おでこのニキビの治し方

おでこのニキビの治し方の基本、として知られているのは「前髪をおでこにつけない」ということですね。

しかし実際のところは、
「前髪を上げると余計におでこのニキビが目立ってしまうから、人に見られるのが嫌」と、
ニキビの悪化につながることが分かっていながら、前髪を下ろしている人も多いです。

 

それならせめて、前髪を下ろしている時はニキビへの影響を最小限にさせましょう。

 

まず、前髪にワックス等余計なものをつけないこと。

ドライヤー等で前髪の根元を少し立ち上げるようにするなど、
「自然な状態で前髪が髪にべったりとつかない」という状態にすること。

 

それから、
おでこのファンデーションは軽めにつけるか、できればつけずにおくこと。

 

この3つのポイントを注意するだけでも、前髪によるニキビへの悪影響はある程度軽減できます。

もちろん、おでこだけでなく髪も清潔を保つよう心がけることは言うまでもありませんよ。

 

そして「前髪をおでこにつけない」という治し方については、自宅にいる時に徹底して実践するようにしましょう。

仕事から帰って家に着いたらもう、すぐにヘアピンなどで前髪を上げ、ニキビにつかないようにするのです。

もちろん就寝時も同じこと。
前髪を上げた状態で、眠りにつくようにしましょう。

もちろん枕カバーなども毎日洗い替えをした清潔なものを使って、
とにかく「寝ている間におでこに雑菌がつくのを防ぐ」ということが大切です。

 

また、寝ている時間は貴重な肌のターンオーバーの時間でもありますから、ビタミンサプリを寝る前に飲むなどして、新陳代謝のサポートをするのもいいでしょう。

 

あと、おでこのニキビの治し方について、ひとつ補足的なことを言うと、
「直り具合を気にして何度も何度も鏡を見るのはやめる」というのも意外と大切。

 

ニキビがどうなっているか鏡で見るだけなら問題ないのですが、
その際に「ついつい触ってしまう」というケースが多いからです。

 

指でニキビを触って、指の雑菌と刺激をニキビに与えることは、百害あって一利なし。

できるだけ触ってしまう機会を減らすために、あえて鏡から多少離れるという手段を取るのも有効だというわけです。