クレアラシルでニキビは抑えられたけど・・

今回は、薬でニキビは抑えられたものの
ニキビ跡やクレーターができてしまったのが悩み、

という方のお話です。

私は39歳の男性です。
マラソンを趣味としており、毎日練習を頑張っています。
自慢ではありませんが、サブスリーランナーです。

 

ニキビができ始めたのは、中学2年生の頃です。

ニキビが出来る前はニキビのことを知らず、友達にブツブツができていると、「ブツブツになってるけど、どうしたの?」と聞いていました。

 

ニキビができる前は、ふっくらとした柔らかい肌をしていました。

太ってはいなかったが、ほっぺたがふっくらとしていたので、男女問わずよくほっぺたを触られていました。
そのため、自分の肌にはかなり自信がありました。

 

ニキビが出来る前はニキビのことを知らなかったので、友達の顔にブツブツができていると、「何かの病気なのかな?」と思っていました。

しかし、ニキビということを知ってからは、不思議に思うことはありませんでした。

 

ニキビが出来始めた時は、なんでブツブツができているのだろうと思いました。

初めはおでこにニキビができることが多かったです。ニキビができているのは恥ずかしかったので、早くなんとかしたかったです。

また、好きな人がいたので、ニキビができることにより嫌われるかなと不安に感じていました。
それと、友達などにニキビを指摘されるのが嫌でした。

 

ニキビができてからは早く治したくて、「クレアラシル」を使っていました。

ニキビにかなり悩んでいたので、寝る前にべったりとクレアラシルを過剰に付けることが多かったです。

付け過ぎにより、すぐにクレアラシルがなくなってしまうので、クレアラシルをまとめてたくさん買っていました。
そのため、クレアラシル代がかなりかかりました。

 

クレアラシルを使ったおかげで、ニキビができるのを抑えられていた気がします。

しかし、できているニキビはなかなか治らなかったような気がしました。

ニキビをいじると、肌にクレーターができるからいじってはダメといわれていたので、なるべくいじらないようにしていました。

しかし、少しいじってしまったので、肌が少しだけデコボコしています。

 

ニキビは成長するにつれて徐々に治まっていきました。

そして、現在は、ニキビはあまりできることはありません。

しかし、一ヶ月に一回くらいはニキビができることがあります。

今はニキビができることはあまりないので、ニキビで悩むようなことはありません。
現在は、お腹の調子が悪い時や、ストレスが溜まった時などにニキビができることがあります。

 

ニキビが多くできた中学生の頃は、規則正しい生活をしていなかったので、それが余計ニキビに影響したのだと思います。
また、ニキビを気にしすぎて、顔を洗いすぎたのも原因かなと思います。

そのため、中学生の頃は、規則正しい生活をして、正しいスキンケアをすれば良かったと思っています。

中学生の頃にニキビがたくさんできた影響で、肌が少しデコボコしてしまったので、中学生の頃の生活習慣やスキンケアの仕方などには後悔しています。

 

ニキビの薬は、ニキビの炎症を抑えてくれますが、
お肌自体の改善をしないとまた別のニキビができてしまいます。

お肌の清潔と保湿。

これをきちんと整えてくれるニキビケア用品を使ってみてくださいね。

ニキビがひどくて「樹液のようだ」と言われた

今回は、ニキビがボコボコして脂っぽく
クラスメイトに「樹液みたい」とまで言われてしまった、
という方のお話です。

30代男性、現在は仕事を辞めてフリーターです。
健康のために、毎朝、ストレッチ運動や筋力トレーニングをしています。

 

ニキビができたのは中学二年生の頃でした。
最初はおでこに少しできる程度でしたが、徐々に顔全体に広がっていきました。

 

ニキビができる前はツルツルとまでは言いませんが、それなりに綺麗な肌をしていたと思います。

ただちょっと油っぽかったですね。
ニキビが出来やすい体質だったと思います。
それでも特にお肌に問題を感じたことはありませんでした。

 

ニキビができる前は、「ニキビって不潔だな」って思っていました。

早い人は中学一年生の頃からニキビができていました。

肌がボコボコしていて、とても汚らしく思えました。

赤くなって油でテカテカして、触りたくないなと思いました。

 

自分の顔をはじめてニキビができた時はあまり何も感じませんでした。

「ついにきたか…」と思った程度です。

 

それまでに多くの同級生がニキビになっていたので、見慣れていたからかもしれません。

おでこ、こめかみ、鼻のまわり、アゴの下などに多くのニキビができました。
ブツブツと赤くなって、油でテカテカしていました。

最初はあまり気にしていませんでしたが、思春期なので女の子の目が気になりました。

 

ニキビができ始めた頃は特に対策はしていませんでした。

しかし、徐々にニキビは増えていきます。

増え続けるニキビに焦りを感じたので、顔をよく洗ったり、ビオレの洗顔料を買ったりしてよく顔を洗っていました。

薬を使ったりなどの対策はしていません。

あくまでも自然に治るのを期待していました。
から揚げなどの油物を食べるのを少し控えた程度です。

 

期待に反してニキビはなかなか治りませんでした。

中学二年の三学期から中学三年の二学期ころまでが一番ひどかったと思います。

まさにニキビに青春を潰されたような感じです。

ひどい時には同じクラスの女の子に「樹液のようだ」と言われました。

ボコボコした皮膚と油のテカリで、私の顔が木肌から樹液がしみ出しているように見えたそうです。
なかなかショックな出来事でした。

 

ずっとニキビのことしか考えられなくて、よく鏡で自分の顔を眺めていました。

ニキビのせいで自分の顔が大嫌いになっていたのです。

ただ、どれほどニキビが憎くとも指でいじって悪化させることはしませんでした。

下手にいじると、将来、痕になって残ってしまうと両親に教えられていたからです。

 

今から考えると、あの時はもっと運動をしていれば良かったと思います。
そうすればもっと早くニキビがなくなっていたかもしれません。
中学生にしては運動量が少なかったですから。

でもあの時、もっとランニングなどの運動をしてたくさんの水を飲んでいたら、もっと早く治っていたかもしれないと感じるのです。

体の余分な物を排泄するイメージでしょうか。

 

脂っぽい場合でも洗顔のし過ぎはよくありません。
必要な油分は残し、汚れはしっかり落とし、そして保湿を心がける。

ニキビのお肌にはニキビのお肌にあった洗顔がありますので
そういうものも利用されてみてください。