中学生からできたニキビが大人になった今でも治らない

今回は、中学生の頃からニキビができて
20歳を過ぎた今でもニキビが治らない、という方のお話です。

こんにちは、私は22歳の女性で大学生です。
スポーツをする事や、お菓子作りが好きです。また、旅行をよくします。

 

私の記憶によると、ニキビが出来たのは、中学生からです。
それからもずっとニキビが消えずに今まで続いています。

 

ニキビができる前は、お餅のように白くて、きめ細やかな綺麗なお肌でした。

ですから、小さい時、よくみんなが柔らかくて気持ちいいと言ってよく私のほっぺたを触ったりしていました。
ですが、肌に張りがあるので、引っ張ると意外とかたいねっと言われてました。

 

なんか肌がボコボコになっていたり赤く、またはひどい人は肌が黒くなっていたので、これがなくなって綺麗な肌になったら絶対に印象が変わり見違える人になるのにと思っていました。
だから、何か手入れをしたらしたらいいのにと心の中で感じでいました。

 

初めてニキビが出来始めた時、何か赤い腫れ物があり、膿がたまっている感じがして、早く無くならないかといつも鏡を見て感じていました。

私は主に、おでこ、鼻、目の下、あごにニキビが出来ていました。

特におでこは、前髪をパッツンにしていたので、おでこが髪と触れて、刺激されて、全体に赤いニキビがたくさんありました。

それを隠すように前髪を作っていた感じです。

ですが、本当はそれはよりニキビを悪化させるのに、思春期ならではのニキビがあることの恥ずかしさからと今になって感じます。

 

ニキビが出来始めた時、いろいろな洗顔剤を試したり、化粧水も多く試しました。

また、親がニキビを心配して一緒に病院に行き、塗り薬をもらいました。

また、友達でニキビがひどい子がいたのでその子に色々教えてもらったりしました。

食事は、なるべくお菓子チョコレートとかを食べないようにしました。睡眠では、お肌の再生がされるゴールデンタイムの22時~2時の間は睡眠ができるように心がけていました。

 

少しは治りましたが、やはり全ては完治することはできませんでした。

病院に置かれていた洗顔料と化粧水、乳液を買ってしてみて初めは荒れるのですが、慣れてきたら少しずつ綺麗になりました。

また、病院でもらった薬を洗顔後と寝る前に塗ったら結構効果がありました。

でも結局どれを使っても、効果はあまり変わりませんでした。

使うごとに、肌がだんだん製品に慣れるから結局は同じだと感じました。

 

今もニキビはあります。

ですが去年1年間オーストラリアに行っていた時は、ニキビも目立たずに肌もそこまで手入れしていなかったのに、肌がすごく綺麗でした。

私が思うにニキビは環境やストレスのなさからなくなっていくと感じました。

また、乾燥している地域に行くとニキビはなくなると感じました。

だから、日本に戻った時、急にまたニキビが出来たので、日本の環境が自分に合ってないのかと感じました。
のびのびと暮らすことによってなくなっていくと感じます。

 

ニキビは自然にできるものだから、あまり考えないことが大切だと思います。

また、先ほども言いましたように一番は環境が大切だと感じます。

ストレスのないとこに自分を置いて、そこでゆっくりと時を過ごせば、ニキビはなくなっていくと思います。

ニキビはジメジメしたところでは、出来やすくなるので乾燥地帯に行くことをオススメします。

また規則正しい生活を送りバランスの良い食事を取ることによってニキビとはお別れできると思いました。

 

確かに日本は湿気があるのでその環境による原因もありますが、
とはいえ、保湿されやすいといういい面もあります。

住んでいる環境も、ニキビができやすい状態のお肌をもって生まれてしまったのも
これを後悔しても解決しません。

どちらにしても1人1人お肌の状態は異なりますので、

だったらどうするか? で自分に合ったニキビケアを見つけていきましょう。

ニキビ専門外来でももらった薬は全く効かず・・

今回は30代でニキビができ、ニキビ専門外来でももらった薬は全く効かず、
今はそのニキビ跡に悩んでいる、という方のお話です。

3年ほど前に突然の大量ニキビに悩んだ30歳代のユキエです。
最近、夫の転勤のため最近自分の仕事を辞め、引っ越し、現在は主婦です。

 

中学生や高校生の頃など若い頃は、たまにポツポツとニキビができる程度だった私が、大量のニキビに悩んだのは30歳を過ぎた頃です。

 

もともと特にスキンケアにこだわっていた訳ではないですが、20歳台の頃はとにかく綺麗な肌が自慢でした。
初対面の人からも「肌キレイだね」と言われることもよくあったほど、肌の悩みを抱えたことは一度もありませんでした。

だから、たまにニキビのすごい子を見かけると可哀想だなぁと思っていました。
食生活が乱れてるんじゃない?とか勝手に思っていました。

一度もニキビに悩んだことがなかったので、ニキビについての知識はほとんどありませんでした。

 

それが30歳を過ぎた頃、突然大量のニキビが顔に出はじめたのです。

頬、額、こめかみの辺りが特にすごく、次から次へとどんどん出ました。

久しぶりに会う友人達からも、会う度に、どうしたの?っと言われる始末。

また、ニキビに慣れていないこともあったのか、触ってはいけないと思いながらどうしても気になって触っては潰してしまい、どうしようもない状況でした。

 

突然のニキビだったので原因があるはずだと、とにかく原因探しを始めました。

原因が分からなければ対策のしようがないからです。

まず病院に行き、アレルギーの血液検査をしてもらいました。検査からはニキビに結びつくような結果は出ず、次にニキビ専門外来に行きました。

その病院での診療はひどいもので、問診は30秒ほど、「薬出しておきますから」と言われ終わりました。

 

ニキビ専門外来でももらった薬は全く効きませんでした。

なので、化粧品を全て天然原料の商品に変えたり、更にあれこれと模索しました。

それでもニキビは全く治りませんでした。

そして、もう一度原因についてよくよく考えてみたのです。

一つ思い当たることがありました。それはストレスです。
当時、付き合っていた男性がうつ病になり、全く連絡のつかない日々を送っていました。

自分では「彼を待つしかない」と腹を括っていたので、それほどストレスを抱えていると思ってはいませんでしたが、やはりストレス以外に原因が思い当たりませんでした。

 

2年ほど経ち、彼もうつ病から回復し始め、関係が修復していくと、気がつけばニキビはもう出なくなっていました。

残ったのは、ブツブツとしたニキビ痕です。
あれだけ触るな、潰すなと友人達や親からも言われていたのに・・

今は以前のようなニキビは全く出ません。

肌をキレイに保つためには、とにかくストレスを抱えないことを一番徹底しています。

 

今、一番後悔しているのが、ニキビ痕です。

頬の一番目立つところにたくさんのニキビ痕を作ってしまいました。

私のニキビは2年ほどで治りましたが、このニキビ痕はずっと消えないでしょう。

触るな、潰すなという周りの声をもっとしっかりと心して聞いていれば。

今から考えると、当時は相当強いストレスを抱えた状態だったんだと思います。

心の状態が目に見える形で表に噴き出してきていたんでしょう。

ニキビの原因は様々あると思いましたが、ストレスがその要因の一つであることを思い知らされました。

 

大人になるにつれ、いろんなストレスを抱えることもありますよね。
それが体調やお肌のバランスを崩し、結果としてニキビができてしまうことも。

出来てしまったニキビ跡を完全になくすことは難しいかもしれませんが、
保湿バランスを整えていくことでお肌をふっくらさせ、目立ちにくくすることは可能です。

なぜ大人なのにニキビが出来るの?

今回は、大人になって初めてにきびができた、
という方のお話です。

40歳女性、専業主婦のまるるです。
お肌は乾燥肌&敏感肌、現在はニキビはなく、特に大きな肌トラブルはありません。

 

大人になってからです。正確には30代半ばごろですね。
当時は数年ぶりに仕事を始めて、環境がガラっと変化した時期でした。

 

ニキビが出来る前はやや乾燥肌になりかけている過渡期(年齢のせいで…)でしたが、特に大きな肌トラブルは起こったことがありませんでした。
スキンケアにはそれほど手をかけてはいなかったのですが、それでも肌トラブルが無かったのはまだ若かったからなのでしょう…。

 

20代の頃はニキビは一切できなかったので、顔中にニキビが出来ている友人を見て、
「どうしてだろう?体質なのかな?」
とすごく不思議に思っていました。

今思えば、ニキビに対する知識は一切ありませんでしたね。
「大人ニキビ」と言う言葉も知りませんでした。

 

初めてニキビを見つけたときは、正直意味がわかりませんでした(笑)。

顎にポツンと白ニキビが出来たのですが、
え?なぜ大人なのにニキビが出来るの?これは何?
という感じで、現実が受け入れられない感じでしたね(笑)。

ニキビがある自分の顔を見ても、なんだかすごく不思議な感じでした。

だって、ニキビが出来たのなんて中学生以来(20年以上ぶり)でしたから。

 

最初に行なったのは、とにかく保湿を徹底するということでした。

十分に潤ったお肌はターンオーバーのサイクルが整い、ニキビも改善しやすくなるかなと思ったので…。

正直言ってそれ以前はかなりスキンケアは手抜きをしていたのでかなり反省しましたね。
でも、なんだか恥ずかしくて誰にも相談できませんでした。
自分のいいかげんなスキンケアがバレそうだと思ったので。

 

保湿だけではなかなか治りませんでした。

そこで色々と調べた結果、私のニキビの原因はストレス及び睡眠不足によるものなんじゃないかな?と思いました(仕事で色々ストレスを抱えていたので)。

なので、運動をしたりしてストレス解消したり、出来るだけ早く寝るようにして睡眠不足にならないように心がけました。
その結果、ニキビはだんだん治っていきました。

 

現在は全くニキビに悩んでいません。

最も大きな原因は、仕事を辞めたことだと思います。

それでストレスはゼロになったので。ストレスとお肌って深い関係があるんですね。

また、睡眠不足にならないようにも気を付けています。

現在も週に数回の運動を続けていますが、これがかなり効果があるんじゃないかなと思っています。
楽しんで運動しているのでストレス解消になるし、運動した日はぐっすりと眠れるので…。

 

そもそも、大人ニキビについて全く知識が無かったのが良くなかったですね。

知識があれば、もっと早く対策が取れたと思います
(ニキビが出来てからしばらくは何も対策せず放置していたので…当然なかなか治りませんでした)。

ニキビは中学生に出来るもので大人になってから出来るはずがないと思っていましたが、色々調べた結果、大人ニキビはとても良くあることなんだとわかりました。

私が今後ニキビが出来るとしたらそれはやはりストレスによるものだろうなぁと思います。

今後ニキビが出来ることがあったら、とにかくリラックスしてゆったりと過ごすように心がけたいです。

 

ストレスフリーになることで、お肌の状態も安定したみたいですね。
睡眠や運動にも気を使われているということで素晴らしいです。

そのうえで保湿をしっかりされたことが良いと思います!

顎(あご)のにきびはストレスが原因!?

顎(あご)のにきびはストレスが原因だ、という話をよく聞きますが、実際のところはどうなのでしょうか。

結論から言うと・・・
「顎のにきびはすべてストレスが原因でできる、というわけではないが、ストレスが主原因の顎にきびが多いことは間違いない」
というところです。

 

なぜ、顎のにきびはストレスが溜まると発生しやすくなるのか?

それは、ストレスとホルモンの関係による影響が大きいです。

 

ストレスが溜まると、たとえ女性であっても、男性ホルモンが多く分泌されるようになるんですよね。
そして男性ホルモンは、皮脂の分泌を過剰にしてしまう働きを持っています。

 

元々男性ホルモンが多い男性は、毛穴も大きいので、
(毛穴の大きさは男性ホルモンの量に左右されます)
少々皮脂分泌が活発でも詰まったりしない、というケースも多いです。

でも元々毛穴が小さい女性の場合、一時的な男性ホルモン過多で皮脂が大量に分泌されると、
毛穴が小さいだけに詰まりが生じる可能性がとても高くなってしまうんですね。

 

特に、顎は、男性の象徴とも言える「ヒゲ」が生えるところだけあって、
男性ホルモンの影響を強く受けやすいという特徴を持っています。

 

そのため、ストレスが溜まって男性ホルモンが増えると、顎付近の毛穴が詰まりやすくなるというわけです。

 

さすがに「ストレスを感じない生活をおくる」というのは不可能かもしれませんが、
「受けたストレスはなるべく早く発散させる」というスタンスで、
さまざまなストレス解消ノウハウを身につけておくことが、顎にきびの発生を抑える効果的な方法と言えるでしょう。

不規則な生活とストレスでニキビが増えてしまった

今回は中学生や高校生の頃はニキビもひどくならなかったのに
社会人になって不規則な生活やストレスで大人ニキビが出てしまった方のお悩みです。

私は24歳女性で現在はお仕事はしていなくて専業主婦です。
学生の頃よりも就職してからニキビにに悩んでいました。

 

私が初めてニキビができたのは中学生の頃でした。
中学生の頃はそこまでニキビはひどくはなかったですがやっぱりずっと気になっていました。

 

ニキビができる前はつるつるしていて毛穴とかも目立たない肌でした。

ニキビができるようになってからはてかるようになってそれがとても嫌でした。

また毛穴が目立ってきたのもこのころだったような気がします。

あとは部活で日焼けがすごくてシミもそばかすが目立ってきて嫌でした。

 

ニキビがひどい女の子とか周りから陰口言われていたのでできたくなかったです。

でもみんなニキビができてきたときに自分もできたので安心しました。

ニキビ専用の洗顔料を母が買ってきてくれていたのでそれを使うくらいで知識はありませんでした。

 

最初鼻にニキビができましたが、自分ではニキビだと気づきませんでした。

なんだかすごく痛くてなんだろうくらいにしか思っていませんでした。

私は鼻に1つできてそれが終わったら顎にできてという頻度でした。

いっぱいできるというより大きいニキビがぽつぽつありました。
たぶん他の人よりはニキビができるのは少なかったような気がします。

 

母が美容部員でしたのでニキビができてからは用意してくれました。

ニキビ用の洗顔料や化粧水をつかっていましたが化粧水は面倒になり途中で使うのをやめました。

特に相談をしたりはしませんでしたが
母が優しく丁寧に洗顔したほうが良いと教えてくれたので、
それを守り洗顔していました。

あとは汗をかいたら拭いたりして清潔に保つように心掛けていました。

 

対策していたのでニキビがひどくならなかったのかなと思います。

何が良かったのかはわかりませんが私が行った対策は、
汗をかいたらすぐに拭いて顔を清潔に保つことや洗顔するときは優しく丁寧に行うことを心掛けていました。

あとはニキビ用の洗顔料を使っていたくらいです。
ですが朝は水で洗って洗顔料を使うのは夜だけでした。

 

高校を卒業して就職をしてから不規則な生活になりニキビがたくさんできたことがあります。

寝る時間もあんまりなくて寮生活でストレスもあったのかなと思います。

化粧品もいろんなものを試していたので肌が荒れていました。

 

生活習慣とかも大切だと思うし食べ物も関係すると思います。

私が高校卒業して就職したときは寮生活で慣れない仕事でストレスがすごくて、肌が荒れたんだと思います。

睡眠も大切だなと今は本当に思います。

あとは疲れて化粧をしたまま寝てしまったりと今考えると肌の悪影響なことばかりしていました。

いろんな化粧品を試したりもしていたし反省することばかりです。

 

不規則な生活ニキビができる→ストレス→そのストレスでまたニキビにつながる・・

こんな悪循環はビシッと断ち切りましょう!

まずは信頼できるニキビケア用品を手に入れることが大事です。