鼻のニキビで膿があるものは要注意!

鼻のニキビの中でも、膿が詰まって腫れているようなニキビは要注意!

 

それは、ただのニキビではなく、「めんちょう」かもしれません。

めんちょうとは、顔にできるおできのこと。

毛穴が詰まってできるニキビとは異なり、
もっと奥深いところが化膿しておできになっている状態のものなんですよ。

 

で、このめんちょうのもっとも怖いところは・・・

「昔はめんちょうを潰したことで、死んだ人までいた」

というところです((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

 

めんちょうはニキビよりも奥深くに発生するだけに、下手に潰すと感染症などを引き起こしやすいんですよね。

しかも、「顔にできるおできで、奥深い」となると、脳などに影響を与えやすいという位置になってしまうのです。

そのため、抗生物質などがなかった昔の時代には、
めんちょうを潰して髄膜炎や脳炎を併発し、亡くなった人も居たというわけなんですよ。

 

めんちょうとニキビの見た目の区別は、素人ではつきにくいことも多いです。

表皮近くにすぐ白い角栓が見える白ニキビであれば、区別はつきやすいんですが、
膿を持つ赤ニキビ状態のものだと、めんちょうと区別がつきにくいんですよ。

 

ですから、鼻にニキビができて、それが膿を持っている状態の場合は、絶対に潰さないこと!

そして、できるだけ早めに皮膚科の医師に診てもらうことが大切です。

もしその鼻ニキビがめんちょうだった場合、抗生物質の飲み薬や塗り薬を処方してもらうのが一般的ですが、重度の場合は切開して膿を取り出すという処置がほどこされます。

 

診断してもらった結果、たとえ「めんちょうではなくニキビだった」という結果が出たとしても、
皮膚科でニキビ用のお薬も貰えるので「皮膚科に行ってソンはない」というわけです。

 

鼻は顔の中心に位置し、目立つ部分だけに、
たとえニキビであっても膿を潰して、色素沈着やクレーターなどの痕が残ると、
その痕も非常に目立つものとなってしまいます。

 

数あるニキビの中でも、「膿を持つ鼻のニキビ」については、
もっとも慎重に対処すべきものだということを、覚えておきましょう。


 

1週間たっぷり試せるトライアルセットでまずは体感してみませんか?


 

先に試した方の喜びの声が続々届いてます!

  • 1番感動したのはクレイウォッシュ!泡立てる手間が省けるのに洗い流した後にこれまで感じたことのない肌感
  • エステに通うよりも安く効果が得られるのでは
  • 肌がきれいになったと言われます
  • ついつい肌を触ってしまいたくなるような感じ
  • ビーグレンを使いはじめて3か月。今ではとてもきれいになりました。
  • 私より家族が一番驚いて「それだけの価値はある」と感じました。
  • 起きたら布団の中で顔を触って新しいニキビが出来てない事に喜び、
    鏡の前でニキビ跡が薄くなっている事に喜べる!こんな日が来るなんて!
  • Cセラムをつけると、なぜかできたニキビが落ち着く
  • 手でタッピングしてるうちにモチモチ肌に
  • 洗顔をして目を開けた瞬間から、「あ、違う!!」と実感
  • 使い続けて四ヶ月、その手応えは確信へと変わった。
  • 数日だけのトライアルに正直、期待はしていませんでしたが…、ところが!
    「出会えてよかった!」。1週間で効果を実感
  • トライアルでここまで体感できるとはすごく嬉しくびっくりでした

まずは気軽に試してみよう!

お試しセットはこちら →

1週間たっぷり試せるトライアルセットでまずは体感!

 

こちらのページもどうぞ

エステサロンの高濃度ビタミンでニキビ治療

今回は悩んでいたニキビを、エステの治療で 高濃度ビタミンを用いて治したという方のお話です。 今年27歳になりました、女性です。 2歳の男の子と3ヶ月の女の子のママです。 妊娠を機に会社を退職し、現在は専業主婦をしています […]

面疔の薬、市販薬と医師処方薬の違い

面疔の薬といえば、市販されている薬と、皮膚科などで医師に処方される薬とがありますが、 どちらが高い効果が見込めるかというと、断然、医師に処方される薬のほうです。   なぜかというと、面疔対策の市販薬は、殺菌成分 […]

クレアラシルでニキビは抑えられたけど・・

今回は、薬でニキビは抑えられたものの ニキビ跡やクレーターができてしまったのが悩み、 という方のお話です。 私は39歳の男性です。 マラソンを趣味としており、毎日練習を頑張っています。 自慢ではありませんが、サブスリーラ […]

顎(あご)のにきびに効く薬

顎(あご)のにきびに効く薬を探したいなら、薬局で市販の薬を探すよりも、 皮膚科の医師に自分の顎のにきびの状態をしっかりと診てもらった上で、適切な薬を処方してもらうほうが効果的です。 なぜ、医師に処方される薬のほうが効果的 […]