ニキビ洗顔のおすすめは? 中学生からニキビに悩んでいた人の体験談から紹介!

中学生 にきび 洗顔 おすすめ

 

ニキビを解決するにはまずは洗顔から。

なんといっても洗顔で清潔に保つことが大事で
清潔じゃない状態で保湿や薬用クリームをつけても浸透しません。

余計な皮脂を落としつつ、かといって落とし過ぎないようにするために
洗顔はどうするべきか。

ニキビに悩んでいた方の洗顔についての実際の体験談・口コミ評価から
ベストな洗顔とはどうあるべきか?
洗浄成分はどんなものがいいの?
ニキビが予防できる成分の配合は?
古い角質をきれいにするには?
などなど、
おすすめの使える洗顔剤や洗顔方法の選び方をまとめて紹介したいと思います。

女性:中学2年に顔中にニキビができてしまった

女性ですが、思春期である中学二年生の頃、顔中にニキビが出来ました。
普段通りの洗顔を行っていたのですが、急にニキビが出来、また知識がなかったので対応が出来ませんでした。
顔中にできたことにより、同級生にからかわれることはまだなかったのですが、買い物をする時の店員さんの視線に緊張したり。
特に頬や鼻周りのニキビが酷く、常にニキビがあったといっても過言ではない状況です。
何らかの拍子で潰れて白い膿みたいなのが出てきたときは気持ち悪くて仕方がなかったですね。

ドラッグストアで簡単に買える洗顔石鹸から乾燥肌によいと評判の石鹸へ

何が良いのか分からなかったので、なるべく洗顔石鹸に気をつけようと思い、大きな駅ビルへ足を運びハンドメイド製で最初は脂肌用の洗顔石けんを購入しました。
それと同時によく泡立てをし、泡で洗顔をすると良いという情報を手に入れたので、同じショップで洗顔用のネットを購入しました。
3ヶ月もすると徐々によくなりはしましたが、完全には消えず…。
オイリー肌用のものを使用していましたが、ネットで脂肌の場合は乾燥を防いでいる為に余分に脂が出ている、という情報を見つけ、乾燥肌用の洗顔石けんへ変更をしました。

1日2回洗顔を心がけていました。
まず朝起きて、冷水を使用しての洗顔。
その時は特に泡立てを行わず、手で石鹸をこすり、少量の泡で洗顔を行っていました。
夜はまず湯船に浸かり、余分な老廃物と油分を排出することを心がけていました。
すぐに洗顔をすると皮膚が突っ張る感覚があったので、洗顔するのはお風呂から上がるちょっと前に、ぬるま湯で泡立てを行い、泡でたっぷりと洗っていました。
朝も夜も洗顔石鹸を変更することなく、ハンドメイド製の洗顔石けんを使用しておりました。

洗顔だけではなく化粧水や乳液、美容液もセットでチェック

今ではほとんど、ニキビは見当たりません。
今迄の洗顔生活から、ずっと変更もなく。
ニキビに悩んでいたときは、洗顔だけではなくその時に使用していた化粧水、乳液も再度チェックをしました。
やはりオイリー肌なのが気になっていたのでさっぱり系を選んでいたので、さっぱり系ではなくではなくしっとり系へ変更をしました。
その後徐々にですがにニキビが消え、今ではたまに出る程度で3・4日もすれば消えるぐらいにはなりました。

ちょうど成人した頃にはニキビとはおさらばの生活を送っていました。
洗顔も大事ですが、やはり自分に合った商品を探す事が大事だと思います。
幸い私は洗顔石鹸、化粧水、乳液とほぼ1発で自分に合うものに出会えたので運がよかったと思っています。
オイリー肌で悩んでいましたが、オイリー肌ではさっぱりではなくしっとり系を!と今でも心がけています。
保湿が大事だな、と思いますし、それにより今ではしっとりとした肌を手に入れることができました。

手間でもちゃんと自分に合った洗浄力のニキビ洗顔アイテムを見つけるべき

最初は洗顔石鹸も適当なもので、ドラッグストアで簡単に手に入るものを使用していました。
泡立てすることも知らなかったのと、とりあえずニキビが消えて欲しい!という気持ちでゴシゴシこすっていたのも肌荒れする原因だったんだな、と思います。
多少手間でも駅ビル等に足を運んで、きちんとした洗顔石鹸を購入することが大事だと思います。
また泡立てるネットもきちんと購入することが大事だと思います。
ゴシゴシこすらずに、しっとりと泡で包み込むように洗っておけばよかったと思っています。

中学生 にきび 洗顔 おすすめ

 

男性:中学生の頃に頬と顎にかけて何個もニキビができてしまった

26歳男性です。ニキビができ始めたのは中学生くらいの頃からで頬と顎にかけて何個もできていました。同時はそのまま消えるまで待つのか潰した方が良いのか悩んでいました。親は潰した方が良いと言っていたので時に潰したりしていましたが良くなってもまたすぐに新しいのができるのでとても悩んでました。特に多いのは頬や顎でしたがおでこにもできていたので前髪を伸ばしてニキビが見えないようにしていました。とにかく1番のコンプレックスでした。

洗浄成分に茶の葉を使用した洗顔石鹸を使ってみた

中学生だった当時は商品名は忘れましたがお茶の葉を使用した洗顔石鹸を使用していました。ネットを使用すると凄く泡立ちが良くふわふわになるので脂っこい肌でもツルツルでもちもちになりました。お湯はぬるま湯を使用してました。水や熱湯だと肌の繊維を傷つけてしまうとテレビで見たからです。またタオルで拭くときはゴシゴシと激しくせず優しくポンポンと軽くたたくように吹き上げていました。その後ホットタオルで五分ほどくるんでいました。

朝は洗顔をせずにぬるま湯ですすぐだけにしていました。お昼は中々洗顔する事が難しかったので特に何も行なっていませんでした。その分夜にたっぷり時間を要していました。まずは洗顔する前にホットタオルで10分ほど顔を覆いかぶせて、毛穴が開くようにします。その後洗顔を行いますが週に一回はスクラブ洗顔を使用するようにしていました。メーカーは特に気にしてませんでした。その後タオルで優しくふきとり、豆乳を使用した化粧水を軽く塗っていました。

大人になればニキビは治ると思ったのに・・

完全には解決しませんでしたが、気にする前よりは良くなったかと思います。正直めんどくさい日は適当にしてしまう事があったのですが、継続する事が大切なんだと思いました。1日でも適当にしてしまうと次の日の朝にはすぐニキビができてしまいまたそこが治るまで時間ぎかかってしまいます。また洗顔料やクレンジングなどを何度も変えてしまうのもあまり良くなかったかと思います。日々使用しているものを継続して使用する事が1番だと思いました。

今もまだニキビで悩んでいます。今は社会人としてお仕事をしているのでストレスなどで悩んでしまうとすぐにニキビができてしまいますし、生活リズムが毎日同じとは限らないので睡眠時間が少ない日などは翌日朝にニキビができてしまいます。しかし極力抑えるようにケアはしっかり行なっています。現在も頬周りのニキビが多く特に耳の下に良くできます。なのでクレンジングや化粧水を行う際に老廃物を流し込むマッサージも定期的に行なっています。

ちゃんとしたニキビケアグッズを使うべきだった

肌が弱いのもありますが、しっかり対策を行なっていればニキビについては必ず解決策があるかと思います。ほとんどの方がニキビについて悩むのが学生の頃だと思いますが当時の私は大人につれて治っていくものだと思い込んでいたので当時からしっかり肌のケアを行なっていればよかったと公開しています。なかなか学生の頃高価な物を購入する事は難しいかと思いますが安価なものでもしっかりとケアを行えば問題なかったかと思います。これから先も後悔しないようにしっかりケアを行なっていきたいと思います。

中学生 にきび 洗顔 おすすめ

 

女性:中学生の頃にあごやおでこ、鼻にニキビができてしまった

ニキビができ始めたのは、中学生のころでした。特にあご周りやおでこ、鼻にできやすかったです。白ニキビのまま治ってくれればよかったのですが、やはりニキビが気になるので無意識に触ってしまい、赤いニキビになってしまうことも多かったです。ニキビができにくい体質のクラスメイトから「清潔にしていればニキビなんてできない」と、理解のないことを言われたりして、「不潔にしているわけではないのに…」と悩んでつらかったです。20歳ぐらいまでニキビができ、悪化し、またよくなるというのを繰り返しました。

ビオレと週に1度は角栓取りのためピーリング剤を使ってみた

洗顔フォームはビオレを使っていました。肌やニキビには刺激や摩擦がよくないと思っていたので、洗顔ネットで泡を立て、ごしごしこすりすぎないよう気をつけていました。顔の脂が気になっていたので、熱めのお湯で洗っていましたし、一日に複数回顔を洗っていました。タオルでふく際は、ごしごしふかないほうがよいことは分かっていましたが、気持ちいいので強めにふいてしまうことも多かった気がします。角栓が気になり、週に一二度は、ゴマージュやピーリング剤も使っていました。

朝と夜にビオレの洗顔フォームを使って、お湯で洗顔していました。朝は夜に比べて、時間や心の余裕がなかったので、洗顔ネットで泡をしっかりと立てないで洗ってしまうことが多かったと思います。急いでいるので、ごしごしとこするような洗い方になるときもありました。夜に洗顔したあとには、刺激が少ないタイプの化粧水をつけていましたが、朝には余裕がなかったこともあり、毎回化粧水をつけているわけではなかったと思います。

ニキビの前にまず美容、美肌を維持することを心がけた

刺激が無いように優しく洗顔することを心がけていても、いつもきちんと実行することは難しく、摩擦や刺激の強い洗い方やふき方をしてしまったのがよくなかったのだと思います。洗顔の際いつもお湯で洗っていたのも、脂が取れすぎてよくなかったかもしれません。また、ニキビが悪化してしまうと、それがまた気になって、心が重くなることが多く、必要以上にストレスを感じていました。ストレスが暴飲暴食や不眠につながり、肌のためにはよくなかったと思います。

20歳を越えたあたりから、忙しくなり、ニキビを気にする時間が減りました。出来たニキビを気にしすぎて刺激することや、朝洗顔フォームで洗顔すること、不眠や暴飲暴食が減ってくると、顔の脂が気にならなくなり、にきびはできにくくなったようにおもいます。ただ、吹き出物ができることはまだあります。洗顔やメイク落としを入念に行い、メイク用品(メイクブラシやスポンジ、パフなど)を洗って清潔にするよう心掛けることを心がけています。それでもできることがあるので、睡眠時間をしっかりとること、食事をしっかりとり、脂っぽいものや刺激物をとりすぎないこと、ストレス解消の時間やおだやかに過ごせる時間をとること、など、ニキビだけではなく美肌を維持するためによさそうなことを意識したりします。

思春期ニキビは食生活と体調管理などバランスも大事

中学生のころから20歳くらいまでは、自分の肌の状態やニキビについて気にしすぎていたと思います。洗顔にお湯を使うこと、朝にも洗顔料で洗っていたこと、刺激や摩擦の強い洗顔をしてしまったことなど、肌をきれいにして気持ちの良い状態で過ごしたいという気持ちが強すぎてしてしまったことが、かえってよくなかったのではないかと思います。「しっかりご飯をたべて休養することが大切」という概念が思春期のころにはなかったので、しっかり意識することができるようになってよかったなぁと思います。

中学生 にきび 洗顔 おすすめ

 

女性:中学生の頃におでこがニキビで真っ赤

中学3年生ごろニキビができ、おでこがニキビで真っ赤になるくらいでした。
女子校だったので、異性の目はさほど気にする必要はなかったものの、それでも思春期のため、多少気にしていました。
おでこですと、髪がかかりますし、気になって触ってしまうこともあり、悪化したり、治りにくい状態となっていました。
部活動も運動部であったため、部活の時はたくさん汗をかきます。
にきびはきれいな状態にする必要があると言われますがそれが難しい状況でした。

ニキビ用の洗顔フォームとニキビ予防の軟膏

ニキビ用の洗顔フォームを使っていました。
化粧はしていない時期でしたので、洗顔フォームだけを利用しており、お湯で洗っていました。
特にそれまでと洗い方や水の温度を変えるということもしませんでした。
つぶさないように気を付けるようにはしていましたが、それ以外で洗顔後の拭き方に注意するということも特にありませんでした。
洗顔後は、ドラッグストアで売っているニキビ用の軟膏を塗るようにしていました。この際にもつぶさないように気をつけました。

朝は水で簡単に洗うのみで、夜お風呂に入る時に一緒に洗顔フォームで洗っていました。
日中の部活動の後、汗はかいていましたが、特に学校で洗顔フォームで顔を洗うということはしていませんでした。
あまりに汗をかいていた時には、帰宅後すぐ顔を簡単に洗うことはしましたが、洗顔フォームを使うことはめったにありませんでした。
1日の汚れを夜に落とすという形で、夜にのみ洗顔フォームを使ってしっかりと洗うようにしていました。

ついニキビをつぶしてしまったことも・・

特にこれといったニキビの対応は軟膏クリームを塗る程度でしたが、一時ひどい状態はあったものの、時間がたつにつれ落ち着いていきました。
つぶさないようにとは思っていたものの、やはり気になって触り、結果つぶしてしまうこともあり、きっとニキビ跡は残ってしまうだろうと思っていましたが、幸いにもニキビ跡が残るということもありませんでした。
実家で母が作るご飯を食べており、インスタントラーメンやポテトチップス等を食べなかったため、よくなったのではないかと思っています。

高校生になるころにはだいぶ治まっていました。特にこれといった対策はしていませんでしたが、おそらく食生活のおかげかと思います。添加物等の入った食事をとることが少なかったのが理由ではないかと思います。
今は顔にはほとんどできなくなりました。たまに顔や背中、お尻等にできることがあります。
それについても何も対策をしていない状態で、時間の経過とともに治るのを待っています。
頻繁にできるわけではないため、ニキビ用の薬を買うことはしていません。

汗をかいた後にはちゃんと洗顔をしておけばよかった

汗をかいた後はきちんと洗顔フォームで洗顔をしておけばよかったと思います。
また、たとえニキビが気になったとしても、触ってしまわないような工夫ができていれば、おでこが真っ赤になることも、長期にわたってにきびがある状態にならずに済んだのではないかと思います。
ニキビのでき始めは、赤く腫れあがって少し痛みを感じる時もあるため、気になって触ってしまいますが、そこを触らないような工夫をする、そもそも触らないようにすると言った対策が打てていればと思っています。

中学生 にきび 洗顔 おすすめ

 

女性:中学生の頃にほっぺたにニキビが沢山

ニキビについて悩み始めたのは中学生の頃。
高校受験を控え、日々のストレスと安定しない生活サイクル、荒れた食生活により、今まで縁のなかったニキビが出来始めました。
頬骨の上、丁度頬杖をつくあたりにいつも複数のニキビができており、勉強にも集中できず、イライラしてつい潰してしまうと今度は痛み、膿が飛散しまたニキビが増えの繰り返し。
ぬるま湯で顔を洗うだけでは無くならず、友人に相談できる話でもなかったため、一人で考え込んでいました。
ニキビへの対策はなかなか人には聞けない上、周りの目が気になり、精神的にも辛いものがありました。

ニキビ洗顔は水でもお湯でもダメ

水で洗うと毛穴が閉まってしまい、お湯で洗うと毛穴が開きすぎて油も全て流れてしまいかえって肌が脂ぎり良くないと知ったので、いつも人肌より温かい程度のぬるま湯で洗顔をしていました。
勿論、ぬるま湯だけではニキビは無くならないため、洗顔用のフォーム、ナイーブを使って「ニキビを無くす」だけではなく「角栓を洗い肌膚そのものを清潔に保つ」ようにしていました。
洗顔フォームは香りや効果、使用後の感覚もそれぞれ違いますが、お試し用の小サイズで自分の肌と相性の良いものが判明してからは、自分に合うものだけを一種類のみ使い続けるようにしました。
洗った後乾燥気味な方は保湿効果があるしっとりタイプ、元々脂っぽい方はすっきりタイプを選ぶと良いと思います。
また、洗顔時は手をしっかりと洗い、雑菌を顔に塗るといったことがないようにしてから、手で泡立てて洗っていました。スポンジも良いですが、つい擦りすぎてニキビを潰してしまっては本末転倒ですので、手で確認をしながら優しく洗うことをおすすめします。
洗顔後はタオルで拭きたいところですが、私はティッシュを軽く押し付ける作業を2回繰り返して終わりにしていました。何故ならば、タオルは菌の温床だからです。ご自宅で使用されている洗剤によっては殺菌効果が高いものもあるかと思いますが、確実とは言えませんし、タオルによってはゴワゴワしていて肌を痛めてしまうこともあります。その点、ティッシュであれば確実です。一度の洗顔で2枚も使うなんて勿体無いという方はタオルでも良いかと思いますが、実体験では、タオルを使っていた頃よりもティッシュを使い出してからの方が確かに早くニキビが治りました。そして勿体無いからとタオルに戻った途端、プツプツとまた出来始め、以前の状態に。
ご自宅の環境にもよると思いますが、拭く際は擦るのではなく軽く押し付ける程度にした方が良いようです。

朝はぬるま湯のみ、普段顔を洗うのとなんら変わりなく目覚ましも兼ねて洗っていました。
日中は汗をかいたら水で。汗拭き用のタオルは必ず清潔なものを携帯していました。顔を擦るのではなく、ポンポンと軽く押し付ける要領で拭いていました。パウダーファンデーションを塗るのと同じです。あくまでも水気を取るだけにしました。
夜、お風呂の時間に洗顔フォーム「ナイーブ」を使い、ぬるま湯で洗顔。素手で泡立て、優しく洗うことを心がけました。

自分に合った洗浄力の洗顔剤に出会えた!

結論から言うと解決しました。
解決に繋がった対策はまず始めに自分に合う洗顔フォームをお試し用で見つけたこと、それを一途に使い続けたことだと思います。治らないとあれこれ試したくなりがちですが、ただでさえ肌が痛んでいる状態で様々な洗顔フォームを日々変えていくのは肌に悪い影響しか与えません。お試しという最低限の回数で抑え、洗顔の仕方にも気をつけながら1週間ほど続けたところ、徐々にニキビも減っていきました。2週間を過ぎる頃には1つあるかないかまで落ち着き、ニキビで悩むことで感じていたストレスは減り、気持ちもやや落ち着き冷静になれたと思います。それを機に荒れていた食生活も見直し、再発することがないよう努めました。

上記の方法で洗顔を始めて2週間程度で完治しました。その後、顔を拭く際にティッシュを用いていたのを勿体無いからとタオルに戻し、再発。慌ててティッシュに再度切り替え、洗顔を続けて1週間程度でまたニキビの姿は見えなくなりました。
当時とは環境も大いに違いますが、現在もニキビ対策はしています。ぬるま湯での洗顔と、擦りすぎないこと。拭くときはティッシュで軽くポンポンと押し付けるに止めること。歳を重ねて乾燥肌になってきたので、今は保湿も忘れずに行なっています。

ニキビ対策は焦らずコツコツ、バランスよく

ニキビはなかなか人に相談しづらく、お化粧で隠しても実際には消えておらず誤魔化しているに違いなく、とにかく周りの目が気になります。
また、出来るだけ急いで治したいが故に、焦ってあれこれ試してさらに肌を痛めてしまう方も多いことと思います。
急がば回れ、時間はかかりますが、確実に治した方が再発もしにくく、かえって早く問題が収束するケースが圧倒的に多いと私は思っています。
地道に毎日コツコツと丁寧な洗顔を重ねて、しっかり治して、自分に自信を持ってください。応援しています。

中学生 にきび 洗顔 おすすめ

 

女性:中学2年生の頃からあごニキビがひどかった

中学2年生頃から、アゴが異常にひどかったです。
主に白ニキビが複数、常にアゴにできている状態でした。アゴの大半にニキビが広がり、白くポツッとなっている周りは赤く炎症を起こしていたので、かなり目立ってしまっていました。髪で隠せる場所ではなかったので恥ずかしかったです。ニキビが大きいと潰してしまい、そこからまたニキビができる悪循環でした。炎症も治ることがなく、ニキビ痕も目立つようになり、アゴだけボコボコになりました。

ランキングにあるニキビ用洗顔フォームをひたすら試した

「ニキビにいい」とゆうようなキャッチフレーズが書いてある洗顔フォームをひたすら試しました。
手で洗うとどうしても強めにこすってしまうので、こんにゃくパフを使い、優しく洗うようにしました。
洗顔後は毛穴を冷水で締めるといいと聞いていたので、洗顔フォームをお湯で流した後にに氷水を入れた洗面器に顔を浸しました。

洗顔後は清潔なタオルで拭くのことを心がけ、しっかり化粧水をつけました。
そして、枕にも清潔なタオルを敷いて寝るようにしました。

基本的に朝と夜の1日2回です。
夜はまずクレンジングでとても軽く顔を洗ってから、ニキビにいいと書いてある洗顔フォームを使用。週に1回程度、ピーリングを使用していました。
クレンジングはオイルではなく、ジェルタイプの軽いタイプを選びました。
朝は夜と同じ洗顔フォームのみを使用。ですが、おでこと?は泡を乗せるだけで擦りはせず、小鼻周りとアゴの気になる部分のみ、軽くこすりました。
朝夜ともに、最後は氷水で毛穴を締めることを意識しました。

ゴシゴシ洗いをやめ、氷水で冷やす

高校生になる頃にはだいぶ目立たなくなりました。
清潔を毎日保つようにし、ゴシゴシこすることなく優しく洗ったのと、氷水が効いたのではないかと思います。
ニキビを気にして洗顔方法等を意識するようになってから、ニキビを潰したり、顔を必要以上にさわったりすることをやめたのも改善の要因だと思います。何回も同じくらいところにニキビが出来たり、炎症を起こして赤くなることもなくなったので、結果、続けた洗顔方法が合っていたことになりました。

今もまだ、顔の中でアゴにだけニキビができます。
ですが、決して触ることなく、きちんと対策をすると1日でニキビがなくなるので、あまり悩むことはありません。
クレンジング→洗顔は丁寧に、手で洗うのではなく泡で洗うように意識することが大事です。
流しもしっかり丁寧に。今は氷水は使ってませんが、冷水ですすいでいます。
そのおかげか、おでこや?など、一般的にニキビが出来やすいといわれている箇所にニキビが出来ることはほとんどありません。

ニキビがひどくなる前に、ちゃんとした洗顔習慣を

ニキビがひどくなって、このままじゃヤバい!どうしよう!となる前に、きちんとした洗顔習慣をつけていればよかったと思います。
どうにかしようと潰したり触ってしまっていたことも、後悔しています。
そのせいで、当時潰したニキビ跡がまだ消えてない箇所があり、化粧をするたびに隠すのが大変です。
ただ、ニキビがひどくなった時期があったお陰で洗顔習慣が身につき、スキンケアにも興味を持つようになりました。継続は力なりだと感じております。

 

中学生 にきび 洗顔 おすすめ

 

ニキビに対する洗顔の体験談からみつける、おすすめの洗顔方法は?

以上、5名の方の洗顔の体験談ですが、
ここから分かることがいくつかあります。

適当な洗浄力の洗顔せっけんや洗顔フォームを使っていてもニキビの解決は難しい

ドラッグストアで簡単に手に入る洗顔石鹸などは
軽いニキビの場合は大丈夫かもしれませんが、
ある程度ヒドイニキビになると効果があまりありません。

ドラッグストアに売っているということは誰でも買えるし、
誰が使っても問題になることはないようにする分、効果も抑えたものになってしまいます。

だから軽いニキビの場合は大丈夫でも
赤ニキビが沢山あったりしている状態だと効果を感じられないかもしれません。

ゴシゴシ洗いはダメだけど、朝晩は必ずしっかり洗顔を

朝は汚れていないようで、意外と寝ている間の汗やホコリでお肌も汚れています。

なのでそれをまずは朝しっかりと洗顔することで落とし、
保湿や必要に応じてニキビ用の薬用クリームなどを使います。

夜寝る前は1日の汚れを落とすためにやはりきちんと洗顔を。

また、学生でしたら、体育や部活などで汗を書いてしまった場合にも
そのまま放置するよりは、軽くでも洗顔をしておいた方がよいでしょう。

朝の洗顔は目を覚ますため、と、冷たい水で洗う方もいますが、
汗や汚れを落とす前に水で毛穴を締めてしまっては意味がありません。

熱すぎてはダメですが、ぬるめのお湯でまずはしっかり洗顔をし、
冷たい水で引き締めるのは洗顔石鹸の泡などをしっかり落とした後にしましょう。

洗顔剤だけではなく美容液もセットでつかう

洗浄力や洗浄成分をしっかりチェックするのは大事ですが、
洗顔した後のケアも大事です。

洗顔後はちゃんと保湿したり、
ビタミンCなどの美容液などをセットで使うなどして
ニキビケアの効果を高めましょう。

まずは自分に合った洗顔剤をみつける

お肌の状態は1人1人違います

敏感肌だったり乾燥肌だったり皮脂が多かったり・・
それ以外にもお肌のバランス状態はみんな違います。

また洗顔剤によって成分や配合も商品によって様々です。

なので、誰かがいいといった洗顔剤が、自分が使っても同じ効果があるとは残念ながら言えません。

だからこそ、何よりもまずは本当に自分に合った洗顔剤をまずは見つけることが先決。

今は多くの商品でお試し用に小さいサイズで手に入れることが出来たり、
また初回はお手軽な値段で購入できたりしますので、それで試してみてください。

ただし、1回使ったくらいでは効果も感じられないのは当たり前なので、
1週間くらいは試してみて欲しいと思います。


 

1週間たっぷり試せるトライアルセットでまずは体感してみませんか?


 

先に試した方の喜びの声が続々届いてます!

  • 1番感動したのはクレイウォッシュ!泡立てる手間が省けるのに洗い流した後にこれまで感じたことのない肌感
  • エステに通うよりも安く効果が得られるのでは
  • 肌がきれいになったと言われます
  • ついつい肌を触ってしまいたくなるような感じ
  • ビーグレンを使いはじめて3か月。今ではとてもきれいになりました。
  • 私より家族が一番驚いて「それだけの価値はある」と感じました。
  • 起きたら布団の中で顔を触って新しいニキビが出来てない事に喜び、
    鏡の前でニキビ跡が薄くなっている事に喜べる!こんな日が来るなんて!
  • Cセラムをつけると、なぜかできたニキビが落ち着く
  • 手でタッピングしてるうちにモチモチ肌に
  • 洗顔をして目を開けた瞬間から、「あ、違う!!」と実感
  • 使い続けて四ヶ月、その手応えは確信へと変わった。
  • 数日だけのトライアルに正直、期待はしていませんでしたが…、ところが!
    「出会えてよかった!」。1週間で効果を実感
  • トライアルでここまで体感できるとはすごく嬉しくびっくりでした

まずは気軽に試してみよう!

お試しセットはこちら →

1週間たっぷり試せるトライアルセットでまずは体感!

 

こちらのページもどうぞ

ニキビ専門外来でももらった薬は全く効かず・・

今回は30代でニキビができ、ニキビ専門外来でももらった薬は全く効かず、 今はそのニキビ跡に悩んでいる、という方のお話です。 3年ほど前に突然の大量ニキビに悩んだ30歳代のユキエです。 最近、夫の転勤のため最近自分の仕事を […]

敏感肌でメイクで隠せず、帽子をかぶってやり過ごすことも

今回は、秋冬など乾燥の季節になるとニキビができやすい、 という方のお話です。 37歳の兼業主婦(女性)で、AWと申します。 海外在住で子どもがまだ小さいため、クラウドソーシングでの在宅ワークにいそしんでいます。 &nbs […]

鼻に面疔(めんちょう)らしきものができたら!?

鼻にできるデキモノといえば、ニキビだけでなく面疔(めんちょう)もあります。   黒ニキビや白ニキビの段階であれば、「これは間違いなくニキビ」と判断できるのですが、 膿を持った赤ニキビができてしまった場合は、面疔 […]

ピーナッツを食べると次の日にはニキビができてしまう

今回はピーナッツを食べたら次の日にはニキビができてしまう、 という方のお話です。 私は今年で33歳になる男です。 仕事はリネン関係の営業職をしております。 既婚で小学生と幼稚園の息子がいます。   ニキビは中学 […]