頬のニキビの治し方

頬のニキビの治し方というと、誰もが挙げるのが「きちんと洗顔をして肌を清潔に保つこと」ですよね。

 

ですが実際のところ、頬のニキビができたからと言って、
洗顔をいつも以上に念入りにやったりすると、それはそれで摩擦のダメージが肌に残ってしまったり、
何度も洗うことで必要以上に角質をはがしてしまったりして、
ますます肌を弱らせ乾燥を招いてしまうこととなりかねません。

 

基本的には、頬にニキビができている時でも、洗顔は朝晩の2回でOK!

 

洗顔はとにかく摩擦と刺激を少なくすることが大事!

 

泡洗顔はモコモコに泡立てないと手でこすり洗いをする以上摩擦が大きくなります。

でも洗浄力が強い洗顔材じゃないとモコモコにもなりにくいです。

ってことは、強い洗浄力でお肌への負担が大きくなってしまう・・ということです。

 

これが泡洗顔の限界です(- -)

 

ちなみに私は泡洗顔はスッパリ卒業しました。

 

今はクレイ洗顔一筋です。

 

クレイだとクレイ自身が汚れを吸着してくれるので、こする必要もないし
クレイは汚れと保湿力のある成分とを交換してお肌においてきてくれるので、洗った後もうるおったまま。

これを使ったら、もうやめられません。
⇒ 超オススメのニキビを消し去ってくれるクレイクレンジング

 

bglen クレイウォッシュでのスペシャルケア

 

こうして洗顔をしたらあとはスキンケアで更にたっぷり保湿♪

ヒアルロン酸などをはじめとする、保湿成分にこだわったスキンケア用品を使いましょう。

 

手のひらにとって、手のひらで上から抑えこむようにして頬になじませるのがコツ。

指先だけで伸ばすとどうしても薄くなったり、つけムラが出やすいので気をつけましょう!

 

あと、頬ニキビを悪化させないためには「頬に触れるものの清潔さ」も大切ですから、
寝ている間に頬に触れる枕カバーは毎日取り替えましょう。

もちろん髪が長い人は束ねるなどして頬に髪がつかないようにする、という工夫も大切です。

 

頬杖をつくクセがある人も要注意!

「ニキビは触ってはダメ」ということは知っていながら、
無意識に頬杖をついてしまう人、結構多いんですよね。

手にはいろんな雑菌がついていますから、頬杖でその雑菌を頬ニキビに与えるようなことはやめましょう。

かゆみを伴うニキビにご注意!

ニキビの中には、かゆみを伴うものもありますよね。

ですがこの「かゆみを伴うニキビ」というのは、実はニキビの中でもかなり「要注意」という状態なんですよ。

 

何故かというと・・ニキビのかゆみとはニキビが炎症している1つの証拠だからです。

 

ニキビは、炎症があるかどうかで重症度がかなり違います。

炎症がある場合、膿が発生していたり、
もっと悪い場合は毛穴の周りの皮膚組織まで破壊していることもあるのです。

 

かゆみは肌の強い乾燥による過敏反応で引き起こされる時もあるので、
まずは「保湿性の高い化粧水や美容液などのローションパック」でしっかりとケアをしましょう。

 

まずは洗顔で保湿力を奪うことなく皮脂の汚れ等をおとして、それから炎症等を抑えるローション、そしてビタミンCたっぷりの美容液という組み合わせがベスト。

 

ニキビのかゆみには、まずは洗いすぎない洗顔 & 炎症を抑えるローション & ビタミンC の組み合わせで!

 

注意してほしいのは何でもかんでも、モコモコの洗浄力の強い洗顔フォームで洗えばいいってもんじゃないってこと。
お肌の乾燥をますます進めちゃいますよ(汗)

 

ニキビ肌には、するっと洗えて余分な皮脂や汚れだけ狙い撃ちで落としてくれるクレイ洗顔がオススメ。

 

クレイ洗顔といってもいろいろありますが、中には単なる「泥そのもの」ってだけのものも多いので注意してね!
(そういうのは洗面台やお風呂で使うと、泥遊びしたみたいな状態になっちゃいます・・)

 

安いものから高いものまで(^ ^;) いろんなクレイ洗顔を試しましたが、

 

今一番のお気に入りはbglenのクレイウォッシュ です。

 

ビーグレンのクレイウォッシュは汚れを落とすだけでなく、 汚れを落とした後、逆に持っていた保湿成分をお肌に置いていくらしい(スゴイ!)

 

bglen クレイウォッシュでのスペシャルケア

 

手に出した瞬間、他のクレイ洗顔剤とは違うってことが分かります。

泥の粒子なんかまったく見えないし、だからザラザラもしていません。

知らなかったら、ただの洗顔クリーム? と思っちゃうと思います。
それくらいクレイの粒子が細かいです。

 

 

同じクレイ洗顔でも泥でザラザラしている粒子の粗いものを使っては、逆にお肌を痛めてしまいますのでご注意!

 

トライアルセットにも当然入っていて、10日間実際に試してみることができます。

10日間使うだけでも効果がかなりハッキリと分かるので、ぜひぜひ試してみてくださいね!

 

ニキビは早め早めの対策がカギ!

ニキビを放置しておくことで、トラブルが起きやすいお肌になってしまいます。
ニキビは早く対策をとれば早く結果も出ます。
ニキビ跡を作らないためにも普段から清潔と保湿を心がけましょう☆