鼻のニキビは内側にもできる!?

鼻のニキビといえば、鼻の外側にできるものばかりを想像してしまいますが、
実は鼻のニキビは鼻の穴の中・・・
つまり、鼻の内側にできてしまうこともあるのです。

 

鼻の内側のニキビは、外側のニキビよりもさらにやっかいです。

 

なぜかというと・・・

 

鼻というのは、人体のフィルター的な役割を担っています。

外の汚れた空気を吸った時、鼻毛でホコリやウイルスをブロックし、
なるべくきれいな空気だけを体内に入れる、という働きをしているんですよ。

 

つまり・・・
ホコリやウイルスを鼻毛でブロックする鼻の穴の中は、どうしたって清潔さを保つのが難しいわけです。

 

それに、市販のニキビ対策用スキンケア用品も、
鼻の外側にはつけられますが、鼻の内側につけるのは基本的には想定外です(^ ^;)

 

実際、鼻の内側に美容液やクリームをつけるとか、考えませんしね。

仮につけたとしても、鼻がそれを異物と判断して、
鼻水を分泌させ、さっそく洗い流してしまうことも少なくありません。

 

そして何かの対処をしようといろいろ頑張って、
鼻の内側のニキビを刺激し続けているとますます悪化するという悪循環に陥ります。

 

さらにもし、「鼻の内側のニキビ」だと思っていたものが、
実は感染症を引き起こす可能性のある「めんちょう」だったら最悪です。

めんちょうはニキビより深いところにできて、下手に潰すと
雑菌が脳などに影響を与える可能性がありますからね。

ですからその点を考えても、鼻の内側のニキビへの刺激はご法度!というわけです。

 

結論から言うと、個人でできる鼻の内側のニキビの対策は、
「綿棒に消毒液をつけて消毒してみる」ということくらいです。

これで様子を見て、改善されないようなら、早めに医師に診てもらった方がいいでしょう。

鼻の内側のニキビは、場所が場所だけにどうしても外側からのケアに限界があるため、
抗生物質を服薬するなど、体の内側からのケアをしたほうが、断然治りが早いはずですよ。


 

1週間たっぷり試せるトライアルセットでまずは体感してみませんか?


 

先に試した方の喜びの声が続々届いてます!

  • 1番感動したのはクレイウォッシュ!泡立てる手間が省けるのに洗い流した後にこれまで感じたことのない肌感
  • エステに通うよりも安く効果が得られるのでは
  • 肌がきれいになったと言われます
  • ついつい肌を触ってしまいたくなるような感じ
  • ビーグレンを使いはじめて3か月。今ではとてもきれいになりました。
  • 私より家族が一番驚いて「それだけの価値はある」と感じました。
  • 起きたら布団の中で顔を触って新しいニキビが出来てない事に喜び、
    鏡の前でニキビ跡が薄くなっている事に喜べる!こんな日が来るなんて!
  • Cセラムをつけると、なぜかできたニキビが落ち着く
  • 手でタッピングしてるうちにモチモチ肌に
  • 洗顔をして目を開けた瞬間から、「あ、違う!!」と実感
  • 使い続けて四ヶ月、その手応えは確信へと変わった。
  • 数日だけのトライアルに正直、期待はしていませんでしたが…、ところが!
    「出会えてよかった!」。1週間で効果を実感
  • トライアルでここまで体感できるとはすごく嬉しくびっくりでした

まずは気軽に試してみよう!

お試しセットはこちら →

1週間たっぷり試せるトライアルセットでまずは体感!

 

こちらのページもどうぞ

ニキビなんてすぐ治るものだと思ってたのに・・

運動部で汗っかきだったこともあり ついついゴシゴシ洗顔をしてしまい、今でもニキビに悩んでいる方のお悩みです。 私は、28歳の女で専業主婦をしています。 中学生になった頃からニキビができ始めてニキビで悩むことが多くなりまし […]

高校生からのメイクでニキビが増えてしまった

今回は高校生になりメイクを始めるとますますニキビが増えてしまった、 という方のお話です。 19歳の大学2年生、女です。 受験から解放されて自分の自由な時間が増えましたが、ニキビには悩んだままでいます。 中学生の頃おデコに […]

クレアラシルでニキビは抑えられたけど・・

今回は、薬でニキビは抑えられたものの ニキビ跡やクレーターができてしまったのが悩み、 という方のお話です。 私は39歳の男性です。 マラソンを趣味としており、毎日練習を頑張っています。 自慢ではありませんが、サブスリーラ […]

病気じゃないのと友達に言われるくらいニキビがひどい

今回はニキビがひどくて、友達から病気じゃないのと思われたくらいひどかった・・ という方のお話です。 私は、都内でOLをしている31歳です。ニキビに悩む皆さんに少しでも 私の過去のお話が役に立てばと思っています。 &nbs […]