1週間たっぷり試せるトライアルセットでまずは体感してみませんか?


 

先に試した方の喜びの声が続々届いてます!

  • 1番感動したのはクレイウォッシュ!泡立てる手間が省けるのに洗い流した後にこれまで感じたことのない肌感
  • エステに通うよりも安く効果が得られるのでは
  • 肌がきれいになったと言われます
  • ついつい肌を触ってしまいたくなるような感じ
  • ビーグレンを使いはじめて3か月。今ではとてもきれいになりました。
  • 私より家族が一番驚いて「それだけの価値はある」と感じました。
  • 起きたら布団の中で顔を触って新しいニキビが出来てない事に喜び、
    鏡の前でニキビ跡が薄くなっている事に喜べる!こんな日が来るなんて!
  • Cセラムをつけると、なぜかできたニキビが落ち着く
  • 手でタッピングしてるうちにモチモチ肌に
  • 洗顔をして目を開けた瞬間から、「あ、違う!!」と実感
  • 使い続けて四ヶ月、その手応えは確信へと変わった。
  • 数日だけのトライアルに正直、期待はしていませんでしたが…、ところが!
    「出会えてよかった!」。1週間で効果を実感
  • トライアルでここまで体感できるとはすごく嬉しくびっくりでした

まずは気軽に試してみよう!

お試しセットはこちら →

1週間たっぷり試せるトライアルセットでまずは体感!

 

鼻のニキビで膿があるものは要注意!

鼻のニキビの中でも、膿が詰まって腫れているようなニキビは要注意!

 

それは、ただのニキビではなく、「めんちょう」かもしれません。

めんちょうとは、顔にできるおできのこと。

毛穴が詰まってできるニキビとは異なり、
もっと奥深いところが化膿しておできになっている状態のものなんですよ。

 

で、このめんちょうのもっとも怖いところは・・・

「昔はめんちょうを潰したことで、死んだ人までいた」

というところです((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

 

めんちょうはニキビよりも奥深くに発生するだけに、下手に潰すと感染症などを引き起こしやすいんですよね。

しかも、「顔にできるおできで、奥深い」となると、脳などに影響を与えやすいという位置になってしまうのです。

そのため、抗生物質などがなかった昔の時代には、
めんちょうを潰して髄膜炎や脳炎を併発し、亡くなった人も居たというわけなんですよ。

 

めんちょうとニキビの見た目の区別は、素人ではつきにくいことも多いです。

表皮近くにすぐ白い角栓が見える白ニキビであれば、区別はつきやすいんですが、
膿を持つ赤ニキビ状態のものだと、めんちょうと区別がつきにくいんですよ。

 

ですから、鼻にニキビができて、それが膿を持っている状態の場合は、絶対に潰さないこと!

そして、できるだけ早めに皮膚科の医師に診てもらうことが大切です。

もしその鼻ニキビがめんちょうだった場合、抗生物質の飲み薬や塗り薬を処方してもらうのが一般的ですが、重度の場合は切開して膿を取り出すという処置がほどこされます。

 

診断してもらった結果、たとえ「めんちょうではなくニキビだった」という結果が出たとしても、
皮膚科でニキビ用のお薬も貰えるので「皮膚科に行ってソンはない」というわけです。

 

鼻は顔の中心に位置し、目立つ部分だけに、
たとえニキビであっても膿を潰して、色素沈着やクレーターなどの痕が残ると、
その痕も非常に目立つものとなってしまいます。

 

数あるニキビの中でも、「膿を持つ鼻のニキビ」については、
もっとも慎重に対処すべきものだということを、覚えておきましょう。

鼻のニキビは内側にもできる!?

鼻のニキビといえば、鼻の外側にできるものばかりを想像してしまいますが、
実は鼻のニキビは鼻の穴の中・・・
つまり、鼻の内側にできてしまうこともあるのです。

 

鼻の内側のニキビは、外側のニキビよりもさらにやっかいです。

 

なぜかというと・・・

 

鼻というのは、人体のフィルター的な役割を担っています。

外の汚れた空気を吸った時、鼻毛でホコリやウイルスをブロックし、
なるべくきれいな空気だけを体内に入れる、という働きをしているんですよ。

 

つまり・・・
ホコリやウイルスを鼻毛でブロックする鼻の穴の中は、どうしたって清潔さを保つのが難しいわけです。

 

それに、市販のニキビ対策用スキンケア用品も、
鼻の外側にはつけられますが、鼻の内側につけるのは基本的には想定外です(^ ^;)

 

実際、鼻の内側に美容液やクリームをつけるとか、考えませんしね。

仮につけたとしても、鼻がそれを異物と判断して、
鼻水を分泌させ、さっそく洗い流してしまうことも少なくありません。

 

そして何かの対処をしようといろいろ頑張って、
鼻の内側のニキビを刺激し続けているとますます悪化するという悪循環に陥ります。

 

さらにもし、「鼻の内側のニキビ」だと思っていたものが、
実は感染症を引き起こす可能性のある「めんちょう」だったら最悪です。

めんちょうはニキビより深いところにできて、下手に潰すと
雑菌が脳などに影響を与える可能性がありますからね。

ですからその点を考えても、鼻の内側のニキビへの刺激はご法度!というわけです。

 

結論から言うと、個人でできる鼻の内側のニキビの対策は、
「綿棒に消毒液をつけて消毒してみる」ということくらいです。

これで様子を見て、改善されないようなら、早めに医師に診てもらった方がいいでしょう。

鼻の内側のニキビは、場所が場所だけにどうしても外側からのケアに限界があるため、
抗生物質を服薬するなど、体の内側からのケアをしたほうが、断然治りが早いはずですよ。

鼻ニキビの治し方

鼻のニキビの治し方は、「ニキビができたら下手にいじらない」というのがまず基本。

 

鼻のニキビは、ニキビの下にすぐ鼻骨がある、ということもあり、
ちょっと触っただけでも「指と鼻骨にニキビが挟まれる」という状態になってしまい、
強い刺激を感じてしまいます。

 

鼻ニキビが白ニキビ・黒ニキビのレベルであれば、うるおいが保てるクレイクレンジングで汚れをしっかり吸着させて落とせばOK!

 

鼻ニキビ撃退!週に1度のスペシャルケア

 

bglen クレイクレンジングでのスペシャルケア

 

やり方は簡単です♪
クレイクレンジングを顔に広げたら、そのまま湯船で5分ほどおいてから洗い流す
これだけです。

bglen クレイクレンジングでのスペシャルケア

 

ポイントは、

「湯船につかって、湯気などでしっかりと毛穴に詰まった角栓が柔らかくなる状態にしてから洗顔すること」

 

いくらきちんと洗顔しても、角栓が冷えて硬い状態だときちんと洗い流せません。

角栓は皮脂とアクネ菌などが混じったもの、
つまり皮脂の油分が多いので、温めて柔らかくするほうが洗い流しやすいのです。

 

5分くらい置いた後流すと、毛穴の中がすっかりキレイになります。

1度だけじゃ分かりにくいかもしれないけど、
だんだん毛穴が小さくなっていくのが分かりますよ!

 

次の鼻ニキビを作らせない!

「新たな鼻ニキビの出現」をこれで少しでも抑えないと、いつまでたっても鼻ニキビに悩まされることになります。

なので結局はお肌を正しい状態に戻してあげるというのが、もっとも重要だったりします。

 

ストレス等をできるだけ亡くして、体の中からのケアはもちろん、
洗顔や化粧水、美容液などをきちんとチョイスして使ってあげましょうね!

 

スペシャルケアに使ったクレイクレンジングはこちら!

bglen ニキビケア

生理が始まるとニキビも始まる

今回は生理が来るとニキビもひどくなるというお悩みを持つ
女性の方のお悩みです。

私は30歳の女性のパート事務員のアルノーと言います。
肌質は混合肌で、実年齢よりも見た目は若く見られることが多いです。

 

元々肌が白く、顔が赤くなりやすいことに悩んでました。

また、顔の産毛が女性にしては濃いほうなので、
中学生ながら剃刀で顔の産毛の処理をせざる負えない状況に悩んだりも。

 

私の母親が思春期の頃ニキビに悩んで皮膚科に通っていたお話を聞いていたので、
大変だなと他人ごとのように思ってました。

ニキビに関しては、男性ホルモンが多い男子が悪化しやすく、
思春期を過ぎれば自然に治るものだろうと簡単に思ってました。

 

中学1年生の頃までは綺麗な肌だったのに、
生理を迎えた中学2年生の夏頃か
ら額や頬にニキビができるようなったのが始まりです。

 

鏡で見て何これとは思ったけれど、すぐに治るだろうと思って、安易に考えてました。

額に白い小さなニキビが重なるように数個あったので、
外では髪の毛で隠せるし、白ニキビだから目立たないし、
綺麗に洗顔していれば自然治癒するだろうと・・

面と向かって見たくはなかったので、鏡をなるべく見ないようにしてしてました。

 

母親に相談し、思春期ニキビに効果的だとされる洗顔や化粧水を購入したり、
ドラックストアで自分でニキビに効くべたつかない塗り薬を購入したり。

友人にニキビができることがあるかという質問はしたけれど、
見た目的に皆肌が綺麗な友人ばかりだったので、
自分は恥ずかしくて相談するまでに至らず、母親のみに相談してました。

 

その場にできていたニキビは治ったけれど、今度はニキビが頬にでき、
頬が治れば他の場所にニキビができるという、
常に顔のどこかにニキビができているという悪循環に陥り、
どこができてどこができたのかがよくわからない状況になりました。

ただ、ニキビは白ニキビから赤ニキビに進化することはあったけれど、
紫ニキビや黒ニキビや膿んだニキビにはならなかったです。

 

思春期ニキビは20歳の頃に落ち着いて、額や頬には滅多にできなくなったのが嬉しかったです。

青汁とビタミン系サプリメントを飲み、化粧品をニキビに良いものに変えたことが良かったかもしれません。

しかし、25歳を過ぎた頃から、今度は鼻の下と顎の大人ニキビが生理前にひどくなるように。

生理時期を過ぎれば問題ないのですが・・

 

生理中はニキビに限らず、いろんなお肌トラブルに悩む方は多いです。

ニキビは薬ばかりに頼るのではなく、
生活習慣の食事・運動・睡眠を見なおさなければ完治は難しいです。

薬はあくまで炎症を抑えるものなので、
その後はニキビができにくいお肌を目指したケアが重要ですよ。

20歳過ぎてからニキビに悩むように

今回は、ずっとオイリー肌だと思っていろんな洗顔材を試したけど
中々治らなかったという方のお話です。

初めましてモモンガと申します。
36歳会社員で女性です。
静岡市にある大手食品会社の営業兼事務として働いています。

22歳くらいの大学生の時から気なりだし、
大人になってからニキビがひどくなるようになりました。

 

ニキビができる前は若かったのもあって、オイリー肌でした。

特に真冬の暖房の効いた部屋で作業をした日などにはお昼頃に鼻の頭がテカテカになって、
あぶらとり紙を使って化粧直しをしないと恥ずかしいくらいの肌でした。

高校生まではニキビがひどくなかったので、自分には無縁なことだと思っていました。

テレビのCMなどでニキビ専門の化粧品について見るたびに、
ニキビがある人は相当大変なのだろうとまさに他人事のように思っていました。

 

二十歳を過ぎてからニキビができるようになって、
初めて顔に白ニキビを見つけた時にはショックでした。

それと同時にニキビに関する知識があまりなかったので、
ニキビは赤いものだと自分で思い込んでいました。

顔の額や背中にかけて白いボツボツしたニキビができるようになってとてもショックでした。

ニキビは痛痒かったのでお風呂に入るたびに憂鬱でした。

 

それまで全くニキビに関して知識がなかったので、
まずテレビCMで宣伝しているようなドラッグストアで気軽に買える洗顔料を試して見ました。

最初に購入したのは「クレアラシル」でした。

高校生の時などCMで見たのを思い出して自分にももしかしたら効くかもしれないと思ったからです。

「クレアラシル」の洗顔料とオロナイン軟膏を使いました。

 

「クレアラシル」の効果があったかどうかは不明です。

洗顔後に肌がスーッとしましたが、
使ったことで白ニキビが減ったかというとそうではありませんでした。

清潔に保つという意味では良かったのかもしれませんが、私のニキビに対しては全く意味がなかったです。

オロナイン軟膏については使うことで白ニキビがウジウジする感覚を鎮めるのには役に立った気がします。

 

ある時ニキビの件でなくて皮膚科に行った時に、
皮膚科の先生に白ニキビについて聞かれて悩んでいると答えました。

すると、どうやら敏感肌による肌荒れが原因かもしれない、と言われました。

中高生の頃はオイリー肌だったので、
脂っこい肌だからニキビができたんだと思い込んでいたのでびっくりしました。

 

私のニキビについての認識が間違っていたことで、ニキビが中々治らなかったのかも・・

 

ニキビができた時にまず考えたいことは、自分のニキビのタイプがどれかということ。

つい、ニキビにはお肌の皮脂を取り除くことばっかり考えがちですが
洗顔力の強いものを使うことで逆効果になることもあります。

汚れはしっかり落としつつ、必要なうるおいは残す。
清潔と保湿を心がけるようにしてくださいね。

[反省]ニキビを隠したりつぶしたり悪影響なことばかりしてた

今回は、元々色白でキレイなお肌だったためにニキビの知識がなく
つぶしたり隠したりして余計悪化させてしまった、という方のお話です。

こんにちは。
主婦兼販売系のパートの仕事をしている49歳です。

 

小さい頃から色白で肌がキレイと言われていましたので、肌にはとても自信がありました。

そのため肌の悩みは何もなく、自分には無関係で、特にケアする必要はないと思っていました。

 

だから、ニキビができる人がかわいそうに思っていました。

肌状態は遺伝によるものだと思っていましたし、
それでもニキビができるということは、いかに肌を清潔にしていないのか、と少し不信感を抱いていました。

 

ニキビが酷い人のことをちょっと軽蔑していたかもしれません・・

勿論、ニキビに対しての知識は全くありませんでした。

 

ニキビができ始めたのは高校生になってから。

最初はあまり気になりませんでしたが、
20代になってから、ニキビが目立つようになったのでケアをするようになりました。

ニキビができる前はとても肌状態が良く、乾燥肌でも脂っぽい肌でもありませんでした。

 

だから、初めてニキビができた時は凄くショックでした。

 

きちんと洗顔をして、肌を清潔にしていたつもりでしたが、
ついに顔の頬に赤い大きなニキビができてしまった時には、ニキビが恥ずかしくて、
どう隠そうかとばかり思っていました。

ニキビの知識もなかったし、
最初はニキビを潰してしまい、悪化させてしまったり、
今から思えば、ニキビに悪影響なことばかりしてしまってました。

結局、皮膚科に行って、ニキビケアのことを教えてもらいました。

 

最初は全く気にしていませんでしたので、いつも使用している洗顔剤を使い、化粧水はあえて使用しませんでした。

その結果、余計にニキビが悪化した感じがして、
母に相談したところ、きちんと化粧水などをつけて基本的な肌ケアをしたほうが良いと言われ、
ニキビに良いと言われる化粧品を化粧品売り場の担当者に相談して商品を選んでもらい、使う事にしました。

 

だけど、その化粧水や乳液をつけても、なかなかニキビが治ることはありませんでした。

 

それよりも化粧品を使うと余計にニキビが悪化したような感じでしたので、
ニキビが酷い時は、皮膚科で処方された塗り薬以外は何もつけずに様子を見ました。

 

今でも完全にニキビが完治してませんが、
最近は、ニキビケア用として販売されている化粧水を使うことで、大分ニキビは少なくなりました。

 

顔の乾燥肌や肌トラブルには悩んでいますが、以前よりもよくなったので、
これからもよりよい効果を目指して頑張っていきたいなと思っています。

今さらですが、もっと早くからきちんとしたケアをしておけばよかったとしみじみ思います。
ニキビに対しても、もっと色々勉強しておくべきでしたし、ケアしておくべきでした。

凄く反省しています。

 

自分は大丈夫と軽く考えていないで、肌対策は早いうちからしておくべき。

ケアが遅いと、それだけ回復に時間を費やし、
シミやしわなど、色々な悩みも増加します。

そのため早く自分に合った化粧品を見つけて、丁寧なケアすることで、
いつまでもキレイな肌をキープできますよ。