面疔の薬、市販薬と医師処方薬の違い

面疔の薬といえば、市販されている薬と、皮膚科などで医師に処方される薬とがありますが、
どちらが高い効果が見込めるかというと、断然、医師に処方される薬のほうです。

 

なぜかというと、面疔対策の市販薬は、殺菌成分等は配合されているものの、抗生物質は含まれていないからです。

 

抗生物質はその種類や人の体質等によって処方をコントロールしなければいけないので、市販薬に使うのは難しいんですよね。

もし抗生物質を市販薬にしてしまうと、

  • 中途半端な服用をして菌に抗生物質に対する耐性をつけてしまう
  • 長期服用・大量服用をすると体内の他の菌のバランスを崩し、体を弱らせる

などといった重大なリスクを抱えてしまうことになるのです。

 

つまり、抗生物質を使わない市販薬はリスクも低いけれど効果もそれなりにしか期待できない、
医師が処方する薬は高い効果が見込めるけれど、定められた用法・用量を守らないと高いリスクが生じる、
ということになります。

 

ですから自己判断で薬を使うなら、必ず市販薬を使うこと。

間違っても、「以前面疔ができた友達が使っていた、抗生物質入りの処方薬の残りをもらう」などといったことはしないようにしましょう。

 

ニキビは早め早めの対策がカギ!

ニキビを放置しておくことで、トラブルが起きやすいお肌になってしまいます。
ニキビは早く対策をとれば早く結果も出ます。
ニキビ跡を作らないためにも普段から清潔と保湿を心がけましょう☆