小学生からニキビができてマスクで隠してた

今回は、小学生の頃からニキビができてしまい
マスクをして隠したりしていた、という方のお話です。

現在39歳の女性で専業主婦ののんのんです。
地方都市の山間部で夫と幼い子ども2人の4人で暮らしています。

 

最初にニキビができたのは小学校4年生の頃です。

できはじめはおでこなど限られた部分にしかできなかったのですが、中学3年生から高校生にかけては特にひどくなってしまって顔にニキビのできていない部分はない状態でした。

またこの頃には顔だけでなく背中や胸など複数の部位にニキビができてしまいました。

成人して以降はニキビがひどくなることはなかったものの、生理前や授乳中などホルモンバランスの関係で時々あごを中心にニキビができることがあります。

 

ニキビができる前はまだ小学生ということもあって、お肌に関する大きな悩みはありませんでしたが、あえて言うならば敏感肌で市販の石鹸を使って顔を洗うだけでもお肌が痛くなる状態だったことから親が通販で敏感肌用の石鹸を取り寄せてそれを顔を洗うのに使用していた状態でした。

ただ当然ながら老化によるしわやしみなどはほとんどない状態で、今当時の写真を眺めていてもニキビには無縁の、とてもきれいなお肌をしていたと思っています。

 

最初にニキビができたのが小学校4年生ということで周囲にまだニキビができているという人が全くいなかったということから、ニキビという存在すら知らない状態でした。

ただ今思い返せば中高生のお兄さんお姉さんにニキビがひどい人がいて、それを見るとどうしてあのような状態になってしまっていたのだろうかと疑問を感じてしまい、見ていて何だか気持ち悪いと思って自分はあのようにはなりたくないと考えていたような気がします。

 

小学校4年生の秋ごろに突然おでこに白いぽつぽつができているのに気づきました。

最初は湿疹ができたものだと思い、母親に見せたところ、もしかしたらニキビかもしれないと言われました。

ニキビの存在自体まだ知らなかったのですが、同じく若い頃にニキビにかなり悩まされた母親から今後ひどくなるかもしれないと言われて子どもながらにショックを受けました。

おでこに関しては通常は髪の毛で隠れている状態だったので人からは見えませんでしたが、いずれひどくなると言われたことからできれば早く消えて欲しいと思いました。

 

小学生の頃はニキビはそれほど目立つものではなかったので特に何をするということもなかったのですが、中学生になってはじめて真っ赤なニキビができるようになり出る箇所もかなり増えてしまったことから何か対策をしないといけないと思うようになりました。

ひとまず親に相談してニキビに効くといわれる薬を購入してもらいました。
また大人が使うような高級なニキビ対策のスキンケアアイテムを親に買ってもらい、使用していました。

 

ニキビ対策は複数の方法を取ったのですが、いずれの方法も全く効かないままでした。

逆に落ち着くどころかますますひどくなってしまったので、一時期は外出する際にはいつでもマスクをかけてニキビが目立たないような対策をしていたくらいです。

その後ニキビは飲み薬が効くということを母親が人から聞いたので、皮膚科で漢方薬を処方してもらったところ少しずつニキビが治まっていき、ようやくニキビを目立たなくさせることができました。

 

顔中に赤いニキビができている状態は20歳ごろに一旦落ち着き、現時点では再びそのような状態にはなっていません。

ただしもうすぐ40歳になる今でもあごを中心に時々ぽつぽつと白いニキビができてしまうことがあるのでその場合は市販の塗り薬を使って治しています。

ただ数年前には産後のホルモンバランスの影響からか、あご辺りになかなか消えないニキビが数多く出てしまったことからその時もかつて服用していた漢方薬を医療機関で処方してもらい、服用することでニキビ対策をしました。

 

私が今まで行ってきた中でいちばん効果の合った方法は漢方薬を服用するというものだったので、小学生のニキビができ始めた時点で医療機関を受診して漢方薬を服用していればお肌にクレーターのようなニキビ跡ができるようなこともなかったのかもしれないと思っています。

また私のニキビの原因はホルモンバランス以外にも、お肌に合わない化粧品やヘアケア商品など複数のものがあるとここ10年でようやく気付きました。

おそらくニキビの出来初めの時も、またひどかった時も同じようにヘアケアアイテムの刺激が原因で余計にニキビがひどくなっていたということが考えられるので早めに原因に気づけていれば対策が取れてよかったのにと思っています。

 

お肌の状態はみんな1人1人違います。
だからこそ、自分に合ったニキビケア用品を選ぶ必要があります。

ピタッとあうものに出会えれば、すごく毎日が楽しくなります。

それまでが大変かもしれませんが、今はお試し商品などもありますので

まずはどんどん試してみてください。

昔はオロナインで治ったけど大人ニキビには効かず・・

今回は、思春期ニキビに効いていたオロナインが大人ニキビでは効かず

基本の洗顔と化粧水を大事にされている方のお話です。

こんにちは。私は22歳、女性、教育関係の仕事をしている契約社員です。
今年新卒で働いています。どうぞよろしくお願いします。

 

私は小学校高学年からニキビができ始め、中学生の時は常にニキビがありました。

ちょうど生理が始まったころからでき始めました。

 

ニキビができる前は、乾燥肌でした。

特に冬はほほや瞼やあごがかさかさしていました。

しかしニキビができる前は小学生でしたので、特に化粧水をつけるといったスキンケアは行いませんでした。

かさかさはしていましたが、何も悩んではいませんでした。

 

ニキビは思春期になるとできやすい、という知識がありましたが、まさか自分にもできるとは思っていませんでした。

ニキビができる位置によって片思いか両想いかわかる占いがあるということを上級生の友達に教えてもらいました。

ニキビがたくさんある友達がいたので、ああなったら困るな、と思っていました。

 

ニキビができ始めたときは、いつもと顔が違って違和感があったことを覚えています。

鼻の下にしろいニキビができることが多かったです。

また、どうしてもいじりたくなってしまいました。

時間がたつと白い部分が大きくなって、思わずつぶしてしまいました。

つぶすとさらに大きなニキビになって悪循環が続きました。

好きな男の子にニキビを見られるのが恥ずかしかったです。

 

ニキビができて、本格的に洗顔を始めました。

薬用の、当時は画期的だった泡で出てくる洗顔フォームを使いました。

また雑誌を買って正しい洗顔について調べました。

すすぎをたくさんして、清潔なタオルでやさしく拭きました。

あとは、オロナインが効くと雑誌にあったのでニキビにたくさんのオロナインを塗ってラップをして寝ていました。

 

オロナインはすぐに聞きました。
気になるニキビが一晩でなくなりました。
大きなニキビも翌日には小さくなっていました。

洗顔については、効果はわかりませんが、正しい洗顔をしていなければもっとニキビができていたのではないかと思います。

しかし、生え際にニキビができるようになりました。

洗顔後、生え際がよくすすげていなかったからだと思いました。
生え際をよくすすぐようにしたら改善されました。

 

思春期のニキビが終わると、大人ニキビができるようになりました。

オロナインはきかなくなったので、洗顔と化粧水、乳液のスキンケアで対策しています。

正しい洗顔、化粧水をたくさん使うことがニキビを防ぐために効果的です。

生理前はどうしてもニキビができることが多いですが、これからも正しいスキンケアを心掛けていきたいです。

 

やはり、スキンケアをしっかりしていたかったと思いました。

とくに大学時代はアルバイトの忙しさから化粧をしたまま寝たり、化粧水をつけずに化粧をしたりして、痛いにきびがよくできました。

いままでもこれからもニキビを倒す王道は正しいスキンケアだと思います。

ニキビがなくなると自信がつき、仕事も家事も前向きに取り組むことができるような気がします。

もっと明るく毎日を過ごすためにこれからもスキンケアを頑張っていきたいと思います。

 

思春期ニキビと大人ニキビでは同じニキビでも原因が異なります。
そのため、昔はこれで治ったのに・・というニキビ対策が効かないことも。

洗顔と、あと化粧水・美容液での保湿という、

当たり前のニキビケアを大事にしていきましょう。

頬のニキビが治らない理由

頬にニキビができてから清潔さを心がけていつも以上にしっかりと洗顔し、
さらにニキビ対策用のスキンケア用品を使っているのに、
「いつまでも頬ニキビが治らない!」
と悩んでいる人、結構多いですよね。

 

ですが、この悩みを抱えている人の多くは、頬のニキビに対する肌ケアの方法を間違えているんですよ。

 

まず、ニキビができてしまったところに「徹底洗顔」で刺激を与えすぎていると、
これがニキビによる肌荒れを助長してしまうことになりかねません。

しつこい洗顔を続けていると、必要な角質まで洗い流してしまうこともあり、
これが肌の乾燥を招いてしまう可能性があるんですよ。

 

ニキビ対策用スキンケア用品にも、問題を抱えているものは少なくありません。

特に、10代向けなど、若い世代を対象にしたニキビ対策用スキンケア用品の場合、
極端に油分がカットされているだけではなく、清涼感を出すためにアルコールが添加されていることもあるんですよ。

 

10代の頬ニキビは基本的に皮脂の過剰分泌が最大原因なのですが、
皮脂分泌が少ない大人の頬ニキビの場合
「乾燥肌で角質がうまくはがれず、それが毛穴をふさいだ」などをはじめとして、
さまざまな要因が発生原因となっています。

 

ですから、皮脂の除去だけに着目した徹底洗顔と、ニキビ対策用スキンケア用品を使い続けていると、
肌の乾燥状態がより悪化してバリア機能が完全に失われ、ますます「古い角質がはがれにくい肌」になりやすいのです。

 

洗顔は、「ゴシゴシ洗わず、清潔さを保てる適度な洗顔」であるべき。

そしてニキビ対策用のスキンケア用品も、皮脂除去のことばかり考えず、きちんと保湿をしてくれるものを選びましょう。

また、元気な肌を早く再生させるためのサポートとして、
ビタミンサプリを飲んでみるのもひとつの手です。

もちろん、フルーツや野菜の生ジュースが作れる状態であれば、それを飲んで天然のビタミン補給をしていくのがおすすめです!