頬のニキビが治らない理由

頬にニキビができてから清潔さを心がけていつも以上にしっかりと洗顔し、
さらにニキビ対策用のスキンケア用品を使っているのに、
「いつまでも頬ニキビが治らない!」
と悩んでいる人、結構多いですよね。

 

ですが、この悩みを抱えている人の多くは、頬のニキビに対する肌ケアの方法を間違えているんですよ。

 

まず、ニキビができてしまったところに「徹底洗顔」で刺激を与えすぎていると、
これがニキビによる肌荒れを助長してしまうことになりかねません。

しつこい洗顔を続けていると、必要な角質まで洗い流してしまうこともあり、
これが肌の乾燥を招いてしまう可能性があるんですよ。

 

ニキビ対策用スキンケア用品にも、問題を抱えているものは少なくありません。

特に、10代向けなど、若い世代を対象にしたニキビ対策用スキンケア用品の場合、
極端に油分がカットされているだけではなく、清涼感を出すためにアルコールが添加されていることもあるんですよ。

 

10代の頬ニキビは基本的に皮脂の過剰分泌が最大原因なのですが、
皮脂分泌が少ない大人の頬ニキビの場合
「乾燥肌で角質がうまくはがれず、それが毛穴をふさいだ」などをはじめとして、
さまざまな要因が発生原因となっています。

 

ですから、皮脂の除去だけに着目した徹底洗顔と、ニキビ対策用スキンケア用品を使い続けていると、
肌の乾燥状態がより悪化してバリア機能が完全に失われ、ますます「古い角質がはがれにくい肌」になりやすいのです。

 

洗顔は、「ゴシゴシ洗わず、清潔さを保てる適度な洗顔」であるべき。

そしてニキビ対策用のスキンケア用品も、皮脂除去のことばかり考えず、きちんと保湿をしてくれるものを選びましょう。

また、元気な肌を早く再生させるためのサポートとして、
ビタミンサプリを飲んでみるのもひとつの手です。

もちろん、フルーツや野菜の生ジュースが作れる状態であれば、それを飲んで天然のビタミン補給をしていくのがおすすめです!

頬のニキビの治し方

頬のニキビの治し方というと、誰もが挙げるのが「きちんと洗顔をして肌を清潔に保つこと」ですよね。

 

ですが実際のところ、頬のニキビができたからと言って、
洗顔をいつも以上に念入りにやったりすると、それはそれで摩擦のダメージが肌に残ってしまったり、
何度も洗うことで必要以上に角質をはがしてしまったりして、
ますます肌を弱らせ乾燥を招いてしまうこととなりかねません。

 

基本的には、頬にニキビができている時でも、洗顔は朝晩の2回でOK!

 

洗顔はとにかく摩擦と刺激を少なくすることが大事!

 

泡洗顔はモコモコに泡立てないと手でこすり洗いをする以上摩擦が大きくなります。

でも洗浄力が強い洗顔材じゃないとモコモコにもなりにくいです。

ってことは、強い洗浄力でお肌への負担が大きくなってしまう・・ということです。

 

これが泡洗顔の限界です(- -)

 

ちなみに私は泡洗顔はスッパリ卒業しました。

 

今はクレイ洗顔一筋です。

 

クレイだとクレイ自身が汚れを吸着してくれるので、こする必要もないし
クレイは汚れと保湿力のある成分とを交換してお肌においてきてくれるので、洗った後もうるおったまま。

これを使ったら、もうやめられません。
⇒ 超オススメのニキビを消し去ってくれるクレイクレンジング

 

bglen クレイウォッシュでのスペシャルケア

 

こうして洗顔をしたらあとはスキンケアで更にたっぷり保湿♪

ヒアルロン酸などをはじめとする、保湿成分にこだわったスキンケア用品を使いましょう。

 

手のひらにとって、手のひらで上から抑えこむようにして頬になじませるのがコツ。

指先だけで伸ばすとどうしても薄くなったり、つけムラが出やすいので気をつけましょう!

 

あと、頬ニキビを悪化させないためには「頬に触れるものの清潔さ」も大切ですから、
寝ている間に頬に触れる枕カバーは毎日取り替えましょう。

もちろん髪が長い人は束ねるなどして頬に髪がつかないようにする、という工夫も大切です。

 

頬杖をつくクセがある人も要注意!

「ニキビは触ってはダメ」ということは知っていながら、
無意識に頬杖をついてしまう人、結構多いんですよね。

手にはいろんな雑菌がついていますから、頬杖でその雑菌を頬ニキビに与えるようなことはやめましょう。

頬のニキビの原因

頬のニキビの原因は、思春期の10代と、大人になってからの20代以降では違ってくることをご存知ですか?

 

まず、10代の頬のニキビの主原因となるのは、皮脂の過剰分泌です。

10代は成長ホルモンの分泌が活発で、
この成長ホルモンの影響で皮脂も通常よりも多く分泌されるわけですね。

そのため、毛穴にも必要以上の皮脂が分泌され、それが詰まってニキビ化しやすいのです。

そのため、10代の頬ニキビといえば、ひとつ、ふたつ、などという数ではなく、
頬全体に大量発生することも多いんですよね。

皮脂がどの毛穴にも多く分泌されるからこそ、起こりえる事態です。

 

これに対して20代以上の大人となると、
頬のニキビの原因として「皮脂の過剰分泌」という理由は激減します。

実際、大人の世代になって、「Tゾーンが皮脂でテカテカしている」という人は多くても、
頬まで脂ぎってギラギラしている、という人はかなりの少数派になってくるはず。

10代のように成長ホルモンがせっせと分泌されることがないので、皮脂そのものの分泌量も減っているのです。

 

では20代以上の大人の頬のニキビの最大の原因は何なのかというと・・・

 

ズバリ、「肌の乾燥」です。

 

「乾燥によってはがれにくくなった古い角質が毛穴に張り付いた部分だけがニキビになる」という感じで、
頬ニキビの数は10代の頃に比べて少なくなるケースが多いんですよ。

乾燥によってどうして古い角質がはがれにくくなるのかというと、
これは切手をイメージしてもらうといいでしょう。

一度貼った切手は水につければきれいにはがせますが、
乾燥したままでは絶対にきれいにはがせませんからね。

もちろん、角質には切手のような「糊」がついているわけではありませんが、
それでも元々肌にぴったりと密着していたものだけに、
乾燥状態では「すべてキレイにはがれる」という状態になるのは無理なのです。

 

ですから大人の頬ニキビ対策は、単にアクネケアだけではなく、
「肌の乾燥状態を改善して、毛穴が詰まりにくい健康な肌作りをする」
ということが不可欠です。