中学生からできたニキビが大人になった今でも治らない

今回は、中学生の頃からニキビができて
20歳を過ぎた今でもニキビが治らない、という方のお話です。

こんにちは、私は22歳の女性で大学生です。
スポーツをする事や、お菓子作りが好きです。また、旅行をよくします。

 

私の記憶によると、ニキビが出来たのは、中学生からです。
それからもずっとニキビが消えずに今まで続いています。

 

ニキビができる前は、お餅のように白くて、きめ細やかな綺麗なお肌でした。

ですから、小さい時、よくみんなが柔らかくて気持ちいいと言ってよく私のほっぺたを触ったりしていました。
ですが、肌に張りがあるので、引っ張ると意外とかたいねっと言われてました。

 

なんか肌がボコボコになっていたり赤く、またはひどい人は肌が黒くなっていたので、これがなくなって綺麗な肌になったら絶対に印象が変わり見違える人になるのにと思っていました。
だから、何か手入れをしたらしたらいいのにと心の中で感じでいました。

 

初めてニキビが出来始めた時、何か赤い腫れ物があり、膿がたまっている感じがして、早く無くならないかといつも鏡を見て感じていました。

私は主に、おでこ、鼻、目の下、あごにニキビが出来ていました。

特におでこは、前髪をパッツンにしていたので、おでこが髪と触れて、刺激されて、全体に赤いニキビがたくさんありました。

それを隠すように前髪を作っていた感じです。

ですが、本当はそれはよりニキビを悪化させるのに、思春期ならではのニキビがあることの恥ずかしさからと今になって感じます。

 

ニキビが出来始めた時、いろいろな洗顔剤を試したり、化粧水も多く試しました。

また、親がニキビを心配して一緒に病院に行き、塗り薬をもらいました。

また、友達でニキビがひどい子がいたのでその子に色々教えてもらったりしました。

食事は、なるべくお菓子チョコレートとかを食べないようにしました。睡眠では、お肌の再生がされるゴールデンタイムの22時~2時の間は睡眠ができるように心がけていました。

 

少しは治りましたが、やはり全ては完治することはできませんでした。

病院に置かれていた洗顔料と化粧水、乳液を買ってしてみて初めは荒れるのですが、慣れてきたら少しずつ綺麗になりました。

また、病院でもらった薬を洗顔後と寝る前に塗ったら結構効果がありました。

でも結局どれを使っても、効果はあまり変わりませんでした。

使うごとに、肌がだんだん製品に慣れるから結局は同じだと感じました。

 

今もニキビはあります。

ですが去年1年間オーストラリアに行っていた時は、ニキビも目立たずに肌もそこまで手入れしていなかったのに、肌がすごく綺麗でした。

私が思うにニキビは環境やストレスのなさからなくなっていくと感じました。

また、乾燥している地域に行くとニキビはなくなると感じました。

だから、日本に戻った時、急にまたニキビが出来たので、日本の環境が自分に合ってないのかと感じました。
のびのびと暮らすことによってなくなっていくと感じます。

 

ニキビは自然にできるものだから、あまり考えないことが大切だと思います。

また、先ほども言いましたように一番は環境が大切だと感じます。

ストレスのないとこに自分を置いて、そこでゆっくりと時を過ごせば、ニキビはなくなっていくと思います。

ニキビはジメジメしたところでは、出来やすくなるので乾燥地帯に行くことをオススメします。

また規則正しい生活を送りバランスの良い食事を取ることによってニキビとはお別れできると思いました。

 

確かに日本は湿気があるのでその環境による原因もありますが、
とはいえ、保湿されやすいといういい面もあります。

住んでいる環境も、ニキビができやすい状態のお肌をもって生まれてしまったのも
これを後悔しても解決しません。

どちらにしても1人1人お肌の状態は異なりますので、

だったらどうするか? で自分に合ったニキビケアを見つけていきましょう。

ニキビが治ってもまた同じところにニキビができる

今回はニキビ対策としてやたらと洗顔を繰り返したりして
逆に乾燥肌で脂っぽくなってしまったという方のお話です。

27歳、女性のひらと申します。
都内でOLをしています。
一般事務をしていて、さほど激務というほどでもありませんが、残業は割と多い職場です。

 

ニキビができる前は、特に肌の状態を気にしたことがありませんでした。
できだしてから気にするようになって、うっとおしいなと思うようになりましたが、
子供でしたし、お肌のお手入れというものを考えたこともありませんでした。

だからニキビについて、できる前は何も知りませんでした。

子供のころは鏡をあまり見る習慣もなく、
自分の容姿に気を付けたことがなかったので、
赤く痛んでしまったニキビをつい触ったり、つぶしてしまって悪化させたりしてしまっていました。

 

ニキビについては、小学6年生、ちょうと体が第二次性徴期に入るあたりから気になりはじめました。
おでこや、あごによくできました。

その頃に、年の離れた姉に指摘されて、自分のニキビを意識しました。

ちゃんと鏡をみて、そこで初めて「うわっ」と思いました。

あまりに大きく顔中にニキビが主張していて、ひどかったので、目をそらしたいくらいでした。

額のどまんなかと、あごのまんなかに、赤くぐずぐずになったニキビが頻繁にできてなかなか治らなくて、困りました。
当時は顔だけでなく、背中や腕などにもよくできていました。

 

姉に言われるがまま、朝晩の洗顔を丁寧にするようになりました。

ドラッグストアで、寝ている間にニキビに塗るクリームを塗って対応したりもしていました。

今思うと洗顔すればいいとだけ思って、顔をやたら洗ったり、
ニキビの状態が気になってついつい何度も薬を付け直したり、たくさんつけすぎたりしていたように思います。

 

単純に効果があまりなかったのかもしれませんし、
(今思い返せば)洗顔をやたらしすぎて乾燥していたせいからかもしれませんが、
その対策によってニキビがよくなることはあまりなかったように思います。

一つ治っては同じ場所にすぐできて、つい同じところを何度も触って傷になり、あとになるまで悪化させてしまうの繰り返しでした。

 

20代に入ってからだいぶニキビに悩まされることは減りました。

肌を褒められることも増えました。

朝は水洗顔のみ、夜はリキッドクレンジングと、ニキビ予防の洗顔フォームで顔を洗ってから、クリームでたっぷり保湿するようにする、というサイクルを習慣にしてからは大きな肌荒れはありません。

たまに生理直前になると、鼻の下や頬にニキビができます。
悩みどころですが、枕カバーやシーツを変えてひどくなる前に薬を塗ってよく寝ると数日で治ります。

 

今から思えば、保湿について考えたことがなかったのが大きいと思います。

乾燥するあまりに逆に顔が脂っぽくなって、ニキビがひどくなっていたと思います。

また、枕カバーなどを毎日交換するということも意識したことがなく、以前は一週間くらい平気で同じカバーをつけっぱなしにしていたこともありました。

小学生時代のわたしがもっときちんと洗顔と保湿を意識していたら、きっと今の肌はもっときれいでいられただろうに…と現在は後悔しきりです。

あるいは本当にひどいときは病院にいって対策をとっても良かったなと今は思います。

そのときは病院でニキビの治療ができると知らなかったので。昔の自分に教えてあげたいです。

 

ニキビというと、ついつい皮脂を取らなければ!と思ってしまいがちですが
お肌に皮脂は必要なもの。
むやみに洗顔しすぎるのも良くありません。

清潔と保湿。この両方がニキビケアの大前提として進めていきましょう。

オイル系の保湿剤でニキビができてしまう

今回はオイル系の保湿剤を利用すると
すぐにニキビができてしまう、という方のお話です。

はじめまして。
私は現在28歳の女性です。
1月に13歳年上の主人と入籍したばかりの新婚の専業主婦をしています。

 

中学生の思春期のころにおでこや鼻にでき始めましたが、治りも早かったです。
大人になってから頬や顎にできて気になり出しました。

 

基本的には特別に乾燥したり油が出ることもそんなになく、お肌には悩みはありませんでした。
ニキビができ始めた頃には少しお肌がベタついてきていたような気がします。
おでこや鼻の周りはベタついて、頬や顎は乾燥していました。

 

ニキビに対しての知識はほとんどなかったので、中学生くらいの頃に頬全体が赤くなって荒れている友達をみると、可哀想でした。
しっかり洗顔をすればニキビはできないと思っていたので、ニキビがある友達のこともしっかり顔を洗っていないのかな?と思ったりもしました。

 

初めてのニキビはおでこだった気がします。
小さな赤いプツンとしたニキビができ、恥ずかしくて前髪をおろして隠していました。

初めて鼻に大きなニキビができた時は、痛いし見た目も隠せないので本当に恥ずかしくて嫌でした。

人に見られるをんじゃないかと思い始めるとそうとしか思えなくて、本当に一刻も早く治って欲しかったです。

 

親に相談しましたが「思春期だから仕方ない」と言われました。

特に洗顔剤を変えたり化粧水を変えたりはしませんでしたが、クレアラシルをニキビ部分だけじゃなく広範囲に塗ったら、割と早く治りました。

洗顔の際に洗顔剤が少しでもお肌に残っているとすぐに荒れてニキビができるので、水でよくすすぐように心がけていました。

 

念入りに洗顔して、水でよくすすぐことと、クレアラシルを広範囲に塗って、特に寝る前はたっぷり塗ってから寝るようにしてました。

最近は年齢のせいか、一度出来てしまうとなかなか治らないので、ニキビができるのを防ぐために清潔を保つように心がけています。

オイルの保湿を使うとニキビができるのでクリーム系の保湿を使うといい気がします。

 

中学生くらいの頃に比べたら今はおでこや鼻にはできにくいです。

顎や頬にできることが増えましたが、今でもたまに鼻に出来てしまうと恥ずかしくて辛いです。

ニキビができる気持ちが一気に落ち込みます。
特に鼻や顎など目立つところだと、人に見られるのが嫌で外出するのも憂鬱になって、家にこもりがちになってしまいます。

 

ニキビができると本当に嫌な気持ちになるので、たくさんの人が悩んでいるんだろうなと思います。

私の場合は洗顔を念入りにすることと、オイルなどべたつく感じの保湿するものを使わないことでいくらか未然に防ぐことができていますが、頬などに広い範囲で出来てしまう人は相当お辛いと思います。

 

年齢とともに、1度ニキビが肌荒れが起きると、中々治らなくなってきますよね。

なので、できたときに早め早めのニキビケア、
また普段からできないような対策が大事です!

敏感肌でメイクで隠せず、帽子をかぶってやり過ごすことも

今回は、秋冬など乾燥の季節になるとニキビができやすい、
という方のお話です。

37歳の兼業主婦(女性)で、AWと申します。
海外在住で子どもがまだ小さいため、クラウドソーシングでの在宅ワークにいそしんでいます。

 

ニキビそのものについては、初潮を迎えた小学校5年生の頃からずっとありました。

全く消えた…というわけではないのですが、
20代でいったんなりをひそめ、30代になってから復活してきた感じです。

 

20代の頃はかなり健康的な美肌を保てていました。

月経の前後などにニキビや肌荒れができることもたびたびありましたが、すぐに消えて跡形もなくなってしまう軽いものばかりでしたので、ほとんど気に病んだ思い出はありません。
ところが30歳で出産をしてからは敏感肌になってしまい、肌にトラブルのない時期がほとんどない…という悲しい事態に。

 

仲のよいお友達に、かなり広い範囲でニキビができてしまっている子が何人もいたので、「痛々しいなあ…」と思っていました。

そういう体質なのだから、マイナスにとってしまうのは友人としてルール違反だと思っていたので、あえて話題に出したことはありません。
自分では「私も皮脂の分泌量は少なくないから、気を付けてまめに洗顔をしよう」と、清潔さに気を使っていたのは確かです。

 

10代の頃は、突発的に大きなニキビが現れ、炎症に発展することが多かったので、口内炎や傷のかさぶた同様「ケガ」の一つとして考えていたふしがあります。

オロナイン軟膏を塗り、痛みに耐えていました。

30代になってからのニキビ(あご・口元など)は、小さくても肌の不調・体調不良をしっかりとあらわす感じに思えたので、老化現象の一環と考え保湿保湿とにかく保湿、と基本化粧品でどうにかすべく奮戦してきました。

 

大人ニキビに関して記述します。

肌の保湿力が低下しているのを感じたので、基礎化粧品のラインをなるべく低刺激・オーガニック性のものに変え、朝夕のケアに加えて昼にもう一度、化粧水とクリームを置くように心掛けました。

海外在住なので日本のような化粧水が手に入らず、仕方なしに温泉水のスプレーミストを使っているのですが、案外これが当たりで肌がもっちり潤い、多少ニキビダメージを軽減できているように思えます。

 

温泉水で化粧水代用を始めた頃から、少しずつ肌の敏感度合いがおさまっていき、大人ニキビの出現する頻度が下がってきました。

ただ、秋口や春などの乾燥する季節、または各季節の変わり目などに皮脂の分泌が多くなり、顔がてかってニキビが数か所に同時発生する、ということは今でもよくあります。

肌に優しいクリームなどを探し続けているのですが、ビシッと決まる「この一本!」というのは、未だ残念ながら出会えていません。

 

一つが治ってほっとしていたら、別の部分にこっそり赤みが…ということがよくあるので、ニキビは油断ならない敵です。
以前ほど悩みはしなくなりましたが、やはりできてしまう時期は顔を隠したいほどの思いです。

敏感肌なので厚いメイクでカバーすることもできず、すっぴんにほど近い状態で常に帽子をかぶって外出しています。
自分で打てる策はすべて打っているつもりなので、やや限界を感じて疲れ気味でもあります。

 

私の場合、30代を境目に、なるべくして敏感肌&ニキビになった…という気がするので、何か後悔しているということはありません。(比較的健康的な肌だった20代の頃も、さほど肌に負担のかかることはしていませんでしたし。)

ただ、ニキビも害ばかりではなく、「しっかり自分の顔の事をケアしなさい」「体調がやや不調ですよ。生活習慣に気を付けて下さい」という、体の内側からのメッセージである…という面もあります(ムリヤリかもしれませんが)。

なるべく頻度は減らしたいけれど、他でもない自分の顔のことですから、うまく共生していければ…と思っています。

 

思春期ニキビと違い、大人ニキビは乾燥が原因になることも多いです。

どちらにしても「皮脂のバランス」と「保湿」が大事。
この両方からアプローチしたケアをされてみてくださいね。

ニキビをつぶしてしまいニキビ跡に

今回は、ニキビについて知識がなかったために
ついニキビをつぶしてしまい、ニキビ跡ができてしまった方のお悩みです。

私は都内の某大学にかよっている19歳男です。
今年の4月に大学進学と同時に上京し、現在は一人暮らしをしています。

 

ニキビができ始めたのは中学2年生の頃だと思われます。
ある日ふと触った肌になにかぶつぶつがあるなーと感じたのがはじまりです。

 

ニキビが出来きはじめる前は特別肌に悩みがあるわけでもありませんでした。

強いて言うならば冬の乾燥する時期に乾燥を防ぐためにクリームを塗るという程度のもので、他には特になにもしなくても健康な肌だったと思います。

 

正直、ニキビができるのは清潔にしてない人なのだろうなと勝手に思い込んでいました。

ニキビができる前は全くニキビについて知識がなかったので、
ニキビがどのようなものなのかもしりもせず友人を言葉で傷つけてしまったこともありました。

 

最初は頬にニキビができました。
初めてニキビができた時は、それがニキビなのかどうか分からずにいました。

しばらくして両方の頬にできはじめて初めてそれがニキビなのだと理解しました。

ニキビができてしまった原因が自分には全くわからなかったので自分の顔を見て「何故なんだろう?」という疑問がまず最初に浮かんできました。

 

ニキビができ始めてからは、まず最初に母親に相談しました。

母親に相談した際、今まで肌の対策を何一つしてこなかったのも原因ではないかと指摘され、洗顔剤と化粧水を揃えにいきました。

その後は何度か洗顔剤と化粧水のメーカーを変えたり、親の使用している洗顔剤や化粧水を借りたりして、自分の肌に一番あうものを探しました。

 

自分にあった洗顔剤と化粧水は見つけることができましたので、ニキビは治るようになりました。

しかし、見つけるまでにできたニキビを自身で潰してしまったりしていたので、その潰してしまっていたニキビは跡となってしまい治りませんでした。

一人暮らしを始め、食生活の乱れや生活習慣の乱れが激しくなってしまい、現在またニキビが増えてきています。

最近は唇の上部や顎の裏や背中にまでできるようになってしまい、いまいちどうすれば良いのかわかっていません。

私が通っている学科が忙しいというのもあり、きちんとした生活が出来ていないのが最大の問題ではあるのですが、ニキビにはどうにかして減ってほしいと思っています。

 

ニキビというものをもっと早くから知っていて、ニキビに対する対策をもっと早くしていれば顔に跡が残ることをなかったのではないかと思います。

ニキビが出来るとどうしても引っ掛かったり、気になったりで潰したくなってしまい、その時できた場所などによっては現在でも潰してしまったりしています。

この癖をなおさなければいけないなと思いつつ、やはりもっと早くからニキビの対策法や、洗顔剤、化粧水をはやくから使用しておくべきだったと後悔しています。

 

口回りのニキビは生活習慣の表れでもあるので要注意!

ニキビケアのできる洗顔材や化粧水に早く出会えることで

ニキビの悩みも早く解決します。

頬のニキビの原因

頬のニキビの原因は、思春期の10代と、大人になってからの20代以降では違ってくることをご存知ですか?

 

まず、10代の頬のニキビの主原因となるのは、皮脂の過剰分泌です。

10代は成長ホルモンの分泌が活発で、
この成長ホルモンの影響で皮脂も通常よりも多く分泌されるわけですね。

そのため、毛穴にも必要以上の皮脂が分泌され、それが詰まってニキビ化しやすいのです。

そのため、10代の頬ニキビといえば、ひとつ、ふたつ、などという数ではなく、
頬全体に大量発生することも多いんですよね。

皮脂がどの毛穴にも多く分泌されるからこそ、起こりえる事態です。

 

これに対して20代以上の大人となると、
頬のニキビの原因として「皮脂の過剰分泌」という理由は激減します。

実際、大人の世代になって、「Tゾーンが皮脂でテカテカしている」という人は多くても、
頬まで脂ぎってギラギラしている、という人はかなりの少数派になってくるはず。

10代のように成長ホルモンがせっせと分泌されることがないので、皮脂そのものの分泌量も減っているのです。

 

では20代以上の大人の頬のニキビの最大の原因は何なのかというと・・・

 

ズバリ、「肌の乾燥」です。

 

「乾燥によってはがれにくくなった古い角質が毛穴に張り付いた部分だけがニキビになる」という感じで、
頬ニキビの数は10代の頃に比べて少なくなるケースが多いんですよ。

乾燥によってどうして古い角質がはがれにくくなるのかというと、
これは切手をイメージしてもらうといいでしょう。

一度貼った切手は水につければきれいにはがせますが、
乾燥したままでは絶対にきれいにはがせませんからね。

もちろん、角質には切手のような「糊」がついているわけではありませんが、
それでも元々肌にぴったりと密着していたものだけに、
乾燥状態では「すべてキレイにはがれる」という状態になるのは無理なのです。

 

ですから大人の頬ニキビ対策は、単にアクネケアだけではなく、
「肌の乾燥状態を改善して、毛穴が詰まりにくい健康な肌作りをする」
ということが不可欠です。