自分に合うニキビケア用品にもっと早く出会いたかった

今回は自分にあわないニキビケアの化粧品などで
余計に手間がかかってしまったという方のお話です。

はじめまして。
20代後半、女性、現在パート勤めをしています。
ナミと申します。
よろしくお願いいたします。

 

初めて気になったのは中学生の頃でした。
中学2年生あたりからニキビが出来始め、その後は20歳ごろまで割と頻繁にできていました。

 

昔から混合肌で、Tゾーンはオイリー肌でベタベタしていて、いつもテカリがあり、あぶらとり紙が手放せなかったです。

そのせいか毛穴の開きや黒ずみも気にして鼻パックなどを試したりしていました。

逆にアゴやフェイスラインは乾燥肌でカサカサで、いわゆる“畑”と呼ばれるくらい肌荒れがありました。

まゆげのあたりも、赤みが出て、かゆみがありました。

化粧水などを塗ると、合っていなかったのか刺激が強過ぎたのかヒリヒリ感やほてりが出てしまい、ケアするのが怖く感じてしまいました。

 

自分にニキビができる前は
ニキビがあると、痛そうだし、周りから見てもやはり印象は良くないんだろうなと思っていました。

ある程度、年頃の時期は仕方ないですが、食生活や不潔にすると、できやすいと聞いていたからです。

ニキビをつつきすぎたり、潰したりすると肌がボコボコになったり、化膿して酷かったらただれたりすると聞いて怖いなと思っていました。

 

なので、まさか自分にニキビができるとは予想もしていなかったので、ショックでした。

親に“そんな年頃になったってことよ”と言われましたが、慰めにもならず何とか無くしたいと思いました。

おでこに赤ニキビが出来始め、前髪で隠していましたが、悪化する一方で鏡を毎日見るのが辛くなったのを覚えています。
肌だけでこんなに見た目や印象が変わるんだなと初めて感じました。

鼻や目立つところに出来始めた時は学校に行って友達に会うのが嫌になったくらいでした。

 

最初の頃はついつい潰してみたりしてしまいましたが、当たり前のごとく悪化してしまい、友達や親に相談して、ニキビケアで有名な洗顔料に変えてみたり、泡だてネットで作った泡で丁寧に洗ってみたりしました。

顔用のブラシなんかも使いました。

化粧水や乳液を足してみたり、前髪が極力かからないように工夫したり、色々試しました。

 

ニキビケアで有名な洗顔料は、すぐ効果はなく3カ月くらい続けて徐々にニキビが減ったように思います。

ただ乾燥がひどくなり、鼻やアゴはどんどんオイリー肌になり、ニキビができたら、なかなか治らなかったです。

ブラシも毛穴が刺激されて逆効果だったように思います。

泡洗顔、化粧水が改善に良かったように思います。
乳液は塗ると油分が多すぎるのか良くなかったです。

 

年齢とともに徐々に良くなりましたが、いまだに生理やホルモンバランスの変化、体調が悪く免疫が落ちた時はできやすくなります。

有効だと感じたのは泡洗顔する際にベビーパウダーを混ぜて使うと洗い上がりもしっとりで、汚れが落ちやすいのでニキビもできにくくなりました。

また洗顔、化粧水などをオーガニックなど天然由来で優しいものを使うとなおさら良くなりました。

 

玄米食や運動したり、内側から体質や便秘を改善したりすれば、もっと早かったのではないかと感じています。

また、自分に合った洗顔や化粧水にもっと早く出会いたかったです。

色々試すのに時間がかかってしまいました。

何でもそうですが、ターンオーバーを促してあげることが大事だし、結果も早いので代謝をよくしてあげることが1番の近道だと思いました。

今、ニキビに悩んでいる人には食生活から改善したらいいよと教えてあげたいです。

 

ニキビケアにはニキビケアを真剣に考えて作られている商品を選ぶべき。

そもそも思春期に利用するような皮脂を根こそぎ取るような商品の場合は
逆にお肌の乾燥を引き起こし、またニキビのできやすい状態にもなってしまいます。

清潔と保湿、両方のバランスを取ってくれるケア用品を利用していきましょう!

ニキビが大きく膨らんで、マスクで隠してた

今回はニキビが大きく膨らんでしまい、マスクでやり過ごしていた、
という経験をお持ちの方のお話です。

21歳の男性で職業は電気工事士をしております。
主に鼻とあごにニキビが良くできてしまい悩んでいました。

 

ニキビが目立つようになったのは中学生ごろです。
口と鼻の間に非常に大きく白いニキビが出来てしまいなんだこれはと思ったのを覚えています。
それから気になり始めました。

 

肌の悩みというほどではありませんが子供のころから顔が脂っぽい方でした。

あと代謝が良いせいか汗をかく量が他の人と比べて非常に多いです。
運動後に汗の始末をせずに放っておいてしまったのもニキビが出来た原因ではないかと思います。

 

学校のクラスメイトや友達などはニキビが出来ている様子が全然なかったので
自分にできた時は一種の病気なのかと思っていました。当時は中学1年生でしたので。

それからようやく知ったのでニキビに対しての予備知識は全くありませんでした。

 

初めてできたニキビがかなり大きくふくらんでいたので、どうしようかと思いました。

出来た場所が口と鼻の間だったのでとりあえずその日はマスクをしてやり過ごしましたが、
如何せん中学生だったもので体育の授業がありました。

流石に風邪を引いているわけでもないので出席したら、
案の定教師からマスクを指摘され、泣く泣く取りました。

まあ笑い話になったのでそこまでダメージではありませんでした。

 

ニキビに対することを調べて、とりあえず運動後にタオルなどで汗の始末をすることと
顔を洗う回数を朝の1回だけではなく増やすことを始めました。

しばらくたった後に自分の兄がニキビ対策ということでオキシーの洗顔剤を買ってきたので
それを使わせてもらいました。

風呂に入って体を洗う時に洗顔をし、そういった3つの対策をしていました。

 

口と鼻の間にできた非常に大きいニキビは時間が経つにつれ無くなりましたが、
その後顔のところどころに小さいニキビがいくつも出来るようになりました。

先ほどの対策を高校を卒業するまで続けていましたが、いつまで経ってもニキビはなくなりませんでした。

顔がかなり脂っぽかったということもあり、使う洗顔料を間違えていたのかも知れませんが。

 

社会人になって色々調べ、今は自分に合った洗顔料を使用しています。

きちんと洗顔フォームを使い、顔を洗う。

その後、化粧水と保湿ジェルを使い顔に潤いを与えるようにしてます。

これがかなり効果的で朝起きてこの対策を一日一回やるだけでニキビは大幅に減りました。
おかげさまで顔からニキビがなくなり、快適な生活をしています。

 

ニキビに悩み始めたのが中学生という若くてまだ自由にお金を使えない時期だったので、
出来ることはかなり限られていました。

しかし、汗の始末と水による洗顔を行っていれば顔へのニキビはかなり軽減できます。

そして高校生、社会人辺りになってお金が自由に使えるくらいになったころは、市販の化粧水で自分に合ったものを調べ、使っていくことで十分ニキビを無くすことが出来ます。

自分は男性ですが、化粧水や保湿ジェルを使うことにためらってはいけません。

価格もお手頃なので、ニキビを消すために
ガンガン使っていきましょう。

 

男が洗顔フォームや化粧水なんて・・という方もいるかもしれませんが、
男性だからこそ溜まりやすい皮脂を除き、そしてしっかり保湿することが大事です。

正しいニキビケアをすることでニキビを早くなくすことができますよ!

顎(あご)のニキビが治らない!

顎(あご)のニキビというのは、多分顔全体のニキビの中でもトップクラスに「頑固なニキビ」と言える存在。

ですから、「顎にニキビができてからずいぶん経つのに、今もまだ治らない!」と悩む人はかなり多いはずです。

 

ですが・・・そうした人の行動パターンを見ていると、
「顎のニキビが治らない」と悩んでいる人の多くは、
実は「わざわざ顎のニキビの治りを遅くする要因を作っている」んですよね。

 

その中でも一番よくあるパターンが、「顎のニキビをついつい触ってしまう」ということ。

そんなに触ってないよ!と思うかもしれませんが、顎というのは人が無意識に触ってしまいやすい箇所なんですよ。

ちょっと頬杖をついたり、考え込んだ時に顎の下に手をやったり、
顎を触る仕草は多くの人がつい無意識でやってしまいがちなのです。

 

ニキビを触れば触るほど、ニキビに対して刺激を与えることになりますし、
何より、嫌な話ですが、人の手には雑菌がいっぱい。

ましてや仕事などでいろんなものを触った状態だと、その雑菌数は想像以上です。

 

つまり「顎のニキビを触る」ということは、
「わざわざ顎のニキビに雑菌をなすりつけて、ニキビにエサを与えているようなもの」
と言えるんですよね。

 

ですから顎のニキビが治らない、と悩んでいる人は、
まずは「顎を絶対に触らないように意識する」ということが大切です。

 

もちろん、手で触る刺激だけでなく、服や髪が当たっても刺激になってしまいますので、
「顎にマフラーやスカーフ・襟などが当たらないような服装を心がける」
「髪が顎に触れたりしないよう、束ねておく」
などといった工夫をすることも忘れずに。

 

また、睡眠の際もできるかぎり、布団や毛布が顎ニキビに触れないように工夫しておきたいですね。

絆創膏を貼って寝る、というのもひとつの手です。

 

ニキビに触ってもいいのは、
お風呂上りなど肌が清潔な状態でおこなうニキビケアの時だということをしっかりと認識しておきましょう。

白ニキビを治す方法:原因と治療法

白ニキビとは、ニキビの初期段階のもののこと。

 

毛穴にニキビの芯ができつつあるものの、まだアクネ菌などによる炎症は起こしておらず、
外から見れば「皮膚の内側に白い粒のようなものが潜んでいるのがうっすら見える」という感じです。

白ニキビがある部分は肌の表面がブツブツしているので、
メイクなどをしても凸凹が隠せないというのは悩みどころですが、
逆に言えば白ニキビのデメリットはその程度。

白ニキビはこの段階で正しいニキビケアさえしていれば、ニキビ跡となって残る可能性がきわめて低いという、
ごく軽症のニキビなんですよ。

下手にいじったりせず、お肌のお手入れをしっかりやり続けることで、ほとんどは沈静化します。

 

皮膚の中の白い芯が気持ち悪いから出してしまえ~

と、白ニキビを潰そうとする人も多いですが(^ ^;)

きちんと対処すれば治るものを、わざわざ肌を傷つけてまで押し出すのはやめましょうね!

大人ニキビはつぶしちゃうと、跡になったりして大変ですよ。

白ニキビをつぶしたい気持ちを抑えて、ニキビケアにいい洗顔や化粧水をしっかり使って、
治しちゃいましょうね!

 

ニキビは早め早めの対策がカギ!

ニキビを放置しておくことで、トラブルが起きやすいお肌になってしまいます。
ニキビは早く対策をとれば早く結果も出ます。
ニキビ跡を作らないためにも普段から清潔と保湿を心がけましょう☆

ニキビ対策のための抗生物質は市販薬には入っていない!?

ニキビ対策のために期待できる成分のひとつが、抗生物質。

抗生物質はその種類によって働きはさまざまですが、

  • ニキビの炎症の原因となる物質の増殖を抑える
  • 皮脂の過剰分泌を抑制する
  • 雑菌繁殖によるニキビの悪化・化膿を防ぐ

など、いずれにしてもニキビ対策としては有効な効果が期待できるのです。

ですからニキビができたら早めに抗生物質を・・・

と考えたくなるのですが、
残念ながら私たちが薬局で買えるニキビ用の市販薬については、

「抗生物質は配合されていない」

と考えたほうがいいでしょう。

 

ドラッグストアなどで購入できるニキビ用の市販薬には抗生物質は、ほぼ入っていません。

 

そもそも
抗生物質は長期服用するとニキビの雑菌耐性をつけてしまい、効果が出なくなってしまう
という性質も持っています。

 

なので、私たちができる日頃のケアとしては、

ニキビを作らせない・ニキビを抑える肌つくり

が基本となります。

 

特に大人ニキビの場合には、単に皮脂を落としてくれるだけのニキビ用洗顔材ではちょっと不満・・です。

大人ニキビの場合は皮脂の分泌が多いのではなく、乾燥やターンオーバーの狂いなどが原因となっていることが多いです。

余分な皮脂や汚れはしっかり落とすけど、必要な潤いは残してくれる、
そういうアイテムがオススメ!

 

余計な皮脂や汚れだけを狙い撃ちで落としてくれて、潤いは残してくれる、
そういう洗顔を心掛けましょう。

 

ニキビは早め早めの対策がカギ!

ニキビを放置しておくことで、トラブルが起きやすいお肌になってしまいます。
ニキビは早く対策をとれば早く結果も出ます。
ニキビ跡を作らないためにも普段から清潔と保湿を心がけましょう☆