市販のニキビ用洗顔剤で逆にカサカサに

今回はニキビ用の洗顔剤の洗浄力が強すぎてカサカサになり、
逆にニキビができてしまった、という方のお話です。

混合肌の敏感肌で悩まされ続けた35歳、主婦です。
思春期から成人後も、ニキビや吹き出物、乾燥する季節には粉を吹いて肌が赤くなってしまう事がよくありました。

 

小学校高学年あたりから出来はじめ、高校時代がピークでした。
小さな赤い湿疹のようなニキビが広範囲に出来てしまった時は、顔を見られるのがとても嫌でした。

 

小学生なので当然かもしれませんが、瑞々しくハリがあり、コンディションを気にすることすらないお肌でした。
ただ少し、かぶれやすく敏感肌ではあり、触れるものの刺激で赤くなり腫れてしまう事などは頻繁にありました。

 

正直、それまではニキビなんてあまり気にはなりませんでした。

まわりにあまりニキビで悩んでいる人が居なかったというのもあるかもしれません。
雑誌やCMなどで得た知識で、大きくなったら出来るものなのかなと思っていた程度でした。

ニキビが出来る原理すら理解していなかったと思います。

 

初めて出来たニキビは、おでこの赤ニキビでした。

痛いし目立つし、すごく恥ずかしくて嫌だったのを今でも覚えています。

学校で男の子にからかわれた時は、すごく傷つきました。

気になって前髪を長くして下ろしたり、顔のサイドの髪も下ろして、少しでもニキビのある顔を隠そうとしていました。
結果、髪の毛がニキビに触れて余計に荒れてしまったのですが。

 

男の子にからかわれて傷ついたので、親に相談しました。

結果、自宅に居る間は前髪も含め顔まわりの髪の毛を全てまとめて、ニキビ用の洗顔フォームとニキビ用の基礎化粧品を使ってみる事にしました。

夜更かしをしてゲームをしたり漫画を読んでいたのも我慢して、出来るだけ早めにたっぷり眠るようにしました。

あとは授業中など、無意識に手で顔に触れてしまわないように気をつけました。

 

大きなニキビの数は減ったのですが、使っていたニキビ用の洗顔フォームと基礎化粧品の刺激がとても強くて、今度は乾燥でカサカサになってしまいました。

カサカサで赤くなった皮膚に小さなニキビがプツプツと出来て、見た目はよく見なければ目立たないのですが、とにかく保湿のための化粧水が染みて苦痛でした。

保湿した後は火照って痒くて、悪循環でした。

 

成人後も変わらずニキビには悩まされていましたが、20代半ばあたりから徐々に落ち着いていきました。

だんだんと、世の中に敏感肌用の基礎化粧品やコスメが浸透してきたおかげで、アルコールや添加物フリーの商品を中心にあれこれ試した結果、今ではニキビや吹き出物は滅多に出来なくなり、肌が綺麗だとか色が白いなど言われるようにまでなりました。

自分の場合は、合わない基礎化粧品もニキビを悪化させていた原因だったのだと思います。

 

少しでも刺激や不快感を感じるスキンケアはやめた方が良いです。

無添加でお肌に優しいものや、ヒルドイド系などのローションなども比較的多くの方と相性が良いのではないでしょうか。
あと、気にし過ぎるのは特に駄目です。

無意識に手や指でニキビを触ってしまうと、雑菌で余計に酷くなります。

最近では若い女の子も早くからお化粧をするとし聞きますので、その際も添加物など含有物はもちろん、メイクのしっかりした落とし方なども教えて貰えたらきっと安心なんじゃないかなと思います。

 

市販のニキビ用洗顔剤の中には、皮脂を強力に落とすものも多くあります。
もちろん余分な脂は落とした方が良いのですが、徹底的に皮脂を悪者扱いにして落とし過ぎるのも問題です。

お肌のバランスを整えてくれる洗顔と保湿をしてくれるケア用品をお勧めします。

敏感肌でメイクで隠せず、帽子をかぶってやり過ごすことも

今回は、秋冬など乾燥の季節になるとニキビができやすい、
という方のお話です。

37歳の兼業主婦(女性)で、AWと申します。
海外在住で子どもがまだ小さいため、クラウドソーシングでの在宅ワークにいそしんでいます。

 

ニキビそのものについては、初潮を迎えた小学校5年生の頃からずっとありました。

全く消えた…というわけではないのですが、
20代でいったんなりをひそめ、30代になってから復活してきた感じです。

 

20代の頃はかなり健康的な美肌を保てていました。

月経の前後などにニキビや肌荒れができることもたびたびありましたが、すぐに消えて跡形もなくなってしまう軽いものばかりでしたので、ほとんど気に病んだ思い出はありません。
ところが30歳で出産をしてからは敏感肌になってしまい、肌にトラブルのない時期がほとんどない…という悲しい事態に。

 

仲のよいお友達に、かなり広い範囲でニキビができてしまっている子が何人もいたので、「痛々しいなあ…」と思っていました。

そういう体質なのだから、マイナスにとってしまうのは友人としてルール違反だと思っていたので、あえて話題に出したことはありません。
自分では「私も皮脂の分泌量は少なくないから、気を付けてまめに洗顔をしよう」と、清潔さに気を使っていたのは確かです。

 

10代の頃は、突発的に大きなニキビが現れ、炎症に発展することが多かったので、口内炎や傷のかさぶた同様「ケガ」の一つとして考えていたふしがあります。

オロナイン軟膏を塗り、痛みに耐えていました。

30代になってからのニキビ(あご・口元など)は、小さくても肌の不調・体調不良をしっかりとあらわす感じに思えたので、老化現象の一環と考え保湿保湿とにかく保湿、と基本化粧品でどうにかすべく奮戦してきました。

 

大人ニキビに関して記述します。

肌の保湿力が低下しているのを感じたので、基礎化粧品のラインをなるべく低刺激・オーガニック性のものに変え、朝夕のケアに加えて昼にもう一度、化粧水とクリームを置くように心掛けました。

海外在住なので日本のような化粧水が手に入らず、仕方なしに温泉水のスプレーミストを使っているのですが、案外これが当たりで肌がもっちり潤い、多少ニキビダメージを軽減できているように思えます。

 

温泉水で化粧水代用を始めた頃から、少しずつ肌の敏感度合いがおさまっていき、大人ニキビの出現する頻度が下がってきました。

ただ、秋口や春などの乾燥する季節、または各季節の変わり目などに皮脂の分泌が多くなり、顔がてかってニキビが数か所に同時発生する、ということは今でもよくあります。

肌に優しいクリームなどを探し続けているのですが、ビシッと決まる「この一本!」というのは、未だ残念ながら出会えていません。

 

一つが治ってほっとしていたら、別の部分にこっそり赤みが…ということがよくあるので、ニキビは油断ならない敵です。
以前ほど悩みはしなくなりましたが、やはりできてしまう時期は顔を隠したいほどの思いです。

敏感肌なので厚いメイクでカバーすることもできず、すっぴんにほど近い状態で常に帽子をかぶって外出しています。
自分で打てる策はすべて打っているつもりなので、やや限界を感じて疲れ気味でもあります。

 

私の場合、30代を境目に、なるべくして敏感肌&ニキビになった…という気がするので、何か後悔しているということはありません。(比較的健康的な肌だった20代の頃も、さほど肌に負担のかかることはしていませんでしたし。)

ただ、ニキビも害ばかりではなく、「しっかり自分の顔の事をケアしなさい」「体調がやや不調ですよ。生活習慣に気を付けて下さい」という、体の内側からのメッセージである…という面もあります(ムリヤリかもしれませんが)。

なるべく頻度は減らしたいけれど、他でもない自分の顔のことですから、うまく共生していければ…と思っています。

 

思春期ニキビと違い、大人ニキビは乾燥が原因になることも多いです。

どちらにしても「皮脂のバランス」と「保湿」が大事。
この両方からアプローチしたケアをされてみてくださいね。