顎(あご)のにきびに効く薬

顎(あご)のにきびに効く薬を探したいなら、薬局で市販の薬を探すよりも、
皮膚科の医師に自分の顎のにきびの状態をしっかりと診てもらった上で、適切な薬を処方してもらうほうが効果的です。

なぜ、医師に処方される薬のほうが効果的だと言えるのかというと・・・

それは市販薬と医師処方の薬で、成分に違いがあるからです。

 

医師が処方したにきび薬には抗生物質が配合されているケースが多いんですが、
市販のにきび薬には、消毒等の成分は含まれているものの、
抗生物質は配合されていないんですよ。

 

顎のにきびには抗生物質入りのほうが効きやすいんですよね。

抗生物質というのは「菌の繁殖を抑える」という役割を持っているため、
にきびを悪化させる原因となるアクネ菌の繁殖抑制にもひと役買ってくれるのです。

 

抗生物質が配合されている薬のほうが顎のにきびに効くことが分かっているにもかかわらず、市販の薬に抗生物質が配合されていないのはなぜかというと、「薬事法で認められていないから」なんですよ。

抗生物質というのは、一種類だけではなく多くの種類があります。

医師は患者個人の状態に合わせて、適切な抗生物質の処方をします。

これは、医師が抗生物質の役割や特徴についての知識をしっかりと持っているからこそできること。

もしも患者に合わない抗生物質を処方してしまうと、思わぬ健康トラブルを引き起こしてしまうこともあるのです。

 

このように、個人個人の状態によって処方を調整すべき抗生物質を、
「誰もが気軽に買って使える」という市販薬として販売するのはリスクが高いというわけです。

 

もちろん、顎のにきびが初期段階であれば、市販の薬でも効く可能性はじゅうぶんんにあります。

市販のにきび用外用薬をつけるだけでなく、ビタミン剤なども併用すると治りが早いというケースもよくありますよ。

しかし、顎のにきびがすでにひどい状態になっている時は、
アクネ菌繁殖をこれ以上させないためにも、抗生物質が入った医師処方の薬を使ったほうがいいのですが・・

 

でも、実際、皮膚科にちょくちょく通うことなんてできない!!(-“-;A

仕事があるから平日はいけないし、貴重な土曜日、
頑張って午前中に行こうと思ったらめちゃ混み・・orz

皮膚科ってなんであんなに混んでるの!?って思わない!?

っていうか、1人1人の治療時間が意外と長いのよね・・
だから待ち時間もどんどん長くなるし(汗)

これじゃあ、ストレスで逆にニキビが悪化しそう( ̄Д ̄;)

 

ということで、私の場合ここは基本に立ち戻って、「ニキビができない肌作り」を頑張るようにしました。

もしかしたら遠回りかもしれないけど、ニキビができては薬で治し、またニキビが出てきたら薬で治し・・なんて、永遠に繰り返したくないし!

お肌自体がニキビができないお肌にならない限りニキビとは離れられないしね。


 

1週間たっぷり試せるトライアルセットでまずは体感してみませんか?


 

先に試した方の喜びの声が続々届いてます!

  • 1番感動したのはクレイウォッシュ!泡立てる手間が省けるのに洗い流した後にこれまで感じたことのない肌感
  • エステに通うよりも安く効果が得られるのでは
  • 肌がきれいになったと言われます
  • ついつい肌を触ってしまいたくなるような感じ
  • ビーグレンを使いはじめて3か月。今ではとてもきれいになりました。
  • 私より家族が一番驚いて「それだけの価値はある」と感じました。
  • 起きたら布団の中で顔を触って新しいニキビが出来てない事に喜び、
    鏡の前でニキビ跡が薄くなっている事に喜べる!こんな日が来るなんて!
  • Cセラムをつけると、なぜかできたニキビが落ち着く
  • 手でタッピングしてるうちにモチモチ肌に
  • 洗顔をして目を開けた瞬間から、「あ、違う!!」と実感
  • 使い続けて四ヶ月、その手応えは確信へと変わった。
  • 数日だけのトライアルに正直、期待はしていませんでしたが…、ところが!
    「出会えてよかった!」。1週間で効果を実感
  • トライアルでここまで体感できるとはすごく嬉しくびっくりでした

まずは気軽に試してみよう!

お試しセットはこちら →

1週間たっぷり試せるトライアルセットでまずは体感!

 

こちらのページもどうぞ

にきびを隠すメイク方法の基本

にきびを隠すメイクとして、リキッドファンデーションを使っている人が多いと思いますが、 敏感肌の人には、これが不向きなことも多いんですよね~   というのも、リキッドファンデーションは肌全体に、すりこむようにして […]

鼻のニキビで膿があるものは要注意!

鼻のニキビの中でも、膿が詰まって腫れているようなニキビは要注意!   それは、ただのニキビではなく、「めんちょう」かもしれません。 めんちょうとは、顔にできるおできのこと。 毛穴が詰まってできるニキビとは異なり […]

クレアラシルでニキビは抑えられたけど・・

今回は、薬でニキビは抑えられたものの ニキビ跡やクレーターができてしまったのが悩み、 という方のお話です。 私は39歳の男性です。 マラソンを趣味としており、毎日練習を頑張っています。 自慢ではありませんが、サブスリーラ […]

ニキビなんてすぐ治るものだと思ってたのに・・

運動部で汗っかきだったこともあり ついついゴシゴシ洗顔をしてしまい、今でもニキビに悩んでいる方のお悩みです。 私は、28歳の女で専業主婦をしています。 中学生になった頃からニキビができ始めてニキビで悩むことが多くなりまし […]