コンシーラーとファンデ、ニキビにはどちらを使う?


コンシーラーとファンデ、ニキビにはどちらを使うべきかというと・・・

その答えは・・


ニキビが目立たない場所にあるのであれば、「どちらもつけない」が正解。

コンシーラーもファンデーションもつけずに、紫外線散乱剤が入っているUVケア用品だけつけるのが一番。


なぜなら、ニキビの上につけるものが多ければ多いほど、ニキビを刺激してしまうことになりますからね。

ニキビ跡を隠すならともかく、現在成長中(?)のニキビをメイクで今以上に刺激することはおすすめできないと言うわけです。


ですが、目立つ場所にあるのでどうしても隠したい!という場合は、
なるべく刺激を少なくするために「コンシーラー+パウダーファンデ」のコンビがおすすめ

つまり、コンシーラーとファンデ、両方使うということです。

コンシーラーもパウダーファンデも、
それ「だけ」でニキビを隠そうとするとどうしても何度も塗り重ねてしまう形になります。

それよりは、コンシーラーをニキビ部分に「こすらず、上に乗せるように」つけて肌との境目だけをぼかすようにして、
そのあとパウダーファンデを「伸ばさず、肌の上から押さえるように」つけるのがおすすめ。


コンシーラーもパウダーファンデも、こすらないことで摩擦による刺激を最小限にするのがポイントですよ。



次の記事 » メイクでニキビ跡のクレーターを隠す方法

前の記事 » うまいニキビ跡の隠し方・メイクの順番を考えよう


ニキビを隠したい時にファンデーションとコンシーラー。どちらを用いるべきかというと・・