高校生からのメイクでニキビが増えてしまった

今回は高校生になりメイクを始めるとますますニキビが増えてしまった、
という方のお話です。

19歳の大学2年生、女です。
受験から解放されて自分の自由な時間が増えましたが、ニキビには悩んだままでいます。

中学生の頃おデコに出来始め、高校から化粧をし始めると肌に合わず、頬や顔全体に出来るようになりました。
運動をしなくなったこともあり背中や胸にも出来るようになりました。大学生になった今でも頻繁に出来ます。

 

もともと家系的に脂性なのでテカテカつるつるしたお肌でした。

健康的でいいね!とよく言われていましたが私はサラサラとした友達の肌が羨ましかったです。
冬でもテカテカしているので汗っかきなのかなと思われるのも恥ずかしかったです。

 

だからニキビなんて薬を飲めばすぐに治るものだと思っていました。

不潔な家の子が出来るというイメージでしたが、実際に自分がニキビ肌になってみると、毎日パジャマや枕のタオルを変えているのにニキビが出来る、お風呂にも浸かって清潔にしているのにも関わらずニキビ肌になるというのは想像もしていなかったです。

 

初めてニキビができたのは中学生3年生の頃、前髪がチクチク刺さるせいか、おでこと伸び始めた髪が当たる背中でした。
赤ニキビとも白ニキビとも言えないただポツっとした出来物のような感じでした。
いつもよりもしっかり洗えばそのうちすぐ消えるのだろうなと思っていましたがなかなか消えずに思春期の私はすごく悩みました。

 

ニキビが出来てしまったことが恥ずかしく、隠すようになりました。

隠すようになるとどんどん増えてこれはいけないなと思い、恥ずかしくても前髪を上げようと心がけました。

皮膚科に行くという考えはなく、オロナインH軟膏を塗ったり母親の化粧水を使ってみたりということをしてみました。

なるべく肌をこすっちゃいけないという事だったので洗顔や体を洗う時もそーっと洗うように気をつけていました。

 

おでこは徐々に治ったものの背中はちっとも良くなりませんでした。

こんなに気を使っているのにどうして…という気持ちになりました。とても辛かったです。

高校に入ると休日出かける時に化粧をするようになり、正しいメイクの落とし方を知らなかったので頬や顎にもできるようになりました。

洗顔をしっかりするようになっても、勉強が忙しく、夜更かしをする事が多くなりさらに酷くなりました。

 

今でもまだニキビ肌に悩んでいます。

肌に優しいもの、優しすぎても元々脂性の肌の私には合わないので混合肌タイプのものを選ぶようになりました。

化粧品は必ずニキビ肌用のものを使うようにしています。

百貨店で販売している口コミナンバーワン!というものを使っても結局肌に合わず悪化してしまうものばかりなので、オーガニック化粧品ばかり買うようになり、お金ももちろんかかりますが、今は何十個も何十万円もかけてやっと辿り着いた化粧品を愛用しています。

完全に治ったという訳ではありませんが、ニキビは出来にくくなりました。

 

恥ずかしくてもまだ中学生や高校生の内に早く治すために絶対に化粧をしない事と、皮膚科に相談しに行き、薬を貰うべきだったなと思っています。

皮膚科のニキビの塗り薬は刺激が強く肌がガサガサになり悪化してしまいますがそれをもう一度伝えた上で漢方薬を処方してもらうと少し症状が和らぎます。

金銭的に継続して飲むのは辞めてしまいましたが、まだポツポツとしか出来ていないのであれば絶対に漢方薬でササっと直すべきだったなと後悔しています。

いくら忙しくても早寝早起きを心がけて水を沢山飲むこと。

便秘は絶対に良くないです。

大学生になり少し時間に余裕もできてきたので生活習慣を改善しようと心がけたところ、最低限の肌に優しい化粧をしながらですが少しずつ良くなってきました。

もっと早く気づいていればなあと本当に後悔しています。

 

高校生の頃からのメイクは悪い事ではありませんが、
メイクはするよりも落とす方をしっかりと心がけて。

皮膚科でのお薬は炎症を抑えるものなので、
ニキビができやすいお肌の状態だと結局ニキビを繰り返してしまいます。

やはり体質改善と同時に、お肌のバランスを整えるようなニキビケアを心がけましょう。

ニキビなんてすぐ治るだろうと思ってたのに

今回はニキビ対策が遅れニキビ跡が気になり、
今でも胸などにニキビができてしまう、という方のお話です。

初めまして、私は31歳の都内で現在ネット広告の新規営業をしている女性です。
一人暮らしで住まいは埼玉になります。

 

小学校高学年から少し出始めて、中学生からは顔に多く、高校生になり社会人になってからは胸や背中などの体のニキビも気になるようになりました。

 

もともと油分が多くすぐテカる肌質でしたが、一部分は乾燥がひどく粉吹きもあり、全体的には敏感肌のアトピー体質でした。
日焼けでもすぐ赤くなり炎症になったり、すぐに何かでかぶれていたので、肌質は強い方ではなかったです。

 

ニキビができる前は見ていて痒いなとか、痛そうだなとの印象を持っていましたが、簡単に誰しもが出来るものだという事も、体に出来ることも大人になったら治ると思っていたので、必要に応じて皮膚科に行かないといけないことも全く知識としてありませんでした。

 

口内炎のように初めて赤ニキビが顔にできた時はすぐほっといても治ると思っていました。

なのであまり深く考えておらず、親から潰してはいけないとだけ言われていたのを守り、放置していたので、特に何も思っていなかったですが、子供なので他の子が出来てない中であるのが恥ずかしく、なんか嫌だなと劣等感はあり髪で隠していました。

 

とりあえず、オロナインを寝る前や朝に塗ったのと、洗顔を小学校なので水だけで洗っていたのを洗顔料を使ってに変更しました。

あとは顔を触らないとか、髪に触れない様にするなどのケアしかしていませんでした。

親には相談をしていて、それで洗顔を小学校から帰ってきた時にも朝夜だけではなくする様になりました。
友達には恥ずかしくて相談やニキビの話をする事はなかったです。

 

でもニキビはあまり良くはならなかったです。

また新しいニキビが出来たりの繰り返しで、顔だけではなく胸や背中にも出る様になりました。

しっかり汚れや菌の除去が出来てなかったのと、薬をしっかり塗る、乾燥からのニギビを防ぐために化粧水を塗るなどの基本的な必要な対策が初期からしばらくの間全くされてなかったので、悪化をさせてしまったんだと思います。

 

社会人になってからは、シャワーでしっかり汚れを落として、タオルでこすり過ぎないようにして化粧水やクリームで保湿など、あまりにひどい場合は皮膚科に行くなどの対策をしています。

顔にできる事はほぼなくなりましたが、今でも、胸にはまだ赤ニキビや黒ニキビが出来ており、完全にニギビが全くないという経験はほぼ皆無です。

また背中のニギビ跡も消えず新たにできる事はないですが悩んでいます。

 

本当に出始めや最初にちゃんと対策するべきだったと後悔してます。

何事も早めの正しいケアが大事なので、すぐ治るだろうと放置してしまったのは大問題でした。

治っても跡になるとそれこそ治らないで後悔する事になるので、ほっとかずに除菌と保湿と原因の除去が大事だったなと思っています。

食生活なのか肌質なのか、化粧水があってないのか、ストレスなのか判断は難しいですが、原因の根本の改善と出来てからの対処がニギビの出来ないニギビで悩まないポイントだと思います。

 

ニキビ対策は早く、きちんと正しい知識を持って、が大事です!

またお顔だけではなく胸や背中にもお顔と同じようにニキビケアをされてくださいね。

昔はオロナインで治ったけど大人ニキビには効かず・・

今回は、思春期ニキビに効いていたオロナインが大人ニキビでは効かず

基本の洗顔と化粧水を大事にされている方のお話です。

こんにちは。私は22歳、女性、教育関係の仕事をしている契約社員です。
今年新卒で働いています。どうぞよろしくお願いします。

 

私は小学校高学年からニキビができ始め、中学生の時は常にニキビがありました。

ちょうど生理が始まったころからでき始めました。

 

ニキビができる前は、乾燥肌でした。

特に冬はほほや瞼やあごがかさかさしていました。

しかしニキビができる前は小学生でしたので、特に化粧水をつけるといったスキンケアは行いませんでした。

かさかさはしていましたが、何も悩んではいませんでした。

 

ニキビは思春期になるとできやすい、という知識がありましたが、まさか自分にもできるとは思っていませんでした。

ニキビができる位置によって片思いか両想いかわかる占いがあるということを上級生の友達に教えてもらいました。

ニキビがたくさんある友達がいたので、ああなったら困るな、と思っていました。

 

ニキビができ始めたときは、いつもと顔が違って違和感があったことを覚えています。

鼻の下にしろいニキビができることが多かったです。

また、どうしてもいじりたくなってしまいました。

時間がたつと白い部分が大きくなって、思わずつぶしてしまいました。

つぶすとさらに大きなニキビになって悪循環が続きました。

好きな男の子にニキビを見られるのが恥ずかしかったです。

 

ニキビができて、本格的に洗顔を始めました。

薬用の、当時は画期的だった泡で出てくる洗顔フォームを使いました。

また雑誌を買って正しい洗顔について調べました。

すすぎをたくさんして、清潔なタオルでやさしく拭きました。

あとは、オロナインが効くと雑誌にあったのでニキビにたくさんのオロナインを塗ってラップをして寝ていました。

 

オロナインはすぐに聞きました。
気になるニキビが一晩でなくなりました。
大きなニキビも翌日には小さくなっていました。

洗顔については、効果はわかりませんが、正しい洗顔をしていなければもっとニキビができていたのではないかと思います。

しかし、生え際にニキビができるようになりました。

洗顔後、生え際がよくすすげていなかったからだと思いました。
生え際をよくすすぐようにしたら改善されました。

 

思春期のニキビが終わると、大人ニキビができるようになりました。

オロナインはきかなくなったので、洗顔と化粧水、乳液のスキンケアで対策しています。

正しい洗顔、化粧水をたくさん使うことがニキビを防ぐために効果的です。

生理前はどうしてもニキビができることが多いですが、これからも正しいスキンケアを心掛けていきたいです。

 

やはり、スキンケアをしっかりしていたかったと思いました。

とくに大学時代はアルバイトの忙しさから化粧をしたまま寝たり、化粧水をつけずに化粧をしたりして、痛いにきびがよくできました。

いままでもこれからもニキビを倒す王道は正しいスキンケアだと思います。

ニキビがなくなると自信がつき、仕事も家事も前向きに取り組むことができるような気がします。

もっと明るく毎日を過ごすためにこれからもスキンケアを頑張っていきたいと思います。

 

思春期ニキビと大人ニキビでは同じニキビでも原因が異なります。
そのため、昔はこれで治ったのに・・というニキビ対策が効かないことも。

洗顔と、あと化粧水・美容液での保湿という、

当たり前のニキビケアを大事にしていきましょう。

ニキビにオロナインを塗ったりアロエを貼ってみたり・・

今回は、ニキビに対する正しい知識がなかったため
いいと言われたニキビ対策を手当たり次第に試してみた、
という方のお話です。

こんにちは。
私は現在31歳で、専業主婦をしているモッピーと申します。
夫と二人暮らしなので、まだ子供はおりません。

 

初めて自分にニキビができたと自覚したのは、確か中学2年生の時だったと思います。
思春期ということもあってか、気づいたらおでこに1つできていました。

 

ニキビができる前は、基本的に肌トラブルとは無縁だったと思います。

昔のことなのであまり覚えていないのですが、自分の肌のことで悩んだことがあまりないことから、比較的恵まれた肌質だったんじゃないかと思います。

 

ニキビができる前は、ニキビに対する知識があまりなかったので、単純に「痛そう」だったり、女の子の場合だと「かわいそう」などと思っていました。
男の子の場合だと、多少清潔感が削がれる印象を受けていたと思います。

 

「これがニキビか~!」と初めは率直にそう思いましたが、
一つ、また一つと、顔にニキビができる度に落ち込んだのを覚えています。

私の場合、オデコや顎周りにできることが多く、赤く膿を持つタイプのニキビだったので、人から見ても目立ってしまい、前髪で必死に隠そうとしていました。

鼻や頬など、隠せない位置にできてしまったときは心底ショックでした。

 

それまであまり意識していなかった基礎化粧品などに興味を持つようになりました。

悩みよりも恥ずかしさが勝り、親や友人に相談することはありませんでしたが、スーパーやドラッグストアに行くと、ニキビ対策を謳った化粧水や洗顔フォームなどの商品に目が行くようになり、当時流行した「肌水」なんかを買うようになりました。

 

特に効果は感じなかったと記憶しています。

やはり年頃ならではの…と諦めていました。

今でこそ様々なメディアでニキビの正しい対処法が紹介されていますが、当時はそういった美容に対する情報を得る機会が今ほどない時代だったので、結局どうしていいのかわからず、オロナインを塗ってみたり、アロエを顔に貼ってみたりしましたが、治った!という対策は何も見つけることができませんでした。

 

今はもう「ニキビ」と呼べる年齢ではないのですが、ニキビや吹き出物などに限らず、様々な肌トラブルに日々悩まされています。

ただ、初めてニキビができてしまった当時よりも、知識を身に着け、美容に対してある程度お金を使えるようになったので、ニキビができて悩む前に防ぐよう、基礎化粧品などだけでなく、食事なんかも心がけています。

 

もっと早くやっていれば…というよりは、あの時こうしていなければ、という内容になってしまいますが、
ニキビができたからといって恥ずかしがって髪の毛で隠す行為をしなければ良かったと後悔しています。

また、今でこそNGとされている「潰す」という行為も当時は行っていたと思います。

それもやめておけば痕にならなかったのになぁと後悔しています。

基本的な生活を見直し、様々なタイプのニキビに合った薬を処方してもらうのが一番だと、今ではそう思っています。

 

ニキビが恥ずかしくて、つい髪で隠したり、つぶしてしまったり・・
気持ちはとてもわかります。

ニキビを見つけたら早めの対策を取ることで
できるだけニキビが広がらないようにしていきましょう!

面疔にはオロナインが有効!?

面疔というのはニキビよりもさらにやっかいなものですが、
意外と身近な薬が面疔の改善に役立つ・・・という声をよく聞きます。

 

その身近な薬とは、ほとんどの家庭に常備しているであろう、オロナインです。

 

なぜオロナインが面疔に効果的なのかというと、
オロナインには抗生物質は入っていないものの、殺菌剤が入っており、
しかも軟膏ということで普通の消毒薬のようにすぐに乾燥せず、
じっくりと奥まで成分の効果が浸透しやすいからと考えられています。

オロナイン

取り扱いショップを見てみる→

 

また、オロナインは肌を乾燥させない、つけた時に刺激を感じないという、「肌へのやさしさ」の面でもピカイチの存在。

家に常備しているのであれば、面疔の対策にこれを使わない手はないでしょう。

 

面疔の対策にオロナインを使う場合は、
まず洗顔で肌を清潔にしてから、やさしくオロナインをつけ、
その上をガーゼなどで保護しておくのがおすすめです。

オロナインの浸透をより効率よくしたい場合は、オロナインをつけてから1時間ほど、その上を直接ラップで覆うといいでしょう。

1時間たってラップをはがしてから、ガーゼで保護します。

 

ただし、オロナインが面疔に効果的、といっても、それはあくまで軽症の面疔に対してのことです。

重症の面疔の場合、治療には抗生物質が欠かせませんので、さすがにオロナインでは対処し切れません。

 

家庭の常備薬の中ではかなり期待できるほうですが、万能ではない、ということは認識しておきましょう。

 

ニキビは早め早めの対策がカギ!

ニキビを放置しておくことで、トラブルが起きやすいお肌になってしまいます。
ニキビは早く対策をとれば早く結果も出ます。
ニキビ跡を作らないためにも普段から清潔と保湿を心がけましょう☆

ニキビなんてすぐ治るものだと思ってたのに・・

運動部で汗っかきだったこともあり
ついついゴシゴシ洗顔をしてしまい、今でもニキビに悩んでいる方のお悩みです。

私は、28歳の女で専業主婦をしています。
中学生になった頃からニキビができ始めてニキビで悩むことが多くなりました。

 

ニキビができる前は何のお手入れもしていませんでしたが、
特に肌のトラブルは全くなくどちらかと言うとキレイな方だったとは思いますが、
私は、汗っかきでよく鼻に汗をかいてしまっていたかもしれません。

汗をかいたあとも拭かないでいました。

 

ニキビができる前はニキビはみんないつかは出来てしまうものだと思っていました。

ニキビの対策なんて何一つ考えてもいませんでしたし、ニキビなんてすぐに治るだろう。
っと安易に考えてしまっていました。

 

中学1年生ぐらいでニキビができるようになりました。
運動部だった為かわかりませんが、ニキビの量も多く赤くなっていました。

初めてニキビができてしまった時は、ショックでしたが
まわりもみんなニキビができていたのでそれほど最初は気にしていませんでした。

でもだんだんみんなよりニキビの量が増えてきてしまいました。

ほっぺやおでこにたくさん赤ニキビができてしまい、すごく気になるようになってしまい
ニキビを潰してしまったりしてしまうようになりました。

 

ニキビができ始めてからニキビが気になっていたので母に相談して
一緒に薬局に売っている洗顔を母と見に行きニキビ対策の洗顔料を買いました。

そして、化粧水と乳液もニキビ専用のものをインターネットの通販で見つけて買ってもらいました。

友達に相談するとオロナインをすすめられたので、私も塗ってみたりしていました。

 

当時、私の洗顔の仕方が間違っていて、泡をたてずにごしごしとこすって洗顔してしまっていました。

その為かあまり効果はありませんでした。ニキビが減ることもあまりなく顔が赤くなってしまっていました。

それからは、こまめに汗をタオルで拭き取るようにしたり、
化粧水と乳液をつけるようにしました。

そのあとオロナインを塗って寝てました。

すると少しはニキビが減りましたが完全にはなくなりませんでした。

 

私は、ニキビが今でもできています。

思春期にくらべるとずいぶんニキビは減りすごく気になっているわけではありませんが、
やはり生理前になるとニキビが顎のあたりに毎回できてしまいます。

時間のある時は皮膚科に行って塗り薬をもらって塗って治していますがやはり手間なので、
何か良い方法がないか探しているところです。

 

中学1年生の頃にニキビができ始めて運動部だったことも関係してるのか
ニキビがたくさん顔中にできて顔が赤かったです。

最近気が付いたのですが自分の洗顔の仕方が間違っていました。
ごしごし洗っていました。

食生活も全く何も気にしないで生活をしてしまっていました。

睡眠もあまりとれていませんでした。

もう少し、自分の肌に向き合って生活していたらニキビもなく、
ニキビあともないキレイな肌でいれたのかな?
と少し後悔しています。

 

皮脂や汚れをしっかり落とさなくっちゃと
ついついゴシゴシ洗いをしてしまいがちですが、絶対ダメ!!

ニキビは炎症の1つでもあるので、デリケートな洗顔を心がけましょう。