皮膚科でニキビの薬をもらってだいぶ収まったもののニキビが消えない

今回は、皮膚科で何とかニキビが収まってきたものの、
結局完全にはニキビが治っていないという方のお話です。

私は35歳男性で鉄工業に勤めています。

18歳で高校を卒業後専門学校に通うため田舎から出て来て街に独り暮らし、その後木材加工業に勤めて、その後1年で会社が倒産して今の仕事に勤めました。
家族は今は結婚して子供も出来て3人家族で生活しています。

今の職業についた現在はニキビは落ち着き始めました。

 

中学ではニキビは全く出来なく、髭も生えなかったので発育が遅い方だと感じていました。

高校生になってもニキビとは全く無縁で他の友達が顔中あちこちに出ていた時期でも、私は平気でそれだけがウリと言っていいほど自慢でした。

そして専門学校でも大丈夫でしたが大人になって独り暮らしをし始めた22歳ころからポツポツ出始めました。

 

もともと、とても肌は艶々で女の子と間違われるくらい女子にも負けませんでした。

良く女子からも私もこんな肌だったらなーと言われる位でかなり嬉しかったのを覚えています。

小さい頃から汗をかきやすい体質だったのでいつも肌はしっとりしていてみんなが悩む乾燥の多い冬場でも全く影響を受けませんでした。

 

そんな感じで、ニキビとは無縁だと感じていたので一生こんな醜い顔なんかになるものかと心の中で酷くバカにしていました。

お菓子をどんなに食べてもお酒をどんなに飲んでも、どんなに寝不足で次の日学校に行っても顔を洗わずに次の日起きても不規則な生活は自分だけは肌に影響しないんだと誤解していました。

逆にどうやったらそんなに肌がボロボロになるんだと不思議でしょうがありませんでした。

 

そんな自信に満ちあふれていた22歳頃頬にひとつ小さい赤ニキビが出来ました。

俺もやっとみんなの仲間入りだなとちょっと変化があった自分が嬉しくなりすぐに消えてなくなるだろうと簡単に思っていました。

会社の事務のお姉ちゃんからもニキビできたの初めて見たと関心を持たれたのでなんだか浮かれて記念に写メして保存したり友達にも送ったりしました。

 

最初のニキビが出来ても私は全く何もせず生活していました。

思った通りその赤ニキビは消えましたがその後ポツポツあちらこちらに赤ニキビが出て来てそのうち消えるニキビより出てくるニキビの方が多くなって追い付かなくなりました。

次第に赤ニキビが白ニキビになったので鏡をを見るととても醜く映った自分に驚きそれから毎日朝夜顔を洗うようにして1日6時間以上寝るように心掛け、食事は脂っこいものやジャンクフードは避ける対策をしました。

サプリやCMの通販商品も買って試しました。

 

ジャンクフードや脂っこいものを控えるのは効力がありそれ以上増えるのを押さえることが出来ました。

やはりジャンクフードにもかなり油が使われていたみたいで特に多かったのがポテトチップスで、ポテチを控えるだけで肌の調子が断然良くなったことに驚きました。

洗顔と睡眠時間確保も効果がありましたが、結局今あるニキビまでは無くならずそれどころか段々固くなりシコリみたく残ってこのままでは解決しないととても焦りそれからも色んなことを試してみました。

一番効かなかったのはサプリです。全く変化がなくホントに無駄なお金を使ったと凹みました。

 

たどり着いたのは結局病院で薬を貰うことでした。
きっかけは勤めていた会社の専務が通っている皮膚科がとても有名みたいで見ているのも辛いから会社を休んでもいいから今すぐ行ってこいと言われ診てもらいました。

とても親切で経過を観察したいと言われ毎週診てもらったときの顔写真を撮って、変化していく自分を見れるとまた諦めない心が生まれるという変わった方法で治してもらいました。

塗り薬と飲み薬の漢方を処方してもらい固くなったニキビを柔らかくして自然に近い消えていく方法で無理なく消していくことが出来ました。

しかし35歳になった今でも完全には無くなりません。

 

今では若いころから生活リズムを崩さず健康的な毎日を過ごせばよかったととても後悔をしています。

それから変なプライドを持たずに自分で解決しようとせずもっと誰かに相談すればと後悔の念しかありません。

ニキビは誰にでも出来ます。
全く出来ない人もいるかも知れませんがほぼいないと思います。

だからこそ若いうちからのケアが大事だと、今更ながらに思っています。

 

出来てしまったニキビの場合、皮膚科で処方してもらうことで炎症を抑えることもできます。
ただしこれはあくまで対処療法。

出来ているニキビの炎症を抑えても、ニキビができやすいお肌状態のままでは埒があきません。

お肌自体を変えていくためのニキビケアも同時に進めるといいですよ。

面疔ができる原因とは?

面疔ができる原因は、「黄色ブドウ球菌が悪さをする」ことです。

 

黄色ブドウ球菌というのは元から肌に存在する「常在菌」のひとつなのですが、
肌表面にいる間はほとんど問題は起こしません。

 

黄色ブドウ球菌が問題を起こすのは、
肌に小さなキズなどができたり、表皮がはがれたり、あるいは毛穴の奥に潜り込んだりして、
皮膚組織の中にまで、ここに黄色ブドウ球菌が入ってしまった時です。

 

こうなると黄色ブドウ球菌は皮膚組織をエサにどんどん繁殖するだけでなく、
毒素を出して炎症を起こすようになってしまうのですよ。

この症状が顔に出てしまったものが、面疔だというわけです。

 

つまり面疔を予防するには、

  • 肌にキズをつけたり表皮をはがしたりしないこと
  • 毛穴のケアをすること

が大切になってくるというわけですね。

 

こう聞くと、顔そりや洗顔の際はきちんと気をつける人が多いのですが・・

意外と落とし穴になってしまうのが、

「大量の汗をかいたり、浴槽に浸かってじっくり入浴したりして、肌がふやけている状態で顔をタオルでゴシゴシ拭く」

というもの。

肌がふやけている時に強い摩擦を与えると、表皮がはがれてしまうこともありますので、この点は注意しておきましょう。

 

また、顔そり等で肌を傷つけてしまった場合は、いち早く消毒をして、肌の奥に黄色ブドウ球菌が入る前に殺菌しておくのがおすすめですよ。

これを徹底するだけでも、面疔発生のリスクは減らせます。

 

ニキビは早め早めの対策がカギ!

ニキビを放置しておくことで、トラブルが起きやすいお肌になってしまいます。
ニキビは早く対策をとれば早く結果も出ます。
ニキビ跡を作らないためにも普段から清潔と保湿を心がけましょう☆

まさか20年以上もニキビに悩まされるとは

今回はニキビが小学生の頃からできてしまい
恥ずかしくてつい髪で隠したりつぶしたりしてしまった。
そんな方のお悩みです。

私は今36歳の女性、主婦です。
現在仕事はしていませんが、つい最近までは会社員でとても忙しい毎日を送っていました。

 

ニキビができ始めたのは、小学5年生の頃からです。

でき始めた頃は、あまり人目を気にするタイプではなかったのであまり気にしていませんでした。

しかし、それから20年以上もニキビに悩まされることになるとは思いませんでした。

 

それ以前は、特に肌の悩みはありませんでした。

ツルッとしていて、凸凹もない肌でした。割と色白な方で、
日焼けをしても黒くならずに終わるタイプでした。

ただ、顔にホクロが多く目立っていたので気になっていました。

 

自分にニキビができる前は小学生だったので、ニキビという存在すらよく分かっていませんでした。

周りにもニキビができている家族や友人もほとんどいなかったので、
目にすることも知識もありませんでした。

自分の肌にニキビができて、初めてニキビについて知ることになりました。

 

両頬と額に少しずつニキビができ始めました。

白ニキビが多く、触ると凸凹して気になりました。

最初はすぐに治ると思い、あまり気にしていなかったのですが、
なかなか治らずだんだん悪化して炎症を起こすようになり、
頬が常に赤いブツブツがある状態になりました。

見た目も悪いのでとても嫌で、常に顔のことを気にするようになりました。

 

自分ではどうしたらいいか分からず、親に相談しました。

ドラッグストアでニキビ用の洗顔料を買ってもらいました。

また、寝る前に塗る薬も塗っていました。

 

額のニキビは、前髪が付くと悪化すると言われ、
ターバンやカチューシャで常に前髪を上げるようにしていました。

学校へ行く時もカチューシャをしていましたが、ニキビを見られるのが嫌で、だんだんしなくなりました。

 

色々試してみましたが、ニキビは全く良くならず、むしろ悪化する一方でした。

薬を塗り少しずつ治ってきても、また新しくニキビができて、常に顔にニキビがある状態です。

 

中高校生の頃が一番ひどく、登校するのが憂鬱でした。

ニキビに良い、と言われるような商品はあれこれ試してみたのですが、
はっきりと効果があるものはありませんでした。

食べ物にも気を付けましたが、あまり効果はありませんでした。

ニキビが膨らんで目立つ時には、潰していました。

 

今もたまにニキビができます。

ニキビができる場所は年齢と共に変わってきて、
頬や鼻などの目立つ場所にはできず、顎に多くできるようになりました。

 

数は多くはありませんが、生活習慣が乱れると特にできるような気がします。

でも、ビタミンCの美容液を塗ると治ることがおおいです。

昔ニキビができていた部分はきれいになっている部分と、跡が残ってしまった部分があります。

 

ニキビができ始めた頃は、とにかくニキビの存在が気になりニキビの知識もなかった為、指で触ったり潰すことが多かったです。

それが悪化させる原因の一つだったと思います。

その後も、肌に負担をかけるようなことをしていました。

今では、ニキビを擦ったり刺激を与えないように、洗顔をしたり化粧水を付けたりしています。

もっと昔からニキビをいじってはいけない、潰すと跡になる、など正しい知識を知っていれば良かったと思います。

 

ニキビができるとついつい隠したくて、
髪や化粧でとにかく隠そうとゴシゴシこすったりつぶしたりしてしまいがち。

でもこれでは中々改善しないどころか、跡になったりしてしまいます。

ニキビには正しい知識と正しいケアで立ち向かいましょう!