生理前になるとおでこや顎にニキビができる

今回は洗顔と同時に睡眠時間もしっかりとることで
ニキビが何とか落ち着いたという方のお話です。

初めまして。りんごと申します。
26歳 女で、現在は専業主婦をしております。
結婚前までは介護用品のレンタル会社で事務仕事をしておりました。

 

ニキビができ始めたのは、中学1年生の夏頃でした。
でき始めた頃、ニキビのことなど気にしてはいませんでしたが、ふとした時に同級生の肌がとてもきれいなことに気づきそこから気になるようになりました。

 

ニキビができる前は、雪国育ち特有の真っ白い肌で傷も何もなく、周りから肌がきれいで羨ましいと言われるような肌の状態でした。
特に気になるところもなく、肌の悩みは一切なく、羨ましいと言われる肌が自慢でもありました。

 

ニキビのひどい同級生がいましたが、いつも赤ら顔で、白ニキビや赤ニキビでいつも肌が痛そうだなあ、と思っていました。
ぶつぶつしているのを気にしているようで、なんだか気の毒だなあと思ったことを覚えています。

 

頬に急に赤ニキビがポツっとできた時は、「あー、とうとうできたか」程度にしか思っていませんでした。

そのうち治るだろうと思っていたので気にしていなかったのですが、
段々ひどくなる一方で、こんな醜い顔で学校に行きたくないな、なんて思われているんだろうと毎日不安でした。

好きな男の子がいたので話すときは顔を見られたくなくていつも下を見ていました。

 

ニキビができ始めて、まずは母に相談してみました。

こまめに洗顔すること、汗をかく部活をしていたので学校でも洗顔すること、手で顔をいじらないこと、ニキビができたら触らないこと、などたくさん対策を教えてくれました。

教えてもらったことを実践し、少し良くなったものの本当に少しだったので、また母に相談しました。

薬局にニキビ薬があるから、それを買ってみようか?と勧めてくれて、ニキビ薬を塗るようになりました。

 

こまめな洗顔と洗顔後に必ずニキビ薬を塗ることを意識して実践していたら、段々とニキビの状態が良くなり、赤ら顔も落ち着き、元の白い肌に戻りました。

学校で同級生の男子にからかわれてつらかったですが、学校生活でもなるべく周りに見られないようにこまめに洗顔し、ニキビ薬を持ち歩き、洗顔後は塗る、というのは徹底して行いました。

 

今は、生理前になるとおでこや顎に少しできます。

できた時は、またこまめに洗顔し、ニキビ薬を塗るようにして、なるべく早めの就寝を心がけています。

枕には枕カバーの上にタオルを巻いて毎日変えています。

清潔な肌を保つようの努力しています。

おでこにできるのは少しかゆくて掻いてしまうので少し悩んでいますが、家にいるときは前髪をあげておでこにつかないようにしています。

 

前髪が顔に当たると、髪の油や汚れで肌がダメージを受け、ニキビができやすくなると知ったので、もう少し早く知っていれば、前髪は切ったり、ピンでとめたりして対策できたのになあ、こんなに悩まなかったのになあと思います。

ニキビ薬もたくさんの種類があり、どれを使っていいのか、どれが自分に合うのかが分からなくて色々と試しに使っていたので、この肌質の人のニキビにはこれ!っていうグラフとかがあれば助かったな、など色々と思うことはあります。

 

ニキビケアは外からと内から、両方のアプローチが必要です。

生活リズムを整えて、きちんと睡眠時間を取るようになったのが良かったですね。

そのうえで、お肌の清潔と保湿を心がけることで
ニキビができにくいお肌を目指しましょう!

生理前に口の周りにポツポツと白ニキビが

今回は出産や生理など、ホルモンバランスが悪くなるとニキビができる、
という方のお話です。

私は27歳女性、保育士としてパート勤務をしています。
私生活では6歳と5歳の娘を育てる2児のママでもあります。

 

ニキビが気になり出したのは成人してからで、特に出産後から目立つようになりました。
学生の頃は暴飲暴食をしていてもニキビが出来たことはありませんでした。

 

ニキビが気になり出す前はオイリー肌ではあるものの、特に目立ったトラブルはありませんでした。
生まれつきアトピー性皮膚炎がありますが、日頃からしっかりと保湿、スキンケアをしていたためカサついたりする事もなく、Tゾーンのテカリも化粧でカバー出来る程度でした。

 

学生時代の友人(女性)で、顔中ニキビだらけの人がいました。

彼女は気にはなるものの何もしていない、と言っており夜ふかしもしているといっていたため、スキンケアを見直したら良いのでは、と思っていました。

ニキビに関してはスキンケアの見直し、食生活を整えるなどで簡単に治ると思っていました。

 

初めてニキビが出来たときは衝撃でした。
まさか自分にもニキビが出来るなんて、、と何度も鏡とにらめっこしていました。

私の場合は白ニキビがおでこや口周り中心に何個も出来てしまいました。

おでこは前髪でカバー出来るとはいえ、口周りは隠しきれませんし、とにかく早く治したい!こんな肌は嫌だ!と必死に治す方法を調べました。

 

ニキビが出来てからは食生活をまず見直しました。

私がニキビが出来るのは決まって月経前後で、ホルモンの乱れやストレスなども関係していました。

そのため、鉄分がとれる食材を中心に食べたり、運動をして汗を流すことで老廃物の排出を促したり、と内面からバランスを整えることで肌もキレイになれるように工夫をしました。

 

今でも月経前には決まって同じようにおでこや口周りに白ニキビがポツポツと出来てしまいます。

ですが、いつも同じタイミングで定期的に出来るため、原因はやはりホルモンの乱れだと思うので出来たら食生活の改善と運動で汗を流す、とパターン化して何とか対応しています。

割り切ってしっかり向き合っているのでそれほど負担にはならずストレスもあまりありません。

 

女性のニキビというのは、一般的な食生活の乱れや運動不足、代謝が良くないなどの理由以外にも私のように月経や出産によるホルモンバランスの乱れが原因になる事もたくさんあると思います。

ですので一概にスキンケア不足や知識不足、食生活が悪いという訳ではなく誰にでも起こり得る肌トラブルなんだと思いました。

もちろん日頃からのスキンケアの徹底なども必要ですが、大切なのは自分のニキビと向き合って的確な対処をすることが一番だと思います!

 

ニキビはお肌のトラブルですが、実は体の中のトラブルが表に出てきているもの。
どこに原因があるのかしっかり見つめなおすことは
体調を整える意味でも大事です。

そのうえで、できてしまったニキビにはしっかりケアをして早めに対策してしまいましょう!

鼻のニキビが嫌で顔を見て話せなかった

今回は鼻のニキビが気になって
好きな人とも顔を見て話せなかった、という経験をお持ちの方です。

はじめまして。39歳の女性です。
結婚して15年になります。
平日はパートにでています。土日は、子供達に合わせて過ごしています。

 

私がニキビができ始めたのは、まず中学校の頃でした。
出産後は治まりましたが、最近またホルモンバランスのせいかアゴ周りにできます。

 

ニキビができる前は、肌にトラブルはなくもともとしっとりしている方でした。
肌がキレイだと褒められることもありました。
だだ脂性なのかツヤツヤしてて少し気にしていました。
あとは、木にかぶれやすくて季節の変わり目は気をつけていました。

 

ニキビができる前は、ほとんど意識はしていませんでした。

周りにたくさんニキビのできている人も見かけませんでしたし、思春期になったらできるものと親から言われていましたので誰もが当たり前にできるものだと思っていました。

 

初めてニキビができたときは、まずおでこだったと思います。
あまり意識しませんでした。

次々に出来始めて、ほっぺたにでき出したときは少し心配になりました。

ニキビを治す知識もなくて洗顔を何度も何度も繰り返していました。

1番辛かったのが、鼻にできたニキビでした。
好きな人ができてるのにニキビがあるからしっかり顔をみて話せませんでした。

 

ニキビができ始めたころには、洗顔を1日に何度も何度も繰り返していました。

反抗期もあり、親に相談というより親からひどくなってきたから皮膚科に行きなさいと言われて通いました。

ニキビ用の塗り薬を処方されました。
早く治したくて薬も何度も何度も繰り返し塗りました。

友達にニキビができている人が少なくて相談できませんでした。

 

皮膚科に何度か通いました。イマイチ治りませんでしたが、何度も洗顔に塗り薬を繰り返していました。

鏡を見てニキビにしか目がいかずにどんどん落ち込んでいきました。

学校にいくのもイヤになりだして積極的に参加できない性格になっていったと思います。

寝る前になると明日の朝起きたら肌がキレイになっていて安心して友達と話したいと願って眠っていました。

 

今もニキビに悩むことはあります。

学生のころ程ではないですが生理前や甘いもの、ポテトチップなどを食べたら、てきめんにニキビができます。

ニキビが落ち着いてきたのは結婚して妊娠し出産してからだと思います。

やはり洗顔や治療め大切ですが食生活が変わったことで治まってきたのだと思います。

子供を母乳で育てたので野菜をたっぷりを意識したことがよかったと思います。

 

今から考えて、もっと早くにやっていればよかったと思うことは、一番に食事、そして洗顔に睡眠だと思います。

基本的なことができない学生時代。
どんなに洗ってもどんなに薬を塗ってめダメです。

食べた物は正直ですぐに顔に出てきます。甘いものを減らすだけで今でも毛穴のひらきは小さくなるし野菜をたっぷり食べれば肌に透明感もでてしっかり睡眠をとると血流もよくなり肌も元気いっぱいになります。

いま、子供がまさにあの頃の私です。自分の経験と対策をしっかり伝えています。

 

お顔のコンディションは、体の中のコンディションそのもの。
まずは生活習慣も気を付けてくださいね。

そのうえで、できてしまったニキビには正しいケアを!