生理前になるとおでこや顎にニキビができる

今回は洗顔と同時に睡眠時間もしっかりとることで
ニキビが何とか落ち着いたという方のお話です。

初めまして。りんごと申します。
26歳 女で、現在は専業主婦をしております。
結婚前までは介護用品のレンタル会社で事務仕事をしておりました。

 

ニキビができ始めたのは、中学1年生の夏頃でした。
でき始めた頃、ニキビのことなど気にしてはいませんでしたが、ふとした時に同級生の肌がとてもきれいなことに気づきそこから気になるようになりました。

 

ニキビができる前は、雪国育ち特有の真っ白い肌で傷も何もなく、周りから肌がきれいで羨ましいと言われるような肌の状態でした。
特に気になるところもなく、肌の悩みは一切なく、羨ましいと言われる肌が自慢でもありました。

 

ニキビのひどい同級生がいましたが、いつも赤ら顔で、白ニキビや赤ニキビでいつも肌が痛そうだなあ、と思っていました。
ぶつぶつしているのを気にしているようで、なんだか気の毒だなあと思ったことを覚えています。

 

頬に急に赤ニキビがポツっとできた時は、「あー、とうとうできたか」程度にしか思っていませんでした。

そのうち治るだろうと思っていたので気にしていなかったのですが、
段々ひどくなる一方で、こんな醜い顔で学校に行きたくないな、なんて思われているんだろうと毎日不安でした。

好きな男の子がいたので話すときは顔を見られたくなくていつも下を見ていました。

 

ニキビができ始めて、まずは母に相談してみました。

こまめに洗顔すること、汗をかく部活をしていたので学校でも洗顔すること、手で顔をいじらないこと、ニキビができたら触らないこと、などたくさん対策を教えてくれました。

教えてもらったことを実践し、少し良くなったものの本当に少しだったので、また母に相談しました。

薬局にニキビ薬があるから、それを買ってみようか?と勧めてくれて、ニキビ薬を塗るようになりました。

 

こまめな洗顔と洗顔後に必ずニキビ薬を塗ることを意識して実践していたら、段々とニキビの状態が良くなり、赤ら顔も落ち着き、元の白い肌に戻りました。

学校で同級生の男子にからかわれてつらかったですが、学校生活でもなるべく周りに見られないようにこまめに洗顔し、ニキビ薬を持ち歩き、洗顔後は塗る、というのは徹底して行いました。

 

今は、生理前になるとおでこや顎に少しできます。

できた時は、またこまめに洗顔し、ニキビ薬を塗るようにして、なるべく早めの就寝を心がけています。

枕には枕カバーの上にタオルを巻いて毎日変えています。

清潔な肌を保つようの努力しています。

おでこにできるのは少しかゆくて掻いてしまうので少し悩んでいますが、家にいるときは前髪をあげておでこにつかないようにしています。

 

前髪が顔に当たると、髪の油や汚れで肌がダメージを受け、ニキビができやすくなると知ったので、もう少し早く知っていれば、前髪は切ったり、ピンでとめたりして対策できたのになあ、こんなに悩まなかったのになあと思います。

ニキビ薬もたくさんの種類があり、どれを使っていいのか、どれが自分に合うのかが分からなくて色々と試しに使っていたので、この肌質の人のニキビにはこれ!っていうグラフとかがあれば助かったな、など色々と思うことはあります。

 

ニキビケアは外からと内から、両方のアプローチが必要です。

生活リズムを整えて、きちんと睡眠時間を取るようになったのが良かったですね。

そのうえで、お肌の清潔と保湿を心がけることで
ニキビができにくいお肌を目指しましょう!

ニキビが治ってもまた同じところにニキビができる

今回はニキビ対策としてやたらと洗顔を繰り返したりして
逆に乾燥肌で脂っぽくなってしまったという方のお話です。

27歳、女性のひらと申します。
都内でOLをしています。
一般事務をしていて、さほど激務というほどでもありませんが、残業は割と多い職場です。

 

ニキビができる前は、特に肌の状態を気にしたことがありませんでした。
できだしてから気にするようになって、うっとおしいなと思うようになりましたが、
子供でしたし、お肌のお手入れというものを考えたこともありませんでした。

だからニキビについて、できる前は何も知りませんでした。

子供のころは鏡をあまり見る習慣もなく、
自分の容姿に気を付けたことがなかったので、
赤く痛んでしまったニキビをつい触ったり、つぶしてしまって悪化させたりしてしまっていました。

 

ニキビについては、小学6年生、ちょうと体が第二次性徴期に入るあたりから気になりはじめました。
おでこや、あごによくできました。

その頃に、年の離れた姉に指摘されて、自分のニキビを意識しました。

ちゃんと鏡をみて、そこで初めて「うわっ」と思いました。

あまりに大きく顔中にニキビが主張していて、ひどかったので、目をそらしたいくらいでした。

額のどまんなかと、あごのまんなかに、赤くぐずぐずになったニキビが頻繁にできてなかなか治らなくて、困りました。
当時は顔だけでなく、背中や腕などにもよくできていました。

 

姉に言われるがまま、朝晩の洗顔を丁寧にするようになりました。

ドラッグストアで、寝ている間にニキビに塗るクリームを塗って対応したりもしていました。

今思うと洗顔すればいいとだけ思って、顔をやたら洗ったり、
ニキビの状態が気になってついつい何度も薬を付け直したり、たくさんつけすぎたりしていたように思います。

 

単純に効果があまりなかったのかもしれませんし、
(今思い返せば)洗顔をやたらしすぎて乾燥していたせいからかもしれませんが、
その対策によってニキビがよくなることはあまりなかったように思います。

一つ治っては同じ場所にすぐできて、つい同じところを何度も触って傷になり、あとになるまで悪化させてしまうの繰り返しでした。

 

20代に入ってからだいぶニキビに悩まされることは減りました。

肌を褒められることも増えました。

朝は水洗顔のみ、夜はリキッドクレンジングと、ニキビ予防の洗顔フォームで顔を洗ってから、クリームでたっぷり保湿するようにする、というサイクルを習慣にしてからは大きな肌荒れはありません。

たまに生理直前になると、鼻の下や頬にニキビができます。
悩みどころですが、枕カバーやシーツを変えてひどくなる前に薬を塗ってよく寝ると数日で治ります。

 

今から思えば、保湿について考えたことがなかったのが大きいと思います。

乾燥するあまりに逆に顔が脂っぽくなって、ニキビがひどくなっていたと思います。

また、枕カバーなどを毎日交換するということも意識したことがなく、以前は一週間くらい平気で同じカバーをつけっぱなしにしていたこともありました。

小学生時代のわたしがもっときちんと洗顔と保湿を意識していたら、きっと今の肌はもっときれいでいられただろうに…と現在は後悔しきりです。

あるいは本当にひどいときは病院にいって対策をとっても良かったなと今は思います。

そのときは病院でニキビの治療ができると知らなかったので。昔の自分に教えてあげたいです。

 

ニキビというと、ついつい皮脂を取らなければ!と思ってしまいがちですが
お肌に皮脂は必要なもの。
むやみに洗顔しすぎるのも良くありません。

清潔と保湿。この両方がニキビケアの大前提として進めていきましょう。

最初ニキビは1つだけだったのが、段々増えてしまった

今回は、最初は1つしかニキビがなかったので特に対策をせず
段々ニキビが増えてしまった、という方のお話です。

19歳、男性学生です。
今回は、ニキビについての質問に答えていきたいと思います。よろしくお願いします。

もともとニキビ以外に肌に対する悩みがありませんでした。

ニキビなど何もないきれいな肌をしていました。

油でてかてかしたりなどもなかったので、ニキビができる肌だとは、その当時全く思いませんでした。
そんな肌をもっていました。

だからニキビに対して、あんまりいいイメージはありませんでした。

ニキビがたくさんある友達をみると肌があんまりきれいでないな、汚いなというイメージを抱きました。
ニキビは、てかてかした肌とかを何もせずに放置しているとできるふきでものってイメージも抱きました。

 

そんな自分にニキビができたのは、中学2年の夏ごろからです。

最初はそこまで気になりませんでした。

 

最初は、顔の鼻周りに赤ニキビができました。
最初は、それしかできていなかったので、しっかりと顔を洗えば増えることがないだろうと思いましたので、そんな、不快な感情っを抱いたりとかはしませんでした。

でも、少しだけ、目立つので人前に出るのが恥ずかしいなという感情を抱いたりはしました。
それ以外は特に抱いていません。

 

洗顔財や化粧水を使ったり、薬を塗るなどのことは何もしませんでした。

ただ、顔を毎朝顔を洗う感じのことを、寝る前にもするようになっただけです。

また、一つしかニキビができていなかったので、親に相談したり、友達に相談したりも全くしませんでした。

ただ、ニキビは目立つので親には、しっかりと顔を洗いなさいよとは言われました。

 

最初にできたニキビは消えましたが、ニキビが増えたりしました。

そのままにしていたので、どんどんニキビの数が増えていき、ニキビだらけの顔になってしまいました。

それを見て、さすがにやばいと感じ、洗顔をするようにしました。

それでも、なかなかニキビが消えず、さらに増えていったのでとても不快な感情を抱きました。

 

未だにニキビが治っていません。

ニキビの数を減らしたいという感情を抱いたので、ネットでニキビ対策に関して、検索しました。

そこで、見つけた、ニキビ専用洗顔石鹸を見つけました。
それの評価がとても高かったので使ってみようと思い取り寄せました。

いま、その石鹸を使って洗顔をしています。
まだ、使ったばかりなので、効果は表れていませんが・・

 

今、自分が、初めてニキビができた時点でしっかりとニキビケアをすべきだったと後悔しています。

当時、しっかりとニキビケアをしていれば、ニキビだらけの顔にならずに済んだと思います。

まだ、一つしかできていないからと言って、軽いニキビケアだけではだめです。

ニキビができてしまったら、親や友達に相談をし、どのようなニキビケアが効果的なのかの情報をしっかりと集めてそれに望むことをおすすめします。

ニキビの無い顔にするためにも必要なことです。

 

ニキビができたら早めのニキビケアを!

早く対策することでお肌のバランスも良くなりますし、

ニキビのできづらいお肌にしていきましょう。

ニキビ用洗顔剤や乳液を使った方がひどくなってしまった

今回はニキビ用洗顔剤や乳液が
逆に合わなかったという方のお話です。

こんにちわ。都内で専業主婦をしながら1歳と0歳を育てているカナと申します。
年齢は23歳、ごくごく普通の女です。

 

ニキビが出来始めたのは、中学1年の頃。
初めは、何これ?くらいにしか思っていませんでした。
それが年々増え始めてしまったのです。

 

ニキビが出来る前は、毛深い以外の悩みはあまりありませんでした。

むしろ、つるつるでもうゆで卵くらいの綺麗な肌だったんですよ。
ただ、軽いアトピーがあり冬場はザラザラしてて
お世辞にも綺麗な肌とは言い難い感じでした。

 

ニキビが出来る前は、姉の顔や背中にニキビが出来ているのを見て、汚いなーとしか思ってませんでした。

むしろニキビが出来るのは、顔洗ってないからかな?とか
不潔にしてるからだとしか思ってなかったんです。

ニキビがある友達も近くに居ましたが、可哀想な肌だなとしか見てなかったです。

 

初めてニキビが出来たのは、おでこでした。

小さな赤いのがポツっとある感じで、なんだこれ?くらいにしか思ってませんでした。

だけど、なんだか自分の肌が汚くなった気がして、正直ショックがデカかったのが本音です。

おでこの他にも、頬や二の腕などにも出ていて、
対策も知らなければ知識もゼロだったので、いずれ治るだろうとしか思ってませんでした。

 

ニキビが出来始めて、姉にどうすればいいのか相談した所洗顔剤を変えろとの事でしたので、ニキビ用の薬用洗顔剤に変えました。

他にも、洗顔後に冷水で顔を洗ったり、なるべく聞いたりした対策を片っ端から試していました。

ですが、どの対策も効果が全く無くて、どうする事も出来ずにずっと悩み続けているしかありませんでした。

 

洗顔剤を使う対策はまるで効果が無く、むしろ肌がギシギシする感じでした。

洗顔後に冷水で顔を洗う対策は少なからず、効果があり、当分の間続けてました。

逆にニキビが酷くなったのは、洗顔をしない事と美容液や乳液です。

美容液や乳液を使った時はかなり悪化してしまい、顔のあちこちにどんどんニキビが増えてしまいました。

 

出産後からニキビや吹き出物が出来なくなりました。

今は、洗顔剤を使わずにガーゼ等でお風呂に入りながら顔を拭い、最後に冷水で顔をすすぐだけにしています。

ガーゼは子供達が使っている物を借りて、優しく拭うだけで汚れが落とせてスッキリしますし、肌が傷つく心配もありません。
ガーゼで拭った後に冷水で洗うと、毛穴が引き締まりスッキリします。

 

今考えてみると、ニキビは放っておかずにきちんと対策すれば出来なかったなと思ってます。

ニキビは確かに思春期や成長期の過程で付き物です。

ですが、そんな多感な時期にニキビで悩むなんて馬鹿らしいですよね。

ニキビなんかで悩まずに、もっと楽しい事を楽しんでいた方が実際肌も綺麗になります。

後は、恋することですね。

恋をすると、男性も女性も綺麗になると皆様も聞いたことありますよね?

実際恋をすると、自分と向き合う時間が増えて、もっと綺麗になろう。と思えるようになります。

その気持ちの積み重ねも、また肌が綺麗になる秘訣なんだとあたしは思っております。

 

市販のニキビケア用品の中には、
過度に皮脂を落としすぎたりするものもありますので注意してください。

ガーゼや手ぬぐいを使った洗顔は合う方にはお勧めできます。

ただ化膿したニキビがある場合には避けてくださいね。

ニキビが大きく膨らんで、マスクで隠してた

今回はニキビが大きく膨らんでしまい、マスクでやり過ごしていた、
という経験をお持ちの方のお話です。

21歳の男性で職業は電気工事士をしております。
主に鼻とあごにニキビが良くできてしまい悩んでいました。

 

ニキビが目立つようになったのは中学生ごろです。
口と鼻の間に非常に大きく白いニキビが出来てしまいなんだこれはと思ったのを覚えています。
それから気になり始めました。

 

肌の悩みというほどではありませんが子供のころから顔が脂っぽい方でした。

あと代謝が良いせいか汗をかく量が他の人と比べて非常に多いです。
運動後に汗の始末をせずに放っておいてしまったのもニキビが出来た原因ではないかと思います。

 

学校のクラスメイトや友達などはニキビが出来ている様子が全然なかったので
自分にできた時は一種の病気なのかと思っていました。当時は中学1年生でしたので。

それからようやく知ったのでニキビに対しての予備知識は全くありませんでした。

 

初めてできたニキビがかなり大きくふくらんでいたので、どうしようかと思いました。

出来た場所が口と鼻の間だったのでとりあえずその日はマスクをしてやり過ごしましたが、
如何せん中学生だったもので体育の授業がありました。

流石に風邪を引いているわけでもないので出席したら、
案の定教師からマスクを指摘され、泣く泣く取りました。

まあ笑い話になったのでそこまでダメージではありませんでした。

 

ニキビに対することを調べて、とりあえず運動後にタオルなどで汗の始末をすることと
顔を洗う回数を朝の1回だけではなく増やすことを始めました。

しばらくたった後に自分の兄がニキビ対策ということでオキシーの洗顔剤を買ってきたので
それを使わせてもらいました。

風呂に入って体を洗う時に洗顔をし、そういった3つの対策をしていました。

 

口と鼻の間にできた非常に大きいニキビは時間が経つにつれ無くなりましたが、
その後顔のところどころに小さいニキビがいくつも出来るようになりました。

先ほどの対策を高校を卒業するまで続けていましたが、いつまで経ってもニキビはなくなりませんでした。

顔がかなり脂っぽかったということもあり、使う洗顔料を間違えていたのかも知れませんが。

 

社会人になって色々調べ、今は自分に合った洗顔料を使用しています。

きちんと洗顔フォームを使い、顔を洗う。

その後、化粧水と保湿ジェルを使い顔に潤いを与えるようにしてます。

これがかなり効果的で朝起きてこの対策を一日一回やるだけでニキビは大幅に減りました。
おかげさまで顔からニキビがなくなり、快適な生活をしています。

 

ニキビに悩み始めたのが中学生という若くてまだ自由にお金を使えない時期だったので、
出来ることはかなり限られていました。

しかし、汗の始末と水による洗顔を行っていれば顔へのニキビはかなり軽減できます。

そして高校生、社会人辺りになってお金が自由に使えるくらいになったころは、市販の化粧水で自分に合ったものを調べ、使っていくことで十分ニキビを無くすことが出来ます。

自分は男性ですが、化粧水や保湿ジェルを使うことにためらってはいけません。

価格もお手頃なので、ニキビを消すために
ガンガン使っていきましょう。

 

男が洗顔フォームや化粧水なんて・・という方もいるかもしれませんが、
男性だからこそ溜まりやすい皮脂を除き、そしてしっかり保湿することが大事です。

正しいニキビケアをすることでニキビを早くなくすことができますよ!

おでこのにきびが治らない人の特徴

「おでこのにきびが治らない」と悩んでいる人がよくやってしまうのが、
「おでこがすぐ脂ぎってしまうから、なるべく乾かすようにしている、化粧水も何もつけない」
というやり方。

 

実はこれ、おでこのにきびをより悪化させたり、
新たなおでこにきびを発生させてしまう原因にもなりかねません。

 

おでこのにきびが治らない理由のひとつは、
「おでこ部分が乾燥しているからこそ、その乾燥を少しでも補おうと、皮脂分泌がさらに過剰になってしまう」
というのもあるんですよ。

皮膚に水分が足りない時、せめてその蒸発を防ごうと思って、皮脂をたくさん出して皮脂で肌表面を覆い、蒸発を最小限にとどめる。
おでこは皮脂腺が発達している箇所だけに、
なまじ乾燥させてしまうと特にこうしたメカニズムが働きやすくなってしまうのです。

ですからおでこのにきびが治らない時は、おでこの保湿に着目してみましょう。

保湿と言っても、油分を与える必要はありません。

ただ、肌の角質層そのものがしっかりと水分保持できる状態になるように、
「角質層まで保湿成分が浸透するスキンケア用品」などはつけたほうがいいのです。

 

その際に守っておきたいのが、「おでこのにきびがある部分にスキンケア用品をつける時は、清潔なコットンなどで抑えるようにしてつける」ということ。

手でつけると、手ににきびのアクネ菌などが付着してしまい、それが顔のほかの部分についてしまう可能性があるからです。

また、コットンでスキンケア用品をつける際も、コットンは動かさず、
ゆっくりとパックのようになじませるようにするのがおすすめ。

コットンを動かすと、コットンの繊維による摩擦が起きてしまいますので、
これがにきびに対しては大きな刺激となってしまいます。

にきびの数が少ないようなら、コットンではなく綿棒を使うのもいいですね。

 

とにかく「保湿成分は与えつつ、アクネ菌をよそに撒き散らさない」というのがポイントというわけです。

 

意外と間違っているのが、モコモコの泡洗顔。
洗剤っていうのは、泡立つ能力と洗浄力の強さは比例しているそうです。

つまり、モッコモコのあのすごい泡はそれだけ洗浄力が強力ってこと。

皮脂がたっぷりで乾燥知らずな、部活で汗かきまくりの十代のお肌ならいいのかもしれませんが、
大人のお肌とっては、落としてはいけない保湿成分まで根こそぎ洗浄されてしまいますよ(汗)

なので、ニキビ肌に特にオススメなのがビーグレンのニキビケアセット

 

おでこニキビ

 

クレイ洗顔とクレイローションと、あと通常の3倍以上の浸透力を持つビタミンC美容液がセットになっているのですが、
これが超使えます。

クレイの特徴で、余計な皮脂などは吸着して、代わりにクレイが持っていた保湿成分をお肌に置いていく性質があるので、洗いあがりですでに全然違います。

また、美容液が素敵☆なのです。

お肌に乗せると、ホワ~っと暖かくなります。浸透している証拠みたいです。
お肌にしみこむってこういうことなんだって初体験できますよ!

お試しセットで10日間使えますけど、その期間でも結構ニキビの炎症を抑えられる実感が持てるかと思いますよ~

⇒ ニキビお試しセット

これを最後の砦だとおもって、使ってみてね!

カサカサ肌にニキビが

今回は、元々乾燥がちなお肌で
ニキビができてしまった方のお話です。

こんにちは。年齢は26歳、性別は女性です。
現在の職業は、主婦です。どうぞよろしくおねがいいたします。

 

中学生のころからニキビができるようになりました。

中学2年生あたりから急にひどくなってしまって一時期かなり悩んでいました。
大人になった今でも疲れがひどかったり、生理前などにはぽつぽつとできてしまったりいたします。

 

それまでは乾燥肌でした。

冬になるとほっぺがかさかさになっていました。

子供のころよりは今の方がましかなあという感じです。

クリームを塗れば、回避できる程度ですが、クリームを塗るのがまあまあ面倒くさいです。
カサカサ肌は冬が近くなるとひどくなります。

 

別に他の子のことについては特に何とも思わないのですが、自分がなると本当に気になりました。
なんだか恥ずかしくて。
みっともないのにどうにもできなくてもどかしかったです。

気になって触ってしまい、悪化させたりするのもあったと思います。

 

ニキビのある自分の顔はすごく嫌です。

子供のころは本当につらかったです。
とにかく恥ずかしかったです。

鼻やあご、オデコがひどかったと思います。

最近はランダムにときどきできる感じでそこまでひどくありませんがいまだに嫌ですね。

ほとんどは赤っぽいニキビで、結構大きくぷくっとふくれたものです。

 

ニキビができ始めてからはやや危機感を持って洗顔をこまめに行うようにしてはおりましたが、当時はニキビに関する詳しい知識がありませんでしたので、あまり化粧水などの対策はとれていませんでした。

親もまあそのうち治るだろう的なかんじでしたので。
あまり真剣にとりあってもらえませんでした。
友達にはきけませんでした。

 

今でもときどき、やはりひどく疲れているときや、精神的にあまりよろしくないときにできてしまう気がいたします。

マスクで隠せてしまうときはマスクをしちゃいます。

オデコにできたときはうまく前髪でごまかしちゃう感じです。
あんまり髪で隠すのもニキビにはよくなさそうですが。

 

こまめな洗顔がやっぱり大事かなと思ってます。

ばい菌や油っぽいのが主な原因だと思っているので。

一番ひどかった時にもっと自分でこう保健室の先生とかにさくっとどうしたらいいかきいちゃえばよかったなと思います。保健室の先生が若い女性の先生だったので今思えば相談すればもっと悩む時期が減っていたかなと。

 

お肌が乾燥してカサカサということは、皮膚のバリアが壊れているということ。

いろんな菌も入りやすくなりますし、消化器官を通さないためアレルギーの発症につながったりします。

清潔だけではなく保湿もしっかり心がけてくださいね。

ニキビがひどくて「樹液のようだ」と言われた

今回は、ニキビがボコボコして脂っぽく
クラスメイトに「樹液みたい」とまで言われてしまった、
という方のお話です。

30代男性、現在は仕事を辞めてフリーターです。
健康のために、毎朝、ストレッチ運動や筋力トレーニングをしています。

 

ニキビができたのは中学二年生の頃でした。
最初はおでこに少しできる程度でしたが、徐々に顔全体に広がっていきました。

 

ニキビができる前はツルツルとまでは言いませんが、それなりに綺麗な肌をしていたと思います。

ただちょっと油っぽかったですね。
ニキビが出来やすい体質だったと思います。
それでも特にお肌に問題を感じたことはありませんでした。

 

ニキビができる前は、「ニキビって不潔だな」って思っていました。

早い人は中学一年生の頃からニキビができていました。

肌がボコボコしていて、とても汚らしく思えました。

赤くなって油でテカテカして、触りたくないなと思いました。

 

自分の顔をはじめてニキビができた時はあまり何も感じませんでした。

「ついにきたか…」と思った程度です。

 

それまでに多くの同級生がニキビになっていたので、見慣れていたからかもしれません。

おでこ、こめかみ、鼻のまわり、アゴの下などに多くのニキビができました。
ブツブツと赤くなって、油でテカテカしていました。

最初はあまり気にしていませんでしたが、思春期なので女の子の目が気になりました。

 

ニキビができ始めた頃は特に対策はしていませんでした。

しかし、徐々にニキビは増えていきます。

増え続けるニキビに焦りを感じたので、顔をよく洗ったり、ビオレの洗顔料を買ったりしてよく顔を洗っていました。

薬を使ったりなどの対策はしていません。

あくまでも自然に治るのを期待していました。
から揚げなどの油物を食べるのを少し控えた程度です。

 

期待に反してニキビはなかなか治りませんでした。

中学二年の三学期から中学三年の二学期ころまでが一番ひどかったと思います。

まさにニキビに青春を潰されたような感じです。

ひどい時には同じクラスの女の子に「樹液のようだ」と言われました。

ボコボコした皮膚と油のテカリで、私の顔が木肌から樹液がしみ出しているように見えたそうです。
なかなかショックな出来事でした。

 

ずっとニキビのことしか考えられなくて、よく鏡で自分の顔を眺めていました。

ニキビのせいで自分の顔が大嫌いになっていたのです。

ただ、どれほどニキビが憎くとも指でいじって悪化させることはしませんでした。

下手にいじると、将来、痕になって残ってしまうと両親に教えられていたからです。

 

今から考えると、あの時はもっと運動をしていれば良かったと思います。
そうすればもっと早くニキビがなくなっていたかもしれません。
中学生にしては運動量が少なかったですから。

でもあの時、もっとランニングなどの運動をしてたくさんの水を飲んでいたら、もっと早く治っていたかもしれないと感じるのです。

体の余分な物を排泄するイメージでしょうか。

 

脂っぽい場合でも洗顔のし過ぎはよくありません。
必要な油分は残し、汚れはしっかり落とし、そして保湿を心がける。

ニキビのお肌にはニキビのお肌にあった洗顔がありますので
そういうものも利用されてみてください。

ニキビなんてすぐ治るものだと思ってたのに・・

運動部で汗っかきだったこともあり
ついついゴシゴシ洗顔をしてしまい、今でもニキビに悩んでいる方のお悩みです。

私は、28歳の女で専業主婦をしています。
中学生になった頃からニキビができ始めてニキビで悩むことが多くなりました。

 

ニキビができる前は何のお手入れもしていませんでしたが、
特に肌のトラブルは全くなくどちらかと言うとキレイな方だったとは思いますが、
私は、汗っかきでよく鼻に汗をかいてしまっていたかもしれません。

汗をかいたあとも拭かないでいました。

 

ニキビができる前はニキビはみんないつかは出来てしまうものだと思っていました。

ニキビの対策なんて何一つ考えてもいませんでしたし、ニキビなんてすぐに治るだろう。
っと安易に考えてしまっていました。

 

中学1年生ぐらいでニキビができるようになりました。
運動部だった為かわかりませんが、ニキビの量も多く赤くなっていました。

初めてニキビができてしまった時は、ショックでしたが
まわりもみんなニキビができていたのでそれほど最初は気にしていませんでした。

でもだんだんみんなよりニキビの量が増えてきてしまいました。

ほっぺやおでこにたくさん赤ニキビができてしまい、すごく気になるようになってしまい
ニキビを潰してしまったりしてしまうようになりました。

 

ニキビができ始めてからニキビが気になっていたので母に相談して
一緒に薬局に売っている洗顔を母と見に行きニキビ対策の洗顔料を買いました。

そして、化粧水と乳液もニキビ専用のものをインターネットの通販で見つけて買ってもらいました。

友達に相談するとオロナインをすすめられたので、私も塗ってみたりしていました。

 

当時、私の洗顔の仕方が間違っていて、泡をたてずにごしごしとこすって洗顔してしまっていました。

その為かあまり効果はありませんでした。ニキビが減ることもあまりなく顔が赤くなってしまっていました。

それからは、こまめに汗をタオルで拭き取るようにしたり、
化粧水と乳液をつけるようにしました。

そのあとオロナインを塗って寝てました。

すると少しはニキビが減りましたが完全にはなくなりませんでした。

 

私は、ニキビが今でもできています。

思春期にくらべるとずいぶんニキビは減りすごく気になっているわけではありませんが、
やはり生理前になるとニキビが顎のあたりに毎回できてしまいます。

時間のある時は皮膚科に行って塗り薬をもらって塗って治していますがやはり手間なので、
何か良い方法がないか探しているところです。

 

中学1年生の頃にニキビができ始めて運動部だったことも関係してるのか
ニキビがたくさん顔中にできて顔が赤かったです。

最近気が付いたのですが自分の洗顔の仕方が間違っていました。
ごしごし洗っていました。

食生活も全く何も気にしないで生活をしてしまっていました。

睡眠もあまりとれていませんでした。

もう少し、自分の肌に向き合って生活していたらニキビもなく、
ニキビあともないキレイな肌でいれたのかな?
と少し後悔しています。

 

皮脂や汚れをしっかり落とさなくっちゃと
ついついゴシゴシ洗いをしてしまいがちですが、絶対ダメ!!

ニキビは炎症の1つでもあるので、デリケートな洗顔を心がけましょう。