1週間たっぷり試せるトライアルセットでまずは体感してみませんか?


 

先に試した方の喜びの声が続々届いてます!

  • 1番感動したのはクレイウォッシュ!泡立てる手間が省けるのに洗い流した後にこれまで感じたことのない肌感
  • エステに通うよりも安く効果が得られるのでは
  • 肌がきれいになったと言われます
  • ついつい肌を触ってしまいたくなるような感じ
  • ビーグレンを使いはじめて3か月。今ではとてもきれいになりました。
  • 私より家族が一番驚いて「それだけの価値はある」と感じました。
  • 起きたら布団の中で顔を触って新しいニキビが出来てない事に喜び、
    鏡の前でニキビ跡が薄くなっている事に喜べる!こんな日が来るなんて!
  • Cセラムをつけると、なぜかできたニキビが落ち着く
  • 手でタッピングしてるうちにモチモチ肌に
  • 洗顔をして目を開けた瞬間から、「あ、違う!!」と実感
  • 使い続けて四ヶ月、その手応えは確信へと変わった。
  • 数日だけのトライアルに正直、期待はしていませんでしたが…、ところが!
    「出会えてよかった!」。1週間で効果を実感
  • トライアルでここまで体感できるとはすごく嬉しくびっくりでした

まずは気軽に試してみよう!

お試しセットはこちら →

1週間たっぷり試せるトライアルセットでまずは体感!

 

隠れニキビの治し方

隠れニキビがあると、いつまでたってもニキビ肌から解消されません。

隠れニキビを治し、さらに隠れニキビができにくい肌状態に仕上げていくためには、

 

  • 毛穴を詰まらせる要素を作らない
  • 肌に刺激を与えない
  • 肌を乾燥させない
  • 肌を清潔に保つ

 

という4点が特に重要になってきます。

 

まず、毛穴詰まりについては、特にメイク時に注意したいですね。

パウダーファンデーションを軽く肌の上につける程度なら毛穴詰まりのリスクは低いですが、
リキッドファンデーションを念入りにすりこんだり、
パウダーファンデーションの「のり」がわるいからと、何度もこするように重ねづけしてしまうのはNGです。

 

次に「肌に刺激を与えない」「肌を乾燥させない」「肌を清潔に保つ」の3つについては、
洗顔とスキンケアに特に注意する必要があります。

清潔さを保とうと思って洗顔をあまりゴシゴシ念入りにやると、
肌への刺激が強いだけでなく必要な角質もはがれ、
肌の乾燥による毛穴の開きを生み、それが毛穴詰まりを起こしやすくしてしまいます。

 

肌の乾燥といえば、クレンジングについても、洗浄力の高いオイルクレンジングは肌乾燥を加速させる要素となりますので、できる限りジェルタイプのクレンジングを使いたいものです。

また、前髪を下ろしたり頬杖をついたり、というのも、肌への刺激や清潔さの面で問題となってしまいますので気をつけましょうね。

 

こちらのページで『隠れニキビ診断』をして、
あなたのお肌をチェックしてみましょう!

 

ニキビは早め早めの対策がカギ!

ニキビを放置しておくことで、トラブルが起きやすいお肌になってしまいます。
ニキビは早く対策をとれば早く結果も出ます。
ニキビ跡を作らないためにも普段から清潔と保湿を心がけましょう☆

ニキビ対策のための抗生物質は市販薬には入っていない!?

ニキビ対策のために期待できる成分のひとつが、抗生物質。

抗生物質はその種類によって働きはさまざまですが、

  • ニキビの炎症の原因となる物質の増殖を抑える
  • 皮脂の過剰分泌を抑制する
  • 雑菌繁殖によるニキビの悪化・化膿を防ぐ

など、いずれにしてもニキビ対策としては有効な効果が期待できるのです。

ですからニキビができたら早めに抗生物質を・・・

と考えたくなるのですが、
残念ながら私たちが薬局で買えるニキビ用の市販薬については、

「抗生物質は配合されていない」

と考えたほうがいいでしょう。

 

ドラッグストアなどで購入できるニキビ用の市販薬には抗生物質は、ほぼ入っていません。

 

そもそも
抗生物質は長期服用するとニキビの雑菌耐性をつけてしまい、効果が出なくなってしまう
という性質も持っています。

 

なので、私たちができる日頃のケアとしては、

ニキビを作らせない・ニキビを抑える肌つくり

が基本となります。

 

特に大人ニキビの場合には、単に皮脂を落としてくれるだけのニキビ用洗顔材ではちょっと不満・・です。

大人ニキビの場合は皮脂の分泌が多いのではなく、乾燥やターンオーバーの狂いなどが原因となっていることが多いです。

余分な皮脂や汚れはしっかり落とすけど、必要な潤いは残してくれる、
そういうアイテムがオススメ!

 

余計な皮脂や汚れだけを狙い撃ちで落としてくれて、潤いは残してくれる、
そういう洗顔を心掛けましょう。

 

ニキビは早め早めの対策がカギ!

ニキビを放置しておくことで、トラブルが起きやすいお肌になってしまいます。
ニキビは早く対策をとれば早く結果も出ます。
ニキビ跡を作らないためにも普段から清潔と保湿を心がけましょう☆

しこりが消えないニキビの正体は!?

通常のニキビであれば、ニキビそのものが治ると、そのニキビの中にあったしこりも徐々に治まっていくものですが、
中には「何年たってもしこりが消えない」というニキビに悩まされている人もいます。

 

もちろん、そのしこりには
「ニキビが出来ている間に触りすぎたりして、その部分の皮膚が厚くなって硬化してしまった」
などといった理由もあるのですが、
「決して皮膚などではなく本当に中にしこりがあって、しかもそれがずっと消えない」
というのであれば、それはひょっとしたらニキビではなく粉瘤(ふんりゅう)かもしれません。

 

粉瘤の特徴としては

  • 毛穴のようなものが見えるのに、搾ってもそこからしこりの中身が出てこない
  • 毛穴のようなものが2つ見える

などといったものがあります。

実は粉瘤は毛穴よりもっと奥深くにできているので、
これはたとえ搾り出しても取れませんし、
ニキビではないのでニキビ薬も効かないんですよね。

粉瘤の問題を解決するには、

「粉瘤の部分の皮膚を切開して、しこりとなる膿などが溜まった袋を切除する」

などといった対策が必要となります。

ですからあまりにも長くしこりが消えないニキビがあった場合は、一度皮膚科に診てもらうといいでしょう。

 

ニキビは早め早めの対策がカギ!

ニキビを放置しておくことで、トラブルが起きやすいお肌になってしまいます。
ニキビは早く対策をとれば早く結果も出ます。
ニキビ跡を作らないためにも普段から清潔と保湿を心がけましょう☆

にきびをつぶす器具

「にきびはつぶしてはいけない」というのが定説ですが、
実は自分でつぶしてもリスクが少ないにきび、というものもあります。

それは・・・「毛穴から黒ずんだ角栓が見える」という状態の、いわゆる黒にきび。

腫れや赤み・膿の発生を伴わない黒にきびの段階であれば、自分でつぶして角栓を取ることも可能なのです。

 

ただし・・・黒にきびはつぶしてもリスクが少ない、
といっても、素手で、ましてや爪を立ててぎゅーっとしぼり出すようなつぶし方は絶対にやってはいけませんよ。

そんなことをすると爪の圧力で皮膚組織が大きく傷つき、それが痕になって残ってしまうこともあります。

 

また、人の手というのは多くの雑菌がついていますから、素手でにきびをつぶすというのは衛生面でも問題があるわけですね。

 

そこで利用したいのが、市販されているにきびをつぶすための器具です。

 

ニキビ取り器具

取り扱いショップを見てみる →

 

この先端の穴の部分を黒にきびに押し付けると、
「穴の中に角栓がにゅっと出てくる」という状態になるので、これを取るわけです。

穴の周りが平面状になっているだけに、爪を立てて角栓をしぼり出すよりも、はるかに肌へのダメージが軽いのが最大のメリットです。

 

それに、にきびをつぶす器具はいいものであればきちんと抗菌加工されているので、雑菌繁殖のリスクも防げるというわけ。

 

にきびをつぶす器具を使うのは、お風呂あがりが最適!

体がよく温まって、角栓も温熱効果でやわらかく、出やすくなっているので、
器具の角栓押し出し効果が最大限に発揮できるわけです。

 

ただし、面白いように角栓が出てくるからといって、強い力でぐいぐい押すのは禁物!

無理に押すと、いくらにきびつぶし用の専用器具であっても、肌にダメージを与えることとなってしまいます。

 

それから、にきびをつぶす器具があっても、それで赤にきびや黄にきびをつぶすのは絶対にダメ。

これらのにきびはすでに炎症を起こして、真皮層の破壊までし始めている状態なので、むやみにつぶすとクレーター痕などが残りやすくなってしまいますよ。

 

ニキビは早め早めの対策がカギ!

ニキビを放置しておくことで、トラブルが起きやすいお肌になってしまいます。
ニキビは早く対策をとれば早く結果も出ます。
ニキビ跡を作らないためにも普段から清潔と保湿を心がけましょう☆

かゆみを伴うニキビにご注意!

ニキビの中には、かゆみを伴うものもありますよね。

ですがこの「かゆみを伴うニキビ」というのは、実はニキビの中でもかなり「要注意」という状態なんですよ。

 

何故かというと・・ニキビのかゆみとはニキビが炎症している1つの証拠だからです。

 

ニキビは、炎症があるかどうかで重症度がかなり違います。

炎症がある場合、膿が発生していたり、
もっと悪い場合は毛穴の周りの皮膚組織まで破壊していることもあるのです。

 

かゆみは肌の強い乾燥による過敏反応で引き起こされる時もあるので、
まずは「保湿性の高い化粧水や美容液などのローションパック」でしっかりとケアをしましょう。

 

まずは洗顔で保湿力を奪うことなく皮脂の汚れ等をおとして、それから炎症等を抑えるローション、そしてビタミンCたっぷりの美容液という組み合わせがベスト。

 

ニキビのかゆみには、まずは洗いすぎない洗顔 & 炎症を抑えるローション & ビタミンC の組み合わせで!

 

注意してほしいのは何でもかんでも、モコモコの洗浄力の強い洗顔フォームで洗えばいいってもんじゃないってこと。
お肌の乾燥をますます進めちゃいますよ(汗)

 

ニキビ肌には、するっと洗えて余分な皮脂や汚れだけ狙い撃ちで落としてくれるクレイ洗顔がオススメ。

 

クレイ洗顔といってもいろいろありますが、中には単なる「泥そのもの」ってだけのものも多いので注意してね!
(そういうのは洗面台やお風呂で使うと、泥遊びしたみたいな状態になっちゃいます・・)

 

安いものから高いものまで(^ ^;) いろんなクレイ洗顔を試しましたが、

 

今一番のお気に入りはbglenのクレイウォッシュ です。

 

ビーグレンのクレイウォッシュは汚れを落とすだけでなく、 汚れを落とした後、逆に持っていた保湿成分をお肌に置いていくらしい(スゴイ!)

 

bglen クレイウォッシュでのスペシャルケア

 

手に出した瞬間、他のクレイ洗顔剤とは違うってことが分かります。

泥の粒子なんかまったく見えないし、だからザラザラもしていません。

知らなかったら、ただの洗顔クリーム? と思っちゃうと思います。
それくらいクレイの粒子が細かいです。

 

 

同じクレイ洗顔でも泥でザラザラしている粒子の粗いものを使っては、逆にお肌を痛めてしまいますのでご注意!

 

トライアルセットにも当然入っていて、10日間実際に試してみることができます。

10日間使うだけでも効果がかなりハッキリと分かるので、ぜひぜひ試してみてくださいね!

 

ニキビは早め早めの対策がカギ!

ニキビを放置しておくことで、トラブルが起きやすいお肌になってしまいます。
ニキビは早く対策をとれば早く結果も出ます。
ニキビ跡を作らないためにも普段から清潔と保湿を心がけましょう☆

ニキビをつぶしてでも隠したかった

今回は小学生の頃からニキビができて
恥ずかしさのあまりマスクが手放せなかったという
男性の方のお悩みです。

はじめまして。私は29歳の男性です。

趣味はバイクとキャンプと映画鑑賞です。
副業に株式投資を少々行っています。普段は団体職員として働いています。

小学校、中学校はスポーツは水泳、サッカーをしていました。
高校では進学クラスということで勉強しかしていません。
大学では音楽系のサークルで活動をしていました。

大学を卒業し、現在の仕事に就職する前はしばらく就職浪人を経験していました。
リーマンショックによる不景気で就職試験は通るものの、面接で落ちることが多かったです。
今の職場では幹部候補として日々の業務にいそしんでいます。

 

にきびが初めてできたのは小学校6年生のときでした。

口の上の真ん中のところにできました。

あまりの衝撃に私はその日はマスクをして学校に登校し、給食以外マスクをはずすことがありませんでした。

これからしばらくはできませんでしたが、
にきびが本領発揮してきたのは中学3年生から高校3年間と大学2年生まででしょうか。

高校3年間は本当にひどいニキビ顔でした。

大人になってからの今でもたびたび口の周りやあごににきびができやすく、悩まされています。

 

小学生のときは「つるん」としたモチモチの肌だったことを記憶しています。

自分で言うのもあれですが、けっこう肌つやが良かったこともあり、女子から肌がきれいということで顔を触られることもありました。

その頃はまったく気にも留めませんでした。

にきびができてからは「思春期なので仕方ない。潰せば目立たなくなる」と思い、生活をしていました。

基本的ににきび対策としては洗顔料だけで放置が多かったです。

にきび以外での肌の悩みはありませんでした。しいて言えばホクロが多いことです。

 

ニキビができる前は、あまり気にも留めていなかったです。

にきびに対しての知識はほとんどありませんでした。

親から「若い頃はニキビがひどかった。おそらくニキビができる」と言われていたくらいです。

ニキビがある友達はあまりいませんでした。

数人くらいはいましたが、ほとんどがニキビできにくかったのでしょうか。

できていた人に対しては、なんか顔が汚いと少し思っていました。
でも個性だから仕方がないのだろうと。口に出して言うことはしていません。

 

なにこれ?最悪というのが一番の気持ちでした。

何かできてる。

小学生ながらびっくりしました。

にきびができたのは口の上の真ん中に1つです。

不衛生が恥ずかしかったのを記憶しています。

思春期ではおでこ周辺と口の周り、あご周辺が多くなりました。

吹き出物があり、赤ニキビが多かったです。

ニキビがピークだった自分の顔を見て最悪だとは思いましたが、
ラッキーなことに高校は進学クラスで勉強しないといけない環境であったのが幸いでした。

 

ニキビができた頃は洗顔料を使っていませんでした。
薬も使っていませんでした。

親からは顔さえ洗えば良いと言われていました。

たまたまできてきた頃に母親が使っていた洗顔料を使用して気持ちが良かったのを覚えています。

それからというもの、洗顔料は使用するようにしました。

思春期でお金を持っていなかったことと洗顔料は親が買ってくれていたため、薬は使っていませんでした。

薬は必要ないと言われていたためです。

 

洗顔料だけだったため、治ることも、極端にひどく悪化することはなかったです。

でも、顔見たら「にきびひどいな。あ、できてる。潰して膿を出してしまえ」とよく思っていました。

潰したらさらにひどくなる、あとが残ると言われていましたが、それをやったことで治るわけでもなかったです。

潰したほうが隠れると思っていました。

それだけひどかったです。

今考えると有効な対策を行っていなかったようです。
他にはしいて言うならば、にきびに髪が当たらないように、短髪にしていたことです。

 

学生時代はやはりできれば見た目きれいな顔で女性と話したいと思っていました。

早く良くなるために薬を塗ることもありました。

その頃と気持ちはあまり変わっていませんが、今も正直のところニキビに悩んでいます。

ひげのそり方が悪いのか、口の周りやあご周辺が今でもよくできていますし、髭剃りの影響で治りもあまりよくありません。

私は男ですし、もういいかなと思ったりもします・・

 

男性の場合は髭剃りの際に、どうしてもニキビを傷つけてしまったりして悪化することもあります。

男だから、女だからは関係ありません!

悩みながら過ごすより、早く悩みを解決していきましょう!

アトピー・乾燥肌から大人ニキビに

今回はアトピー、乾燥がちなお肌の方で、
今も顔回りフェイスラインにぷつぷつニキビができてしまう方のお悩みです。

37歳、女、主婦です。

最近細かいぷつぷつとしたニキビが顔周りにでてきました。
結構目立つので、なんとかしたい、と思う今日この頃です。

 

大学生になってからでき始めましたと思います。
中学・高校は全くと言ってよいほどニキビとは縁のない生活でした。

 

肌の悩みとしてはアトピーだったのと、乾燥肌だったことです。

顔は乾燥だけだったので、ニキビ、というよりはカサカサの肌でオイリーな感じとは無縁でした。

洗顔料も使ってなかったです。冷水で顔を洗い、保湿クリームを少し塗る程度のケアしかしていませんでした。

 

ニキビに対してはほぼ無知で、
友達によく顔に大きい赤ニキビができていた子がいたんですけど、
結構目立っていてかわいそうだなあって思っていました。

結構赤くパンパンになっていたので痛そうだな、と思ってもいました。

 

私の場合赤ではなく白いニキビだったのですが、顔周りに出ました。

小さいぷつぷつがたくさんあり、特にこめかみの部分がひどかったです。

鏡で見ると結構ひどくて、前髪などで隠すようにしていました。

 

顎のあたりには大きめの白ニキビで、目立っていたのですごく恥ずかしかったです。

マスクをしたりして見えないようにしていました。

 

もともと肌が強くないほうなので、
弱酸性の洗顔料を使うようにしたり、
アトピーも関係するのかと思いアトピーの人用の保湿剤やクリームなどを
通販で購入したりしました。

角質なのかとも思ったりしたので、角質がぽろぽろとれるクリームを使ったりとかもしました。

化粧水も刺激が少ないものを選んだり。

友達や親には相談しませんでしたが、インターネットなどを見て情報を見つけたりなどはしていました。

 

顔周りのぷつぷつはそんなに改善はしませんでした。

ただアトピー用の保湿剤の効果か、大きいニキビはできなくなったと思います。

 

ぷつぷつが気になってしょうがなかったので、
爪でこすったりして強制的にこそげおとしたりとかしていました。

ひどくはなりませんでしたが、あまり改善が見られなかったので
結局諦め特にほかのものは試したりしませんでした。

 

今も顔周りにたくさんあります。

人と近くで話をするときなど、どう思われているのかが気になります。

顎下あたりにも最近でき始めてきました。

鏡を見ると残念な気持ちになります。

洗顔の仕方や、効果がありそうな保湿液などいろいろ調べているのですが、なかなか効果がないです。

ストレスが原因かもとも思い、なるべくストレスをため込まないようにしたりもしています。

 

もっと丁寧に時間をかけて若いうちからきちんとしたケアをしていたら、とは思います。

ぷつぷつのない顔に戻りたいとはとても思いますが年齢的にも難しいということもあるのかなと思っています。

なるべく刺激を与えないようにしつつ、これ以上ひどくならないようにはしたいとは思っていますが。

運動したり、新陳代謝も高めいかないといけないのかな、とも思います。

ニキビのない肌の人がうらやましいですね。
どういうスキンケアをしているのか、いろいろと聞いてみたいです。

 

アトピーや乾燥がちなお肌の場合、皮膚のバリア機能が弱く
ニキビなどのトラブルも起きやすくなります。

だからこそ、清潔に保つことと保湿を心がけ、お肌をいい状態に近づけることが大切です。

まさか20年以上もニキビに悩まされるとは

今回はニキビが小学生の頃からできてしまい
恥ずかしくてつい髪で隠したりつぶしたりしてしまった。
そんな方のお悩みです。

私は今36歳の女性、主婦です。
現在仕事はしていませんが、つい最近までは会社員でとても忙しい毎日を送っていました。

 

ニキビができ始めたのは、小学5年生の頃からです。

でき始めた頃は、あまり人目を気にするタイプではなかったのであまり気にしていませんでした。

しかし、それから20年以上もニキビに悩まされることになるとは思いませんでした。

 

それ以前は、特に肌の悩みはありませんでした。

ツルッとしていて、凸凹もない肌でした。割と色白な方で、
日焼けをしても黒くならずに終わるタイプでした。

ただ、顔にホクロが多く目立っていたので気になっていました。

 

自分にニキビができる前は小学生だったので、ニキビという存在すらよく分かっていませんでした。

周りにもニキビができている家族や友人もほとんどいなかったので、
目にすることも知識もありませんでした。

自分の肌にニキビができて、初めてニキビについて知ることになりました。

 

両頬と額に少しずつニキビができ始めました。

白ニキビが多く、触ると凸凹して気になりました。

最初はすぐに治ると思い、あまり気にしていなかったのですが、
なかなか治らずだんだん悪化して炎症を起こすようになり、
頬が常に赤いブツブツがある状態になりました。

見た目も悪いのでとても嫌で、常に顔のことを気にするようになりました。

 

自分ではどうしたらいいか分からず、親に相談しました。

ドラッグストアでニキビ用の洗顔料を買ってもらいました。

また、寝る前に塗る薬も塗っていました。

 

額のニキビは、前髪が付くと悪化すると言われ、
ターバンやカチューシャで常に前髪を上げるようにしていました。

学校へ行く時もカチューシャをしていましたが、ニキビを見られるのが嫌で、だんだんしなくなりました。

 

色々試してみましたが、ニキビは全く良くならず、むしろ悪化する一方でした。

薬を塗り少しずつ治ってきても、また新しくニキビができて、常に顔にニキビがある状態です。

 

中高校生の頃が一番ひどく、登校するのが憂鬱でした。

ニキビに良い、と言われるような商品はあれこれ試してみたのですが、
はっきりと効果があるものはありませんでした。

食べ物にも気を付けましたが、あまり効果はありませんでした。

ニキビが膨らんで目立つ時には、潰していました。

 

今もたまにニキビができます。

ニキビができる場所は年齢と共に変わってきて、
頬や鼻などの目立つ場所にはできず、顎に多くできるようになりました。

 

数は多くはありませんが、生活習慣が乱れると特にできるような気がします。

でも、ビタミンCの美容液を塗ると治ることがおおいです。

昔ニキビができていた部分はきれいになっている部分と、跡が残ってしまった部分があります。

 

ニキビができ始めた頃は、とにかくニキビの存在が気になりニキビの知識もなかった為、指で触ったり潰すことが多かったです。

それが悪化させる原因の一つだったと思います。

その後も、肌に負担をかけるようなことをしていました。

今では、ニキビを擦ったり刺激を与えないように、洗顔をしたり化粧水を付けたりしています。

もっと昔からニキビをいじってはいけない、潰すと跡になる、など正しい知識を知っていれば良かったと思います。

 

ニキビができるとついつい隠したくて、
髪や化粧でとにかく隠そうとゴシゴシこすったりつぶしたりしてしまいがち。

でもこれでは中々改善しないどころか、跡になったりしてしまいます。

ニキビには正しい知識と正しいケアで立ち向かいましょう!

大人になってからのフェイスラインニキビ

今回は、皮脂ではなく乾燥による大人ニキビのお悩みです。

私は46歳女性の主婦です。

40代になってからは肌の乾燥が気になっていて、
年には勝てないなと色々な肌の悩みを抱えています。

 

10代の頃はニキビとは全く縁がなかったのです。

 

ニキビができる前は毛穴の開きがやや気になる程度で、
大きな肌トラブルに見舞われたことはありませんでした。

スキンケアもごくシンプルに化粧水と乳液を付ける程度ですんでいて、
あまりスキンケアにも手をはける必要がありませんでした。

 

ニキビができていた友達は周りにいましたが、肌質の違いなのかなと思っていました。

ニキビに関しても大した知識はなく、脂性肌で皮脂の分泌が多い人にできるものというイメージでした。

洗顔などをしっかりやればニキビはできなくてすむと思い込んでいました。

 

20代中盤頃から大人ニキビに悩まされるようになりました。

大人になってから、フェイスラインにできたニキビが嫌で仕方ありませんでした。

周りの友達などは私のニキビをあまり気にしていた様子はありませんが、
自分としては恥ずかしくて何とか隠したいとメイクでいかにごまかすかを重視していました。

ファンデーションをやや厚めに塗ったりなど、ニキビをケアするよりもカバーしようと頑張っていました。

 

あまりに長期間ニキビが治らなかったので、美容に詳しい友達に相談してみました。

原因が乾燥だと教えてもらって、
そこで初めて大人ニキビは皮脂ではなく乾燥が原因になるのだと知りました。

友達のアドバイスで低刺激で保湿力の高い化粧品を使うようになり、
とにかくいじらないことと肌を乾燥させないようにして保湿重視のケアに切り替えました。

 

大人ニキビケアには時間がかかるものだと思ったので、長期戦は覚悟していました。

良くなったり悪化したりを繰り返しながら、
完全に治るまでには2年くらいはかかったと思います。

もう少しニキビケアに力を入れていれば早く治ったのでしょうが、
仕事も忙しくてスキンケアにはあまり時間をかけられなかったので、
治るまでに時間がかかってしまいました。

 

20代後半頃には大人ニキビもすっかり治ってくれて、
たまに不摂生をした時にポツポツと2、3個くらいですむようになりました。

シンプルな保湿重視のスキンケアを心がけるようにした以外は特にケアはしていません。

むしろ、仕事が忙しかったので生活習慣がとても乱れていて、
それを少しずつ改善したのがニキビにも良い影響を与えたのだと思います。

 

手抜きのスキンケアと仕事の忙しさによる生活習慣の乱れがニキビの原因だったと思います。

肌はいつもかさついて乾燥していましたし、食事や睡眠も乱れていました。

もっと早くから保湿ケアと生活習慣の改善に取り組んでいれば、
フェイスラインのニキビに2年も悩まされることはなかったと思います。

それ以来、どんなに忙しくてもスキンケアでは保湿に手を抜かないようにしています。

また、健康と肌とは密接に結びついているというのを実感できたので、生活習慣が乱れないよう気を配っています。

 

大人ニキビは乾燥や生活の乱れによるストレスやホルモンバランスの崩れが原因になってきます。

日々のケアが大事だからこそ、時間のかからない
シンプルかつ結果の出るケアを目指しましょう!

不規則な生活とストレスでニキビが増えてしまった

今回は中学生や高校生の頃はニキビもひどくならなかったのに
社会人になって不規則な生活やストレスで大人ニキビが出てしまった方のお悩みです。

私は24歳女性で現在はお仕事はしていなくて専業主婦です。
学生の頃よりも就職してからニキビにに悩んでいました。

 

私が初めてニキビができたのは中学生の頃でした。
中学生の頃はそこまでニキビはひどくはなかったですがやっぱりずっと気になっていました。

 

ニキビができる前はつるつるしていて毛穴とかも目立たない肌でした。

ニキビができるようになってからはてかるようになってそれがとても嫌でした。

また毛穴が目立ってきたのもこのころだったような気がします。

あとは部活で日焼けがすごくてシミもそばかすが目立ってきて嫌でした。

 

ニキビがひどい女の子とか周りから陰口言われていたのでできたくなかったです。

でもみんなニキビができてきたときに自分もできたので安心しました。

ニキビ専用の洗顔料を母が買ってきてくれていたのでそれを使うくらいで知識はありませんでした。

 

最初鼻にニキビができましたが、自分ではニキビだと気づきませんでした。

なんだかすごく痛くてなんだろうくらいにしか思っていませんでした。

私は鼻に1つできてそれが終わったら顎にできてという頻度でした。

いっぱいできるというより大きいニキビがぽつぽつありました。
たぶん他の人よりはニキビができるのは少なかったような気がします。

 

母が美容部員でしたのでニキビができてからは用意してくれました。

ニキビ用の洗顔料や化粧水をつかっていましたが化粧水は面倒になり途中で使うのをやめました。

特に相談をしたりはしませんでしたが
母が優しく丁寧に洗顔したほうが良いと教えてくれたので、
それを守り洗顔していました。

あとは汗をかいたら拭いたりして清潔に保つように心掛けていました。

 

対策していたのでニキビがひどくならなかったのかなと思います。

何が良かったのかはわかりませんが私が行った対策は、
汗をかいたらすぐに拭いて顔を清潔に保つことや洗顔するときは優しく丁寧に行うことを心掛けていました。

あとはニキビ用の洗顔料を使っていたくらいです。
ですが朝は水で洗って洗顔料を使うのは夜だけでした。

 

高校を卒業して就職をしてから不規則な生活になりニキビがたくさんできたことがあります。

寝る時間もあんまりなくて寮生活でストレスもあったのかなと思います。

化粧品もいろんなものを試していたので肌が荒れていました。

 

生活習慣とかも大切だと思うし食べ物も関係すると思います。

私が高校卒業して就職したときは寮生活で慣れない仕事でストレスがすごくて、肌が荒れたんだと思います。

睡眠も大切だなと今は本当に思います。

あとは疲れて化粧をしたまま寝てしまったりと今考えると肌の悪影響なことばかりしていました。

いろんな化粧品を試したりもしていたし反省することばかりです。

 

不規則な生活ニキビができる→ストレス→そのストレスでまたニキビにつながる・・

こんな悪循環はビシッと断ち切りましょう!

まずは信頼できるニキビケア用品を手に入れることが大事です。