ファンデーションで隠せないくらい毛穴が開いて脂っぽい

今回は毛穴がいつも開いていて、皮脂が詰まっている状態、
ファンデーションでも隠せないことに悩んでいる方のお話です。

50才 女性 会社員です。
脂性敏感肌で、長年ニキビや吹き出物に悩んできました。
現在でも気を許すと、吹き出物がボコッとできてしまいます。

 

小学校高学年(5.6年)位、ちょうど生理が早く始まり、ホルモンバランスが崩れた頃からです。
それと同時に、余分な栄養がニキビでになってしまうように、伸び盛りの身長の伸びが止まってしまいました!

 

ニキビができる前の肌は、特に悩みのない肌でした。

ニベアのCMで顔の肌に塗るのを見て、夜寝る前に真似してぬってから寝ても何も起きなかったです。
今そのようなことをしたら、翌朝吹き出物が噴き出してしまいます!

 

ニキビができ始めの頃は、同年代の友人たちの中ではニキビができるのが早かったため、ニキビに対しての知識は全くありませんでした。
中学時代は、プールの授業後にニキビが良くなるため、やっぱり消毒されているんだね、くらいの会話をしていました。
高校生以降は悩みましたが、体質だとあきらめていました。

 

ニキビができだすと同時に、顔の主だった毛穴が絶えず開いて脂が詰まっている状態が続くため、醜いなあと気が滅入っていました。

社会人になってからも十数年その状態が続いたため、ファンデーションで隠せないほどの毛穴が悩みでコンプレックスでした。

ニキビができやすい体質のうえ、たえず睡眠不足だったため、毛穴が余計開いていたようです。

 

洗顔の回数を増やしたり、洗顔料を変えてみたり、皮膚科に相談しましたが効果はありませんでした。

三十代後半になったある時、洗顔せっけんを薬用せっけんに変えると少し良くなりました。

夜寝る前に薬用せっけん顔の油分を徹底的に洗い流しておくと、ニキビができにくくなったようで、
同様に起床後の洗顔の際も、2度洗いして徹底して顔の皮脂を洗い流しました。

 

薬用石鹸による洗顔で、毎日繰り返し噴き出していたニキビが激減しました。

仮に出ても悪化しにくく、肌が落ち着きました。

脂性肌と思っていた肌は、敏感肌でもあり、ちょっとした油分や汚れがつくとそこから吹き出物のようなニキビができてしまうのです。
そのため、頬ずえなどは極力避けています。

薬用石鹸をたまに切らして浴用石鹸や他の洗顔料に変えると、またニキビのような吹き出物ができてしまいます。
それは現在でも、変わりありません。

 

単なる手に入りやすい薬用せっけんがニキビに有効なことを知ったのは、もう30代後半だったのが悔やまれます。

長年睡眠不足でしたので、毛穴が開きがちで、肌はコンプレックスでした。

最近仕事を変えたことや持病により睡眠時間を取れるようになったことから肌が安定し、ある時肌がきれいとまで言われたこともありました。

すっぴんはやはり数十年にわたるニキビとの戦いで毛穴は開いていますし、睡眠が不足するとその傾向は顕著になります。
今でも薬用石鹸は欠かせません。

 

ニキビができ始めた頃から薬用せっけんで顔を洗っていれば、ここまで残念な肌にならなかったと悔やみます。

ミューズ等は昔からあったはずなので、せめて高校生の頃から洗顔せっけんを家族共用であっても変えられたら良かったのにと思います。

ニキビが酷いと、硫黄配合やニキビ用せっけんなど専用な物に走りがちですが、私の場合洗浄力がマイルド過ぎて効果がなかったのでした。

また、ニキビは、油分の多い食事や、カロリー超過など食事内容にも関係ありますね。

 

洗顔材は強力過ぎてもマイルドすぎてもダメで、
お顔の皮脂のバランスを上手に整えてくれるものを利用するとよいです。

毛穴の開きはお肌をしっかり保湿することで改善しますので
ぜひ保湿も心がけて!

顎(あご)のにきびはストレスが原因!?

顎(あご)のにきびはストレスが原因だ、という話をよく聞きますが、実際のところはどうなのでしょうか。

結論から言うと・・・
「顎のにきびはすべてストレスが原因でできる、というわけではないが、ストレスが主原因の顎にきびが多いことは間違いない」
というところです。

 

なぜ、顎のにきびはストレスが溜まると発生しやすくなるのか?

それは、ストレスとホルモンの関係による影響が大きいです。

 

ストレスが溜まると、たとえ女性であっても、男性ホルモンが多く分泌されるようになるんですよね。
そして男性ホルモンは、皮脂の分泌を過剰にしてしまう働きを持っています。

 

元々男性ホルモンが多い男性は、毛穴も大きいので、
(毛穴の大きさは男性ホルモンの量に左右されます)
少々皮脂分泌が活発でも詰まったりしない、というケースも多いです。

でも元々毛穴が小さい女性の場合、一時的な男性ホルモン過多で皮脂が大量に分泌されると、
毛穴が小さいだけに詰まりが生じる可能性がとても高くなってしまうんですね。

 

特に、顎は、男性の象徴とも言える「ヒゲ」が生えるところだけあって、
男性ホルモンの影響を強く受けやすいという特徴を持っています。

 

そのため、ストレスが溜まって男性ホルモンが増えると、顎付近の毛穴が詰まりやすくなるというわけです。

 

さすがに「ストレスを感じない生活をおくる」というのは不可能かもしれませんが、
「受けたストレスはなるべく早く発散させる」というスタンスで、
さまざまなストレス解消ノウハウを身につけておくことが、顎にきびの発生を抑える効果的な方法と言えるでしょう。