小学生からニキビができてマスクで隠してた

今回は、小学生の頃からニキビができてしまい
マスクをして隠したりしていた、という方のお話です。

現在39歳の女性で専業主婦ののんのんです。
地方都市の山間部で夫と幼い子ども2人の4人で暮らしています。

 

最初にニキビができたのは小学校4年生の頃です。

できはじめはおでこなど限られた部分にしかできなかったのですが、中学3年生から高校生にかけては特にひどくなってしまって顔にニキビのできていない部分はない状態でした。

またこの頃には顔だけでなく背中や胸など複数の部位にニキビができてしまいました。

成人して以降はニキビがひどくなることはなかったものの、生理前や授乳中などホルモンバランスの関係で時々あごを中心にニキビができることがあります。

 

ニキビができる前はまだ小学生ということもあって、お肌に関する大きな悩みはありませんでしたが、あえて言うならば敏感肌で市販の石鹸を使って顔を洗うだけでもお肌が痛くなる状態だったことから親が通販で敏感肌用の石鹸を取り寄せてそれを顔を洗うのに使用していた状態でした。

ただ当然ながら老化によるしわやしみなどはほとんどない状態で、今当時の写真を眺めていてもニキビには無縁の、とてもきれいなお肌をしていたと思っています。

 

最初にニキビができたのが小学校4年生ということで周囲にまだニキビができているという人が全くいなかったということから、ニキビという存在すら知らない状態でした。

ただ今思い返せば中高生のお兄さんお姉さんにニキビがひどい人がいて、それを見るとどうしてあのような状態になってしまっていたのだろうかと疑問を感じてしまい、見ていて何だか気持ち悪いと思って自分はあのようにはなりたくないと考えていたような気がします。

 

小学校4年生の秋ごろに突然おでこに白いぽつぽつができているのに気づきました。

最初は湿疹ができたものだと思い、母親に見せたところ、もしかしたらニキビかもしれないと言われました。

ニキビの存在自体まだ知らなかったのですが、同じく若い頃にニキビにかなり悩まされた母親から今後ひどくなるかもしれないと言われて子どもながらにショックを受けました。

おでこに関しては通常は髪の毛で隠れている状態だったので人からは見えませんでしたが、いずれひどくなると言われたことからできれば早く消えて欲しいと思いました。

 

小学生の頃はニキビはそれほど目立つものではなかったので特に何をするということもなかったのですが、中学生になってはじめて真っ赤なニキビができるようになり出る箇所もかなり増えてしまったことから何か対策をしないといけないと思うようになりました。

ひとまず親に相談してニキビに効くといわれる薬を購入してもらいました。
また大人が使うような高級なニキビ対策のスキンケアアイテムを親に買ってもらい、使用していました。

 

ニキビ対策は複数の方法を取ったのですが、いずれの方法も全く効かないままでした。

逆に落ち着くどころかますますひどくなってしまったので、一時期は外出する際にはいつでもマスクをかけてニキビが目立たないような対策をしていたくらいです。

その後ニキビは飲み薬が効くということを母親が人から聞いたので、皮膚科で漢方薬を処方してもらったところ少しずつニキビが治まっていき、ようやくニキビを目立たなくさせることができました。

 

顔中に赤いニキビができている状態は20歳ごろに一旦落ち着き、現時点では再びそのような状態にはなっていません。

ただしもうすぐ40歳になる今でもあごを中心に時々ぽつぽつと白いニキビができてしまうことがあるのでその場合は市販の塗り薬を使って治しています。

ただ数年前には産後のホルモンバランスの影響からか、あご辺りになかなか消えないニキビが数多く出てしまったことからその時もかつて服用していた漢方薬を医療機関で処方してもらい、服用することでニキビ対策をしました。

 

私が今まで行ってきた中でいちばん効果の合った方法は漢方薬を服用するというものだったので、小学生のニキビができ始めた時点で医療機関を受診して漢方薬を服用していればお肌にクレーターのようなニキビ跡ができるようなこともなかったのかもしれないと思っています。

また私のニキビの原因はホルモンバランス以外にも、お肌に合わない化粧品やヘアケア商品など複数のものがあるとここ10年でようやく気付きました。

おそらくニキビの出来初めの時も、またひどかった時も同じようにヘアケアアイテムの刺激が原因で余計にニキビがひどくなっていたということが考えられるので早めに原因に気づけていれば対策が取れてよかったのにと思っています。

 

お肌の状態はみんな1人1人違います。
だからこそ、自分に合ったニキビケア用品を選ぶ必要があります。

ピタッとあうものに出会えれば、すごく毎日が楽しくなります。

それまでが大変かもしれませんが、今はお試し商品などもありますので

まずはどんどん試してみてください。

クレアラシルでニキビは抑えられたけど・・

今回は、薬でニキビは抑えられたものの
ニキビ跡やクレーターができてしまったのが悩み、

という方のお話です。

私は39歳の男性です。
マラソンを趣味としており、毎日練習を頑張っています。
自慢ではありませんが、サブスリーランナーです。

 

ニキビができ始めたのは、中学2年生の頃です。

ニキビが出来る前はニキビのことを知らず、友達にブツブツができていると、「ブツブツになってるけど、どうしたの?」と聞いていました。

 

ニキビができる前は、ふっくらとした柔らかい肌をしていました。

太ってはいなかったが、ほっぺたがふっくらとしていたので、男女問わずよくほっぺたを触られていました。
そのため、自分の肌にはかなり自信がありました。

 

ニキビが出来る前はニキビのことを知らなかったので、友達の顔にブツブツができていると、「何かの病気なのかな?」と思っていました。

しかし、ニキビということを知ってからは、不思議に思うことはありませんでした。

 

ニキビが出来始めた時は、なんでブツブツができているのだろうと思いました。

初めはおでこにニキビができることが多かったです。ニキビができているのは恥ずかしかったので、早くなんとかしたかったです。

また、好きな人がいたので、ニキビができることにより嫌われるかなと不安に感じていました。
それと、友達などにニキビを指摘されるのが嫌でした。

 

ニキビができてからは早く治したくて、「クレアラシル」を使っていました。

ニキビにかなり悩んでいたので、寝る前にべったりとクレアラシルを過剰に付けることが多かったです。

付け過ぎにより、すぐにクレアラシルがなくなってしまうので、クレアラシルをまとめてたくさん買っていました。
そのため、クレアラシル代がかなりかかりました。

 

クレアラシルを使ったおかげで、ニキビができるのを抑えられていた気がします。

しかし、できているニキビはなかなか治らなかったような気がしました。

ニキビをいじると、肌にクレーターができるからいじってはダメといわれていたので、なるべくいじらないようにしていました。

しかし、少しいじってしまったので、肌が少しだけデコボコしています。

 

ニキビは成長するにつれて徐々に治まっていきました。

そして、現在は、ニキビはあまりできることはありません。

しかし、一ヶ月に一回くらいはニキビができることがあります。

今はニキビができることはあまりないので、ニキビで悩むようなことはありません。
現在は、お腹の調子が悪い時や、ストレスが溜まった時などにニキビができることがあります。

 

ニキビが多くできた中学生の頃は、規則正しい生活をしていなかったので、それが余計ニキビに影響したのだと思います。
また、ニキビを気にしすぎて、顔を洗いすぎたのも原因かなと思います。

そのため、中学生の頃は、規則正しい生活をして、正しいスキンケアをすれば良かったと思っています。

中学生の頃にニキビがたくさんできた影響で、肌が少しデコボコしてしまったので、中学生の頃の生活習慣やスキンケアの仕方などには後悔しています。

 

ニキビの薬は、ニキビの炎症を抑えてくれますが、
お肌自体の改善をしないとまた別のニキビができてしまいます。

お肌の清潔と保湿。

これをきちんと整えてくれるニキビケア用品を使ってみてくださいね。

ニキビ跡が残っていて、クレーターのように

今回は服用しているお薬が原因でニキビができたのでは?
という方のお話です。

長い長いニート生活を終えてスーパーの店員として自分なりに奮闘中!
半ば性別不明な女、なんとな~く年齢不詳な27才です

 

私は、ニキビ全盛期と言われる中学生の頃は綺麗な肌で、よく羨ましがられていたのですが、
17才頃からニキビが出来るようになりました。

 

ニキビが出来る前は、それはそれはツルンと、それこそ卵のような肌だったので、
友人たちが肌荒れで悩んでいる感覚がわかりませんでした。

私はもともと色白な方なので、そばかすが少し気になってはいましたが、
それ以外は肌の悩みとは無縁な肌でした。

 

私はニキビとは無縁だ、とまでは思っていませんでしたけど、
ニキビで悩んでいる友人の話を聞いてもピンと来ていませんでした。

美容に興味はあったので、ニキビが出来る原因や対策などを調べたりして、
ある程度の知識は得ていました。

 

自分の肌にニキビが出来た時は、すっごくショックだった記憶が残っています。

頬に出来たのですが、赤みを帯びていて、それがすごく目立つんです。

徐々に範囲が広がっていって、すごく焦りました。

鏡で自分の顔を見るたびに憂鬱で苦痛だったけど、鏡を見ないのもそれはそれで怖かったです。

とにかくそれ以上にひどくならないように必死にケアしていました。

 

使っている洗顔料が悪いのか、化粧水が合わないのか、それ以外なのか…探りまくりました。

洗顔料を変えても、化粧水を変えても、全部止めてみても、どれもダメだったので、
外側からの原因ではなく、内側から何かしらの原因があると思い、考えてみました。

祖母に相談してみたら、服用してる薬じゃないか、という結論に達しました。
当時私は日常的に病院で処方される薬を服用していたので。

 

服用していた薬は、処方されるものだし、すぐに止められるものではないので、
すぐに改善されるわけではありませんでしたが、
服用を少しずつ減らしていって、完全に薬から離れたら肌に変化が起こりました。

少しずつですが、赤みが引いていって、肌の表面の凹凸も少なくなっていって、
1年ぐらい経った頃にはかなり綺麗になっていました。

 

ニキビが出来始める前と同じにはなりませんが、周囲から「肌綺麗だね」と言われる程になりました。
少しずつ良くなっていったので、いつ治った、というのは正直わかりませんけど、
ニキビで悩んでいた年数としては、だいたい5年ぐらいだと思います。

ニキビからは開放されましたが、ニキビ跡が残っていて、クレーターのようになっているのが気になるところです。

 

私の場合は、服用していた薬が原因だったので、希なケースだと思います。
でも、一般的な肌の手入れやニキビ対策では、なにをどうしても全く改善されなかったので、
そこはすごくつらかったです。
友人から「これ良いから使ってみて」とすすめられて使ってみても、うんともすんとも何も変化が見られないので、
良かったのか悪かったのか、感想すら言えないのです。

逆らえないニキビ悩みだったので、ああしてれば…とか、こうしてれば…とは思いませんが、

とにかくつらかったです。

 

確かにお薬の中には発疹などができやすいものもありますが、
ニキビはまた別の原因があったかもしれません。

ニキビ跡にはお肌の保湿を心がけて。
お肌自体をふっくらさせることで目立たなくなりますよ。