ニキビが治ってもまた同じところにニキビができる

今回はニキビ対策としてやたらと洗顔を繰り返したりして
逆に乾燥肌で脂っぽくなってしまったという方のお話です。

27歳、女性のひらと申します。
都内でOLをしています。
一般事務をしていて、さほど激務というほどでもありませんが、残業は割と多い職場です。

 

ニキビができる前は、特に肌の状態を気にしたことがありませんでした。
できだしてから気にするようになって、うっとおしいなと思うようになりましたが、
子供でしたし、お肌のお手入れというものを考えたこともありませんでした。

だからニキビについて、できる前は何も知りませんでした。

子供のころは鏡をあまり見る習慣もなく、
自分の容姿に気を付けたことがなかったので、
赤く痛んでしまったニキビをつい触ったり、つぶしてしまって悪化させたりしてしまっていました。

 

ニキビについては、小学6年生、ちょうと体が第二次性徴期に入るあたりから気になりはじめました。
おでこや、あごによくできました。

その頃に、年の離れた姉に指摘されて、自分のニキビを意識しました。

ちゃんと鏡をみて、そこで初めて「うわっ」と思いました。

あまりに大きく顔中にニキビが主張していて、ひどかったので、目をそらしたいくらいでした。

額のどまんなかと、あごのまんなかに、赤くぐずぐずになったニキビが頻繁にできてなかなか治らなくて、困りました。
当時は顔だけでなく、背中や腕などにもよくできていました。

 

姉に言われるがまま、朝晩の洗顔を丁寧にするようになりました。

ドラッグストアで、寝ている間にニキビに塗るクリームを塗って対応したりもしていました。

今思うと洗顔すればいいとだけ思って、顔をやたら洗ったり、
ニキビの状態が気になってついつい何度も薬を付け直したり、たくさんつけすぎたりしていたように思います。

 

単純に効果があまりなかったのかもしれませんし、
(今思い返せば)洗顔をやたらしすぎて乾燥していたせいからかもしれませんが、
その対策によってニキビがよくなることはあまりなかったように思います。

一つ治っては同じ場所にすぐできて、つい同じところを何度も触って傷になり、あとになるまで悪化させてしまうの繰り返しでした。

 

20代に入ってからだいぶニキビに悩まされることは減りました。

肌を褒められることも増えました。

朝は水洗顔のみ、夜はリキッドクレンジングと、ニキビ予防の洗顔フォームで顔を洗ってから、クリームでたっぷり保湿するようにする、というサイクルを習慣にしてからは大きな肌荒れはありません。

たまに生理直前になると、鼻の下や頬にニキビができます。
悩みどころですが、枕カバーやシーツを変えてひどくなる前に薬を塗ってよく寝ると数日で治ります。

 

今から思えば、保湿について考えたことがなかったのが大きいと思います。

乾燥するあまりに逆に顔が脂っぽくなって、ニキビがひどくなっていたと思います。

また、枕カバーなどを毎日交換するということも意識したことがなく、以前は一週間くらい平気で同じカバーをつけっぱなしにしていたこともありました。

小学生時代のわたしがもっときちんと洗顔と保湿を意識していたら、きっと今の肌はもっときれいでいられただろうに…と現在は後悔しきりです。

あるいは本当にひどいときは病院にいって対策をとっても良かったなと今は思います。

そのときは病院でニキビの治療ができると知らなかったので。昔の自分に教えてあげたいです。

 

ニキビというと、ついつい皮脂を取らなければ!と思ってしまいがちですが
お肌に皮脂は必要なもの。
むやみに洗顔しすぎるのも良くありません。

清潔と保湿。この両方がニキビケアの大前提として進めていきましょう。

自分に合うニキビケア用品にもっと早く出会いたかった

今回は自分にあわないニキビケアの化粧品などで
余計に手間がかかってしまったという方のお話です。

はじめまして。
20代後半、女性、現在パート勤めをしています。
ナミと申します。
よろしくお願いいたします。

 

初めて気になったのは中学生の頃でした。
中学2年生あたりからニキビが出来始め、その後は20歳ごろまで割と頻繁にできていました。

 

昔から混合肌で、Tゾーンはオイリー肌でベタベタしていて、いつもテカリがあり、あぶらとり紙が手放せなかったです。

そのせいか毛穴の開きや黒ずみも気にして鼻パックなどを試したりしていました。

逆にアゴやフェイスラインは乾燥肌でカサカサで、いわゆる“畑”と呼ばれるくらい肌荒れがありました。

まゆげのあたりも、赤みが出て、かゆみがありました。

化粧水などを塗ると、合っていなかったのか刺激が強過ぎたのかヒリヒリ感やほてりが出てしまい、ケアするのが怖く感じてしまいました。

 

自分にニキビができる前は
ニキビがあると、痛そうだし、周りから見てもやはり印象は良くないんだろうなと思っていました。

ある程度、年頃の時期は仕方ないですが、食生活や不潔にすると、できやすいと聞いていたからです。

ニキビをつつきすぎたり、潰したりすると肌がボコボコになったり、化膿して酷かったらただれたりすると聞いて怖いなと思っていました。

 

なので、まさか自分にニキビができるとは予想もしていなかったので、ショックでした。

親に“そんな年頃になったってことよ”と言われましたが、慰めにもならず何とか無くしたいと思いました。

おでこに赤ニキビが出来始め、前髪で隠していましたが、悪化する一方で鏡を毎日見るのが辛くなったのを覚えています。
肌だけでこんなに見た目や印象が変わるんだなと初めて感じました。

鼻や目立つところに出来始めた時は学校に行って友達に会うのが嫌になったくらいでした。

 

最初の頃はついつい潰してみたりしてしまいましたが、当たり前のごとく悪化してしまい、友達や親に相談して、ニキビケアで有名な洗顔料に変えてみたり、泡だてネットで作った泡で丁寧に洗ってみたりしました。

顔用のブラシなんかも使いました。

化粧水や乳液を足してみたり、前髪が極力かからないように工夫したり、色々試しました。

 

ニキビケアで有名な洗顔料は、すぐ効果はなく3カ月くらい続けて徐々にニキビが減ったように思います。

ただ乾燥がひどくなり、鼻やアゴはどんどんオイリー肌になり、ニキビができたら、なかなか治らなかったです。

ブラシも毛穴が刺激されて逆効果だったように思います。

泡洗顔、化粧水が改善に良かったように思います。
乳液は塗ると油分が多すぎるのか良くなかったです。

 

年齢とともに徐々に良くなりましたが、いまだに生理やホルモンバランスの変化、体調が悪く免疫が落ちた時はできやすくなります。

有効だと感じたのは泡洗顔する際にベビーパウダーを混ぜて使うと洗い上がりもしっとりで、汚れが落ちやすいのでニキビもできにくくなりました。

また洗顔、化粧水などをオーガニックなど天然由来で優しいものを使うとなおさら良くなりました。

 

玄米食や運動したり、内側から体質や便秘を改善したりすれば、もっと早かったのではないかと感じています。

また、自分に合った洗顔や化粧水にもっと早く出会いたかったです。

色々試すのに時間がかかってしまいました。

何でもそうですが、ターンオーバーを促してあげることが大事だし、結果も早いので代謝をよくしてあげることが1番の近道だと思いました。

今、ニキビに悩んでいる人には食生活から改善したらいいよと教えてあげたいです。

 

ニキビケアにはニキビケアを真剣に考えて作られている商品を選ぶべき。

そもそも思春期に利用するような皮脂を根こそぎ取るような商品の場合は
逆にお肌の乾燥を引き起こし、またニキビのできやすい状態にもなってしまいます。

清潔と保湿、両方のバランスを取ってくれるケア用品を利用していきましょう!

カサカサ肌にニキビが

今回は、元々乾燥がちなお肌で
ニキビができてしまった方のお話です。

こんにちは。年齢は26歳、性別は女性です。
現在の職業は、主婦です。どうぞよろしくおねがいいたします。

 

中学生のころからニキビができるようになりました。

中学2年生あたりから急にひどくなってしまって一時期かなり悩んでいました。
大人になった今でも疲れがひどかったり、生理前などにはぽつぽつとできてしまったりいたします。

 

それまでは乾燥肌でした。

冬になるとほっぺがかさかさになっていました。

子供のころよりは今の方がましかなあという感じです。

クリームを塗れば、回避できる程度ですが、クリームを塗るのがまあまあ面倒くさいです。
カサカサ肌は冬が近くなるとひどくなります。

 

別に他の子のことについては特に何とも思わないのですが、自分がなると本当に気になりました。
なんだか恥ずかしくて。
みっともないのにどうにもできなくてもどかしかったです。

気になって触ってしまい、悪化させたりするのもあったと思います。

 

ニキビのある自分の顔はすごく嫌です。

子供のころは本当につらかったです。
とにかく恥ずかしかったです。

鼻やあご、オデコがひどかったと思います。

最近はランダムにときどきできる感じでそこまでひどくありませんがいまだに嫌ですね。

ほとんどは赤っぽいニキビで、結構大きくぷくっとふくれたものです。

 

ニキビができ始めてからはやや危機感を持って洗顔をこまめに行うようにしてはおりましたが、当時はニキビに関する詳しい知識がありませんでしたので、あまり化粧水などの対策はとれていませんでした。

親もまあそのうち治るだろう的なかんじでしたので。
あまり真剣にとりあってもらえませんでした。
友達にはきけませんでした。

 

今でもときどき、やはりひどく疲れているときや、精神的にあまりよろしくないときにできてしまう気がいたします。

マスクで隠せてしまうときはマスクをしちゃいます。

オデコにできたときはうまく前髪でごまかしちゃう感じです。
あんまり髪で隠すのもニキビにはよくなさそうですが。

 

こまめな洗顔がやっぱり大事かなと思ってます。

ばい菌や油っぽいのが主な原因だと思っているので。

一番ひどかった時にもっと自分でこう保健室の先生とかにさくっとどうしたらいいかきいちゃえばよかったなと思います。保健室の先生が若い女性の先生だったので今思えば相談すればもっと悩む時期が減っていたかなと。

 

お肌が乾燥してカサカサということは、皮膚のバリアが壊れているということ。

いろんな菌も入りやすくなりますし、消化器官を通さないためアレルギーの発症につながったりします。

清潔だけではなく保湿もしっかり心がけてくださいね。

アトピー・乾燥肌から大人ニキビに

今回はアトピー、乾燥がちなお肌の方で、
今も顔回りフェイスラインにぷつぷつニキビができてしまう方のお悩みです。

37歳、女、主婦です。

最近細かいぷつぷつとしたニキビが顔周りにでてきました。
結構目立つので、なんとかしたい、と思う今日この頃です。

 

大学生になってからでき始めましたと思います。
中学・高校は全くと言ってよいほどニキビとは縁のない生活でした。

 

肌の悩みとしてはアトピーだったのと、乾燥肌だったことです。

顔は乾燥だけだったので、ニキビ、というよりはカサカサの肌でオイリーな感じとは無縁でした。

洗顔料も使ってなかったです。冷水で顔を洗い、保湿クリームを少し塗る程度のケアしかしていませんでした。

 

ニキビに対してはほぼ無知で、
友達によく顔に大きい赤ニキビができていた子がいたんですけど、
結構目立っていてかわいそうだなあって思っていました。

結構赤くパンパンになっていたので痛そうだな、と思ってもいました。

 

私の場合赤ではなく白いニキビだったのですが、顔周りに出ました。

小さいぷつぷつがたくさんあり、特にこめかみの部分がひどかったです。

鏡で見ると結構ひどくて、前髪などで隠すようにしていました。

 

顎のあたりには大きめの白ニキビで、目立っていたのですごく恥ずかしかったです。

マスクをしたりして見えないようにしていました。

 

もともと肌が強くないほうなので、
弱酸性の洗顔料を使うようにしたり、
アトピーも関係するのかと思いアトピーの人用の保湿剤やクリームなどを
通販で購入したりしました。

角質なのかとも思ったりしたので、角質がぽろぽろとれるクリームを使ったりとかもしました。

化粧水も刺激が少ないものを選んだり。

友達や親には相談しませんでしたが、インターネットなどを見て情報を見つけたりなどはしていました。

 

顔周りのぷつぷつはそんなに改善はしませんでした。

ただアトピー用の保湿剤の効果か、大きいニキビはできなくなったと思います。

 

ぷつぷつが気になってしょうがなかったので、
爪でこすったりして強制的にこそげおとしたりとかしていました。

ひどくはなりませんでしたが、あまり改善が見られなかったので
結局諦め特にほかのものは試したりしませんでした。

 

今も顔周りにたくさんあります。

人と近くで話をするときなど、どう思われているのかが気になります。

顎下あたりにも最近でき始めてきました。

鏡を見ると残念な気持ちになります。

洗顔の仕方や、効果がありそうな保湿液などいろいろ調べているのですが、なかなか効果がないです。

ストレスが原因かもとも思い、なるべくストレスをため込まないようにしたりもしています。

 

もっと丁寧に時間をかけて若いうちからきちんとしたケアをしていたら、とは思います。

ぷつぷつのない顔に戻りたいとはとても思いますが年齢的にも難しいということもあるのかなと思っています。

なるべく刺激を与えないようにしつつ、これ以上ひどくならないようにはしたいとは思っていますが。

運動したり、新陳代謝も高めいかないといけないのかな、とも思います。

ニキビのない肌の人がうらやましいですね。
どういうスキンケアをしているのか、いろいろと聞いてみたいです。

 

アトピーや乾燥がちなお肌の場合、皮膚のバリア機能が弱く
ニキビなどのトラブルも起きやすくなります。

だからこそ、清潔に保つことと保湿を心がけ、お肌をいい状態に近づけることが大切です。