ニキビは何が原因で、どこを良くすればいいのかさえ分からない

今回はニキビは何が原因で、どこを良くすればいいのかさえ分からない、
と悩んでいる方のお話です。

介護職員をしている現在30代後半の女性です。
以前からニキビができたり治ったり。
今だに、大きくて目立つ大人ニキビに悩んでいます。

 

中学校に上がる前のころから、ニキビが気になり始めました。
気にならない程度に治っている時期もあったり、若い時は潰してしまっても治るのが早かったけれど、大人になり20代に入ってからは、体調に肌の変化に合わせニキビが目立つようになりました。

 

もともとおでこは乾燥肌で脂の出やすい所で、肌の状態はいつも不安定な場所でした。

あと、顎から首、耳の周り肌の状態は特に気にしていない場所です。

大人になってからは食生活や化粧品、季節の移り変わりの体調の変化で肌の状態はいつも安定していませんでした。

 

「どうして薬で治さないのだろうか」と薬をつければ数日で治るものだと思っていました。

また、洗顔や保湿など肌に気を配って、必要ならニキビケアの化粧品を使えばそんなにきにかかることや大事にはならないと思っていました。

 

10代の若いころは嫌で恥ずかしく顔や背中とにかく手の届くところは潰してなくしてしまいたかったです。

白ニキビは割とすぐ潰せるし、目立たないこともあるけれど、赤ニキビは大きくなるし目立つし痛みもあってどうにもならないことが本当に嫌で悩んでいました。

背中のニキビは何としてでも取りたいとよくこすっていました。

 

10代は、親に「今だけよ」といわれ洗顔や化粧水を買ってくれました。

でも、目立つニキビには薬局で買った軟膏をつけたり、ニキビ専用の薬用品を使ってみたりしました。

念入りに洗顔を何度もしたり、化粧品をニキビケア専用のものにしたり、敏感肌用、乾燥肌用、混合肌用などいろいろ試しました。

大人になってからは、体調管理にも気を配ってみています。

 

化粧品の効果は、ニキビに対してどうだったのかはわかりません。

同じ化粧品を使い続けてもできるときはありました。
一時的には軟膏で治すことはできるものの、改善には至っていないと感じています。

体調次第では化粧品を使うことで赤みが増したり、ひどい時には痛みを感じたりすることまありました。

気づけば、新しくニキビができていました。

 

今だに、肌の状態や体調の不安定ときにはひどいニキビに悩まされています。

よく、「洗顔の仕方が悪く肌が乾燥しているから」とか、「胃腸のじょうたいがわるいから」、「ニキビを手で触ったり、潰したりしてはいけない」と言われます。

もう何が原因で、どこを良くすればいいのかさえ分からない状態です。

肌の清潔と保湿、食生活に気御付体調の管理をする。

ニキビをこすったり潰したりしないこと。
対策は思いつくけれど、できるときは、どうにもならないのが現状です。

 

10代の時は、気にしていても時期的なものと悩んでも大人が慰めてくれたり、化粧品を買ってくれたり対応してくれていたけれど、皮膚科受診して肌の状態をチェックしてもらっていれば後にならない程度で済んでいたかもと思うことがあります。

大人になってからは、季節の変わり目や時期に合わせた体調管理と肌のケアは大切だと思っています。

でも、肌のほうはなかなか思うように改善できず、体調不良でニキビができた時にはもうあきらめている自分が悲しくなります。

 

自分に合うニキビケア用品に早く出会えれば・・ですね。

お肌の状態はみんな違います。
市販されている商品はどうしても大人数に大雑把に対応したものになってしまいます。

ニキビに対して真摯に考えて作られているケア用品をぜひ見つけてくださいね。

顎(あご)のニキビが治らない!

顎(あご)のニキビというのは、多分顔全体のニキビの中でもトップクラスに「頑固なニキビ」と言える存在。

ですから、「顎にニキビができてからずいぶん経つのに、今もまだ治らない!」と悩む人はかなり多いはずです。

 

ですが・・・そうした人の行動パターンを見ていると、
「顎のニキビが治らない」と悩んでいる人の多くは、
実は「わざわざ顎のニキビの治りを遅くする要因を作っている」んですよね。

 

その中でも一番よくあるパターンが、「顎のニキビをついつい触ってしまう」ということ。

そんなに触ってないよ!と思うかもしれませんが、顎というのは人が無意識に触ってしまいやすい箇所なんですよ。

ちょっと頬杖をついたり、考え込んだ時に顎の下に手をやったり、
顎を触る仕草は多くの人がつい無意識でやってしまいがちなのです。

 

ニキビを触れば触るほど、ニキビに対して刺激を与えることになりますし、
何より、嫌な話ですが、人の手には雑菌がいっぱい。

ましてや仕事などでいろんなものを触った状態だと、その雑菌数は想像以上です。

 

つまり「顎のニキビを触る」ということは、
「わざわざ顎のニキビに雑菌をなすりつけて、ニキビにエサを与えているようなもの」
と言えるんですよね。

 

ですから顎のニキビが治らない、と悩んでいる人は、
まずは「顎を絶対に触らないように意識する」ということが大切です。

 

もちろん、手で触る刺激だけでなく、服や髪が当たっても刺激になってしまいますので、
「顎にマフラーやスカーフ・襟などが当たらないような服装を心がける」
「髪が顎に触れたりしないよう、束ねておく」
などといった工夫をすることも忘れずに。

 

また、睡眠の際もできるかぎり、布団や毛布が顎ニキビに触れないように工夫しておきたいですね。

絆創膏を貼って寝る、というのもひとつの手です。

 

ニキビに触ってもいいのは、
お風呂上りなど肌が清潔な状態でおこなうニキビケアの時だということをしっかりと認識しておきましょう。