妊娠中はおでこにニキビが大量発生しやすい!?

「妊娠中はおでこにニキビが大量発生しやすい」という説を聞いたことがありませんか?

おでこというのは、元々、思春期だけでなく大人になっても皮脂分泌が多いため、
他の部分よりもニキビが大量発生しやすい箇所ではあるのですが、
女性の場合はさらに、妊娠中というタイミングでおでこにニキビが大量発生してしまう人が少なくないのです。

 

なぜ妊娠するとおでこにニキビが大量発生しやすいのか?

その理由は・・・
妊娠による、ホルモンバランスの変化が大きいと言われています。

 

思春期のニキビも、成長ホルモンの大量分泌によって皮脂が過剰に出やすくなる、という、
まさに「ホルモンが主原因のニキビ」なのですが、妊娠中もこれと似たような状態になっている、というわけですね。

 

妊娠中のホルモンバランスの変化というのは、
「妊娠している以上、必ず発生するもの」ですから、
ホルモンそのものをどうにかして、
おでこニキビを無くそうというのはちょっと難しいですね。

こういう時は素直に皮膚科に行って、適切な薬を処方してもらうのも手ですが、
ホルモンバランスが主原因のニキビだけに、たとえ医師から薬を処方してもらったとしても、
それはあくまで今あるニキビの対症療法にしかなりません。

 

「もう二度とおでこニキビが発生しないように完全に治す」というレベルまではあまり期待しないほうがいいです。

 

そもそも妊娠中に大量発生したおでこのニキビは、
時がたってホルモンバランスが元に戻れば、自然に治まりますので、
妊娠中のおでこのニキビの対処については
「多少マシな状態にする」「これ以上悪化させない」という程度の気楽な気持ちで考えておけばいいでしょう。

 

妊娠中でもないのにおでこにニキビが大量発生した場合ですが・・

その原因としてはストレスや食生活・睡眠リズムの乱れなどが考えられますね。

もちろん、「下ろした前髪が当たる」など、外部からの度重なる刺激によるものもあります。

おでこのニキビの治し方

おでこのニキビの治し方の基本、として知られているのは「前髪をおでこにつけない」ということですね。

しかし実際のところは、
「前髪を上げると余計におでこのニキビが目立ってしまうから、人に見られるのが嫌」と、
ニキビの悪化につながることが分かっていながら、前髪を下ろしている人も多いです。

 

それならせめて、前髪を下ろしている時はニキビへの影響を最小限にさせましょう。

 

まず、前髪にワックス等余計なものをつけないこと。

ドライヤー等で前髪の根元を少し立ち上げるようにするなど、
「自然な状態で前髪が髪にべったりとつかない」という状態にすること。

 

それから、
おでこのファンデーションは軽めにつけるか、できればつけずにおくこと。

 

この3つのポイントを注意するだけでも、前髪によるニキビへの悪影響はある程度軽減できます。

もちろん、おでこだけでなく髪も清潔を保つよう心がけることは言うまでもありませんよ。

 

そして「前髪をおでこにつけない」という治し方については、自宅にいる時に徹底して実践するようにしましょう。

仕事から帰って家に着いたらもう、すぐにヘアピンなどで前髪を上げ、ニキビにつかないようにするのです。

もちろん就寝時も同じこと。
前髪を上げた状態で、眠りにつくようにしましょう。

もちろん枕カバーなども毎日洗い替えをした清潔なものを使って、
とにかく「寝ている間におでこに雑菌がつくのを防ぐ」ということが大切です。

 

また、寝ている時間は貴重な肌のターンオーバーの時間でもありますから、ビタミンサプリを寝る前に飲むなどして、新陳代謝のサポートをするのもいいでしょう。

 

あと、おでこのニキビの治し方について、ひとつ補足的なことを言うと、
「直り具合を気にして何度も何度も鏡を見るのはやめる」というのも意外と大切。

 

ニキビがどうなっているか鏡で見るだけなら問題ないのですが、
その際に「ついつい触ってしまう」というケースが多いからです。

 

指でニキビを触って、指の雑菌と刺激をニキビに与えることは、百害あって一利なし。

できるだけ触ってしまう機会を減らすために、あえて鏡から多少離れるという手段を取るのも有効だというわけです。

おでこのにきびが治らない人の特徴

「おでこのにきびが治らない」と悩んでいる人がよくやってしまうのが、
「おでこがすぐ脂ぎってしまうから、なるべく乾かすようにしている、化粧水も何もつけない」
というやり方。

 

実はこれ、おでこのにきびをより悪化させたり、
新たなおでこにきびを発生させてしまう原因にもなりかねません。

 

おでこのにきびが治らない理由のひとつは、
「おでこ部分が乾燥しているからこそ、その乾燥を少しでも補おうと、皮脂分泌がさらに過剰になってしまう」
というのもあるんですよ。

皮膚に水分が足りない時、せめてその蒸発を防ごうと思って、皮脂をたくさん出して皮脂で肌表面を覆い、蒸発を最小限にとどめる。
おでこは皮脂腺が発達している箇所だけに、
なまじ乾燥させてしまうと特にこうしたメカニズムが働きやすくなってしまうのです。

ですからおでこのにきびが治らない時は、おでこの保湿に着目してみましょう。

保湿と言っても、油分を与える必要はありません。

ただ、肌の角質層そのものがしっかりと水分保持できる状態になるように、
「角質層まで保湿成分が浸透するスキンケア用品」などはつけたほうがいいのです。

 

その際に守っておきたいのが、「おでこのにきびがある部分にスキンケア用品をつける時は、清潔なコットンなどで抑えるようにしてつける」ということ。

手でつけると、手ににきびのアクネ菌などが付着してしまい、それが顔のほかの部分についてしまう可能性があるからです。

また、コットンでスキンケア用品をつける際も、コットンは動かさず、
ゆっくりとパックのようになじませるようにするのがおすすめ。

コットンを動かすと、コットンの繊維による摩擦が起きてしまいますので、
これがにきびに対しては大きな刺激となってしまいます。

にきびの数が少ないようなら、コットンではなく綿棒を使うのもいいですね。

 

とにかく「保湿成分は与えつつ、アクネ菌をよそに撒き散らさない」というのがポイントというわけです。

 

意外と間違っているのが、モコモコの泡洗顔。
洗剤っていうのは、泡立つ能力と洗浄力の強さは比例しているそうです。

つまり、モッコモコのあのすごい泡はそれだけ洗浄力が強力ってこと。

皮脂がたっぷりで乾燥知らずな、部活で汗かきまくりの十代のお肌ならいいのかもしれませんが、
大人のお肌とっては、落としてはいけない保湿成分まで根こそぎ洗浄されてしまいますよ(汗)

なので、ニキビ肌に特にオススメなのがビーグレンのニキビケアセット

 

おでこニキビ

 

クレイ洗顔とクレイローションと、あと通常の3倍以上の浸透力を持つビタミンC美容液がセットになっているのですが、
これが超使えます。

クレイの特徴で、余計な皮脂などは吸着して、代わりにクレイが持っていた保湿成分をお肌に置いていく性質があるので、洗いあがりですでに全然違います。

また、美容液が素敵☆なのです。

お肌に乗せると、ホワ~っと暖かくなります。浸透している証拠みたいです。
お肌にしみこむってこういうことなんだって初体験できますよ!

お試しセットで10日間使えますけど、その期間でも結構ニキビの炎症を抑えられる実感が持てるかと思いますよ~

⇒ ニキビお試しセット

これを最後の砦だとおもって、使ってみてね!