くなって来ているのです。

 

ニキビには、清潔にしておくことが一番良いとは思いますが、若いときのニキビは誰にでもあることことなので、仕方がないと言えるのでしょう、

新陳代謝の一部として、ニキビが出来るのだと思いますが、どうでしょう。

子供から、大人に、身体が変わって行く過程でのニキビなのでは、ないでしょうか、

 

ニキビにしてもシミやシワにしても、お肌の状態の変化により様々な影響が出てきてしまいます。

どちらにしても皮脂のバランスが重要で
これは年齢とともに自力でバランスをとることが難しくなりますので

何らかのケアで補ってあげる必要があります。

髭剃り負けで白ニキビができるように

今回は、昔は髪で隠せたけど、大人になるとそれも難しくなってきた、
という男性の方のニキビのお話です。

こんにちは。現在フリーターの22歳、男性です。
大学を卒業後、新入社員として働いていましたが人間関係を理由に数か月で退職しフリーターとなりました。
現在は新たな仕事を見つけるために頑張っております。

 

ニキビができ始めたのは中学生の頃ですが、気になり始め、ケアしていくことを決めたのは高校生の頃です。
現在でもニキビとは格闘中です。

 

小学生の頃などは特に肌には問題なく過ごしてきました。

当時はあまり気にしていませんでしたが少し乾燥気味ではありました。
しかしニキビができることは無く中学校に入り2年生くらいからおでこなどにニキビができ始めました。

 

中学3年生の頃は友達にニキビができていて、もしかして不健康な生活をしているのかなと思いました。

他にニキビが多くできていた友達には痛そう、不潔なのかなと思ったこともあります。

私には姉がおり、3つ上の姉もニキビに悩んでおり、中高生のような思春期になるとできるものだと思っていました。

また、時間の経過と共に自然と治っていくものだと思っていたため、特に対策などしなくても良いものだと考えていました。

 

初めてできたニキビはおでこの赤ニキビでした。

友達にできていたニキビが自分にもできていて驚いたのを覚えています。

中学生の頃はほとんど3年間変わらない生活を送っていたのにできていたので、生活習慣のせいではなく、時期的に仕方の無いものなのだと思い込ませていました。

鏡を前にして早く治って欲しい、隠したいと言う気持ちから前髪を長くしていました。

 

ニキビができ始めた中学3年生の頃は、洗顔料や化粧水などを使っていませんでした。

そのため洗顔も水を顔につけるだけでした。

高校生の頃ニキビの話を友達にして洗顔をしていることや、化粧水を使っていることを知りました。

そこから薬局でOXYの洗顔料と化粧水を買って、朝と夜に洗顔するようになりました。

その頃はあまり親と話すことをしなかったので、相談することもなく病院と言う選択肢もありませんでした。

 

洗顔をしてもなかなか治ることはありませんでした。

他の洗顔料等も使ってみましたが、使用後の爽快感などはあっても、ニキビに効果はありませんでした。

そのため髪を長くして前髪でおでこのニキビを隠すようにしていました。

幸いにもニキビが酷くなることはなかったため、時期が過ぎれば治るのではないかと考えて、特に他の行動は起こしませんでした。

ぬるま湯で洗顔すると良いと聞いていましたが、朝の短い時間ではぬるま湯で洗顔することよりも睡眠を優先していたため、実行することはできませんでした。

 

現在はニキビはできて、治ってを繰り返している状態です。

完璧に顔からニキビが治ったことはないと思います。

洗顔料を使って洗顔と化粧水を使うことは続けていますが、以前と同様であまり効果は実感しておりません。

おでこのニキビもあるんですが、髭を剃るようになってから剃刀負けにより、白ニキビが増えてきました。

口周り、頬、首あたりにもニキビができています。

自分にあった髭剃りの方法も知っておく必要があると感じました。

口周りなど隠せない部分だけでも早く治って欲しいと思っています。

 

私の場合中学、高校の頃はおでこのニキビができていましたが、前髪で隠すことができたので良かったと思っています。

しかし、大人になって髭を剃り始めてからできてきたニキビは隠すことができないのでとても恥ずかしい思いをしています。

ニキビは思春期のような時期によってできるものだけでなく、大人になった今でもできるため、ケアや生活習慣、食生活などニキビができる原因を一つ一つ無くしていかねければ、きれいになくなることがないと思います。

現在は生活習慣や食生活が少し乱れているため改善していく必要があると思っています。

 

悪化はしないものの、常にニキビがある状態ということは
やはりもう少し何らかのケアをされた方が良い状態、と言えると思います。

生活習慣を見直すのはもちろんですが、

出来てしまったニキビには、外からのアプローチが必要ですよ!

赤ニキビを治す方法:原因と治療法

白ニキビをそのまま放っておくと、
そのうちニキビに赤みと腫れが出てきて、赤ニキビとなってしまいます。

 

赤ニキビの赤色は、ニキビが悪化して、毛穴の中で炎症を起こしている証拠。

しかもその炎症は毛穴だけに留まらず、周りの皮膚組織を少しずつ破壊していっているという、怖ろしい状態なのです。

 

赤ニキビを潰すとニキビ跡が残りやすいのはこのためなんですよね。

単に毛穴付近の皮膚を破くだけでなく、
ニキビの悪化で破壊された皮膚組織まで外に出してしまうため、
そこが陥没したりしてしまうのです。

ですから赤ニキビについては決して自己判断で潰してはいけないですよ!

 

市販のニキビ治療薬での対処が追いつかないようなら、皮膚科に診てもらうことも検討しましょう。

「ニキビ程度で皮膚科へ?」と思われるかもしれませんが、
実はニキビというのは皮膚病の一種です。

その皮膚病が炎症を起こすまでに悪化した状態が赤ニキビなのですから、
この段階になれば皮膚科に行くのはけっして大げさなことではありませんよ。

 

それから、赤ニキビができたということは、まだまだ出てきていない隠れニキビや白ニキビがあるはず。

 

皮膚科では表に出ているニキビ治療しかしてくれないことが多いですし、
なにより、そもそも「治療」はニキビができてしまってからの対処なんですよね。

遅いんですよね!! ニキビができてからでは!

 

結局、ニキビを予防するっていう意識がとっても大切。

普段のニキビケアをしっかりやりましょうね。

 

ニキビは早め早めの対策がカギ!

ニキビを放置しておくことで、トラブルが起きやすいお肌になってしまいます。
ニキビは早く対策をとれば早く結果も出ます。
ニキビ跡を作らないためにも普段から清潔と保湿を心がけましょう☆

白ニキビを治す方法:原因と治療法

白ニキビとは、ニキビの初期段階のもののこと。

 

毛穴にニキビの芯ができつつあるものの、まだアクネ菌などによる炎症は起こしておらず、
外から見れば「皮膚の内側に白い粒のようなものが潜んでいるのがうっすら見える」という感じです。

白ニキビがある部分は肌の表面がブツブツしているので、
メイクなどをしても凸凹が隠せないというのは悩みどころですが、
逆に言えば白ニキビのデメリットはその程度。

白ニキビはこの段階で正しいニキビケアさえしていれば、ニキビ跡となって残る可能性がきわめて低いという、
ごく軽症のニキビなんですよ。

下手にいじったりせず、お肌のお手入れをしっかりやり続けることで、ほとんどは沈静化します。

 

皮膚の中の白い芯が気持ち悪いから出してしまえ~

と、白ニキビを潰そうとする人も多いですが(^ ^;)

きちんと対処すれば治るものを、わざわざ肌を傷つけてまで押し出すのはやめましょうね!

大人ニキビはつぶしちゃうと、跡になったりして大変ですよ。

白ニキビをつぶしたい気持ちを抑えて、ニキビケアにいい洗顔や化粧水をしっかり使って、
治しちゃいましょうね!

 

ニキビは早め早めの対策がカギ!

ニキビを放置しておくことで、トラブルが起きやすいお肌になってしまいます。
ニキビは早く対策をとれば早く結果も出ます。
ニキビ跡を作らないためにも普段から清潔と保湿を心がけましょう☆

まさか20年以上もニキビに悩まされるとは

今回はニキビが小学生の頃からできてしまい
恥ずかしくてつい髪で隠したりつぶしたりしてしまった。
そんな方のお悩みです。

私は今36歳の女性、主婦です。
現在仕事はしていませんが、つい最近までは会社員でとても忙しい毎日を送っていました。

 

ニキビができ始めたのは、小学5年生の頃からです。

でき始めた頃は、あまり人目を気にするタイプではなかったのであまり気にしていませんでした。

しかし、それから20年以上もニキビに悩まされることになるとは思いませんでした。

 

それ以前は、特に肌の悩みはありませんでした。

ツルッとしていて、凸凹もない肌でした。割と色白な方で、
日焼けをしても黒くならずに終わるタイプでした。

ただ、顔にホクロが多く目立っていたので気になっていました。

 

自分にニキビができる前は小学生だったので、ニキビという存在すらよく分かっていませんでした。

周りにもニキビができている家族や友人もほとんどいなかったので、
目にすることも知識もありませんでした。

自分の肌にニキビができて、初めてニキビについて知ることになりました。

 

両頬と額に少しずつニキビができ始めました。

白ニキビが多く、触ると凸凹して気になりました。

最初はすぐに治ると思い、あまり気にしていなかったのですが、
なかなか治らずだんだん悪化して炎症を起こすようになり、
頬が常に赤いブツブツがある状態になりました。

見た目も悪いのでとても嫌で、常に顔のことを気にするようになりました。

 

自分ではどうしたらいいか分からず、親に相談しました。

ドラッグストアでニキビ用の洗顔料を買ってもらいました。

また、寝る前に塗る薬も塗っていました。

 

額のニキビは、前髪が付くと悪化すると言われ、
ターバンやカチューシャで常に前髪を上げるようにしていました。

学校へ行く時もカチューシャをしていましたが、ニキビを見られるのが嫌で、だんだんしなくなりました。

 

色々試してみましたが、ニキビは全く良くならず、むしろ悪化する一方でした。

薬を塗り少しずつ治ってきても、また新しくニキビができて、常に顔にニキビがある状態です。

 

中高校生の頃が一番ひどく、登校するのが憂鬱でした。

ニキビに良い、と言われるような商品はあれこれ試してみたのですが、
はっきりと効果があるものはありませんでした。

食べ物にも気を付けましたが、あまり効果はありませんでした。

ニキビが膨らんで目立つ時には、潰していました。

 

今もたまにニキビができます。

ニキビができる場所は年齢と共に変わってきて、
頬や鼻などの目立つ場所にはできず、顎に多くできるようになりました。

 

数は多くはありませんが、生活習慣が乱れると特にできるような気がします。

でも、ビタミンCの美容液を塗ると治ることがおおいです。

昔ニキビができていた部分はきれいになっている部分と、跡が残ってしまった部分があります。

 

ニキビができ始めた頃は、とにかくニキビの存在が気になりニキビの知識もなかった為、指で触ったり潰すことが多かったです。

それが悪化させる原因の一つだったと思います。

その後も、肌に負担をかけるようなことをしていました。

今では、ニキビを擦ったり刺激を与えないように、洗顔をしたり化粧水を付けたりしています。

もっと昔からニキビをいじってはいけない、潰すと跡になる、など正しい知識を知っていれば良かったと思います。

 

ニキビができるとついつい隠したくて、
髪や化粧でとにかく隠そうとゴシゴシこすったりつぶしたりしてしまいがち。

でもこれでは中々改善しないどころか、跡になったりしてしまいます。

ニキビには正しい知識と正しいケアで立ち向かいましょう!