コンシーラーでニキビを隠す

ニキビ隠しに有効なもののひとつとしてコンシーラーが挙げられますが、
コンシーラーでうまくニキビを隠すには

「伸ばさず、コンシーラーをニキビ部分のポイントにつけるのがコツ」

となります。

 

ですがそうなると困るのが、「顔のあちこちがニキビだらけ」という人。

 

顔のあちこちがニキビだらけだと、ニキビのポイントにコンシーラーをつけるというのが難しく、
どうしても顔全体に伸ばす形になりがちなんですよね。

ところがコンシーラーを顔全体に伸ばした上で、ニキビが隠れるようにとしてしまうと、
まるで能面のような印象に仕上がってしまいます。

 

こんな場合は、コンシーラーをごく薄く顔全体に伸ばしたあと、
目立つニキビだけにコンシーラーを重ねづけし、
そこからさらにパウダーファンデで押さえるようにしましょう。

 

もちろん、これだけでは「まだニキビがあることがはっきり分かる」という見た目になってしまうかもしれませんが、
何もしないよりはかなりごまかした感じになっているはず。

 

ただ、やっぱりコンシーラーはそもそも顔全体を覆うには不適切。
で、ここで、コンシーラーでニキビを隠すというのをちょっと変えてみましょう。

 

コンシーラーで隠すのではなく、スキンケア効果のある化粧下地で隠す、にすると厚化粧になりません。

 

たとえば毛穴隠し効果のあるヌーディーベール

気になるニキビの部分は重ね付けすれば更に効果はアップ!

 

上手にニキビを隠しながら、ニキビを治しちゃおう!

ニキビを隠している間に、根本解決を目指しましょう。
ニキビのないお肌を目指してしっかりケア!
清潔と保湿の両方を兼ね備えたアイテムでニキビを隠さなくてもいい毎日を手に入れましょう☆

コンシーラーとファンデ、ニキビにはどちらを使う?

コンシーラーとファンデ、ニキビにはどちらを使うべきかというと・・・

その答えは・・

 

ニキビが目立たない場所にあるのであれば、「どちらもつけない」が正解。

コンシーラーもファンデーションもつけずに、紫外線散乱剤が入っているUVケア用品だけつけるのが一番。

 

なぜなら、ニキビの上につけるものが多ければ多いほど、ニキビを刺激してしまうことになりますからね。

ニキビ跡を隠すならともかく、現在成長中(?)のニキビをメイクで今以上に刺激することはおすすめできないと言うわけです。

 

ですが、目立つ場所にあるのでどうしても隠したい!という場合は、
なるべく刺激を少なくするために「コンシーラー+パウダーファンデ」のコンビがおすすめ

つまり、コンシーラーとファンデ、両方使うということです。

コンシーラーもパウダーファンデも、
それ「だけ」でニキビを隠そうとするとどうしても何度も塗り重ねてしまう形になります。

それよりは、コンシーラーをニキビ部分に「こすらず、上に乗せるように」つけて肌との境目だけをぼかすようにして、
そのあとパウダーファンデを「伸ばさず、肌の上から押さえるように」つけるのがおすすめ。

 

コンシーラーもパウダーファンデも、こすらないことで摩擦による刺激を最小限にするのがポイントです。

 

上手にニキビを隠しながら、ニキビを治しちゃおう!

ニキビを隠している間に、根本解決を目指しましょう。
ニキビのないお肌を目指してしっかりケア!
清潔と保湿の両方を兼ね備えたアイテムでニキビを隠さなくてもいい毎日を手に入れましょう☆

うまいニキビ跡の隠し方・メイクの順番を考えよう

ニキビ跡の隠し方として知られるメイク方法のひとつと言えば「コンシーラーを使う」ということ。

でも実はその際に「コンシーラーとファンデの順番」を間違えている人が多いのです。

 

ニキビ跡にファンデを使う場合、
毛穴にファンデの成分が入りにくいパウダーファンデがおすすめなのですが、
パウダーファンデをニキビ跡隠しに使う場合は、「コンシーラーをつけたあと」が基本です。

 

これを、「パウダーファンデ→コンシーラー」という順にしている人も多いんですよね^^;

 

実はこのメイクの順番だと、厚塗りになってしまいがちなんですよ。

 

パウダーファンデを顔全体+ニキビ跡に重点的にやった上に、
コンシーラーをまた伸ばす、って感じで、
「のっぺりした能面」みたいな状態になってしまうことも。

 

こうした事態を避けてうまくニキビ跡を隠すには、
まず、コンシーラーを「伸ばさない」ということが大切。

ニキビ跡が気になるところにピンポイントでつけて、その周囲だけを少しぼかすように伸ばすだけです。

 

あとはパウダーファンデを上から押さえるようにポンポンとつければOK!

ピンポイントのコンシーラーがうまくニキビ跡をカバーし、
さらに全体に伸ばすようなことはしていないので、
厚化粧っぽくならず、かなり自然にニキビ跡を目立たなくさせることができますよ。

 

上手にニキビを隠しながら、ニキビを治しちゃおう!

ニキビを隠している間に、根本解決を目指しましょう。
ニキビのないお肌を目指してしっかりケア!
清潔と保湿の両方を兼ね備えたアイテムでニキビを隠さなくてもいい毎日を手に入れましょう☆

にきびを隠すメイク方法の基本

にきびを隠すメイクとして、リキッドファンデーションを使っている人が多いと思いますが、
敏感肌の人には、これが不向きなことも多いんですよね~

 

というのも、リキッドファンデーションは肌全体に、すりこむようにして使うものがほとんど。

にきびがある肌にも強烈に「すりこみの指の刺激」を与えることになりますし、
いまにきびがない部分の肌の毛穴にも、リキッドファンデーションそのものを埋めるようにすりこんでしまうこととなり、
新たなにきびや肌トラブルが発生する可能性が高いのです。

 

では、「肌にすりこまず、のせるだけ」で負担が軽いパウダーファンデーションならどうなのかというと。

これは、にきびを隠すメイクとしては残念ながら力不足なんですよね。
薄塗りだけではとても、にきびを隠すことはできません(- -)

 

かといってパウダーファンデーションを厚塗りすると、
やはり塗り重ねの際の刺激がにきびに悪影響を与えてしまいますし、肌の乾燥が進行してしまう可能性も。

パウダーファンデーションだけでにきびを隠すのは、ちょっと無理があるんですよ。

 

そんな場合は、「にきびが気になるところだけコンシーラーを薄くつけて、あとはファンデーションでカバーする」というのを試してみて!

コンシーラーはリキッドファンデーションほどグイグイ肌にすりこまなくてもいいですし、
何よりピンポイントで使えるため、他の部分の毛穴にも負担をかけずに済みますからね!

 

上手にニキビを隠しながら、ニキビを治しちゃおう!

ニキビを隠している間に、根本解決を目指しましょう。
ニキビのないお肌を目指してしっかりケア!
清潔と保湿の両方を兼ね備えたアイテムでニキビを隠さなくてもいい毎日を手に入れましょう☆

ニキビ肌を隠す方法

ニキビ肌を隠す方法としては
「コンシーラーをニキビのあるポイントにつけて、上からさらにパウダーファンデ」
というのが、比較的肌ダメージが少ないおすすめのやり方です。

 

「カバー力が高いからリキッドファンデのほうがいい」などと思って、
ニキビ肌にリキッドファンデをすりこんでしまうと、
ますます毛穴が詰まって、ニキビを悪化させてしまうことになりかねません。

しかし、コンシーラーとパウダーファンデだけで隠す方法は、
どうしても限界があるのも事実。特に、炎症を起こしたニキビの赤みは目立ちます。

こんな場合は、

「夜に消毒薬をニキビにつけて寝て、炎症を事前に抑えておく」

というやり方がおすすめ。

 

さらに朝はコンシーラーをつける前に、市販のクリームタイプのニキビ薬などを軽くつけておくといいでしょう。

こうすれば炎症の悪化が防げるだけでなく、コンシーラーが直接毛穴を刺激するリスクも減らせます。

 

上手にニキビを隠しながら、ニキビを治しちゃおう!

ニキビを隠している間に、根本解決を目指しましょう。
ニキビのないお肌を目指してしっかりケア!
清潔と保湿の両方を兼ね備えたアイテムでニキビを隠さなくてもいい毎日を手に入れましょう☆