1週間たっぷり試せるトライアルセットでまずは体感してみませんか?


 

先に試した方の喜びの声が続々届いてます!

  • 1番感動したのはクレイウォッシュ!泡立てる手間が省けるのに洗い流した後にこれまで感じたことのない肌感
  • エステに通うよりも安く効果が得られるのでは
  • 肌がきれいになったと言われます
  • ついつい肌を触ってしまいたくなるような感じ
  • ビーグレンを使いはじめて3か月。今ではとてもきれいになりました。
  • 私より家族が一番驚いて「それだけの価値はある」と感じました。
  • 起きたら布団の中で顔を触って新しいニキビが出来てない事に喜び、
    鏡の前でニキビ跡が薄くなっている事に喜べる!こんな日が来るなんて!
  • Cセラムをつけると、なぜかできたニキビが落ち着く
  • 手でタッピングしてるうちにモチモチ肌に
  • 洗顔をして目を開けた瞬間から、「あ、違う!!」と実感
  • 使い続けて四ヶ月、その手応えは確信へと変わった。
  • 数日だけのトライアルに正直、期待はしていませんでしたが…、ところが!
    「出会えてよかった!」。1週間で効果を実感
  • トライアルでここまで体感できるとはすごく嬉しくびっくりでした

まずは気軽に試してみよう!

お試しセットはこちら →

1週間たっぷり試せるトライアルセットでまずは体感!

 

ニキビがひどくて「樹液のようだ」と言われた

今回は、ニキビがボコボコして脂っぽく
クラスメイトに「樹液みたい」とまで言われてしまった、
という方のお話です。

30代男性、現在は仕事を辞めてフリーターです。
健康のために、毎朝、ストレッチ運動や筋力トレーニングをしています。

 

ニキビができたのは中学二年生の頃でした。
最初はおでこに少しできる程度でしたが、徐々に顔全体に広がっていきました。

 

ニキビができる前はツルツルとまでは言いませんが、それなりに綺麗な肌をしていたと思います。

ただちょっと油っぽかったですね。
ニキビが出来やすい体質だったと思います。
それでも特にお肌に問題を感じたことはありませんでした。

 

ニキビができる前は、「ニキビって不潔だな」って思っていました。

早い人は中学一年生の頃からニキビができていました。

肌がボコボコしていて、とても汚らしく思えました。

赤くなって油でテカテカして、触りたくないなと思いました。

 

自分の顔をはじめてニキビができた時はあまり何も感じませんでした。

「ついにきたか…」と思った程度です。

 

それまでに多くの同級生がニキビになっていたので、見慣れていたからかもしれません。

おでこ、こめかみ、鼻のまわり、アゴの下などに多くのニキビができました。
ブツブツと赤くなって、油でテカテカしていました。

最初はあまり気にしていませんでしたが、思春期なので女の子の目が気になりました。

 

ニキビができ始めた頃は特に対策はしていませんでした。

しかし、徐々にニキビは増えていきます。

増え続けるニキビに焦りを感じたので、顔をよく洗ったり、ビオレの洗顔料を買ったりしてよく顔を洗っていました。

薬を使ったりなどの対策はしていません。

あくまでも自然に治るのを期待していました。
から揚げなどの油物を食べるのを少し控えた程度です。

 

期待に反してニキビはなかなか治りませんでした。

中学二年の三学期から中学三年の二学期ころまでが一番ひどかったと思います。

まさにニキビに青春を潰されたような感じです。

ひどい時には同じクラスの女の子に「樹液のようだ」と言われました。

ボコボコした皮膚と油のテカリで、私の顔が木肌から樹液がしみ出しているように見えたそうです。
なかなかショックな出来事でした。

 

ずっとニキビのことしか考えられなくて、よく鏡で自分の顔を眺めていました。

ニキビのせいで自分の顔が大嫌いになっていたのです。

ただ、どれほどニキビが憎くとも指でいじって悪化させることはしませんでした。

下手にいじると、将来、痕になって残ってしまうと両親に教えられていたからです。

 

今から考えると、あの時はもっと運動をしていれば良かったと思います。
そうすればもっと早くニキビがなくなっていたかもしれません。
中学生にしては運動量が少なかったですから。

でもあの時、もっとランニングなどの運動をしてたくさんの水を飲んでいたら、もっと早く治っていたかもしれないと感じるのです。

体の余分な物を排泄するイメージでしょうか。

 

脂っぽい場合でも洗顔のし過ぎはよくありません。
必要な油分は残し、汚れはしっかり落とし、そして保湿を心がける。

ニキビのお肌にはニキビのお肌にあった洗顔がありますので
そういうものも利用されてみてください。

ニキビが嫌で嫌で鏡をみないようにしてました

今回は、それまでニキビのある顔を見て気持ち悪いという目で見てたのに
いざ自分にもニキビができてしまいおぞましく感じてしまい
鏡を見るのも嫌になってしまった、という方のお話です。

こんにちわ!29歳の女性で現在は医療事務をしているさよこです。

普段はパートの仕事をしながら家事もしている感じですね。
仕事は毎日ストレスが溜まることも多いけど、
お肌のケアにはうるさくて、毎日のスキンケアには力をいれています。

 

ニキビができるようになったのは中学校の頃でした。

思春期真っただ中なだけに、ニキビが増えて凄くショックでした。

それまで自分の顔を汚いとか思ったことがなかったけど、
この頃はまさに汚いと感じる程ニキビができてしまって、ものすごく辛かったです。

 

ニキビができる前の私のお肌はすごくキレイでした。

どちらかというと問題がないキレイな肌だったと記憶しています。

幼なかったので、確実に綺麗とは言い切れませんが、
親戚のお姉さんとかに「肌がキレイで羨ましい~」とよく触られていたと記憶しています。

それだけに肌がここまでニキビによって酷くなるとは思わなかったです。

 

ニキビができる前まではニキビができた友達のことを「うわ~気持ち悪い」という目で見ていました。

身近にそう言う人はいなかったのですが、
道行く人の中にニキビだらけの人がいると、
ちょっとした化け物を見るような目で見ていたと思います。

それくらいにニキビというものに馴染みがなくて、知識もまったくなかったです。

平気で傷つける言葉を言っていたかもしれないです。

 

ニキビができ始めたときにぞぞぞっとしました。

私はニキビが比較的急激に増えた感じだったので、かなりおぞましいと思いました。

初めはあまりに多数でき始めて、ニキビじゃないのではないかと疑ったほどです。

赤ニキビがいっぱいできて、顔がぶつぶつだらけになりました。
その顔を見て本当に自分の顔じゃないみたいに思えて、とにかく自分でも悲しくて怖かったです。

 

ニキビができ始めたときはまず親に相談しました。

そしたら親が心配して、ニキビに良いと聞くものなら何でも買ってくれました。

ニキビ肌に効く洗顔料から化粧水やクリームなどいろいろと使いましたね。
しかしあまり効果はなかったです。

私が落ち込んでふさぎ込んでいるのを知っていたし、母は私にいつも可哀想にというような言葉を言っていました。

その言葉にもちょっと傷ついたりもしました。

 

ニキビの対策用の化粧品はたくさん使いました。

少しでも良くなるかもしれないと思うものは使ってきました。

テレビなどでよく見たニキビ専用の化粧品はほとんど使ったと思います。

しかし私のニキビは治る兆しがなかったです。

これを見て私は思春期の頃のニキビって、化粧品じゃ治らないかもしれないと諦めました。

嫌で嫌でたまらなくて、鏡をあまり見ないようにすることでニキビがすごい肌を忘れました。

 

思春期が終わったらニキビはすごく減りました。

今まではものすごい量のニキビが顔にできていたのに、急激に減って行きました。

そして一時は完全に治るかもしれないと期待したのです。

今までニキビで苦労した分治ってくれると嬉しいと思いました。

しかし未だにニキビは完全には治っていません。
全盛期よりは大分なりを潜めてマシになりましたが、
それでも完全には治っていなくて、完治させたいなと思っています。

 

今はスキンケアにはすごく力を入れており、ニキビ用の化粧品は常にチェックして使っています。
現在は顎や頬にできたニキビで悩んでいます。

 

今考えるとニキビの原因の一つに「睡眠不足」があったんじゃないかと思います。

当時はまったく、調べるということをしなくて、ニキビのことはよく知りませんでした。

でも今なら睡眠不足もニキビができる原因になると知っています。

ですからもっとしっかり睡眠を取って、よく眠っていたらずっとニキビがマシだったんじゃないかなと思います。

学生の頃は深夜まで起きて朝目をこすりながら必死になって学校に通っていました。

睡眠時に肌は再生していくので、もっとよく眠ってスキンケアも頑張れば良かったなと思います。

 

学生の頃は夜更かししたり、スナック菓子にジュースなど暴飲暴食してしまったり、
ついつい体に無理をしがちです。

お肌の健康は体の中から。

出来てしまったニキビに対しては正しいケアをしながら
体の中からもアプローチしましょう

顎(あご)にきびの後に残るしこり

顎(あご)にきびが「発生真っ最中」の状態の時に、にきびの中に出るしこりといえば、「にきびの芯」とも言われる角栓ですね。

皮脂や古い角質・老廃物・アクネ菌などが混じったものです。

 

しかし、顎にきびに関するしこりは、それだけではありません。

 

「顎にきびが発生して、かなり悪化したけれど最終的にはおさまってきた。
ところが、顎にきびがおさまったあとも、その部分にまだ、何だかしこりのようなものがある・・・」

あなたには、こんな経験ありませんか?

 

そう、いったんひどくなってしまった顎にきびは、
たとえにきびの症状が治まったとしても、
こういうしこりが残った状態になってしまうことも多いのです。

 

このしこりの正体は何でしょうか?

 

それは・・・「顎にきびが悪化した際に傷つけられた真皮層が作り出した、異常な皮膚」なんですよ。

 

健康な肌が生まれるためには、肌細胞を生み出す真皮層の状態に異常がないことが不可欠。

ところが、にきびが悪化すると雑菌が真皮層まで破壊してしまうため、
その部分の真皮層が、正常な再生能力を失ってしまいます。

 

もちろん、それでも皮膚に穴があいたままではダメなので何とか再生しようとはしてくれるのですが、
真皮層が本来の働きをきちんとできなくなることで、異常な状態の肌細胞が再生して、しこりとなって残るわけです。

 

こうしたしこりが一度できてしまうとなかなか治まらないだけでなく、
しこりで硬くなっているだけに刺激も受けやすい状態に。結果的に、
その部分に色素沈着などのトラブルが起きるリスクも高めてしまいます。

 

ですから本来なら、顎にきびができた際、しこりが後々残ってしまうような、ひどい状態になってしまう前に適切な対処をするのが一番です。

 

顎ニキビはある意味大人ニキビの象徴みたいなもの!

なので学生の頃のような対策ではなくて、
きちんとお肌を健康な状態にしてあげるのが、実はニキビ治療の一番の近道です。

 

基本は洗顔と保湿、そしてビタミンC。

 

この3つさえきちんと押さえれば「ニキビができないお肌」になっていきます。

 

泡洗顔は意外と危険です。

汚れと一緒にお肌の保湿成分まで全て奪っていってしまいます。

洗顔して「あーサッパリした!」って思っているなら、超危険信号ですよ!

 

ニキビができないお肌を目指すために

bglen ニキビケア

赤ニキビを治す方法:原因と治療法

白ニキビをそのまま放っておくと、
そのうちニキビに赤みと腫れが出てきて、赤ニキビとなってしまいます。

 

赤ニキビの赤色は、ニキビが悪化して、毛穴の中で炎症を起こしている証拠。

しかもその炎症は毛穴だけに留まらず、周りの皮膚組織を少しずつ破壊していっているという、怖ろしい状態なのです。

 

赤ニキビを潰すとニキビ跡が残りやすいのはこのためなんですよね。

単に毛穴付近の皮膚を破くだけでなく、
ニキビの悪化で破壊された皮膚組織まで外に出してしまうため、
そこが陥没したりしてしまうのです。

ですから赤ニキビについては決して自己判断で潰してはいけないですよ!

 

市販のニキビ治療薬での対処が追いつかないようなら、皮膚科に診てもらうことも検討しましょう。

「ニキビ程度で皮膚科へ?」と思われるかもしれませんが、
実はニキビというのは皮膚病の一種です。

その皮膚病が炎症を起こすまでに悪化した状態が赤ニキビなのですから、
この段階になれば皮膚科に行くのはけっして大げさなことではありませんよ。

 

それから、赤ニキビができたということは、まだまだ出てきていない隠れニキビや白ニキビがあるはず。

 

皮膚科では表に出ているニキビ治療しかしてくれないことが多いですし、
なにより、そもそも「治療」はニキビができてしまってからの対処なんですよね。

遅いんですよね!! ニキビができてからでは!

 

結局、ニキビを予防するっていう意識がとっても大切。

普段のニキビケアをしっかりやりましょうね。

 

ニキビは早め早めの対策がカギ!

ニキビを放置しておくことで、トラブルが起きやすいお肌になってしまいます。
ニキビは早く対策をとれば早く結果も出ます。
ニキビ跡を作らないためにも普段から清潔と保湿を心がけましょう☆

白ニキビを治す方法:原因と治療法

白ニキビとは、ニキビの初期段階のもののこと。

 

毛穴にニキビの芯ができつつあるものの、まだアクネ菌などによる炎症は起こしておらず、
外から見れば「皮膚の内側に白い粒のようなものが潜んでいるのがうっすら見える」という感じです。

白ニキビがある部分は肌の表面がブツブツしているので、
メイクなどをしても凸凹が隠せないというのは悩みどころですが、
逆に言えば白ニキビのデメリットはその程度。

白ニキビはこの段階で正しいニキビケアさえしていれば、ニキビ跡となって残る可能性がきわめて低いという、
ごく軽症のニキビなんですよ。

下手にいじったりせず、お肌のお手入れをしっかりやり続けることで、ほとんどは沈静化します。

 

皮膚の中の白い芯が気持ち悪いから出してしまえ~

と、白ニキビを潰そうとする人も多いですが(^ ^;)

きちんと対処すれば治るものを、わざわざ肌を傷つけてまで押し出すのはやめましょうね!

大人ニキビはつぶしちゃうと、跡になったりして大変ですよ。

白ニキビをつぶしたい気持ちを抑えて、ニキビケアにいい洗顔や化粧水をしっかり使って、
治しちゃいましょうね!

 

ニキビは早め早めの対策がカギ!

ニキビを放置しておくことで、トラブルが起きやすいお肌になってしまいます。
ニキビは早く対策をとれば早く結果も出ます。
ニキビ跡を作らないためにも普段から清潔と保湿を心がけましょう☆

面疔の治療は皮膚科がおすすめ!

面疔は、角栓が元となってできるニキビとは違い、顔にできる「おでき」のことを指します。

 

面疔ができたら、その治療は最初は市販薬を試すのもいいですが、
それで改善されないようならきちんと皮膚科で治療してもらいましょう。

 

間違っても、自分の手で潰したりしないようにして下さい。

 

なぜかというと、面疔の腫れの主原因は黄色ブドウ球菌。

これは最悪の場合、肺炎や髄膜炎、果ては敗血症という、命に関わる感染症を引き起こしかねない怖ろしい菌です。

しかも面疔などのおできの「芯」は、ニキビよりも奥深くまであると言われています。

だからこそ面疔を潰してしまうと、
その際に何らかの経路で体内にまで黄色ブドウ球菌が入ってしまうリスクがゼロとは言えないので、リスクが高いんですよ。

 

面疔は皮膚科で適切な治療を受ければ感染の心配もなく、安心して治せるのです。

 

ニキビは早め早めの対策がカギ!

ニキビを放置しておくことで、トラブルが起きやすいお肌になってしまいます。
ニキビは早く対策をとれば早く結果も出ます。
ニキビ跡を作らないためにも普段から清潔と保湿を心がけましょう☆

面疔の薬、市販薬と医師処方薬の違い

面疔の薬といえば、市販されている薬と、皮膚科などで医師に処方される薬とがありますが、
どちらが高い効果が見込めるかというと、断然、医師に処方される薬のほうです。

 

なぜかというと、面疔対策の市販薬は、殺菌成分等は配合されているものの、抗生物質は含まれていないからです。

 

抗生物質はその種類や人の体質等によって処方をコントロールしなければいけないので、市販薬に使うのは難しいんですよね。

もし抗生物質を市販薬にしてしまうと、

  • 中途半端な服用をして菌に抗生物質に対する耐性をつけてしまう
  • 長期服用・大量服用をすると体内の他の菌のバランスを崩し、体を弱らせる

などといった重大なリスクを抱えてしまうことになるのです。

 

つまり、抗生物質を使わない市販薬はリスクも低いけれど効果もそれなりにしか期待できない、
医師が処方する薬は高い効果が見込めるけれど、定められた用法・用量を守らないと高いリスクが生じる、
ということになります。

 

ですから自己判断で薬を使うなら、必ず市販薬を使うこと。

間違っても、「以前面疔ができた友達が使っていた、抗生物質入りの処方薬の残りをもらう」などといったことはしないようにしましょう。

 

ニキビは早め早めの対策がカギ!

ニキビを放置しておくことで、トラブルが起きやすいお肌になってしまいます。
ニキビは早く対策をとれば早く結果も出ます。
ニキビ跡を作らないためにも普段から清潔と保湿を心がけましょう☆

面疔にはオロナインが有効!?

面疔というのはニキビよりもさらにやっかいなものですが、
意外と身近な薬が面疔の改善に役立つ・・・という声をよく聞きます。

 

その身近な薬とは、ほとんどの家庭に常備しているであろう、オロナインです。

 

なぜオロナインが面疔に効果的なのかというと、
オロナインには抗生物質は入っていないものの、殺菌剤が入っており、
しかも軟膏ということで普通の消毒薬のようにすぐに乾燥せず、
じっくりと奥まで成分の効果が浸透しやすいからと考えられています。

オロナイン

取り扱いショップを見てみる→

 

また、オロナインは肌を乾燥させない、つけた時に刺激を感じないという、「肌へのやさしさ」の面でもピカイチの存在。

家に常備しているのであれば、面疔の対策にこれを使わない手はないでしょう。

 

面疔の対策にオロナインを使う場合は、
まず洗顔で肌を清潔にしてから、やさしくオロナインをつけ、
その上をガーゼなどで保護しておくのがおすすめです。

オロナインの浸透をより効率よくしたい場合は、オロナインをつけてから1時間ほど、その上を直接ラップで覆うといいでしょう。

1時間たってラップをはがしてから、ガーゼで保護します。

 

ただし、オロナインが面疔に効果的、といっても、それはあくまで軽症の面疔に対してのことです。

重症の面疔の場合、治療には抗生物質が欠かせませんので、さすがにオロナインでは対処し切れません。

 

家庭の常備薬の中ではかなり期待できるほうですが、万能ではない、ということは認識しておきましょう。

 

ニキビは早め早めの対策がカギ!

ニキビを放置しておくことで、トラブルが起きやすいお肌になってしまいます。
ニキビは早く対策をとれば早く結果も出ます。
ニキビ跡を作らないためにも普段から清潔と保湿を心がけましょう☆

面疔ができる原因とは?

面疔ができる原因は、「黄色ブドウ球菌が悪さをする」ことです。

 

黄色ブドウ球菌というのは元から肌に存在する「常在菌」のひとつなのですが、
肌表面にいる間はほとんど問題は起こしません。

 

黄色ブドウ球菌が問題を起こすのは、
肌に小さなキズなどができたり、表皮がはがれたり、あるいは毛穴の奥に潜り込んだりして、
皮膚組織の中にまで、ここに黄色ブドウ球菌が入ってしまった時です。

 

こうなると黄色ブドウ球菌は皮膚組織をエサにどんどん繁殖するだけでなく、
毒素を出して炎症を起こすようになってしまうのですよ。

この症状が顔に出てしまったものが、面疔だというわけです。

 

つまり面疔を予防するには、

  • 肌にキズをつけたり表皮をはがしたりしないこと
  • 毛穴のケアをすること

が大切になってくるというわけですね。

 

こう聞くと、顔そりや洗顔の際はきちんと気をつける人が多いのですが・・

意外と落とし穴になってしまうのが、

「大量の汗をかいたり、浴槽に浸かってじっくり入浴したりして、肌がふやけている状態で顔をタオルでゴシゴシ拭く」

というもの。

肌がふやけている時に強い摩擦を与えると、表皮がはがれてしまうこともありますので、この点は注意しておきましょう。

 

また、顔そり等で肌を傷つけてしまった場合は、いち早く消毒をして、肌の奥に黄色ブドウ球菌が入る前に殺菌しておくのがおすすめですよ。

これを徹底するだけでも、面疔発生のリスクは減らせます。

 

ニキビは早め早めの対策がカギ!

ニキビを放置しておくことで、トラブルが起きやすいお肌になってしまいます。
ニキビは早く対策をとれば早く結果も出ます。
ニキビ跡を作らないためにも普段から清潔と保湿を心がけましょう☆

隠れニキビ診断をやってみよう!

ニキビが治ったと思ったら、またニキビが出てきた・・・

こんな、「何度も繰り返すニキビ症状」に悩んでいる人には、「隠れニキビ」が存在している可能性がきわめて高いです。

 

隠れニキビというのは、小さな毛穴の詰まりなど。

今の段階では全然目立たなくても、いずれそのつまりから炎症を起こし、
赤ニキビになってしまう可能性が高い「ニキビ予備軍」的な存在です。

 

では、あなたの肌に隠れニキビはあるのか?

 

ここで簡単な隠れニキビ診断をしてみましょう。

当てはまる項目がないか、チェックして下さい。

  • メイクの時はファンデーションを重ね塗りしたり、リキッドファンデをすりこむようにしたりしている。
  • ニキビはついつい潰してしまう。
  • 肌に油分を残すのは禁物なので、洗顔は何度もしっかり念入りにやる。
  • 前髪をおろしていて、額の部分にはよくニキビができる。
  • 頬杖をつくクセがあり、あごや頬周りなどによくニキビができる。

 

1つも当てはまらない

お肌のケアをしっかりされていますね!
ぜひその調子でトラブルのないお肌を目指していきましょう^^

1~2個当てはまってしまった:「隠れニキビ予備軍」

あなたは「隠れニキビ予備軍」です。年齢が若いうちはよくても、年と共にお肌のトラブルが出始める可能性大!
今は大丈夫だからと安心していると、気が付いたら自分のお肌にガッカリなんてことも。
今のうちから少しお肌のケアを見直してみましょう。

3~4個当てはまってしまった:「隠れニキビホルダー」

あなたは「隠れニキビホルダー」です。もしかしたらまだ、お肌の状態は見た目は大丈夫かもしれませんが、お肌の中には隠れニキビがいつ表面に出てやろうかとスタンバイしています。すぐにお手入れを始めないと、ニキビだらけのお肌になっちゃいます。

早めにお肌のケアをスタートさせましょう!

5個全部当てはまってしまった:「ニキビ&隠れニキビ発生中」

5個とも当てはまってしまったのなら、もうすでにニキビにお悩みかと思います・・
ニキビは放置していても治りません。今すぐ効果的なニキビケアを始めましょう!
早く始めないとヤバイですよ!

 

お肌の表面だけ対処していても、隠れニキビがある限り、ニキビから解放されません。

しっかりニキビケアをやっていきましょう!

 

ニキビは早め早めの対策がカギ!

ニキビを放置しておくことで、トラブルが起きやすいお肌になってしまいます。
ニキビは早く対策をとれば早く結果も出ます。
ニキビ跡を作らないためにも普段から清潔と保湿を心がけましょう☆