ニキビは何が原因で、どこを良くすればいいのかさえ分からない

今回はニキビは何が原因で、どこを良くすればいいのかさえ分からない、
と悩んでいる方のお話です。

介護職員をしている現在30代後半の女性です。
以前からニキビができたり治ったり。
今だに、大きくて目立つ大人ニキビに悩んでいます。

 

中学校に上がる前のころから、ニキビが気になり始めました。
気にならない程度に治っている時期もあったり、若い時は潰してしまっても治るのが早かったけれど、大人になり20代に入ってからは、体調に肌の変化に合わせニキビが目立つようになりました。

 

もともとおでこは乾燥肌で脂の出やすい所で、肌の状態はいつも不安定な場所でした。

あと、顎から首、耳の周り肌の状態は特に気にしていない場所です。

大人になってからは食生活や化粧品、季節の移り変わりの体調の変化で肌の状態はいつも安定していませんでした。

 

「どうして薬で治さないのだろうか」と薬をつければ数日で治るものだと思っていました。

また、洗顔や保湿など肌に気を配って、必要ならニキビケアの化粧品を使えばそんなにきにかかることや大事にはならないと思っていました。

 

10代の若いころは嫌で恥ずかしく顔や背中とにかく手の届くところは潰してなくしてしまいたかったです。

白ニキビは割とすぐ潰せるし、目立たないこともあるけれど、赤ニキビは大きくなるし目立つし痛みもあってどうにもならないことが本当に嫌で悩んでいました。

背中のニキビは何としてでも取りたいとよくこすっていました。

 

10代は、親に「今だけよ」といわれ洗顔や化粧水を買ってくれました。

でも、目立つニキビには薬局で買った軟膏をつけたり、ニキビ専用の薬用品を使ってみたりしました。

念入りに洗顔を何度もしたり、化粧品をニキビケア専用のものにしたり、敏感肌用、乾燥肌用、混合肌用などいろいろ試しました。

大人になってからは、体調管理にも気を配ってみています。

 

化粧品の効果は、ニキビに対してどうだったのかはわかりません。

同じ化粧品を使い続けてもできるときはありました。
一時的には軟膏で治すことはできるものの、改善には至っていないと感じています。

体調次第では化粧品を使うことで赤みが増したり、ひどい時には痛みを感じたりすることまありました。

気づけば、新しくニキビができていました。

 

今だに、肌の状態や体調の不安定ときにはひどいニキビに悩まされています。

よく、「洗顔の仕方が悪く肌が乾燥しているから」とか、「胃腸のじょうたいがわるいから」、「ニキビを手で触ったり、潰したりしてはいけない」と言われます。

もう何が原因で、どこを良くすればいいのかさえ分からない状態です。

肌の清潔と保湿、食生活に気御付体調の管理をする。

ニキビをこすったり潰したりしないこと。
対策は思いつくけれど、できるときは、どうにもならないのが現状です。

 

10代の時は、気にしていても時期的なものと悩んでも大人が慰めてくれたり、化粧品を買ってくれたり対応してくれていたけれど、皮膚科受診して肌の状態をチェックしてもらっていれば後にならない程度で済んでいたかもと思うことがあります。

大人になってからは、季節の変わり目や時期に合わせた体調管理と肌のケアは大切だと思っています。

でも、肌のほうはなかなか思うように改善できず、体調不良でニキビができた時にはもうあきらめている自分が悲しくなります。

 

自分に合うニキビケア用品に早く出会えれば・・ですね。

お肌の状態はみんな違います。
市販されている商品はどうしても大人数に大雑把に対応したものになってしまいます。

ニキビに対して真摯に考えて作られているケア用品をぜひ見つけてくださいね。

市販のニキビ用洗顔剤で逆にカサカサに

今回はニキビ用の洗顔剤の洗浄力が強すぎてカサカサになり、
逆にニキビができてしまった、という方のお話です。

混合肌の敏感肌で悩まされ続けた35歳、主婦です。
思春期から成人後も、ニキビや吹き出物、乾燥する季節には粉を吹いて肌が赤くなってしまう事がよくありました。

 

小学校高学年あたりから出来はじめ、高校時代がピークでした。
小さな赤い湿疹のようなニキビが広範囲に出来てしまった時は、顔を見られるのがとても嫌でした。

 

小学生なので当然かもしれませんが、瑞々しくハリがあり、コンディションを気にすることすらないお肌でした。
ただ少し、かぶれやすく敏感肌ではあり、触れるものの刺激で赤くなり腫れてしまう事などは頻繁にありました。

 

正直、それまではニキビなんてあまり気にはなりませんでした。

まわりにあまりニキビで悩んでいる人が居なかったというのもあるかもしれません。
雑誌やCMなどで得た知識で、大きくなったら出来るものなのかなと思っていた程度でした。

ニキビが出来る原理すら理解していなかったと思います。

 

初めて出来たニキビは、おでこの赤ニキビでした。

痛いし目立つし、すごく恥ずかしくて嫌だったのを今でも覚えています。

学校で男の子にからかわれた時は、すごく傷つきました。

気になって前髪を長くして下ろしたり、顔のサイドの髪も下ろして、少しでもニキビのある顔を隠そうとしていました。
結果、髪の毛がニキビに触れて余計に荒れてしまったのですが。

 

男の子にからかわれて傷ついたので、親に相談しました。

結果、自宅に居る間は前髪も含め顔まわりの髪の毛を全てまとめて、ニキビ用の洗顔フォームとニキビ用の基礎化粧品を使ってみる事にしました。

夜更かしをしてゲームをしたり漫画を読んでいたのも我慢して、出来るだけ早めにたっぷり眠るようにしました。

あとは授業中など、無意識に手で顔に触れてしまわないように気をつけました。

 

大きなニキビの数は減ったのですが、使っていたニキビ用の洗顔フォームと基礎化粧品の刺激がとても強くて、今度は乾燥でカサカサになってしまいました。

カサカサで赤くなった皮膚に小さなニキビがプツプツと出来て、見た目はよく見なければ目立たないのですが、とにかく保湿のための化粧水が染みて苦痛でした。

保湿した後は火照って痒くて、悪循環でした。

 

成人後も変わらずニキビには悩まされていましたが、20代半ばあたりから徐々に落ち着いていきました。

だんだんと、世の中に敏感肌用の基礎化粧品やコスメが浸透してきたおかげで、アルコールや添加物フリーの商品を中心にあれこれ試した結果、今ではニキビや吹き出物は滅多に出来なくなり、肌が綺麗だとか色が白いなど言われるようにまでなりました。

自分の場合は、合わない基礎化粧品もニキビを悪化させていた原因だったのだと思います。

 

少しでも刺激や不快感を感じるスキンケアはやめた方が良いです。

無添加でお肌に優しいものや、ヒルドイド系などのローションなども比較的多くの方と相性が良いのではないでしょうか。
あと、気にし過ぎるのは特に駄目です。

無意識に手や指でニキビを触ってしまうと、雑菌で余計に酷くなります。

最近では若い女の子も早くからお化粧をするとし聞きますので、その際も添加物など含有物はもちろん、メイクのしっかりした落とし方なども教えて貰えたらきっと安心なんじゃないかなと思います。

 

市販のニキビ用洗顔剤の中には、皮脂を強力に落とすものも多くあります。
もちろん余分な脂は落とした方が良いのですが、徹底的に皮脂を悪者扱いにして落とし過ぎるのも問題です。

お肌のバランスを整えてくれる洗顔と保湿をしてくれるケア用品をお勧めします。

なぜ大人なのにニキビが出来るの?

今回は、大人になって初めてにきびができた、
という方のお話です。

40歳女性、専業主婦のまるるです。
お肌は乾燥肌&敏感肌、現在はニキビはなく、特に大きな肌トラブルはありません。

 

大人になってからです。正確には30代半ばごろですね。
当時は数年ぶりに仕事を始めて、環境がガラっと変化した時期でした。

 

ニキビが出来る前はやや乾燥肌になりかけている過渡期(年齢のせいで…)でしたが、特に大きな肌トラブルは起こったことがありませんでした。
スキンケアにはそれほど手をかけてはいなかったのですが、それでも肌トラブルが無かったのはまだ若かったからなのでしょう…。

 

20代の頃はニキビは一切できなかったので、顔中にニキビが出来ている友人を見て、
「どうしてだろう?体質なのかな?」
とすごく不思議に思っていました。

今思えば、ニキビに対する知識は一切ありませんでしたね。
「大人ニキビ」と言う言葉も知りませんでした。

 

初めてニキビを見つけたときは、正直意味がわかりませんでした(笑)。

顎にポツンと白ニキビが出来たのですが、
え?なぜ大人なのにニキビが出来るの?これは何?
という感じで、現実が受け入れられない感じでしたね(笑)。

ニキビがある自分の顔を見ても、なんだかすごく不思議な感じでした。

だって、ニキビが出来たのなんて中学生以来(20年以上ぶり)でしたから。

 

最初に行なったのは、とにかく保湿を徹底するということでした。

十分に潤ったお肌はターンオーバーのサイクルが整い、ニキビも改善しやすくなるかなと思ったので…。

正直言ってそれ以前はかなりスキンケアは手抜きをしていたのでかなり反省しましたね。
でも、なんだか恥ずかしくて誰にも相談できませんでした。
自分のいいかげんなスキンケアがバレそうだと思ったので。

 

保湿だけではなかなか治りませんでした。

そこで色々と調べた結果、私のニキビの原因はストレス及び睡眠不足によるものなんじゃないかな?と思いました(仕事で色々ストレスを抱えていたので)。

なので、運動をしたりしてストレス解消したり、出来るだけ早く寝るようにして睡眠不足にならないように心がけました。
その結果、ニキビはだんだん治っていきました。

 

現在は全くニキビに悩んでいません。

最も大きな原因は、仕事を辞めたことだと思います。

それでストレスはゼロになったので。ストレスとお肌って深い関係があるんですね。

また、睡眠不足にならないようにも気を付けています。

現在も週に数回の運動を続けていますが、これがかなり効果があるんじゃないかなと思っています。
楽しんで運動しているのでストレス解消になるし、運動した日はぐっすりと眠れるので…。

 

そもそも、大人ニキビについて全く知識が無かったのが良くなかったですね。

知識があれば、もっと早く対策が取れたと思います
(ニキビが出来てからしばらくは何も対策せず放置していたので…当然なかなか治りませんでした)。

ニキビは中学生に出来るもので大人になってから出来るはずがないと思っていましたが、色々調べた結果、大人ニキビはとても良くあることなんだとわかりました。

私が今後ニキビが出来るとしたらそれはやはりストレスによるものだろうなぁと思います。

今後ニキビが出来ることがあったら、とにかくリラックスしてゆったりと過ごすように心がけたいです。

 

ストレスフリーになることで、お肌の状態も安定したみたいですね。
睡眠や運動にも気を使われているということで素晴らしいです。

そのうえで保湿をしっかりされたことが良いと思います!

ニキビクリームだけで保湿をしなかったら・・

今回は、受験ストレスと甘いモノで
ひどいニキビに悩んだ、という方のお話です。

33歳、専業主婦、ゆみゆみと申します。
現在2人の子供がいて4人家族です。
平凡ながらも家族4人で毎日楽しく過ごしています。

 

ニキビができ始めたのは中学生で思春期の頃でした。

それから高校2年生の頃まではひどいニキビに悩んでいました。

 

ニキビができる前の肌は白く乾燥等のトラブルもなく、むしろ美肌が自慢でした。

たまに疲れると目の周りがアトピーの影響で赤くなることもありましたが、いたって肌は丈夫な方でした。
学校のお友達からも肌すべすべーと言われていて、肌で悩んだことなどありませんでした。

 

他の人の肌にあまり興味がなかった私は、ニキビに関する知識をほとんど持ち合わせていませんでした。

ニキビがあるクラスメイトに対しても特に不潔や、嫌悪感といったものは感じず、自分にニキビができるまではほとんど無関心な状態でした。

 

私の場合、赤いニキビが突然にばぁっと現れるようになりました。

突然肌が油っぽくなり、赤いニキビが無数に現れたのでかなりショックでした。

また。ニキビに対しての知識をほとんど持ち合わせていなかったので、対処法も分からず、ただただニキビだらけの顔を見ては、汚らしい、どうにかしたという気持ちでいっぱいでした。

 

とにかく洗顔をした後に、ニキビ用の市販クリームを塗って炎症を抑えようとしました。

しかしかつての私はニキビに対しての原因と対策を熟知していなかったため、保湿は全くしていませんでした。

皮膚科にも通って薬を出していただいたのですが、特に驚くほどの効果は現れず、私はニキビ体質で治すことはできないのだと半ば諦めていました。

 

高校受験のストレスもあり、ニキビには良くない甘いものをたくさん食べていたため、一向にニキビはなくならず、高校2年生頃までひどいニキビに悩んでいました。

ニキビがひどいと外出するのも避けたくなり、学校以外はあまり外にも出かけませんでした。

その後、高校2年生の頃から徹底して甘いものの間食をやめるようにして、やっとひどいニキビも顔から徐々になくなっていきました。

 

高校2年生の頃に徹底して甘いものの間食をやめてからは顔中にあったニキビも消えました。

ただ今でも、チョコやポテトチップスを食べた後には額やおでこに1つ2つポツンと赤いニキビができることがあります。

お化粧でも隠せないほど大きなニキビができることもあり、最近は年齢的にも痕に残るのが嫌なので、なるべく油っぽいものや甘いお菓子は食べないようにしています。

 

中学生の頃にニキビの原因と対策をもっと勉強していれば、ニキビ痕にも悩むことなく、今でも美肌でいられたのかなと思うと悔やまれてなりません。

若いからといって放って置くのではなく、しっかりと洗顔保湿をし、甘いもの、脂っこい食べ物を控えていれば、ニキビ肌に悩むこともないかと思います。

もし今ニキビに悩んでいるとしたら、10年、20年後の自分の肌のためにも、しっかりとニキビ対策をして、将来私のように後悔しないでもらいたいと思います。

 

肌荒れやニキビは体や心の荒れがそのまま表に出たもの。
ニキビができたら、自分の生活習慣などを見直すいい機会だと思って。

ニキビ対策には保湿が大事です。

保湿をしないと「もっと皮脂を出さないとカサカサになる!」と逆に脂っぽくなってしまいますよ。

オイル系の保湿剤でニキビができてしまう

今回はオイル系の保湿剤を利用すると
すぐにニキビができてしまう、という方のお話です。

はじめまして。
私は現在28歳の女性です。
1月に13歳年上の主人と入籍したばかりの新婚の専業主婦をしています。

 

中学生の思春期のころにおでこや鼻にでき始めましたが、治りも早かったです。
大人になってから頬や顎にできて気になり出しました。

 

基本的には特別に乾燥したり油が出ることもそんなになく、お肌には悩みはありませんでした。
ニキビができ始めた頃には少しお肌がベタついてきていたような気がします。
おでこや鼻の周りはベタついて、頬や顎は乾燥していました。

 

ニキビに対しての知識はほとんどなかったので、中学生くらいの頃に頬全体が赤くなって荒れている友達をみると、可哀想でした。
しっかり洗顔をすればニキビはできないと思っていたので、ニキビがある友達のこともしっかり顔を洗っていないのかな?と思ったりもしました。

 

初めてのニキビはおでこだった気がします。
小さな赤いプツンとしたニキビができ、恥ずかしくて前髪をおろして隠していました。

初めて鼻に大きなニキビができた時は、痛いし見た目も隠せないので本当に恥ずかしくて嫌でした。

人に見られるをんじゃないかと思い始めるとそうとしか思えなくて、本当に一刻も早く治って欲しかったです。

 

親に相談しましたが「思春期だから仕方ない」と言われました。

特に洗顔剤を変えたり化粧水を変えたりはしませんでしたが、クレアラシルをニキビ部分だけじゃなく広範囲に塗ったら、割と早く治りました。

洗顔の際に洗顔剤が少しでもお肌に残っているとすぐに荒れてニキビができるので、水でよくすすぐように心がけていました。

 

念入りに洗顔して、水でよくすすぐことと、クレアラシルを広範囲に塗って、特に寝る前はたっぷり塗ってから寝るようにしてました。

最近は年齢のせいか、一度出来てしまうとなかなか治らないので、ニキビができるのを防ぐために清潔を保つように心がけています。

オイルの保湿を使うとニキビができるのでクリーム系の保湿を使うといい気がします。

 

中学生くらいの頃に比べたら今はおでこや鼻にはできにくいです。

顎や頬にできることが増えましたが、今でもたまに鼻に出来てしまうと恥ずかしくて辛いです。

ニキビができる気持ちが一気に落ち込みます。
特に鼻や顎など目立つところだと、人に見られるのが嫌で外出するのも憂鬱になって、家にこもりがちになってしまいます。

 

ニキビができると本当に嫌な気持ちになるので、たくさんの人が悩んでいるんだろうなと思います。

私の場合は洗顔を念入りにすることと、オイルなどべたつく感じの保湿するものを使わないことでいくらか未然に防ぐことができていますが、頬などに広い範囲で出来てしまう人は相当お辛いと思います。

 

年齢とともに、1度ニキビが肌荒れが起きると、中々治らなくなってきますよね。

なので、できたときに早め早めのニキビケア、
また普段からできないような対策が大事です!

頬のニキビの治し方

頬のニキビの治し方というと、誰もが挙げるのが「きちんと洗顔をして肌を清潔に保つこと」ですよね。

 

ですが実際のところ、頬のニキビができたからと言って、
洗顔をいつも以上に念入りにやったりすると、それはそれで摩擦のダメージが肌に残ってしまったり、
何度も洗うことで必要以上に角質をはがしてしまったりして、
ますます肌を弱らせ乾燥を招いてしまうこととなりかねません。

 

基本的には、頬にニキビができている時でも、洗顔は朝晩の2回でOK!

 

洗顔はとにかく摩擦と刺激を少なくすることが大事!

 

泡洗顔はモコモコに泡立てないと手でこすり洗いをする以上摩擦が大きくなります。

でも洗浄力が強い洗顔材じゃないとモコモコにもなりにくいです。

ってことは、強い洗浄力でお肌への負担が大きくなってしまう・・ということです。

 

これが泡洗顔の限界です(- -)

 

ちなみに私は泡洗顔はスッパリ卒業しました。

 

今はクレイ洗顔一筋です。

 

クレイだとクレイ自身が汚れを吸着してくれるので、こする必要もないし
クレイは汚れと保湿力のある成分とを交換してお肌においてきてくれるので、洗った後もうるおったまま。

これを使ったら、もうやめられません。
⇒ 超オススメのニキビを消し去ってくれるクレイクレンジング

 

bglen クレイウォッシュでのスペシャルケア

 

こうして洗顔をしたらあとはスキンケアで更にたっぷり保湿♪

ヒアルロン酸などをはじめとする、保湿成分にこだわったスキンケア用品を使いましょう。

 

手のひらにとって、手のひらで上から抑えこむようにして頬になじませるのがコツ。

指先だけで伸ばすとどうしても薄くなったり、つけムラが出やすいので気をつけましょう!

 

あと、頬ニキビを悪化させないためには「頬に触れるものの清潔さ」も大切ですから、
寝ている間に頬に触れる枕カバーは毎日取り替えましょう。

もちろん髪が長い人は束ねるなどして頬に髪がつかないようにする、という工夫も大切です。

 

頬杖をつくクセがある人も要注意!

「ニキビは触ってはダメ」ということは知っていながら、
無意識に頬杖をついてしまう人、結構多いんですよね。

手にはいろんな雑菌がついていますから、頬杖でその雑菌を頬ニキビに与えるようなことはやめましょう。

おでこのにきびが治らない人の特徴

「おでこのにきびが治らない」と悩んでいる人がよくやってしまうのが、
「おでこがすぐ脂ぎってしまうから、なるべく乾かすようにしている、化粧水も何もつけない」
というやり方。

 

実はこれ、おでこのにきびをより悪化させたり、
新たなおでこにきびを発生させてしまう原因にもなりかねません。

 

おでこのにきびが治らない理由のひとつは、
「おでこ部分が乾燥しているからこそ、その乾燥を少しでも補おうと、皮脂分泌がさらに過剰になってしまう」
というのもあるんですよ。

皮膚に水分が足りない時、せめてその蒸発を防ごうと思って、皮脂をたくさん出して皮脂で肌表面を覆い、蒸発を最小限にとどめる。
おでこは皮脂腺が発達している箇所だけに、
なまじ乾燥させてしまうと特にこうしたメカニズムが働きやすくなってしまうのです。

ですからおでこのにきびが治らない時は、おでこの保湿に着目してみましょう。

保湿と言っても、油分を与える必要はありません。

ただ、肌の角質層そのものがしっかりと水分保持できる状態になるように、
「角質層まで保湿成分が浸透するスキンケア用品」などはつけたほうがいいのです。

 

その際に守っておきたいのが、「おでこのにきびがある部分にスキンケア用品をつける時は、清潔なコットンなどで抑えるようにしてつける」ということ。

手でつけると、手ににきびのアクネ菌などが付着してしまい、それが顔のほかの部分についてしまう可能性があるからです。

また、コットンでスキンケア用品をつける際も、コットンは動かさず、
ゆっくりとパックのようになじませるようにするのがおすすめ。

コットンを動かすと、コットンの繊維による摩擦が起きてしまいますので、
これがにきびに対しては大きな刺激となってしまいます。

にきびの数が少ないようなら、コットンではなく綿棒を使うのもいいですね。

 

とにかく「保湿成分は与えつつ、アクネ菌をよそに撒き散らさない」というのがポイントというわけです。

 

意外と間違っているのが、モコモコの泡洗顔。
洗剤っていうのは、泡立つ能力と洗浄力の強さは比例しているそうです。

つまり、モッコモコのあのすごい泡はそれだけ洗浄力が強力ってこと。

皮脂がたっぷりで乾燥知らずな、部活で汗かきまくりの十代のお肌ならいいのかもしれませんが、
大人のお肌とっては、落としてはいけない保湿成分まで根こそぎ洗浄されてしまいますよ(汗)

なので、ニキビ肌に特にオススメなのがビーグレンのニキビケアセット

 

おでこニキビ

 

クレイ洗顔とクレイローションと、あと通常の3倍以上の浸透力を持つビタミンC美容液がセットになっているのですが、
これが超使えます。

クレイの特徴で、余計な皮脂などは吸着して、代わりにクレイが持っていた保湿成分をお肌に置いていく性質があるので、洗いあがりですでに全然違います。

また、美容液が素敵☆なのです。

お肌に乗せると、ホワ~っと暖かくなります。浸透している証拠みたいです。
お肌にしみこむってこういうことなんだって初体験できますよ!

お試しセットで10日間使えますけど、その期間でも結構ニキビの炎症を抑えられる実感が持てるかと思いますよ~

⇒ ニキビお試しセット

これを最後の砦だとおもって、使ってみてね!