自分に合うニキビケア用品にもっと早く出会いたかった

今回は自分にあわないニキビケアの化粧品などで
余計に手間がかかってしまったという方のお話です。

はじめまして。
20代後半、女性、現在パート勤めをしています。
ナミと申します。
よろしくお願いいたします。

 

初めて気になったのは中学生の頃でした。
中学2年生あたりからニキビが出来始め、その後は20歳ごろまで割と頻繁にできていました。

 

昔から混合肌で、Tゾーンはオイリー肌でベタベタしていて、いつもテカリがあり、あぶらとり紙が手放せなかったです。

そのせいか毛穴の開きや黒ずみも気にして鼻パックなどを試したりしていました。

逆にアゴやフェイスラインは乾燥肌でカサカサで、いわゆる“畑”と呼ばれるくらい肌荒れがありました。

まゆげのあたりも、赤みが出て、かゆみがありました。

化粧水などを塗ると、合っていなかったのか刺激が強過ぎたのかヒリヒリ感やほてりが出てしまい、ケアするのが怖く感じてしまいました。

 

自分にニキビができる前は
ニキビがあると、痛そうだし、周りから見てもやはり印象は良くないんだろうなと思っていました。

ある程度、年頃の時期は仕方ないですが、食生活や不潔にすると、できやすいと聞いていたからです。

ニキビをつつきすぎたり、潰したりすると肌がボコボコになったり、化膿して酷かったらただれたりすると聞いて怖いなと思っていました。

 

なので、まさか自分にニキビができるとは予想もしていなかったので、ショックでした。

親に“そんな年頃になったってことよ”と言われましたが、慰めにもならず何とか無くしたいと思いました。

おでこに赤ニキビが出来始め、前髪で隠していましたが、悪化する一方で鏡を毎日見るのが辛くなったのを覚えています。
肌だけでこんなに見た目や印象が変わるんだなと初めて感じました。

鼻や目立つところに出来始めた時は学校に行って友達に会うのが嫌になったくらいでした。

 

最初の頃はついつい潰してみたりしてしまいましたが、当たり前のごとく悪化してしまい、友達や親に相談して、ニキビケアで有名な洗顔料に変えてみたり、泡だてネットで作った泡で丁寧に洗ってみたりしました。

顔用のブラシなんかも使いました。

化粧水や乳液を足してみたり、前髪が極力かからないように工夫したり、色々試しました。

 

ニキビケアで有名な洗顔料は、すぐ効果はなく3カ月くらい続けて徐々にニキビが減ったように思います。

ただ乾燥がひどくなり、鼻やアゴはどんどんオイリー肌になり、ニキビができたら、なかなか治らなかったです。

ブラシも毛穴が刺激されて逆効果だったように思います。

泡洗顔、化粧水が改善に良かったように思います。
乳液は塗ると油分が多すぎるのか良くなかったです。

 

年齢とともに徐々に良くなりましたが、いまだに生理やホルモンバランスの変化、体調が悪く免疫が落ちた時はできやすくなります。

有効だと感じたのは泡洗顔する際にベビーパウダーを混ぜて使うと洗い上がりもしっとりで、汚れが落ちやすいのでニキビもできにくくなりました。

また洗顔、化粧水などをオーガニックなど天然由来で優しいものを使うとなおさら良くなりました。

 

玄米食や運動したり、内側から体質や便秘を改善したりすれば、もっと早かったのではないかと感じています。

また、自分に合った洗顔や化粧水にもっと早く出会いたかったです。

色々試すのに時間がかかってしまいました。

何でもそうですが、ターンオーバーを促してあげることが大事だし、結果も早いので代謝をよくしてあげることが1番の近道だと思いました。

今、ニキビに悩んでいる人には食生活から改善したらいいよと教えてあげたいです。

 

ニキビケアにはニキビケアを真剣に考えて作られている商品を選ぶべき。

そもそも思春期に利用するような皮脂を根こそぎ取るような商品の場合は
逆にお肌の乾燥を引き起こし、またニキビのできやすい状態にもなってしまいます。

清潔と保湿、両方のバランスを取ってくれるケア用品を利用していきましょう!