ニキビをつぶしてでも隠したかった

今回は小学生の頃からニキビができて
恥ずかしさのあまりマスクが手放せなかったという
男性の方のお悩みです。

はじめまして。私は29歳の男性です。

趣味はバイクとキャンプと映画鑑賞です。
副業に株式投資を少々行っています。普段は団体職員として働いています。

小学校、中学校はスポーツは水泳、サッカーをしていました。
高校では進学クラスということで勉強しかしていません。
大学では音楽系のサークルで活動をしていました。

大学を卒業し、現在の仕事に就職する前はしばらく就職浪人を経験していました。
リーマンショックによる不景気で就職試験は通るものの、面接で落ちることが多かったです。
今の職場では幹部候補として日々の業務にいそしんでいます。

 

にきびが初めてできたのは小学校6年生のときでした。

口の上の真ん中のところにできました。

あまりの衝撃に私はその日はマスクをして学校に登校し、給食以外マスクをはずすことがありませんでした。

これからしばらくはできませんでしたが、
にきびが本領発揮してきたのは中学3年生から高校3年間と大学2年生まででしょうか。

高校3年間は本当にひどいニキビ顔でした。

大人になってからの今でもたびたび口の周りやあごににきびができやすく、悩まされています。

 

小学生のときは「つるん」としたモチモチの肌だったことを記憶しています。

自分で言うのもあれですが、けっこう肌つやが良かったこともあり、女子から肌がきれいということで顔を触られることもありました。

その頃はまったく気にも留めませんでした。

にきびができてからは「思春期なので仕方ない。潰せば目立たなくなる」と思い、生活をしていました。

基本的ににきび対策としては洗顔料だけで放置が多かったです。

にきび以外での肌の悩みはありませんでした。しいて言えばホクロが多いことです。

 

ニキビができる前は、あまり気にも留めていなかったです。

にきびに対しての知識はほとんどありませんでした。

親から「若い頃はニキビがひどかった。おそらくニキビができる」と言われていたくらいです。

ニキビがある友達はあまりいませんでした。

数人くらいはいましたが、ほとんどがニキビできにくかったのでしょうか。

できていた人に対しては、なんか顔が汚いと少し思っていました。
でも個性だから仕方がないのだろうと。口に出して言うことはしていません。

 

なにこれ?最悪というのが一番の気持ちでした。

何かできてる。

小学生ながらびっくりしました。

にきびができたのは口の上の真ん中に1つです。

不衛生が恥ずかしかったのを記憶しています。

思春期ではおでこ周辺と口の周り、あご周辺が多くなりました。

吹き出物があり、赤ニキビが多かったです。

ニキビがピークだった自分の顔を見て最悪だとは思いましたが、
ラッキーなことに高校は進学クラスで勉強しないといけない環境であったのが幸いでした。

 

ニキビができた頃は洗顔料を使っていませんでした。
薬も使っていませんでした。

親からは顔さえ洗えば良いと言われていました。

たまたまできてきた頃に母親が使っていた洗顔料を使用して気持ちが良かったのを覚えています。

それからというもの、洗顔料は使用するようにしました。

思春期でお金を持っていなかったことと洗顔料は親が買ってくれていたため、薬は使っていませんでした。

薬は必要ないと言われていたためです。

 

洗顔料だけだったため、治ることも、極端にひどく悪化することはなかったです。

でも、顔見たら「にきびひどいな。あ、できてる。潰して膿を出してしまえ」とよく思っていました。

潰したらさらにひどくなる、あとが残ると言われていましたが、それをやったことで治るわけでもなかったです。

潰したほうが隠れると思っていました。

それだけひどかったです。

今考えると有効な対策を行っていなかったようです。
他にはしいて言うならば、にきびに髪が当たらないように、短髪にしていたことです。

 

学生時代はやはりできれば見た目きれいな顔で女性と話したいと思っていました。

早く良くなるために薬を塗ることもありました。

その頃と気持ちはあまり変わっていませんが、今も正直のところニキビに悩んでいます。

ひげのそり方が悪いのか、口の周りやあご周辺が今でもよくできていますし、髭剃りの影響で治りもあまりよくありません。

私は男ですし、もういいかなと思ったりもします・・

 

男性の場合は髭剃りの際に、どうしてもニキビを傷つけてしまったりして悪化することもあります。

男だから、女だからは関係ありません!

悩みながら過ごすより、早く悩みを解決していきましょう!

メイクの基本・にきび時に使っていいものは?

にきび時には、肌に負担をかけるのでメイクはしないほうがいい、という話をよく聞きますが、
いつもメイクをしているのに、ある日にきびがあるからってすっぴんで出社・・・
なんてことは現実的にはできませんよね(^ ^;)

 

こんな場合は「最低限のメイクの基本」だけで何とか乗り切りましょう。

 

にきび時に使っても許容範囲、といえる基本的なメイク用品は、
パウダーファンデ・おしろい粉・コンシーラーなど。

リキッドファンデやクリームファンデ、化粧下地など、肌にすりこむタイプのメイク用品は、使わないほうがいいです。

「おしろい粉にパウダーファンデじゃすぐ落ちる」という場合は、
にきびの場所を避けて化粧下地を伸ばし、
にきびのところだけおしろい粉をつけるか、
いきなりパウダーファンデをつけるなどして、負担が少なくなるようにしましょう。

また、パウダーファンデが落ちないようにするには、
「先に保湿性の高い化粧水や美容液をしっかり肌になじませておく」
という基本を守ることも大切です。

 

保湿性の高いスキンケア用品、といっても、あくまで保水性を重視しましょう。

クリームなど油分の多いものを肌にこってりとつけると、それがにきびを悪化させてしまう可能性がありますよ。

 

上手にニキビを隠しながら、ニキビを治しちゃおう!

ニキビを隠している間に、根本解決を目指しましょう。
ニキビのないお肌を目指してしっかりケア!
清潔と保湿の両方を兼ね備えたアイテムでニキビを隠さなくてもいい毎日を手に入れましょう☆

コンシーラーでニキビを隠す

ニキビ隠しに有効なもののひとつとしてコンシーラーが挙げられますが、
コンシーラーでうまくニキビを隠すには

「伸ばさず、コンシーラーをニキビ部分のポイントにつけるのがコツ」

となります。

 

ですがそうなると困るのが、「顔のあちこちがニキビだらけ」という人。

 

顔のあちこちがニキビだらけだと、ニキビのポイントにコンシーラーをつけるというのが難しく、
どうしても顔全体に伸ばす形になりがちなんですよね。

ところがコンシーラーを顔全体に伸ばした上で、ニキビが隠れるようにとしてしまうと、
まるで能面のような印象に仕上がってしまいます。

 

こんな場合は、コンシーラーをごく薄く顔全体に伸ばしたあと、
目立つニキビだけにコンシーラーを重ねづけし、
そこからさらにパウダーファンデで押さえるようにしましょう。

 

もちろん、これだけでは「まだニキビがあることがはっきり分かる」という見た目になってしまうかもしれませんが、
何もしないよりはかなりごまかした感じになっているはず。

 

ただ、やっぱりコンシーラーはそもそも顔全体を覆うには不適切。
で、ここで、コンシーラーでニキビを隠すというのをちょっと変えてみましょう。

 

コンシーラーで隠すのではなく、スキンケア効果のある化粧下地で隠す、にすると厚化粧になりません。

 

たとえば毛穴隠し効果のあるヌーディーベール

気になるニキビの部分は重ね付けすれば更に効果はアップ!

 

上手にニキビを隠しながら、ニキビを治しちゃおう!

ニキビを隠している間に、根本解決を目指しましょう。
ニキビのないお肌を目指してしっかりケア!
清潔と保湿の両方を兼ね備えたアイテムでニキビを隠さなくてもいい毎日を手に入れましょう☆

[反省]ニキビを隠したりつぶしたり悪影響なことばかりしてた

今回は、元々色白でキレイなお肌だったためにニキビの知識がなく
つぶしたり隠したりして余計悪化させてしまった、という方のお話です。

こんにちは。
主婦兼販売系のパートの仕事をしている49歳です。

 

小さい頃から色白で肌がキレイと言われていましたので、肌にはとても自信がありました。

そのため肌の悩みは何もなく、自分には無関係で、特にケアする必要はないと思っていました。

 

だから、ニキビができる人がかわいそうに思っていました。

肌状態は遺伝によるものだと思っていましたし、
それでもニキビができるということは、いかに肌を清潔にしていないのか、と少し不信感を抱いていました。

 

ニキビが酷い人のことをちょっと軽蔑していたかもしれません・・

勿論、ニキビに対しての知識は全くありませんでした。

 

ニキビができ始めたのは高校生になってから。

最初はあまり気になりませんでしたが、
20代になってから、ニキビが目立つようになったのでケアをするようになりました。

ニキビができる前はとても肌状態が良く、乾燥肌でも脂っぽい肌でもありませんでした。

 

だから、初めてニキビができた時は凄くショックでした。

 

きちんと洗顔をして、肌を清潔にしていたつもりでしたが、
ついに顔の頬に赤い大きなニキビができてしまった時には、ニキビが恥ずかしくて、
どう隠そうかとばかり思っていました。

ニキビの知識もなかったし、
最初はニキビを潰してしまい、悪化させてしまったり、
今から思えば、ニキビに悪影響なことばかりしてしまってました。

結局、皮膚科に行って、ニキビケアのことを教えてもらいました。

 

最初は全く気にしていませんでしたので、いつも使用している洗顔剤を使い、化粧水はあえて使用しませんでした。

その結果、余計にニキビが悪化した感じがして、
母に相談したところ、きちんと化粧水などをつけて基本的な肌ケアをしたほうが良いと言われ、
ニキビに良いと言われる化粧品を化粧品売り場の担当者に相談して商品を選んでもらい、使う事にしました。

 

だけど、その化粧水や乳液をつけても、なかなかニキビが治ることはありませんでした。

 

それよりも化粧品を使うと余計にニキビが悪化したような感じでしたので、
ニキビが酷い時は、皮膚科で処方された塗り薬以外は何もつけずに様子を見ました。

 

今でも完全にニキビが完治してませんが、
最近は、ニキビケア用として販売されている化粧水を使うことで、大分ニキビは少なくなりました。

 

顔の乾燥肌や肌トラブルには悩んでいますが、以前よりもよくなったので、
これからもよりよい効果を目指して頑張っていきたいなと思っています。

今さらですが、もっと早くからきちんとしたケアをしておけばよかったとしみじみ思います。
ニキビに対しても、もっと色々勉強しておくべきでしたし、ケアしておくべきでした。

凄く反省しています。

 

自分は大丈夫と軽く考えていないで、肌対策は早いうちからしておくべき。

ケアが遅いと、それだけ回復に時間を費やし、
シミやしわなど、色々な悩みも増加します。

そのため早く自分に合った化粧品を見つけて、丁寧なケアすることで、
いつまでもキレイな肌をキープできますよ。