頬のニキビの原因

頬のニキビの原因は、思春期の10代と、大人になってからの20代以降では違ってくることをご存知ですか?

 

まず、10代の頬のニキビの主原因となるのは、皮脂の過剰分泌です。

10代は成長ホルモンの分泌が活発で、
この成長ホルモンの影響で皮脂も通常よりも多く分泌されるわけですね。

そのため、毛穴にも必要以上の皮脂が分泌され、それが詰まってニキビ化しやすいのです。

そのため、10代の頬ニキビといえば、ひとつ、ふたつ、などという数ではなく、
頬全体に大量発生することも多いんですよね。

皮脂がどの毛穴にも多く分泌されるからこそ、起こりえる事態です。

 

これに対して20代以上の大人となると、
頬のニキビの原因として「皮脂の過剰分泌」という理由は激減します。

実際、大人の世代になって、「Tゾーンが皮脂でテカテカしている」という人は多くても、
頬まで脂ぎってギラギラしている、という人はかなりの少数派になってくるはず。

10代のように成長ホルモンがせっせと分泌されることがないので、皮脂そのものの分泌量も減っているのです。

 

では20代以上の大人の頬のニキビの最大の原因は何なのかというと・・・

 

ズバリ、「肌の乾燥」です。

 

「乾燥によってはがれにくくなった古い角質が毛穴に張り付いた部分だけがニキビになる」という感じで、
頬ニキビの数は10代の頃に比べて少なくなるケースが多いんですよ。

乾燥によってどうして古い角質がはがれにくくなるのかというと、
これは切手をイメージしてもらうといいでしょう。

一度貼った切手は水につければきれいにはがせますが、
乾燥したままでは絶対にきれいにはがせませんからね。

もちろん、角質には切手のような「糊」がついているわけではありませんが、
それでも元々肌にぴったりと密着していたものだけに、
乾燥状態では「すべてキレイにはがれる」という状態になるのは無理なのです。

 

ですから大人の頬ニキビ対策は、単にアクネケアだけではなく、
「肌の乾燥状態を改善して、毛穴が詰まりにくい健康な肌作りをする」
ということが不可欠です。


 

1週間たっぷり試せるトライアルセットでまずは体感してみませんか?


 

先に試した方の喜びの声が続々届いてます!

  • 1番感動したのはクレイウォッシュ!泡立てる手間が省けるのに洗い流した後にこれまで感じたことのない肌感
  • エステに通うよりも安く効果が得られるのでは
  • 肌がきれいになったと言われます
  • ついつい肌を触ってしまいたくなるような感じ
  • ビーグレンを使いはじめて3か月。今ではとてもきれいになりました。
  • 私より家族が一番驚いて「それだけの価値はある」と感じました。
  • 起きたら布団の中で顔を触って新しいニキビが出来てない事に喜び、
    鏡の前でニキビ跡が薄くなっている事に喜べる!こんな日が来るなんて!
  • Cセラムをつけると、なぜかできたニキビが落ち着く
  • 手でタッピングしてるうちにモチモチ肌に
  • 洗顔をして目を開けた瞬間から、「あ、違う!!」と実感
  • 使い続けて四ヶ月、その手応えは確信へと変わった。
  • 数日だけのトライアルに正直、期待はしていませんでしたが…、ところが!
    「出会えてよかった!」。1週間で効果を実感
  • トライアルでここまで体感できるとはすごく嬉しくびっくりでした

まずは気軽に試してみよう!

お試しセットはこちら →

1週間たっぷり試せるトライアルセットでまずは体感!

 

こちらのページもどうぞ

オイル系の保湿剤でニキビができてしまう

今回はオイル系の保湿剤を利用すると すぐにニキビができてしまう、という方のお話です。 はじめまして。 私は現在28歳の女性です。 1月に13歳年上の主人と入籍したばかりの新婚の専業主婦をしています。   中学生 […]

面疔の治療は皮膚科がおすすめ!

面疔は、角栓が元となってできるニキビとは違い、顔にできる「おでき」のことを指します。   面疔ができたら、その治療は最初は市販薬を試すのもいいですが、 それで改善されないようならきちんと皮膚科で治療してもらいま […]

20歳過ぎてからニキビに悩むように

今回は、ずっとオイリー肌だと思っていろんな洗顔材を試したけど 中々治らなかったという方のお話です。 初めましてモモンガと申します。 36歳会社員で女性です。 静岡市にある大手食品会社の営業兼事務として働いています。 22 […]

ニキビ洗顔のおすすめは? 中学生からニキビに悩んでいた人の体験談から紹介!

  ニキビを解決するにはまずは洗顔から。 なんといっても洗顔で清潔に保つことが大事で 清潔じゃない状態で保湿や薬用クリームをつけても浸透しません。 余計な皮脂を落としつつ、かといって落とし過ぎないようにするため […]