メイクの基本・にきび時に使っていいものは?


にきび時には、肌に負担をかけるのでメイクはしないほうがいい、という話をよく聞きますが、
いつもメイクをしているのに、ある日にきびがあるからってすっぴんで出社・・・
なんてことは現実的にはできませんよね(^ ^;)


こんな場合は「最低限のメイクの基本」だけで何とか乗り切りましょう。


にきび時に使っても許容範囲、といえる基本的なメイク用品は、
パウダーファンデ・おしろい粉・コンシーラーなど。

リキッドファンデやクリームファンデ、化粧下地など、肌にすりこむタイプのメイク用品は、使わないほうがいいです。

「おしろい粉にパウダーファンデじゃすぐ落ちる」という場合は、
にきびの場所を避けて化粧下地を伸ばし、
にきびのところだけおしろい粉をつけるか、
いきなりパウダーファンデをつけるなどして、負担が少なくなるようにしましょう。

また、パウダーファンデが落ちないようにするには、
「先に保湿性の高い化粧水や美容液をしっかり肌になじませておく」
という基本を守ることも大切です。


保湿性の高いスキンケア用品、といっても、あくまで保水性を重視しましょう。

クリームなど油分の多いものを肌にこってりとつけると、それがにきびを悪化させてしまう可能性がありますよ。



前の記事 » コンシーラーでニキビを隠す


ニキビがあるときのメイクの基本。ニキビ肌にフルメイクはできるだけ避けたいところですがそうもいかない時の参考に。