おでこのにきびが治らない人の特徴


「おでこのにきびが治らない」と悩んでいる人がよくやってしまうのが、
「おでこがすぐ脂ぎってしまうから、なるべく乾かすようにしている、化粧水も何もつけない」
というやり方。


実はこれ、おでこのにきびをより悪化させたり、
新たなおでこにきびを発生させてしまう原因にもなりかねません。


おでこのにきびが治らない理由のひとつは、
「おでこ部分が乾燥しているからこそ、その乾燥を少しでも補おうと、皮脂分泌がさらに過剰になってしまう」
というのもあるんですよ。

皮膚に水分が足りない時、せめてその蒸発を防ごうと思って、皮脂をたくさん出して皮脂で肌表面を覆い、蒸発を最小限にとどめる。
おでこは皮脂腺が発達している箇所だけに、
なまじ乾燥させてしまうと特にこうしたメカニズムが働きやすくなってしまうのです。

ですからおでこのにきびが治らない時は、おでこの保湿に着目してみましょう。

保湿と言っても、油分を与える必要はありません。

ただ、肌の角質層そのものがしっかりと水分保持できる状態になるように、
「角質層まで保湿成分が浸透するスキンケア用品」などはつけたほうがいいのです。


その際に守っておきたいのが、「おでこのにきびがある部分にスキンケア用品をつける時は、清潔なコットンなどで抑えるようにしてつける」ということ。

手でつけると、手ににきびのアクネ菌などが付着してしまい、それが顔のほかの部分についてしまう可能性があるからです。

また、コットンでスキンケア用品をつける際も、コットンは動かさず、
ゆっくりとパックのようになじませるようにするのがおすすめ。

コットンを動かすと、コットンの繊維による摩擦が起きてしまいますので、
これがにきびに対しては大きな刺激となってしまいます。

にきびの数が少ないようなら、コットンではなく綿棒を使うのもいいですね。


とにかく「保湿成分は与えつつ、アクネ菌をよそに撒き散らさない」というのがポイントというわけです。


意外と間違っているのが、モコモコの泡洗顔。
洗剤っていうのは、泡立つ能力と洗浄力の強さは比例しているそうです。

つまり、モッコモコのあのすごい泡はそれだけ洗浄力が強力ってこと。

皮脂がたっぷりで乾燥知らずな、部活で汗かきまくりの十代のお肌ならいいのかもしれませんが、
大人のお肌とっては、落としてはいけない保湿成分まで根こそぎ洗浄されてしまいますよ(汗)

なので、ニキビ肌に特にオススメなのがビーグレンのニキビケアセット

クレイ洗顔とクレイローションと、あと通常の3倍以上の浸透力を持つビタミンC美容液がセットになっているのですが、
これが超使えます。

クレイの特徴で、余計な皮脂などは吸着して、代わりにクレイが持っていた保湿成分をお肌に置いていく性質があるので、洗いあがりですでに全然違います。

また、美容液が素敵☆なのです。

お肌に乗せると、ホワ~っと暖かくなります。浸透している証拠みたいです。
お肌にしみこむってこういうことなんだって初体験できますよ!

お試しセットで10日間使えますけど、その期間でも結構ニキビの炎症を抑えられる実感が持てるかと思いますよ~

⇒ ニキビお試しセット

これを最後の砦だとおもって、使ってみてね!



次の記事 » おでこのニキビの治し方


おでこのにきびが治らないのは何故?実はあなたのおでこのニキビ対策、間違っていませんか?